旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

何を持って信ずるに足る人物としているかが解らない

ネット上では、加計算学園問題が持ち上がる前から、前川前文科省事務次官に関連した記事は随分知られていたことなのだという。

 

現在でこそ、学習指導要綱は改正されて、領土と国家主権ということを生徒に理解させるようになっているが、以前、省内で領土と国家主権について、国のあるべき姿を教えるべきだという動きがあったとき、これを先頭になって潰したのは前川氏だったのだという。

国というのは領土と主権があってこそ成り立つが、中国・韓国に阿り、志を持つ有意の官僚を右翼だと決めつけて抑え込んだ。

 

東日本大震災のとき、津波被害で宮城県石巻市の大川小学校児童74人が被害にあったことへの検証に指導的立場にあった前川氏の行動は、かなり問題視されたのだという。資質を疑われたという意味である。地元民の不満が募り、訴訟にまでもつれ込んだのだという。

 

歌舞伎町の出会い系バー、○○・オンザ・ビーチなるところに足繁く通っていたと明らかになっているが、そこは暴力団が経営する店舗であり、かなりいかがわしい商売をしていたのだといわれている。警視庁が内定を続けていたとも聞く。

文科省の管轄外である「貧困調査」だったと抗弁したが、役人の調査であれば報告書が作成される筈であるが、それが提示されてはいない。

 

前川氏が次官になってから、文科省からのリークが増え、元を辿ると部下である女性職員に行きつくのだということで知られていた。

 

以上のことは、自分で取材したのでもないし、記事を読んだことがあるだけで、証拠が有って言っているわけではないが、マスコミが取材すれば明確に判ることであろうし、それをマスコミがしなかったとは思わないし、知らない筈はないと思える。

 

にもかかわらず、マスコミは前川氏を聖人君子のように持ち上げ、その言を全て事実として報道するのは何故なのだろう?

ネット民は、マスコミのそういう姿勢にも不信感を持っているということなのであろうし、どのように偏向報道を繰り返そうとも惑わされないでいるということが、マスコミだけが情報源であった時代との大きな違いということになる。

従前であったら内閣は潰えていたかも知れないが、ポスト安倍などという動きはでてこないし、野党の支持率が上がるということもない。

 

全てのファクトを公開し、国民が公平に判断できるようにしないと、行く先を誤るのではなかろうか。

政情不安ということにでもなれば「日本売り」がはじまるであろうことは十分に予想できる。

経済状態は民主党時代に逆戻りすることを選ぶのだとしたら、愚かすぎると思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>
スポンサーサイト

隠しても現れる

政治家というのは、聖人君子でないと勤まらないということなのだろうか?

もしそうであるなら、与野党を問わず、一人としてそんな議員はいないのではなかろうか?

もしも居たとしたら、大変失礼なことを申し上げたことになるので、予めお詫び申し上げます。

 

あくまで私の個人的な意見ではあるが、「沈香も焚かず屁もひらず」というような人が政治家に向いているとは思わない。

明らかに国法を犯していたり、悪事に加担していたり、国益に反することをしたりしているなら別であるが、その職にある者の権限内のことであれば、その権限の行使は容認されて然るべしだと思う。

極論を言うならば、政治家というのは公約を掲げ、政治活動の実績として何を残したかということで評価した方が良いと思っている。

愛想が良いかどうかとか好きか嫌いかでものは言えない。

今までにない法案を通したり、何かを新たに為そうとした時に、反対する人が沢山出てきて当然だと思うが、国益に照らして、それがどのような結果を齎したかということで判断されるのでないと、芸能人でもあるまいに人気ばかりを気にして、結果的にポピュリズム政治ということになりかねない。

個人的な感想かもしれないが、人気云々の前に、K国やC国にとって好ましくないと思われると、マスコミの標的にされて叩かれることが多いように思えてならない。

 

自国にとって必要な時には面をおかしてでも、仮令悪人呼ばわりされてでも、国民の為に尽くすという使命感を持ってこそ政治家なのだと思っている。

そのために、選挙という洗礼を受ける。

 

国会に法案を出すこともなく、出された法案に対し真剣な議論を戦わすこともなく、揚げ足取りや、大局を捉えもせず重箱の隅をつつくような質問を何度でも繰り返して時間を空費するような議員を、支持する気にはとてもなれない。

 

会期中の重要法案審議そっちのけで、加計学園問題のみにのめりこみ、それでも足りずに閉会中審議を要求してまで明らかにしたいのは一体何なのだろう。

違法性は最初から無いと言っていたのではなかったのか?だとしたら目的は何なのか?

法案審議では味噌をつけたから、何とか失地回復を図ろうとして加計学園問題に躍起になっているというようにしか見えてこないのである。

 

「誰かが得をしたのではないか?」という噂は、格好の材料になる。

 

野党にもマスコミにも「加計学園ありき」ということにすれば、騒ぐには都合が良い。

この手の話題は煽るのに適している。

ところが、それに反する参考人の証言が次々に出てくるに及んで、加計学園は民主党政権時代から名前が挙がっていたのであり、安倍政権が無理やり押し通そうとしたのではないことが明らかになってきた。これでは筋書きに合致しなくなる。

 

報道バラエティー番組でならそれらを隠して、自分たちに都合が良い筋立てで騒ぐことはできたが、流石に本来の報道番組では、報道しない自由ということでいつまでも事実を隠しきれなくなってきたと思ったのか、これまでとは多少違ってきた。

結果として、コメンテーターたちは後後の自分の立場ということもあるから、

「政治姿勢に問題があって支持率を下げたのではないか?」と巧妙に言い換えるようになってきた。

 

ちょっと待って欲しい。支持率を下げたのはそんなことではあるまい。自分も与してあれだけ偏向報道をしたら下がって当たり前だと思える。

必死になった割には、野党の支持率は一向にあがらないで、逆に下がる。

自分のことを棚に上げたヒステリックな質問はブーメランとして返るばからか、より顰蹙をかっているではないか。

「細かなこと」を瞬間的に「小さなこと」と言い換えて居丈高に振る舞う狡さも見せてしまった。

これが閣僚であれば、辞任させられるような言動であったが、報道には手心が加えられた。

 

後先考えずに政権叩きをし、受け皿としてどのようなものがあるのかも一切示すことなくきたことは、大きな問題ではないか。大きく国益を損ねた。

K国と同じような混乱に導きたいとでもいうのだとしたら、余りに無謀である。

若者が意外に冷静であることが救いに思える。

 

それはさておき、物事を判断するには大局観を持って、まず全体像を捉えねばなるまい。

次には、時系列に沿った流れの整理。

そして最重要なのは、その案件が必要であったのかどうかということ。

 

どう考えても、告示だけを頼りに省益を優先させてきた岩盤規制というのは、打破されなくてはなるまい。

獣医師の数がどうだのこうだのということまで規制対象にするのはおかしい。

どのような業種業界であっても参入は自由であるべきだし、競争原理が働くことで、至らざる能力しかなければ自然に淘汰され、適正な数が残って進歩発展するというのが真理であろう。

もとより資格が必要な業種であるから、数が増えると獣医師の質が落ちるというのであれば、試験合格基準を厳しくすれば良い。

但しその場合は、獣医師全員の資格更新基準というのも論議されなくてはならないのは当然である。

学部の新設に反対する人というのは、既得権を有している側にしかいまい。

 

次に、行政が歪められたと主張する根拠としている「加計学園ありき」ということであるが、証言や議事録や積み重ねてきた手順が次々に明らかになってきたことが示すように、そこに総理の意向が働いたとする筋書きは、全て論破されたと言ってもよいのではなかろうか。

 

如何に報道しない自由を駆使して世論をリードしようとしても、事実の前には抗しきれまい。

マスコミは「更に疑問はのこるが・・・」との捨て台詞を残して撤収せざるを得まい。

 

残る問題は、贈収賄を疑われる議員と、守秘義務違反をした公務員ということになる。

自分が大騒ぎしたのであるから証拠は沢山残しているし、仮に逮捕されるようなことになったとしても自業自得として、マスコミは報道しない自由を選ぶであろう。

 

随分無駄な時間と国費を使ったものだという徒労感のみが残る。


個性と自分勝手

日本人は個性がないと、訳知り顔で言う人が多い。

そうなんだろうか?

それによって大声で自分の主張を押し通そうとするのが個性であるかのように、勘違いすることが多いようにも感じる。

個性を伸ばさなくてはということは、自分勝手や無責任を放任することに繋がっているようにも思えるし、自分の言い分だけを他にも強制するような偏った考え方を助長しているようにも感じられる。

個性というのは、人と同じことをやっていてもキラリと光るものが隠しようもなく現れるものであって、それは才能とも表裏をなしているものだと思う。

奇抜なことをやるのが個性であるとも思わない。

 

日本人の個性というのは、他人と協調できる能力であって、それができる人が大勢居るから、それが個性だと思わないでいるのではないのか?

それでいて日本人が作り出すものは、かなり独創的だと思える。それらは個性の現れそのものなのではないだろうか。

世界各国では、自己主張をしすぎる人たちが沢山居て、社会を纏めていくのが大変なのだとも聞く。俺が俺がと主張しないと埋没してしまうのだとも聞く。

 

協調性を重視するのあまり、才能の芽を摘んでしまうことは避けなければならないのは当然として、なにをもって個性として認めるのかというのは考えてみる必要がある。

才能と個性と自分勝手の区別はどう付けているのだろう?

多様性ということも含め、それらの概念がはっきりしないまま使われている言葉に思えてならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鎌倉武士は強かった

蒙古の襲来は、神風が吹いて撃退することができたと習った。

確かに、あの当時の船であれば、戦いがある程度長引き、そこに颱風が来れば一たまりも無かったろうと思っていた。

しかし、蒙古軍の大規模な上陸を許さず、水際作戦で押しとどめていたということもあるように思える。それが何故にできたか、ということを検証しないでものを言っても始まらない。

 

日本における弓は、武器というよりも上級武士の素養とみられる側面もあり、作法も厳しいのだと聞く。

源平の時代を引き継ぎ、鎌倉武士は長弓(ちょうきゅう)を駆使していた。

長弓とは、弓の類型のうち、弓幹の長さが長大なものを指す。弓のもう ひとつの類型である短弓は、遊牧民の騎馬弓射などに適し、そのような使い方がされる。

筋力の無い日本人が、弓で威力を持たせるには、矢の長さを長くして長く引く事が理に適っている。

強い弓を少ししか引けないよりも、弱い弓でも長く引いた方がエネルギー量が大きい。

強い弓を引くには、日本人には限界があります。だから、長弓で直線的な狙いで射ます。
来襲側のモンゴル・元の弓は短弓であり、中国や韓国も短弓です。

日本側の弓は、そういう意味で蒙古軍の弓に優り、彼らの鎧を軽々射通したという。

また、日本刀は、彼らの革製の鎧を両断する威力があったのだともいう。

日本軍は強かったと、かの国の書物に書き残されているらしい。

ものごとには理由というものがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

日本のことを悪く言えば進歩的日本人?

日本に住んでいて、日本の恩恵に与かっていながら反日を叫ぶ人というのがいる。

外見は日本人でも外国籍、或いは帰化はしていても先祖が外国籍というなら解らなくもない。

生粋の日本人でありながら、反日を主義としている人というのがどうも良く解らない。

得てして人権を唱え識者を標榜する人に多いように感じるが、言動を見ていて人格が高潔であるとも思えない。なぜかいずれも声が大きくて、他者の意見を封じ込めようとすることが多い。

 

最近になって多少判ってきたことがある。反日を叫ぶ人はどうやら日本の強さが恐いらしいのである。

「太平洋戦争」と名前が変えられてしまったが、日本人がその志を立てて戦ったのは大東亜共栄圏の名の下であり、「大東亜戦争」とそもそもは言っていた。

東洋を植民地として支配していた西洋列強と、それに与した中国を相手にして、たった一国で勇敢に潔く戦った。

これは、戦勝国となった側の諸国にとって極めて脅威であり、その源となる考え方を根底から排除しなくては安心できないから、日本の歴史に手を加えてでも一億総懺悔の風潮を徹底的に刷り込んだ。

実際には日本と戦って勝ってもいない特亜3国は、捏造した歴史を押し付けようと未だに試みている。それなしでは国論は纏められないし、政権の正統性も揺らぎかねない。

工作員を作ってでも反日を広めなくてはならない、という風に考えると理解しやすい。

そんなに反日に懸命にならなくても、日本人は基本的には五族協和というのが根本の理念に在り、ゆえなく戦いを挑むことなぞない。

靖国神社に参拝することが軍国主義の復活だなどと、誰が本気で信じるだろう?

徹底的に抑え込んだと思っている日本の歴史は、ミッシングリングとはなるまい。

事実は事実として、良いも悪いも併せて明らかになってくる。

 

日本は太古の昔から、外に出て戦うのではなく自国を守ろうとしたときは、決して負けなかった。

蒙古の大軍が襲来したときもそうであった。

そういう意味でいえば、先の大戦に至ってしまったのは悔やまれる。

 

戦後の教育を受けたから、日本は駄目で外国は良いという流れがあった。

幕末頃の「薩英戦争」も、強大な武力を誇る英国を相手にした無謀な戦いであったと習ったが、実際は違う側面を持っているのだと思う。

確かに砲撃を受けて薩摩軍は大敗したかに見えるが、勝ち誇って上陸した英国兵が直面したのは、重傷を負っていてもなお立ち上がり、鋭利な日本刀を振りかざして攻撃してくる武士への恐怖であった。公というのが個人の命に優先していた。

一地方の大名にしてこれである。日本全国には同様に鍛錬を積んだ武士が犇めいているのである。

百姓町人に至るまで教育水準も民度も高い。

優秀だとして植民地化の先兵として派遣された宣教師すら、平民に論破されてしまう。

こんな国を相手にしたらどんなに悲惨な結末を迎えるかわからない。

「とても植民地にはできない。」として諦めたのが実情であろう。

 

東洋で植民地化されなかったのは日本のみである。

同時期、アヘン戦争などという理不尽な戦争をしかけられ、好き放題にされた中国とは圧倒的な差であった。

明治維新を成し遂げてから短時日のうちに西欧列強と肩を並べてしまった能力というのも脅威であったろう。

 

それでもなお、日本人の血に染み付いている基本理念は「和を持って尊しとなす」である。

礼をもって接すれば礼をもって返し、人間関係は対等なものと考えるから丁寧語を互いが使い合う。恩義には恩義で報い感謝は終生忘れない。敵視されなければ敵対行動もとらない。

そう言うことで2600年余をつないできた世界最古の国なのである。見誤らない方が良いのに、といつも思っている。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>


筋書きに合わないものは報道しない?

加計学園問題は、未だに収まりがつかないように見える。

安倍政権怪しからんという声もあれば、偏向報道だと非難する声も根強い。

 

既存の報道を離れて、少し考えてみた。

穿った見方だとばかりは言い切れないと思うのだが、どうだろう?

 

学部の新設などは申請があれば審査してその可否を判断するのが文部省の役割であることに意義はない。

しかし、獣医学部については、文科省は「告示」なるものを設け、申請そのものを頭から受け付けず、門前払いして50年余を過ぎた。

既得権益を守るためなのかどうか知らないが、岩盤規制とも呼ばれる行政方針は異常であったといえよう。

「これではならじ」と言うことで「特区」が生まれたのだと思う。

 

学部新設に向け閣議決定もなされ、法の手続きを踏んでゆく段階で、学部新設に疑義があるなら、それに反対する挙証責任というのは文科省側に発生するのは当然であり、仕事なのだから期限は指定される。

同省役人の天下り先を探すことを優先していたかどうかは判らないが、期限が過ぎれば検討を急げと催促されても仕方あるまい。

如何に時間を先送りしようとも、挙証責任なぞ果たすことはできなかっただろうから、結果的に獣医学部の新設を、文部省としても認めざるを得なかった。

高級官僚が大事にするのはまず省益。そんなことは誰でも知っている。

他省庁に押し切られて学部の新設を認めたのでは次官の面子は丸潰れになる。

窮余の一策として「官邸の最高レベルの意向である」という文書メモを作り、省内を纏めようと図ったのだ、というのが流れとして理解しやすい。

 

たまたま野党・マスコミの思惑とタイミングが一致し、違法性はないと言いながらも「うわさ」を煽った。

唯一の頼みは、総理と加計氏が友人であったこと。

「加計学園ありき」というキャッチコピーは使いやすかったであろうし、それに沿って筋書きももっともらしく編集できたに違いない。

 

しかし、調子に乗って参考人招致をしてみたら、加戸前愛媛知事の証言も原参考人の証言も、その筋書きには都合が悪かったので報道できなかった。

続いて行われた京産大学の会見も京都府知事の会見も、筋書きを根底から覆しかねないから、同じく報道できなかった。

文科省内で携わった仕事内容や個人の趣味が知れると、その証言が信用されなくなりそうだということで必死になって伏せてきた前川氏のことも、自然に知られてしまった。

第一、前川氏の「その文書を見たことがある。」という証言自体が面妖ではないか。当事者であれば「その文書が会議で使われた。」ということでないと、行政が歪められたとする主張の信憑性を著しく欠く。誰も言わなかったが、初歩的な疑問ではないのか。

 

報道しないことで糊塗し、なんとか筋書き通りに報道を押し通うそうとして伏せた事実は、すっかりバレてしまっている。

マスコミが発表した内閣支持率が30パーセントを切ったと言っているそばから、ネットでは

51.7パーセントの支持率があると流れ、もっと高い支持率が出た結果もあるという。

全体像を掴んでいる人たちの判断と言う他あるまい。

 

どちらが正しいのか判断するためにも、報道しなかったことも全部、あらいざらい報道してみたらどうなのだろう。

捏造編集報道を続けたのであったという結論になったとしたら、責任を負ってもらわなくてはならない。それこそ説明責任からは逃れられまい。

国益にとって大事な時期なのである。国民は、少ない情報量の中で誤った判断をするわけにはいかないのである。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

何と言おうと竹島は日本の領土

日本固有の領土である竹島は、韓国が実効支配しているという表現が不用意にもよくなされる。

しかし、正しくは「不法占拠されている」と言うべきだと思う。

 

実効支配というのは、“ある国や勢力が、対立する国や勢力あるいは第三国の承認を得ないまま、軍隊を駐留させるなどして、一定の領域を実質的に統治していること。”という意味で使われることが多いが、そもそも「実効支配」とは、法にもとずく支配を言います。

つまり、本来の意味は、軍事的な占領ではなく、文民による統治です。即ち「実効支配=合法統治」になります。

 

日本国が理由もなく固有の領土を割譲するわけがありませんから、竹島は国際的にみれば係争地域ということです。

いまどき、日本が自衛隊を派遣して奪還作戦をするなどのリスクを払うわけはない。

何となれば、それをしたら韓国は求心力を失って国が崩壊し、溢れた難民が日本に押し寄せてくるに決まっているからである。その方が余計に面倒ということになる。

腹立たしいことではあるが今のところは我慢して、韓国が「悪うございました。」と頭を下げて返してくるまで待っているということになっている。

 

19521月、韓国の李承晩大統領が一方的に軍事境界線(いわゆる李承晩ライン)を引き、竹島の領有を宣言した。

それ以前に韓国は、サンフランシスコ平和条約の起草に際し、アメリカに「日本が放棄する領土に竹島と対馬を含めよ」と要求していたが、アメリカ側は「これらの島が朝鮮の一部として取り扱われたことは一度もない」として却下した。

そのため、韓国は524月のサンフランシスコ平和条約発効するまでの間隙のドサクサに乗じ、国際法を無視して一方的に領有を宣言した、というのが歴史事実である。

主張できる正当性などというのはどこにもない。

 

日本が抵抗しないことをよいことにして、無法にも韓国は54年に竹島に海洋警察を上陸させ、不法占拠を開始した。

それと前後して、竹島近海で操業している日本漁船に対して、銃撃や拿捕を繰り返すようになった。漁民が拿捕抑留されたというニュースが度々流された日本が苦難の時代である。

 

まず532月、韓国・済州島付近で操業していた第一大邦丸が韓国海軍に銃撃・拿捕され漁労長が撃たれて死亡する事件が起きた。同年7月には、海上保安庁の巡視船が竹島に上陸していた韓国の官憲から発砲され、船体に被弾した。

 

日韓漁業協議会の調べでは、65年に日韓基本条約と漁業協定が締結されるまでに、拿捕された日本の漁船は328隻、抑留された船員は3929人、死傷者は44人にのぼる。損害額は当時の金額で90億円を超えたとされている。

 

日韓基本条約は、抑留されていた船員を人質のようにして、その返還がらみのこともあったから、日本側には極めて不利な条件で締結された。なにせ、当時の日本は弱かった。

しかしこの時点で、竹島を囲い込んでいた無法なる李承晩ラインは消えた筈である。

 

竹島は、韓国側が「独島」だ「独島」だと言って騒がなければ、日本国民の殆どは知らないままでいた問題だったのだと思う。

藪をつついて蛇ではないけれど、彼等自らが嫌韓が進む原因を作ったのだということになる。

 

「嘘も百回言えば真実になる」という韓国の常識は、韓国だけでしか通用しない理屈であるから、世界では通用しない。

外交ということを知っている諸外国は、韓国が如何に「独島」だと言い張っても、それが韓国領土だと認めはしないから、あらゆる外交折衝のとき芯のところで信用されない。

ウソや捏造やパクリでは、表面的或いは一時的な発展をすることはあっても、やがて行き詰る。

 

違うというのなら、先ず手始めに竹島問題を国際司法裁判所に持ち込んでみればわかる。

そんなことは恐ろしくてできまい。つまり、いずれは手詰まりということになりかねないということである。

信頼と言うのは真実を追求してものごとを明らかにし、感謝の心を忘れず、地道な努力を重ねて世界に貢献してゆくということなしには得られない。

憎しみや恨みからは何も生まれまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

マスコミの手口に乗り過ぎていないだろうか?

かつて、「一内閣一テーマ」と言われた時代がありました。

 

大きな法案を一つ通すだけで疲弊しきり、内閣はその役割を終え、次の政権変わるということを繰り返してきた。

そういう意味で言うと、ここ最近だけでも「特定秘密保護法」・「安全保障関連法」・「テロ等準備罪法」という大きな法を成立させたことは驚異的であったといえる。

マスコミと野党がシャカリキになって反対したが、国民はそれらが日本国にとって必要だと判断したから、それによって内閣支持率を大きく下げはしなかった。

 

この三法のどれに危機感を覚えたのか、或いはこの勢いのままだと憲法改正にまで進むと恐れたのか、或いは消費税がらみなのか、そのどれかは解らないが、法案そのものへの反対では世論が動かないと思ったのか、戦術を変えて「噂を煽る」という情緒面への宣伝を始めたのではないのかと感じるのです。

これに乗ってしまったら、K国と同じではないか。

 

加戸前愛媛県知事の証言によれば、獣医師不足に危機感を覚えて学部新設を申請するために加計学園と組んだのは十数年前からのことだという。

だとしたら「初めに加計ありき」という報道を繰り返すのは悪意に満ちている。

 

認可については、挙証責任を果たせず認めざるを得なかった前川氏をはじめとする文部官僚が、省内をまとめるために作った文書であったと解釈する方が妥当だと思える。

 

50数年にも及んだ異常ともいえる岩盤規制からくる既得権を守ろうとした獣医師会とそこから献金を受けて質問していた議員の方が問題が大きいと思う。

 

報道の仕方によって世論が全く違ってくるのだということをあからさまにみせられた。

最早倒閣運動というに等しい有様を呈しているが、我々はそれでいいのだろうか?

 

マスコミに都合の悪い内閣は何とかして倒そうと思って実績を無視しようとしても、一定の視点と問題意識を持ち、少し冷静になって注意して報道に接していれば、どうしようもなく分かってくることは多い。

ついでに言うと、マスコミの三大手口、無視、歪曲・偏向、捏造、のうち最も悪質なのは、捏造や偏向報道よりも無視であり、知らされなければ実績評価はできない。

報道しない自由を使われたら、われわれの判断や評価は大きく狂う。

 

振り返ってみれば、外交上の功績も大きいのではないのか。

オーストラリアで名演説したことなどは、徹底して無視された。

 

内政でも、長く続いたデフレからの脱却に一定の効果を上げていると感じる。

前政権では糸口すら見い出せず、泥沼に嵌っているも同然だった。

 

内外とりまぜて、ざっと実績をあげてみると、

北朝鮮経済制裁*朝鮮総連圧力 実施中

防衛省昇格

海洋基本法・集団的自衛権 済・研究中

日米豪印4ヶ国同盟・韓国除外 実施中

サウジ等中東関係強化・中国サミット正式参加 実施中・拒否

宇宙基本法(偵察衛星) →成功

国家安全保障会議(日本版NSC)創設 準備中

国民投票法・憲法改正9条破棄 済・準備中

犯罪収益移転防止法(マネーロンダリング)

教育基本法改正*教員免許更新制度

少年法改正厳罰化

政治資金法改正(小沢10億円不動産禁止法)

社保庁解体(非公務員化)

年金時効撤廃法(時効の貰い損ね救済)

天下り制限・公務員削減・給与削減 済・準備中

国立追悼施設阻止・女系皇室典範阻止 実施中

「従軍」慰安婦捏造・南京「虐殺」捏造 国会で強制否定・未(否定の動きあり)

在日参政権阻止*人権擁護法案阻止 実施中(これがマスコミに嫌われる理由か?)

サラ金壊滅*[削除しました]壊滅・同和利権にメス ほぼ済・検定規制強化中・実施中

在日朝鮮人資産凍結・在日特権剥奪

 

対案を提示することもなく、仕事と言えば審議拒否、核開発・ミサイル乱射だろうがスルーして国民の安全を考えない一部の政党とは大違いではないか。

国民生活とも関係のないことばかりやっていると勘違いしている人は上の実績をみれば、自分が知らなかったか、或いは知らされていなかったかだと解ることです。

反対勢力から如何に嫌われようとも、国民生活を脅かすものを排除することは国民生活を守る立派な政策です。

こんな人たちと呼んで物議を呼んだ「反日プロ市民」に負けるわけには確かにいかない。

 

ミスリードされた責任は自分で負うことになるのだから、冷静に考えて自分で判断したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>


判断基準の違いに気が付くことが多い

日本人であるから日本のことが好きであるし、ものの考え方感じ方というのはよく馴染む。

別段国粋主義者であるとは思わないが、日本人で良かったと心底思っている。

だからといって全てが良いと主張するつもりはない。

従って、国際人を気取る気は毛頭ないけれど、諸外国とは仲良くしていった方が良いと思っているから、理解しようとはしている。それもあって、諸外国の映画やドラマは観ることが多い。

それによって彼らのものの考え方や捉え方が、成るほどそうなのかと解ることがある。

 

古き良き時代であった米国の西部劇だとかは単純に面白いし、身分制度下にあった英国ドラマなどは、共感できなくても我慢して見ていると解ることもある。

TVで流れることもあって、中国や韓国の王朝ものもよく見た。

 

どこが仕組んだのか知らないが、一時期韓流ブームとかで異常に放映されたけれど、権謀術策の限りを尽くし裏切りに次ぐ裏切りの物語を外国に広めて、その国民性を疑われることはないのだろうかと思いつつであったから、余計なお世話鴨知れないが、かなりイライラしたものである。

 

最近は寝そびれたときにチャンネルを捻ると、現代ものをやっている。

普通の会話だと思える場面でも、語調が何か喧嘩腰に聞こえるのが不思議でならない。

考え方の基準は、基本的には自己中心的に思えて、感情的に受け入れがたいことが有るから神経が泡立ち余計になられなくなる。見るのをやめればよいのにと思うのではあるが・・・・

隣国と仲良くしていくのは並大抵ではないと感じつつも、理解していた方が良いなと思うから、勉強になることもある。

反日などやめれば良いのにというのが実感であるが、ここまできたら難しいか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

報道バラエティー番組

「マスメディア集中排除原則というのがある。

 

放送法93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。

基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。

公共の電波を扱うのであるから、独占的になって、報道が偏らないためには当然の規制法であると言える。

 

しかし現実的に見ると、新聞・テレビ・ラジオのいずれもが一部大手に系列化されていて、法の趣旨に添う公平性が担保されているとは言い難いように感じる。

偏向報道は、誰からもチェックされないかのように罷り通っている。

 

悩ましいのは、メディアというのは不偏不党後世に報道をしていると信じ込まされていること。

流石に報道番組ということになると一定の制限はされているようだが、「報道バラエティー」ということでの抜け道をつくり、言いたい放題やりたい放題がなされている。

これらは、言論の自由を盾にされたら手の着けようがない。

国営放送だということで多くの人が信じ込んでいるNHKだって、よく見れば、かなり偏った番組を放映している。思い込みや刷り込まれは、悲しいかな有り得る。

 

米国では、日本よりも集中排除原則が働いているらしく、メディアごとに旗幟を鮮明にして競争しているらしい。報道が公平であるとは頭からおもっていない。

だから、トランプ大統領がフェイクニュースだと一部メディアを名指しで直接非難しても、それを理解する国民がいるのだという。

大統領がらみの問題が日本で報道されるのは、日本のメディアに都合の良い局や新聞のニュースばかりとなっているようだから、日本人がトランプ大統領の全体像を捉えて理解することは不可能ということになる。

報道を基に何かを判断するには、部分の情報では難しいのだということを念頭に置かないと、誤った結論を出しかねないのだと心せねばならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

 

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

隠していたことを隠した会見ではないか

差別と区別は明らかに違う。

国籍というのは区別であって、どこがどう差別だと同一視して言い逃れできるというのだろう?

 

外国人が日本で国会議員として立候補が可能か?

日本国籍も有する二重国籍なら良いのだとするなら、自民党議員が二重国籍を公表して謝罪した時も、蓮舫議員及びその支援者は、同様の声を上げて「差別」だといったのかと言えば、そうではあるまい。法に反しているばかりか自分のためのご都合主義だとの誹りは免れまい。

大臣ともなれば公人なるがゆえに、個人資産まで公表する。

これをプライバシーの侵害とは言わない。法的安定性というのは、立場によって違う。

 

日本国の発展のために力を尽くしていると誰もが認める働きをしていたら、このように責められることはなかっただろうけれど、その逆で、どこの国の議員だと言われるような言動が多かった。

それらが、多様性ということで広く受け入れられたとは思わない。

他人には丁寧な説明を厳しく要求するのに、自分はそれを拒み続けてきた多様性はあった。

事実、つい最近まで二重国籍の儘であったことが部分的発表で明らかになったが、そういうことだから公表できなかったのだということに尽きる。

隠していたことを隠して、知らなかったと言い張るしかないということになる。

公人であるのに個人の権利のみ主張し、被差別の被害者であるかのような発言をしてみても、これでは同情は得られまい。

 

野党がお好きな例えばの話をするならば、外国人が大人数で日本国に帰化し、議員として立候補したら当選する可能性はある。極端なことを言えば国の乗っ取りができることになる。

 

帰化の基準と言うのは当然あるとして、そういうところで区別するのを差別とは言えまい。

差別だと言えば、何でも押し通せるとしたら、差別というものの定義を明確にし、広く国民に周知することが必要である。

一般的な解釈では「人間としてどうよ?」という判断基準だとしているにすぎまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/14d1335c.162f2991.15374e21.191613ac/?scid=af_shop_img&link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJwaWN0IiwiY29sIjowLCJ0YXIiOjEsImNhdCI6IjQ0IiwiYmFuIjoiNDYwMTM3In0%3D" target="_blank" style="word-wrap:break-word;"  ><img src="http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hsb/14d1335c.162f2991.15374e21.191613ac/?me_id=1&me_adv_id=460137&t=pict" border="0" style="margin:2px" alt="" title=""></a>


報道に疑義を唱えるコメンテーターが増えたのは何故?

マスコミは、加計算学園問題に関係する愛媛や京都をきちんと取材したのだろうか?

前川前事務次官の主張のみを鵜呑みにしているだけで、裏付け取材をして報道しているとは思えない。

時系列を追うだけでも、資料は沢山あったのであるから、公平な報道はできた筈である。

 

山田啓二京都府知事が前川前事務次官発言を真っ向から否定する驚愕の展開になっている。

それによると、「準備と努力が足りなくて競争に敗れた。必死だった愛媛県今治市で異論はない。」とのべているのであるが、この報道は広くはなされていない。

https://www.youtube.com/watch?v=Q1ew9MZ8EQY

 

加戸前愛媛県知事の証言、原ワーキンググループ委員、京産大学の会見なども、多くのメディアが報じなかった理由は何なのだろうか?

どうやったって事実を隠しおおせるわけがないから、多くの人が既に知り得ている。

今まで安倍批判一色であったが、最近はそれではマズイと気が付いたのか、擁護に回るコメンテーターも見かけるようになってきた。

相変わらずなのは、野党と一部マスコミのように思えるが、どこでどう落としどころをつけようとするのだろう?まわりにはウンザリしているという人が多い。

 

文書は正しいことが記載されていたかどうかは別にして確かにあった。

とは言え、「思う」とか「感じた」とかをさもさも真実のように報じ、人心を惑わしただけであったとしたら、その責任は重い。

最初に怪文書と言われる出所すら明かさなかったものを使って、この騒ぎを起こすきっかけとなった民進党議員も、更にはその後も自らが調査したとも思えない野党議員たちがそれに輪をかけて騒いだことも、お構いなしというわけにはいかなくなる。

選挙にも重大な影響を及ぼしたのではないかと推量できるのである。

 

マスコミは、口を開けば権力の監視機関であることが使命だという。

国民がそんな使命をマスコミ宛てに付託したことは一度もないと思うが、それでも、彼らが志を高く掲げ、その言に恥じない行動をするのなら、それを可としても良い。

でも、そうであるなら、事実を包み隠さず報道すべきである。

自分たちの思惑に沿ったストーリーを作り、それにそぐわないものは隠して報道していたら、本末転倒であり、権力の監視だと主張することの根拠を自らが否定してしまうという誤謬を侵すことになる。

どうしても報道しない自由を振りかざし、思惑に沿った報道をしたいなら、「わが社は○○の信条に基づき報道活動をする会社である。」と、旗幟を鮮明に公表してからでなくては適うまい。

即ち、一般紙ではなく機関誌であると公言してこそ、読者への説明になるということになる。

それであれば、誰からも報道姿勢を咎められることはない。

「国民が~」「国民が~」という文言は使い難くなるということでもある。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

阿倍政権はマスコミにとって都合が悪いということなのか?

違法性はないといっているのに、わざわざ予算委員会を開催して、総理出席の上で加計学園問題をやるのだという。

折角真面目な質疑をして、疑惑が晴れそうな証言が出てきても、何故かそれを報道することなく、それにもかかわらず、疑惑はないことを丁寧に説明しろと言い続けるのは、何が目的なのだろう。

 

加戸守行・前媛県知事の証言

原英史・国家戦略特区ワーキンググループ委員の証言

このお二方の証言は、疑惑を晴らすことに重大な意味をもっているではないのか?

先日行われた京産大の記者会見の内容も、マスコミ側には不都合だから、多分報道しなさそう。

 

疑いを晴らすということでいえば、

民進党の山尾志桜里議員のガソリン疑惑

民進党の辻本清美議員の、3600億円にも及ぶ東日本大震災の義援金使途不明疑惑

民進党、玉木雄一郎議員への獣医師会からの献金疑惑

民進党の蓮舫代表の二重国籍疑惑

前川喜平前文科省事務次官の出会い系バー通い疑惑

こちらの5件の方が、獣医学部新設に関与はなかったとしている総理に対する「うたがい」より確実に有る疑惑であり、いずれもないがしろにはできない大問題なのではないのか?

 

にもかかわらず、これらは報道しないばかりか、擁護しているようにさえ見える。

「どうしてなのだろう?」と思っている人は、マスコミが想像しているより数段多いように思うのだが・・・

ワイドショウで扱ったら、連日大騒ぎになりそうな案件だと感じる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

何としても政権を倒したいということなのだろうか?

多少へそ曲りなところがある性格なのかも知れない。

猫も杓子も全部が賛成するということも、全部が反対するということも世の中にはないのだと思っている。

だから、賛成するか反対するかはその都度、自分の頭で考えることにしている。

ただし、まがりなりにでも、自分にとって都合が良い事というのを優先させて判断するということは基本的にないと思っている。

報道姿勢を見ていれば、それでも、全体的にはどれが良さそうかくらいは自然にわかる。

大勢に流されるのは危険なのだと思っているからくる自分なりのの拘りということに過ぎない。

勿論、リスクは自分で負う。そういえば、民主党が政権を取ったときも、選挙の時に危惧するところを唱えて、周りの連中から随分くさされた。

 

マスコミがこぞって煽り立てる時というのに、どうしても胡散臭さを感じてしまう。

先の大東亜戦争のときも、「一部の軍部が突出して」ということになっているが、戦争へと国民を煽り立てたのは、マスコミもその一翼を担っていたのではなかったのか?という疑念は、今もある。

 

自民党政権から民主党へと変わることになったときの選挙時も、報道はそれ一色であった。

結果で見れば、その政権の公約は殆どが画餅であり、経済も外交も内政も全くの期待外れであった。マスコミが如何に擁護しようとも凋落の一途を辿っていったという現実があるが、そのことへの反省も検証も、彼らがしたとは思っていない。

 

報道というのは、感情を煽るのではなく、如何に冷静に物事を判断するかというための事実を余さず伝えることなのだと思う。

自分で考えずに他人の意見に引きずられた人は、結果を必ず人の所為にする。

無責任なことを垂れ流した側は「決めたのは自分なんだから、自己責任だ。」ということにして頬被りするのが常なのである。

それにしても、何としてでも政権を叩こうとする姿勢には、異様さを感じる人が増えてきているのではないだろうか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

アンケートが的を射ているように思えない

マスコミの実施するアンケート調査結果というのは、果たして信用できるのだろうか?

自分たちに都合の良いように誘導しているということはないのか、という意味です。

 

質問項目の設定方法に作為はないか?

対象とした人たちがどのくらいの範囲、どのような年代、どのような職業の人たちだったのか?

対象とした人数は、極端に少ないように感じるのだが?

結果を意図的に編集したということはないのか?またそれがなかったということを如何にして証明するのか?

これも疑惑といえば疑惑であるから、疑いを持たれた側が証明する必要があることにならないか?

マスコミはいつも、ないということを説明しろと、悪魔の証明を求めていたように思うが・・・

 

調査の時期をみると、自分たちの思惑含みの報道で、どれくらい社会に影響を及ぼすことができたかを図るためにやっている調査なのではないかとさえ感じる。

即ち、マスコミが煽りに煽った後にするアンケート調査というのには、疑念をもってしまうということである。

ここ最近の印象操作に近い疑惑追及報道を見ていると、更にそれを強く感じてしまう。

 

参考人の証言でも、自分たちの思惑に都合が悪い事は全く報道しない。

文部省からの漏洩文書問題もそうである。

ニュースによる情報を聞いているだけでも、その文書を作成した人は、官邸から直接指示を受けた人でもなければ会議に出席していてその話を直接聞いた人ではなさそうである。

省内をまとめる為に伝聞をおりまぜ、ストーリーを作って使おうとしたメモだったのではないのか?と思えてしまう。

何となれば、それを言ったとされる文部省以外の人は「そんなことを言った覚えはない。」というが、それを頭から嘘だと、マスコミはどうしていいきれるのか?

その立場の人が、どう考えてもそんな言い方をするはずがない、という表現が多すぎることからみれば、文書の内容の真偽のほどを取材で突き止めるのがマスコミ側の仕事ではないのか?

 

折角参考人を招致して質問し、その答弁を得ても、

殊に、その証言によって疑惑が晴れてしまいそうな内容のものは、報道から全てカットして、偏ったことのみしか知らせないようにしている如く見えるから、全体像を知らない一般人が判断を誤るのは十分に想像できる。

系列のTVなどでワイドショウ化して印象操作をしたら、事実を知るすべは国民からは奪われるから、アンケート結果には重大な影響を及ぼす。

 

ジャーナリズムと言うのは、フェアでなくては存在意義を失うのではないのか?

政権倒しが目的で、倒閣運動の一環だというのならそれはそれでも良いが、そうならば政策のどこがどう不都合なのかということを指摘しなければならない筈である。

「うたがい」というお化けを必死になって育てているのでは正義からは程遠いと思う。

こういう意見を持つのが多様性というのであって、国籍問題をウヤムヤにすることが多様性ではあるまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>


国際間の合意を破るリスクを負えるのか?

国際間の約束事は条約の形をとるが、いくつかの呼び方をされて、重要度に差があるように見える。

しかし、条文化されなくても約束は約束である。

口約束だからということにして疎かに扱えば、国の信用を失墜し、その後の交渉ごとの全てに影響を及ぼすのは当然であろう。それだけに、約束時の文言は定義を明白にして使うべきである。

そういう意味では、過去における日本側の談話等には問題を含む。

 

国際社会の組織化に伴って,国際機構が当事者となって締結する条約の数が増加する傾向にある。

具体的な条約は個々の場合に必ずしも〈条約treaty〉と呼ばれるわけではなく,

〈取極め arrangement〉〈協定 agreement〉〈憲章 charter〉〈規約 covenant〉〈規程 statute〉〈交換公文 exchange of notes〉〈往復書簡 exchange of letters〉〈議定書 protocol〉〈覚書 memorandum〉などさまざまな名称が付せられる。

これらのものは名称の差異にかかわらず実質的には条約と同意義であり,その内容によって名称が一定しているわけでもない。

 

慰安婦問題日韓合意というのは、2015年(平成27年)12 28日の日韓外相会談で結ばれ両国の外相が同席の上発表した。

最終的不可逆的とわざわざ文言に入っているが、これは米国立ち合いのもとで合意をみたのであって、諸外国からもこれを歓迎するとのコメントが多数出された。

日本側はこれを遵守したが、韓国は国民の合意が得られないとして蒸し返す気満々である。

日本国の国民だって、大多数が認めているわけではない。何となれば、慰安婦の強制連行は捏造されたものだと思っているからである。

 

朝鮮人口は、19101300万人だったのが、日本の農業技術などにより食料の増産ができたこともあって、1945年には2500万人にまで増えた。

2500万人の半分が女性であったとし、またその半分が若い女性であったと仮定したとき、

2500万人÷2÷2=625万人となる。20万人といえば実に3.2パーセントとなる。

警察官の6割が朝鮮人だったといわれる時代に、騒ぎ一つ起こさず連行なぞできない。実際にそんな騒ぎがあったという痕跡は皆無であり、だからどんなに探しても証拠は提示できない。

彼らが唯一証拠だといっているのは、河野談話のものであろう。

吉田証言も嘘であったと本人が自白したことで崩れ、朝日新聞の報道も捏造であったと明白になった。

裁判だったら公判をいじすることすらできないような慰安婦証言の信ぴょう性を検証することもなく、閣議決定もされていない個人の談話が出されたのが使われていることからも、その責任は重い。

 

それやこれや何度もゴールポストを動かして、健全な関係に進めることができず、いつまでも長引かせるのは両国の将来の発展のためにならないとして、譲歩した結果の合意だと思っている。

 

韓国が、文書にしてないからこれを破棄したいというならそれも良いだろうが、日本側が再交渉に応じる筈もなく、両国関係が悪くなることは勿論のこと、その後に韓国が国際的に負うリスクは計りしれまい。

約束事というのはそういうものである。

日本相手なら何をやっても許されるという従来の考え方では、日本相手以外に通用するわけがない。日本には、どこの国の人かと疑われるような人たちがいて、感情的に騒ぐから、まあまあということでやってきたが、限度というものはあろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

挙証責任を果たさなかったと言われているが
</a>なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのかl" target="_blank">http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm<a href="

 

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

 

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

私が書いた小説 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ、規制が強すぎると、そこに既得権益ができるなどの問題が起こりやすいのだということだけはよく解る。

どうにもよく解らない。

加戸前愛媛県知事や原参考人の証言は、彼の主張に齟齬を来しているということにならないのだろうか?

しかも、内部文書も、それまでの経緯も、手順として尽くされた審議の議事録も、全て知った上で学部新設の認可をした責任者だったとしたら、いま主張していることとの整合性が説明できないのではないのか?

しかし、辞任は「天下り禁止」という国法を犯したことの引責辞任だった。

認可反対と言うことで辞任したのであれば、彼の主張は理屈が通る。

前川前文部事務次官は、加計学園を認可したときの当事者だったのだと思うが、その認可に反対辞任したということではなかったと思う。

 

それこそ行政が歪められる結果になると思うのだが違うのだろうか?

挙証できなければ、所轄省庁は閣議決定に基づき認可するということでないと、行政は動かないということではないのか?

それができれば、法に照らして反対できるということでもある。

岩盤規制緩和ということで、「閣議決定」された行政命令が出たとき、それに従わないとするなら、その理由を明確にする「挙証責任」というのが当該省庁にあるのだという。

 

ということらしい。

行政庁が決定した事項を一般に公式に知らせる行為、またはその公示の形式の一種。国家行政組織法第141項は一般的に、各大臣、各委員会および各庁の長官の告示発布権を規定しているが、そのほか個別の法規に根拠規定が置かれることがある。告示は一般に官報または公報に掲載される。告示の実例としては、物価統制令上の統制額、保険医療費、学習指導要綱、生活保護基準、町名変更、帰化許可、保安林指定、環境基準、米穀の政府買入価格、国民生活安定緊急措置法により決定される生活関連物資等の標準価格や特定標準価格など多数ある。その法的性質は争いが多いが、一般処分ないし立法行為、通知行為、事実行為ないし指導助言、指導要綱など、場合により種々の性質をもつといわれている。

一般的にどういうものかというと、

告示というのを調べてみたが、これも解り難い。

 

それほどまでに強い効力を発揮する法的根拠というのは何なのだろう?

これを盾に、学部新設の申請すら受け付けることなく却下してきたのだという。

獣医学部の新設を50年以上にわたって認めなかったのは、「告示」があるからだという。

どうにもよく解らない。


ネット情報を軽く見ない方がよい

むかし習ったことに、「新聞は何誌か比べて読み、紙背の意味を汲み取れるようにせよ。」というのがあった。

自分で「書かれていることの言わんとしている真意や論旨を掴み取れるようになれ。」ということであった。

最近はそれに加えて、オブラートに包まれた新聞社特有の言い回しというのがあるから、惑わされずに読み解けとも言われるようになった。

例えば《 A 新 聞 用 語 集 》というようなものが出回るようになり、その用語が出てきたら、何を主張したいのかが簡単に推量できるようになった。

 

用語集の例をあげると、

◆『 しかし、だからといって 』

=ここから先が本音であるという意味

◆『 議論が尽くされていない 』

=自分たちにとって好ましい結論が出ていないという意味

◆『 国民の合意が得られていない 』

=自分たちの意見が採用されていないという意味

◆『 異論が噴出している 』

=自分たちが反対しているという意味

◆『 政府は何もやっていない 』

=自分たちの好みの行動を取っていないという意味

◆『 内外にさまざまな波紋を呼んでいる 』

=自分たちとその仲間が反対だとして騒いでいるという意味

◆『 心無い中傷 』

=自分たちが反論できない批判という意味。某国で使う妄語というのに似ている

◆『 皆さんには、もっと真剣に考えて欲しい 』

=アンケートなどで、自分達に不利な結果が出てしまったという意味

 

何回も同じパターンが繰り返されれば、もう完全に裏読みまでされているということになる。

記事の書き方ばかりでなく、最近はそれに加えて、自分に都合の悪い事は無視して、編集などを加えて居直るというのがありそうに見える。

報道しなければ誰にも知られないと思っても、ネット上に画像付きで上がる事実と、報道で扱われることとの差異が明らかであれば、隠しおおせはしまい。

アンケートなどをするときの対象者は、どうも普段ネットなどをしない人たちばかりらしいから、今のところマスコミの思惑通りの流れで世論をリードできるとたかをくくってているように見えるが、それが長く続けられるとはとても思えない。

サイレントマジョリティーの大半を占める若者たち、即ち「静かなる多数派」ともいうべき若い有権者の多くは、強く意見を表明することはあまりないから無視して大丈夫なのだと踏んでいるかも知れないが、彼らは意外に冷静的確にものごとを見ていて、マスコミが如何に煽ろうとも、肝心な時には底堅い保守的な判断を示すことが多い。

大義と志がどこにあるかを見ているネット民を甘く見ていると、どこかで手ひどいしっぺ返しを食らいそうに思える。

新聞離れをしている若者が多くなってきているようにみえるのも、その表れの一つだと感じる。

信頼できないという評価をしているということかも知れない。

誤魔化しを嗅ぎ分ける嗅覚は鋭いし、都合よく編集して提供しても、表面上の事象だけでなく全体像を捉える能力が優れているから、すぐに見破られる。

「おかしいな」と観ずれば、検索して事実関係を調べるくらいのことは苦も無くやってのけるから、今まで通りの手法でリードできると思わない方が良い。兆候は随所に散見できるのである。


報道しない自由というのが多すぎないか?

戦後の一億総懺悔の時代に幼年期を過ごし、今思えばかなり左がかった先生たちが幅をきかせていた時代に学校に通っていたが、どうやらそれに染まることなく、公平にものごとを判断できるように育ったと思っている。

 

共産主義以外で、真に国のために尽くしてくれるなら、どこの政党でも良いと思っていたが、長ずるに従って、捏造した歴史観を押し付け、理不尽な要求ばかりする国の言い分ばかりに迎合する政党や、やたらに権利主張ばかりする人たちを段々に良いとは思わなくなった。

そういう意味では健全な保守だということになる。

 

国民の三大義務、「教育の義務 (262項)」「勤労の義務(271項)」「納税の義務(30条)」も誠実に果たしてきた。

大学は、昔風に言えば苦学ということになるが、働きながら学資と生活費を自らで稼いで通ったけれど、親に不満を持ったことは無い。多くが貧しい時代であった。

とにかく一所懸命に働いた。今の日本は、戦争で生き残った人たちと我々の年代までの人たちの努力が特に与って大きいのだと自負している。

望む結果が得られなければ、自らの努力が足りないのだと反省し、志を高く掲げて諦めたり投げやりになったりすることなく励んだ。

 

まあ、そんなことを言いたいわけではない。

主義主張や信条はそれぞれにあって当然だと思うし、今の若い人たちに文句をつける気もないが、一部に、自分のやったことを省みることもなく言いたい放題で済んでしまう風潮があることに違和感を覚えてしまうということを言いたいのである。

 

古くは、北朝鮮が「地上の楽園」だと唱え、帰還を煽ったことで酷い目に遭った人がいることに口を拭って平気だとしているままというのもあるが、ここ数年のことでも沢山ある。

 

2013年に中国が主導したAIIBのとき、「バスに乗り遅れるな」と叫んだ人たちは、今どのように思っているのだろう?

 

同じころ、「秘密保護法」というのも成立した。報道の自由が阻害されると大反対したマスコミの現状はどうなのだろう?

報道しない自由を主張するばかりか、今も変わらず偏向報道まがいなことでも言いたい放題でいられるではないか。

 

「平和安全法制」のときも、「戦争法案」とレッテル貼りをし大反対に明け暮れたが、それがあることで北朝鮮の脅威や、中国からの尖閣諸島への侵犯をかろうじて防げているのではないのか?

 

直近では「テロ等組織犯罪準備罪」というのがある。大多数の国民はそれを是としていたのが実情ではなかったのか?

これらは、一部野党とマスコミが何故か躍起になって潰しにかかり、より良い法に整備しようとする努力や協力をすることはなかった。

 

その間にやったことは、森友学園に始まり加計学園の疑惑煽り、都議会議員選挙時の選挙妨害を歪曲して報道するなどの現政権叩くことで、法案潰しを目指したことであった。

現政権を殊更に擁護するつもりはないが、何が国益になるかを無視してまで現政権を貶めるような動きに終始するのは、法案が自分たちにとってよっぽど都合が悪い事情を抱えているのだろうか?との疑念を抱かせる。

 

臨時国会での前愛媛県知事の証言や、ワーキンググループの原さんの証言を一切流さないのは何故なのか?核心をつく、重大な意味を持つ証言だったと思う。

獣医学部の新設に何も問題ないとなったら困るということだとしたら、もはやマスコミの意義はなくなる。

これでは真相究明は口実だけで、結論ありきなのはマスコミそのものではないか。

マスコミにこそ、説明責任が問われて然るべしだと、残念ながら覚えてしまったのです。

マスコミは、信頼できる組織であってくれないと困るのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

画像を見ているといろんなことが判る。

多様性を認めるということは必要であろうし、それに反対はしない。

しかし「多様性を認めろ」と主張している人たち自身が多様性を認めているのかどうかということになると、甚だ疑問を感じる。

彼らは、自分たちの主張と違う意見の人を全く受け入れようとしないように見えるし、それを認めないで通そうとしているように見える。

 

如何なる物事にも、それぞれ違った意見を持つのは当然であるが、だからといって、多様性を重視したとしても万人が納得するようなものは、現実的にはないのだと思われる。

万人が賛成するまで待っていたら、どんな問題も解決することはあるまい。

どこかで、大多数が可とするものに決めなければならない。

 

多様性を主張する人たちがその時に必ず口にするのが「民主的ではない」という言葉である。

即ち、彼らの主張する通りの結果が得られなければ、民主的ではないということと同義語ということになるが、それを無視しての論理矛盾をどう説明するのだろう?

説明もできずにそれが民主主義だということなのだとすれば、世の中かなりおかしなことになる。

しかし、彼らの声は大きいし、マスコミもそればかり取り上げることが多いから、自分の頭で考えないで、偏向報道を受け売り或いは刷り込まれた状態の意見を持ってしまう人も、現実的には沢山でてきてしまう。

 

政治は、選挙によって選ばれた人たちによってなされる。

いかなる選挙結果であったとしても、それは選挙民の責任ということになるから、その後の政策によって不利益を被ったとしても、選挙民はその意味で自らの責任をとる。

前の民主党政権の時がそうであった。

マスコミに踊らされた側面が大きかったと思うが、外交も経済も酷い目に遭ったと思っている人が多い。マスコミが責任をとることはない。

今回の都議選のときも、選挙妨害ととられても仕方のない報道の仕方があったように感じる。

 

加計学園がらみで開かれた臨時国会をみた。

画像にハッキリ写っているから、本人も否定のしようはあるまいが、青山議員が質問中に最初から最後まで薄ら笑いをし続けた民進党のS議員の態度は、不愉快極まりなかった。

皆が真剣な議論のやり取りをしている中で、異様としか表現のしようがない。

民進党党首の質問の最後のセリフは、もうネタバレしている「こんな人たちに」であった。

加計学園の問題を明らかにするためではなく、他の狙いが透けて見える印象操作そのものに見えて後味が悪かった。そんなやりかたを続けていては、国民の信頼を取り戻すことはできまい。

 

違法性がどこにあるのかを明確にできるのかどうかということに尽きる。

もしもそれがあるのなら、総理の退陣もやむなしということになるだろうが、そんなことにはなりなさそうである。

参考人の答弁も「推測」と「思う」という言葉が並ぶだけであったように感じる。

「思った」で済むのなら、証言をするのを見ていて、社会正義を口にするほど高潔な人物には見えなかったというのが実感である。

どうしても守らねばならない規制であるなら、それをできる立場に居てそうしなかった不実が際立つ。これも私の持つ多様性ということでしかないかも知れないが、どうしても意趣返しをしているようにしか思えないということでもある。

半世紀にもわたって学部の新設要請に門前払いを繰り返してきた岩盤規制に風穴があいたことは良かったのではないかという感想の方が強い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.