旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

差別用語とは思えないものも
パソコンで文書を書いていると、変換できない熟語が沢山ある。
その多くは差別用語だからということらしいが、どう考えてもそれらは普通名詞であって、差別ではなく区別するためにできて使われていた言葉なのではないのかと思えてならないものが多い。
最近使われなくなったものには、スチュワーデスだとか看護婦などというものがある。何故それがいけないのだろう?
近頃は北朝鮮と言っても咎められないが、数年前までは北朝鮮人民共和国といわなければならなかった。
完全に使われなくなってしまっているように思えるものに、第三国人というのがある。これを使うと悪人のように言われる。
しかしこれはそもそもが行政用語であって、戦勝国と敗戦国のどちらにも属さない国のことを便宜上表すためにできた言葉であって、差別用語とは言い難い。
彼らが戦後、不当行為を繰り返し、暴れまわったことで嫌われるようになったことは確かである。
馬鹿でもチョンでも、というのも駄目だという。チョンが朝鮮を表すからだというが、チョンというのは〻のことであり、朝鮮人など居なかった江戸時代から使われている。
意味は取るに足りないというくらいの〻ということである。
部落というのも駄目だというが、子供の頃は、住んでいた村の区分けのために何の問題もなく使われていた。未開放部落と混同するからだということらしいが、返って浮き彫りにしてしまっていないだろうか?
ことほどさように、言葉狩りをし過ぎて、日常生活を阻害してしまっていることはないだろうか?
こういうことを言うと、どっかから責め立てられるから、それを恐れて誰も口にしないが、冷静になって考えてみることも必要なのではないか、と思えてならない。

言葉狩り~「放送禁止用語・出版禁止用語一覧」というのが、ネット上に出ていた。
禁じられているものだけでなく、嫌疑のかかっている用語も集めてます、ということであるが、どうも禁止というよりは、騒ぎ立てる人が居るからそれを避けて、自粛して使わないということらしいのである。

アイヌ系/合いの子/明き盲/アル中/按摩/家柄/イギリス/弄(いじ)くる/遺伝・遺伝子/田舎/移民/インディアン/インディオ/氏より育ち/うすのろ/うたぐる/裏日本
駅弁大学/エスキモー/穢多(えた)
沖仲仕/唖(おし)/唖(おし)問答/落人(おちうど)部落/落ち零(こぼ)れ/表日本/オランダ/隠亡(おんぼう)/隠亡
外人/家系/稼(かせ)ぎ/稼(かせ)ぐ/稼(かせ)げる/片足/片腕/片跛(ちんば)/片手/片手落ち/片目/片目が開く/片(かた)端(わ)/ガチャ目/がっぷり四つ/皮切り/河原乞食/看護婦
北朝鮮籍/~きち/気違い/気違い茄子/気違い水/~狂/狂気/狂器/狂人/漁夫
くず屋/クラクション/群盲
芸人/下衆/血統/毛唐/毛並み/下男/下人/原住民
後進国/興信所/工夫/黒人/五体満足/小使い/小百姓/高麗鼠/小役人/混血
雑役夫/サラブレッド・サラブレッド並み/三国人
色盲/支那/支那人/支那そば/シナチク/支那料理/士農工商/ジャグジー(風呂)/住民/住民運動/女医/障害者/小乗仏教/女工/食人種/処女航海/処女作/処女峰/女中/
白(しら)子(こ)/シンナー遊び/新平民
ずべ公/滑り止め(受験)
精神異常/銭(ぜに)っ禿(ぱげ)/傴僂(せむし)/鮮人/潜水夫/僭窃(せんせつ)/掃除夫・掃除婦/早発性痴呆症/外回り
高砂族/宅急便/~だてら/他力本願/男工
知恵遅れ/血筋/痴呆/チャック/中老/ちょん/チョンガー/跛(ちんば)/跛
聾(つんぼ)/聾(つんぼ)桟(さ)敷(じき)
低開発国/低能/出稼(かせ)ぎ/丁稚/父(てて)無(な)し児(ご)/テトラポット/手ん棒
同和/土方/特殊学級/特殊部落/床屋/屠(と)殺(さつ)/道産子/土人/土俗/土百姓・呑(どん)百姓/共稼(かせ)ぎ/吃(ども)り/
内地/南鮮
ニグロ/二号/妊婦/人夫/人夫出し
奴婢(ぬひ)
ネ・サ・ヨ
農夫
跛(びっこ)/人食い人種/非人/百姓
風太郎・ぷう太郎/不具/父兄/ブス/踏切番/部落/部落民/フリスビー/浮浪者/文盲/文盲率
平民
坊主(僧)/報道官/ホームレス/北鮮/呆け/ポン引き
町医者/万歩計
未開人/南朝鮮/耳聾(つんぼ)
妾(めかけ)/盲(めくら)/盲(めくら)撃ち/盲(めくら)壁/盲(めくら)検査/盲暦(めくらごよみ)/盲(めくら)探し/盲(めくら)判/盲(めくら)飛行/盲(めくら)窓/盲(めくら)滅法
盲(もう)唖(あ)/盲射(もうしゃ)/盲信(もうしん)/盲進(もうしん)/盲爆(もうばく)/盲目(もうもく)/耄碌(もうろく)
藪(やぶ)医者/藪睨(やぶにら)み
よいよい/用務員/四つ/四つ角・四つ辻/四つ相撲(ずもう)
癩者(らいしゃ)/癩(らい) 病(びょう)
漁師/猟師
ルンペン
令(れい)嬢(じょう)/レントゲン技師
牢人(ろうにん)/路地

一渡り読んでみたが、どうしていけないのか理解できないものも多い。英語に置き換えて、クレイジーだとかブラインドと言うのは問題なしとするなら、その疑問は尚更のこととなる。
スポンサーサイト

245人を残して帰国した筈だが
日本で暮らしている在日韓国・朝鮮人のうち「朝鮮籍」を持つ人の数が、昨年末の時点で3万3939人まで減っていることが分かったという。日本の法務省が11日に発表した。
法務省が朝鮮籍保持者の正確な人数を公開したのは、1970年以降初めて。最後に公開された統計では、1970年の時点で29万人の朝鮮籍保持者がいた。

「朝鮮籍」とは、1945年の敗戦直後、まだ大韓民国が存在していない時期に、韓半島(朝鮮半島)に戻らず日本に残った朝鮮人60万人に対して日本政府が付与した国籍である。

大韓民国建国後も韓国籍を取らず、また日本国籍も取得せず、当時の国籍をそのまま持ち続けている人が現在の朝鮮籍保持者だということになる。
日本は北朝鮮を国と認めておらず、国交もないことから、朝鮮籍とは別の「北朝鮮籍」は公式には存在しない。
在日韓国・朝鮮人の選択肢は、日本国籍を取るか、韓国籍を取得するか、朝鮮籍のまま残るか、三つに一つである。
韓国人の目で見れば皆同胞だが、日本政府の立場からすると、日本国籍を取った人は法的に「日本人」であり、残る二つの集団だけが「外国人」となる。
日本はこれまで、外国人を集計する際「韓国籍」と「朝鮮籍」を区分せず「韓国・朝鮮」と分類してきた。
昨年の時点で、朝鮮籍は4万人にもならない少数派だが、韓国籍を持つ在日韓国人は46万人いるというけれど、実際にはもっと沢山いるのではないかと感じる。

日本政府が推定する朝鮮総連のメンバーは8万人だが、朝鮮籍保持者の数はその半分にもならない、という点も注目される。
総連は事実上、殻が残っているだけの「瓦解直前」状態だということを示しているからだ。ある総連の専門家は、匿名で「朝鮮籍保持者は、ほとんどが総連所属。総連が強かった時期は、総連に所属する人が朝鮮籍を捨てるケースは想像しづらかった」と語ったという。

ある在日本大韓民国民団(民団)関係者は「朝鮮籍を持つ人は海外旅行の手続きが複雑で、韓国訪問も自由にはできない上、日本社会の視線も極めて冷たい。在日社会で『もはや北朝鮮に同調せず、総連にも参加しないのに、敢えて朝鮮籍を残しておく理由はない。日本国籍を取るか、豊かで自由な韓国の国籍を取るのが現実的には利益に』と判断する人が増えた」と語ったというが、果たしてどうなのだろう

在日朝鮮人・韓国人と呼ばれる人たちの出身地は、.99.4%が南部(現在の韓国)出身で、更に言えば、17%が済州島出身だという。
終戦後、李承晩大統領による済州島民の虐殺から逃げて、日本に密入国 したからである。(済州島四・三事件)
彼らは、強制連行されたと言い張っているが、200万人もいた在日人口のうち、大戦末期に他の日本人と同様に工場などに徴用されたのは20万人。
これが彼らのいう強制連行ですが、その殆どは終戦後 に帰国し、残ったのはたった245人です。(朝日新聞 1959年7月13日)これが事実である。
日本人の殆どがこの事実を知らず、何故か間違ったことのみ信じ込まされている。

真実は、在日は帰りたくても帰れなかったのかというと、そうではない。戦前の在日人口200万人のうち140万人が終戦直後に帰国しました。つまり帰れました。
その後にも帰還事業というのは大々的になされた。
憎いといいながら、どうして60万人は日本に残ったのか? というと、彼らは朝鮮で白.丁(ペクチョン)と呼ばれた奴隷階層が多く、帰ると差別されるからです。また戦後のドサクサで得た財産を放棄するのが惜しかったからということであろう。
日本に残る理由付けは、被害者ヅラすることであり、日本人に罪悪感を抱かせるしか自身の存在を正当化できなかったからそうしたのであり、いつまでもそれを言い続けた。
残る道を選んだのならそこに根を降し、互いに仲良くするようにしてくれば良かったのに、一部のまともな人を除いてそうはしてこなかった。
中にはまじめに努力して受け入れられ成功を収めた人も居るから、できなかったという理由付けは説得力をもたない。

共に仲良くするチャンスも時間も十分にあった筈だが、あることないこと言い立て、歴史を捏造してまで在日特権に胡坐をかいて反日活動にいそしみ、嫌われることばかりをしてきた人たちが多すぎたということであり、やり過ぎてしまって、今更引っ込みがつかないところまできてしまったということになる。

なぜ帰化しないのかということについても解かりにくい。祖国に誇りをもっているからだというなら、韓国語を喋れない人が多いというのも変なはなしである。
まず前科のある人間は申請を却下されます。 素行用件 破産歴 納税状況 年金支払状況 家族の素行について厳密にチエックされるが、普通に真面目に暮らしていれば、それらはクリヤーされた筈である。残念ながら在日コリアンの犯罪率は高いと言われている。
日本人と在日外国人の犯罪率の比較調査結果を見ても、それは突出しているのである。

南京事件は矛盾が多い
南京大虐殺も捏造なのではないのか?

1949年に毛沢東が建てた南京虐殺の記念碑には、他の誰でもない毛沢東の自筆で
「国民党政府は雨花台において、かつて30万人の共産党烈士を虐殺した」と書かれており、40代以上の中国人は「蒋介石が革命軍集と共産党員30万人を殺した」と教えられてきたのだという。
それが江沢民が国家主席となった1980年頃から「南京大虐殺は日本人が行った」事に変更されてしまった。
その前に毛沢東夫人らによる文化大革命というのがあって、先祖返りするくらいの過去時代に戻ってしまったということもあろう。

そんなことも影響して、外部に敵をつくらなければならないような政治局面にあったのだと思うが、捏造歴史を教え込んだことには問題があろう。
いまも中国の若い人は、捏造されたそれら歴史を教えられていて、真実を知らないまま、日本のことを悪く思っているのではないのか。

同盟通信 前田雄二記者の回想

「南京大虐殺というのは30万人という数は別にしても、主として住民婦女子を虐殺したものだ。
ところが住民婦女子は全部「難民区」内にあって、日本の警備司令部によって保護されていた。
私の所属していた同盟通信社の旧支局はこの中にあり、入城4日目には私たち全員はこの支局に居を移し、ここに寝泊まりして取材活動をしていた。
住民居住区の情報はちくいち私たちの耳目に入っていた。こういう中で万はおろか、千あるいは百をもって数えるほどの虐殺がおこなわれるなどあり得るはずはない。

捕虜の処刑はあったが、それは戦闘行為の枠内で論ぜられるべきであって、非戦闘員の大量虐殺の事実はなかった。
それがさも事実があったかのように伝えられ、教科書にまで記載されていることは見過ごしていいことではない。
なぜ歴史がゆがめられたのか。それは戦後の東京裁判史観によるものだろう」

朝日新聞 橋本登美三郎上海支局長
大虐殺があったと言われていますが、南京の様子は?
「南京での事件ねえ。私は全然聞いていない。もしあれば記者の間で話しに出てるはずだ。
記者は少しでも話題になりそうなことは話しをするし、それが仕事だからね。
噂として聞いたこともない。
朝日新聞では現地で座談会もやっていたが、あったのなら露骨でないにしても、抵抗があったとかそんな話が出るはずだ。南京事件はなかったんだろう」

当時の報道規制をどう感じましたか?
「何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし書いていたよ」

新井正義記者の証言
「我々が南京にいたとき、大虐殺なんて聞いた事も無かった。僕は虐殺とかそういう現場をみたことがないんだな。
死体は見た。兵士の死体だ。便衣の者もいた。」

現場を知る記者はないと言い、中国や戦後の朝日新聞はあったと報道するけど矛盾があるよね。

こういう証言があったにも拘わらず、拡散されるどころか無視された。
どう調べてみても、どう考えて見ても、矛盾点が多すぎるように思うのだが、日本人の知識人?といわれる人たちが、中国のプロパガンダ的主張を丸呑みしているのでは何ともなるまい。

そういう意味では、日本を訪れて実際の日本を経験した人たちは、違った見方ができるようになっているように思える。何より中国に帰りたがらないということで、それと知れる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

事実を知ることから始めないことには
調べれば調べる程に、知らないでいて間違って教え込まれていたことが明白になって来ることが多いと感じる。

<日帝が朝鮮で35年間にしたこと>ということで、さもさも日本が朝鮮に悪い事ばかりしたように彼の国はいうけれど、事実はこう言っちゃあなんだけど、感謝されて然るべきことの方が多かったのではないのか?言うなれば、未開状態から近代文明への道を開いたのだともいえるのである。

下記にリストしたこんなくらいのことは、さして苦労しなくても簡単に調べることができる。
それなのに、ネット普及率がご自慢な韓国人が知らないでいるということには驚くほかない。
それとも知っていて恍けているということなのだろうか。
文字が読めないわけではないとしたら、自分に都合が悪い事には目をつむって知らない振りをするのを可とする洗脳教育がされているということになる。
もっとも、日本だって左翼教育に毒された人たちによって、歴史事実から目を逸らされてしまっている人が多いから、大きなことは言えない。日本だって似たようなものである。

しかし、日本人の「良心と親切」が朝鮮人の妄想的プライドを傷つけ、それが返って反日活動へと駆り立てているのだとしたら、どうにも対応の仕方がない。放り出しておくしかなくなる。

朝鮮人の人口が、李氏朝鮮時代と比べて二倍に増えた。
平均寿命が、24歳から30歳以上伸びた。
人口の30%を占めていた奴隷という奴隷層が開放された 。
幼児売春、幼児売買が禁止された。
家父長制が制限されて、家畜扱いだった朝鮮女性に名前が付けられるようになった 。
度量衡が統一された 。
8つもあった言語が統一され、標準朝鮮語が作られた。(日帝支配まで朝鮮には統一された言葉もなかった)
朝鮮語教育のための教科書・教材が、日本から大量に作成されて持ち込まれた。
5,200校以上の小学校を作った 。
師範学校や高等学校が1000以上作られた。
239万人を就学させ、識字率を4%から61%に向上させた。(それまで文盲率96%)
大学、病院を作った。(李氏朝鮮時代には近代的な病院が無かった)
カルト呪術医療を禁止した 。
上下水道を整備し、泥水をすすり、下水垂れ流す生活が改善された 。(李氏朝鮮では上水道も下水道も無く、世界一不潔な国だと言われていた。)
日本人は徴兵されて戦地で戦ったのに、兵役を免除され内地の勤労動員で許された。(これが強制連行の実態、戦地で戦うかわりに労働で済ませた)
志願兵の朝鮮人が戦死した場合は、日本人と等しく扱い英霊として祭った。
鉄道を3,800Kmも整備した。(李氏朝鮮では鉄道はなかったし、道路整備されていなかったし、狭くてどうしようもなかった。)
港をつくり、ダムをつくり、電気を引いた。(李氏朝鮮に電気はなかった)
会社が作られるようになり、物々交換から貨幣経済に進化した。(物々交換経済だった)
二階建て以上の家屋が作られるようになった。(首都ソウルでも弥生人の家と変わらない藁ぶきのものが殆どだった。)
入浴するように指導された。(李氏朝鮮時代朝鮮人は風呂にはいる習慣がなかった)
ハゲ山に6億本以上の植林をした。(乱獲、乱伐採により山に木がなかった、)
潅漑用の溜池をたくさんつくった。今ある溜池の半分以上は当時日本が作ったもの である。)
河川と橋が整備された。(李氏朝鮮には堤防も橋もなかった。そもそも道がなかったし、有っても狭くてどうにもならなかった。)
耕作地面積を二倍に増やした。
近代的農業を教育し、一反あたりの収穫量を3倍に増やした。(技術教育)
糞を食ったり、乳をだして生活するのが恥ずかしくなった。(羞恥心が目覚めた)

これらを全て無視するどころか、捏造した逆のことを事実のようにして、恨み事ばかり教え込むからおかしなことになってしまっているのではないだろうか。
現在だって、日本抜きに成り立つような状況であるとはとても思えない。日本から嫌われてしまって何ができるのか?考えたほうが良い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

本当に中止してもよいのか?
大方の人が予想していた通り、案の定米朝会談を中止するかのような揺さぶりを北朝鮮が口走り始めた。
曰く「一方的に核放棄を要求するなら」というのが、その主張である。
今更何を言っているのだ、という他ない。
米国を始めとする諸国は、それが最初からの条件であり、北朝鮮はそれを飲むしかないという状況まで追い込まれて、疎遠だった中国に泣きついてまで、北朝鮮は会談に応じる下準備をしたのではないのか?
それでも、リビア方式になることは避けられず、習近平氏も米朝会談が成功しない限り、経済援助はできないと伝えたようである。

折角融和ムードができたのだから、北朝鮮の核を一部認めてでも会談をしたらどうかと、日本の左派といわれる人たちも躍起になってその方向付けをさせようとしているらしいが、馬鹿を言ってはいけません。日本が蚊帳の外にならないようにとの理論を臆面もなく言いふらすが、どこが蚊帳の外だといえるのか?
米国の軍事的圧力と、日本の経済援助はセットのものであり、国際社会が賛同してなしてきた経済制裁は実に有効に効いていることの表れである。マスコミの報道も変だ。
ここで手綱を緩めてしまったら今までと何も変わらないということになり、全くの無意味な会談となってしまうということになる。

もしも米国が、北朝鮮の核保有を認めるということにでもなったら、対抗上日本も核兵器を持つことになってもそれに同意するということでの意見であるのなら解らなくはないが、そんなことではなく、何としても北朝鮮を庇いたいがゆえの世論誘導に思えてならない。
人権を言い立てる人たちが、こと北朝鮮のこととなるとなぜか庇いに入る。
金王朝のために途端の苦しみに喘ぐ人民のことは、一切口にしないのも不思議である。

朝鮮に核を認めたら、当然のこと自衛上日本も核を持つという意見が多発するに決まっている。日本の技術力と精度が作り出す核兵器は、北朝鮮のものなど比較にならないくらいの脅威となるであろうことは、世界の常識である。
それを知らない筈もない輩が、目先をそらそうと能天気なことを軽々に言うことを信じ、容認するわけにはいかないではないか。

米軍と国連軍の指令官が居るのは、日本の横田である。
いざ紛争勃発ということになったら、同盟関係にある日米の協力なしに韓国が動けるわけがない。
日韓には同盟関係があるわけではないことすら知らない韓国は、従北であり、蝙蝠のようにひよる文政権にまかせきりではどうにもなるまい。
板門店ではなくシンガポールを会談場所としたのは、明らかに韓国外しである。
当事者であるのに、感情ばかりが先走って冷静な判断ができず、米軍に出ていけと平気で言える国民性には呆れるほかないとなったのであろう。
韓国人が米軍を嫌い、米軍も韓国人が嫌いだというのは、最早常識に近い。

国を守ることをそcchのえで、南北統一などと浮かれているが、実は近親憎悪に近いくらい互いに嫌い合う教育を受けている両国がうまく行くはずがあるまい。

そういう現実の中で、世界は難しい判断を迫られているのである。そういう配慮が抜きで動かれたらとても困るのだということだけは確かである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

一神教にとらわれていないだけのこと
日本人は無宗教であると言われ、日本人自体もそうだと思っている人が多いが、本当にそうなのだろうか?宗教に依らず倫理観と道徳感を持ち備え、民度が高いというのはどこから来るのだろう?
宗教はないと言われるが、信心はある。神を敬うことが浸みついているから、日本人は国内国外を問わず神社詣でを好む。他国の神社や墓であっても、通りすがりにでも頭を下げ手を合わせることが自然にできる。
そんなことができる民族は、日本人以外にはないように感じる。

世界には、三大宗教とか四大宗教とか呼ばれるものがある。
1位 キリスト教 19億人. 2位 イスラム教 10億人. 3位 ヒンズー教 7億6千万人. 4位 仏教 3 億4千万人いると推定されている。

細かなことは抜きにして大まかに調べてみました。

ユダヤ教は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェを神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。
『タナハ』、『ミクラー』と呼ばれる書を聖典とする。これはキリスト教の『旧約聖書』に当たる書物である。ユダヤ人であることだけで救われると信じていた。

キリスト教は、イエスを救済者キリストと信じ,イエスの行動と教えを中心に神の愛と罪の赦しを説き,旧・新両聖書に基づき個人と社会の再生を促す宗教。
Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救世主)として信じる。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多くは「父なる神」と「その子キリスト」と「精霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。他の宗教をイズムというが、キリスト教のみクリスチャニティという。

世界にはイスラム教徒が13億人いると. いわれている。
7世紀にムハンマドが創始した宗教で、イスラームともいう。
晴天であるコーランに基づく信仰、儀礼をもつ。
クライシ族出身のムハンマドは,610年にメッカ近郊で天使ガブリエルの声を聞いて以来しばしば天啓を受け,アッラーの預言者のとしての自覚を深めた。イスラムとは「神に帰依すること」を意味し,その信仰の中心はアッラー,天使,預言者,啓典、最期の審判などを信じることである。イスラム教徒はみずからをムスリムと呼ぶ。ムスリムはアッラーの前で等しく平等であるとされ,この平等主義が,イスラム教が世界宗教となった理由の一つと考えられる。
イスラム教は武力征服や貿易商人の力によって各地に広まり,今日ではアラビア半島を中心に,アジア,アフリカ,ヨーロッパに信者が多い。
聖典「コーラン」やムハンマドの言行を記録した「ハディース」などが教義。

上記三つの神は、万物を創造した唯一絶対神であり、人はその死後、最期の審判により天国に行くか地獄に行くかが決まる。
神と人をつなぐのは、預言者と呼ばれる神の啓示を聞くことができる者である。

ヒンズー教は、もっとも古い組織化した宗教の一つです。その聖典は、紀元前1400年から1500年にまで遡ります。ヒンズー教は、何百万という神々を持つ最も多様で複雑な宗教の一つでもあります。インド・ネパールの民族宗教といわれている。

仏教は、万物の創造主というのは想定していないようである。
一切法(万物)は因縁生、即ち、万物は原因が縁に触れて結果を顕すのであり、それを理解できるようになることをもって悟りだとする。全てが理解できた者を仏という。極めて哲学的な教えだということになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

同じルールで世界が動いているわけではない
七面鳥というのがいる。
ご存知の通り、クリスマスの時などに食べられるかなり大型の鳥であるが、この鳥は喧嘩っぱやくてよく戦う。
しかし彼等には仲間内に暗黙のルールがあって、戦いの途中でとても敵わないと感じた側は、座り込んで降参の姿勢を示す。そうなると相手はそれ以上の攻撃はしない。
ところが、この七面鳥と孔雀を戦わせるとどうなるか?
大抵は孔雀が圧倒的に強い。
そこで七面鳥は彼らの常識に従って地面に蹲り降参の姿勢をとるのだが、それによって孔雀が攻撃をやめるということにはならない。
自分達の常識や暗黙のルールが、他では通用しないということである。
sitimenchou[4]


kujyaku27.jpg



日本人はお人好しだから、他国の宗教やイデオロギーの本質を理解しないで、こちらが善意でいれば相手もそうすると思い込んでいる。というか、マスコミや識者?と言われている人たちによって思い込まされている。
彼らの口癖は、「バスに乗り遅れるな」と「日本が孤立する」であるが、そんなことはない。
何よりも、日本が譲れば丸く収まるということにしたいらしいが、主張すべきはキチンと主張しないと、返って信用されない。

日本人の常識が、世界中で通用するわけではないというのは、理解しておいた方が良い。
少なくとも、諸外国人の信じている神というものがどんなものなのかということや、イデオロギーの違いが作り出している社会がどんなものなのかということについて、触りの部分だけでもよいから学んでおいたほうが良い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

面子のことなぞ言っていられまい
米朝首脳会議は、シンガポールでなされることに決まったようです。米国の要求は厳しい。
テレビ朝日報道局コメンテーター室解説委員のT氏が、先日のテレビで必死になって平壌か板門店でなされるのが良いと力説していたが、真意のほどはどこにあったのだろう。とってつけたように、その方が絵になると言っていたが、そんなことではなさそうに感じた。
そのいずれの地も、開催国に選ぶことを了承するとはとても思えない。


金正恩氏は、今まで全てを犠牲にして核開発を続けてきたが、とうとうそれを放棄しなくてはならない状況に追い込まれ、国内的に面子を保つ理由付けの為には、米国大統領を北朝鮮に呼びつけたのだという形にしたかったのだと思える。韓国も板門店であれば、しゃしゃり出ていく気まんまんだから、そこにするわけがあるまい。

平壌での開催は、カードとして、拘束していた米国人をそのときに開放するということにしたかったようだが、条件をいろいろ付けたら、会談そのものが頓挫しかねない。
なりふり構っていられないから、米朝会談の予備交渉で北朝鮮を訪れていたアメリカのポンペオ国務長官が、北朝鮮に拘束されていた韓国系米国人3人を連れ帰るということを先行させざるを得なくなった。
その彼等3人は、自らの意思で訪朝していたが、スパイ容疑を懸けられ拘束されていたということであり、そこが日本人の拉致と違うところです。
日本人の拉致被害者は、その意に反して不法に40年以上自由を奪われていますが、今回解放された米国人は3年未満の拘束であった。

そこでバランス上困ったのが、日本人の拉致被害者の開放を同様に迫られるということであったに違いない。何とか日本に揺さぶりをかけなければならないから、核実験場の施設を廃棄するセレモニーに、日本は招かないと発表したのだと思える。日本の反日勢力が騒いでくれれば勿怪の幸いということであろう。
使えなくなった坑道を爆破したところで、それはパフォーマンスに過ぎず、すでに保持している核弾頭やミサイルを廃棄するわけではあるまい。殆ど無意味に近い。
日本が呼ばれなくても、痛痒を感じることではなかろうから、放って置けばよい。

米国は全くぶれていなくて、核の完全廃棄が確認されるまで手綱を緩めはしまい。
日本も、安全保障上の観点から見て、同様に対するしかあるまい。

そんなことはまずありえないだろうけれど、金正恩氏は国を離れている間にクーデターが起こるかもしれないとか暗殺されてしまうのではないかと恐れているようだが、それらを我慢してでも会談を成功させなければ国が持つまい。
それが成功して、いざ南北が統一されるということになったらどうなるかということだが、ここにきて韓国人はその経済的負担を負い切れないと気づき、反対する人が増えているという。
いつものことだが、いざとなると逃げ腰になる。
いずれにしても、日本の協力と援助なしに平和的解決には結びつかないというのが、現実的判断なのではないのか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

冷静に議論した方がよいセクハラ問題
セクハラ問題が大きく取り上げられている。
眦を決してヒステリックに叫ぶ女性を目にすることが多いが、冷静に話した方が良いと感じる。
この問題に意見を述べるのは勇気がいるから、人はなかなかそれに触れたがらないので、どうしても声高に言う人の意見に引きずられるが、問題解決のためにはいろいろ明確にして冷静に議論する必要がありそうに思える。

男性から女性へのそれのみが取り上げられているが、逆バージョンだって存在している。
難しいのは、ハラスメントだと感じるのに個人差があるということもある。それくらいは何でもないという人が、現実には居る。
セクハラは許されないということには同感するが、ギスギスしすぎる方向に向かえば、会話は全て録音しておかなければならなくなりかねないし、男女が1対1で話すということも用心のために避けるということにもつながり、それが仕事や生活上のスムーズさを阻害することも考えのうちに入れておかなければならなくなる。

この問題が出ると、セットのように女性の権利問題が、それに続く。
ことに仕事上や社会的地位における機会均等性に差別があるということを主張する人が増える。
そういう側面は確かにあるだろうが、これも簡単に解決できるようなわけにはいかない。
能力も覚悟も実績もある女性が認められて然るべしだとは思うが、男性だってそれがあるから全て認められるというわけではなく、厳しい競争社会の中で生きている。
女性だからということだけで差をつけられる、ということがない社会が構成されるということに、どう結びつけていくかということであろう。

志を立て、家庭を犠牲にしてまでして仕事に没頭することで実績を上げ評価されている男性というのは多い。この場合は、家庭を守ってくれる主婦が互いの信頼感の下、大きな役割を分担して果たしていることに疑いはないし、それを奥さんも喜んで協力している。

これの逆のパターンがあっても良い。
能力もあり志も高い女性が外で働き、それを主夫が家庭を守ることで支える。
そういうことが自然にできる社会をつくるということができれば公平である。

その場合は間違っても、困難な状況に置かれたときに女性だから勘弁してほしいということであってはなるまい。
そして同時に、女性はその特性を生かした役割を分担し、男性もそれをするのが良いのだと思っている方々が現実には多いのではなかろうかという現実も無視できない。
誰でも同じ考えだと決めつけて動くのがよいかどうかの検証も必要であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

セクハラ問題をパワハラにしていないか?
「罪なき者、石を持て打て」という言葉がある。
キリスト教徒というわけではないので詳しくは知らないが、ヨハネの福音書 8章7項がその出典らしい。
律法の運用を間違えていた人々を諭すために言った言葉であるという。

人々が姦淫の罪を犯した女性を捕まえ、公衆の面前に引っぱり出し、律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じられていると言う言葉に対して、「あなたがたのうちで罪のないものが、最初に彼女に石を投げなさい」と答えたという故事による。
異邦人だからとか、穢れている者だからと律法によって裁くのではなく、私たちも同じ罪人として相手のことを考えなさいと説いたのだと思います。

TVなどを見ていると、叩く側になった人が、当事者でも関係者でもないのに、よってたかってここを先途とばかりに、槍玉に上がった人を責め立てるのを目にする。
中には「あんたがそれを言うか?」と訊きたいくらいの人も居る。極めて品が悪い。
被害者と言われる人に対しての疑問点などを口にすれば、「加害者を庇うのか」と決めつけられるから、表立って意見をいうこともできない。

行き過ぎると、それはパワハラになる。
追い詰められて死を選ぶよりないということにもなりかねないのだ、ということも考慮して発言するのが人ではないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

アンケート結果って信頼できるのだろうか
南北朝鮮首脳会談が終わった直後のアンケート調査の結果、文大統領の支持率は85.7パーセントにのぼったという。
凄いことだと思ったが、調査内容をみたところ、全国で710人を対象にして質問し、その回答率が15パーセントだったというから、たったの100人程度の意見だということが判る。
日本の左翼マスコミがお得意な得票率ということで言えば、たったの12パーセント。
こんなんで、支持率がどうだのこうだの言えるのだろうか?

アンケート調査というのは、どうもいまいち信頼性に欠けるように思えてならない。
日本で行われるアンケート調査も、同様なのではないのだろうか。実態とかけ離れた結果ではなんともなるまい。
1. 質問項目 2.対象者の選定方法とその人数 3.できればその年代別・性別 
4.回答率
その他いくつかあるだろうが、質問の仕方によってだって影響が違い、結果が異なることは明白であるから、事前に公開してからなされないと、鵜呑みにはできない。
いつも胡散臭さが残るのは、思惑含みの調査をするからではないのか。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

ようやく米朝会談が実現しそう
南北朝鮮の首脳会談を受けて、米朝首脳会談が持たれるということにはなったが、いざそうなったときに、金正恩氏が緊急再訪中し1日待たされて後、習近平主席と会談したのはなぜか?
外交や軍事の専門家、或いは識者と言われる方々がいろいろ難しい分析をしているが、素人が見ていて感じることがそれほど的外れだとは思えない。

どういう要素が中核にあるかということだけを単純に見れば、そういうことなのではないかと思うのです。
まず、米国が要求しているのは核の全面廃棄であり、これは国際的にも合意されている事項であり、これについて譲歩することはあり得ない。
一方、北朝鮮は国の体制を維持するために核を保有するということだけを目指してきたが、それに拘っていると最早体制維持どころの騒ぎではない状況に追い込まれた。
経済制裁ものっぴきならないところまで来ている。
何とか生き延びる方法を取らざるを得ないということである。

親北というよりは従北と言った方がふさわしい文大統領が、オリンピックを契機に擦り寄ってきたのを幸い、米朝会談の機運を作り上げることまでは成功した。
しかし、米国が今まで言ってきたことから譲歩する動きは一切見えず、イランとの核合意を破棄したことでも解るように、強硬姿勢を崩してはいない。

合意のできないような条件をつけて会談をしようとしたら、米朝会談そのものができなくなる可能性が高い。合意ができない首脳会談は開かれないというのが国際常識である。
米朝が戦争を起こさないようにするのが韓国の立場だ、などと能天気なことを言っている文大統領が、米国の信頼を得られていないということは百も承知だから、韓国を介してということは頼りにならない。
米国が本気になって軍事力を行使したら、短時日のうちに北朝鮮が壊滅してしまうであろうという恐怖は、金正恩氏が誰よりも理解しているであろう。

全面核廃棄・恒久的非核化、又は無条件で降参、あるいは今まで通りつっぱって頑張るというくらいしか選択肢がない。いままで嘘をいって時間稼ぎをしてきたようなことが今後も通用する筈がない。
関係が悪化していた中国に膝を屈してでも、後ろ盾になってもらう他ないということで、中国に頼みに行ったのだというのが、細かいことを抜きにして大まかな捉え方ではなかろうか。

人質は解放したし、残っているカードは無い。
会談開催地もピョンヤンでも、韓国の影響が出そうな板門店でもなくシンガポール(安倍総理が奨めていたとも聞く)で決まりそうである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

自分中心でものを考えるからか?
卓球の世界選手権女子団体戦で、スポーツの世界に政治を持ち込み、韓国と北朝鮮が急遽合同チームを結成し、日本と準決勝で戦った。
日本は大して異を唱えることもなく、正々堂々と試合しこれを降したが、大会開始前からならともかく、大会途中での合同は明らかなルール違反であるとして、大会参加各国から大顰蹙を買っている。

こういうことに限らず、自分勝手な理屈を正当化しルールを度外視して動くから、「韓国は世界のトラブルメーカー」だと言われることになる。

1.アルゼンチンで追放したい民族 第一位 韓国人
2.タイでは韓国に絶対に行くなと報道
3.メキシコで共存できない民族 第一位が 韓国人
4.モンゴルで反韓感情が急激に高る。
5.フィリピン当局が自国女性に韓国人警戒令
6.ネパールのシェルパ組合が「今後、韓国人登山客の道案内はしない」
7.キリバスでは性が乱れた韓国人たちを「コレコレア」と蔑称
8.アメリカ政府は1999年 韓国人によるレイプ注意警告発令
9.イギリスでハングルの飲酒運転警告板が登場
10.OECD加盟国で初めて、韓国を「自由言論弾圧監視対象国」に指定
11.台湾人とは犬猿の仲
12.パラオのKBブリッジと言う韓国の作った橋が崩落した
13.マレーシアのペトロナスツインタワーの、韓国が建てた方(サムスン)のタワーは傾き始めている。

根拠が希薄なのに何故か自信過剰で、他国を軽く見る言動が多いから海外旅行者も嫌われて、マナーの悪さも相まって入店禁止の看板を出す店がふえているのだという。
日本相手なら何をやっても許されてきたからそれに慣れてしまい、どこに行ってもそれが通用すると勘違いしてしまっているのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

何の為の審議拒否だったのだろう
審議拒否をしていた野党6党が国会の場に戻るのだという。国会が審議の場となることには賛成するが、野党は今更どの面下げて?っていうのが偽らざる感想である。
真偽拒否していた理由も、戻るという理由も、説得力がない。

そもそも、全ては森友・加計問題に端を発している。
政局にしたいということからか、騒ぎに騒いだが、どこに違法性が有るとして問題視したのだろう?
森友が取得しようとした土地は、その後わかってきた情報を整理して考えてみると、元来がそんな高値をつけられるような物件ではなかった。
考えても見て欲しい。欠陥商品に法外な値段をつけて売ることができることがあるだろうか?
商品に見合った値段でしか売ることができないというのは普通ではないのか。
総理が、昭恵夫人がと、いかにもそこに不正があったかのように喧伝したけれど、そんなものはどこにもなかったのではないのかと思えてならない。

加計問題も、総理のお友達が開校することが怪しからん、ということだったが、もともと四国に獣医学部を開設しようというのは、民主党政権時代から続いていた案件であろう。
文部省の頑なな省令によって門前払いされてきたことが前に進んだということではないのか?
総理の案件だというのが問題視されているが、行政は政治家や総理の考え方が反映されて当然なのではないのか?
そこに不正が働いたというなら問題だろうが、1年も他の法案審議そっちのけで騒いできたけれど、そんなものは一つとして立証されていないではないか。

疑獄事件だというなら、三権分立の国としては司法がそれを調べるようにするのが筋ではないのか?安倍憎し、麻生憎しで、印象操作、品の悪いパフォーマンスに走り過ぎてしまったようにしか思えない。見る人は見ていて、うんざりしていた。
中身が薄すぎるのである。
それが証拠に、その間に野党は離合集散を繰り返すばかりで、その支持率は一向に上がらない。
マスコミのみにしか情報を得られない層がそれに引きずられて、与党の支持率が落ちたように見えるが、若者たちは冷静に判断していて、マスコミのアンケート結果とは違うようである。

これからの日本を支えていくそういった若者たちの考え方や判断を見誤ってはなるまい。
国会議員は国会の場において、言論により審議することで、国益を担うことを付託されているのだということを忘れたら、壊滅的な選挙結果を見ることになりかねないのだと心せねばなるまい。
反対ばかりを叫ぶのではなく、国民が賛同する対案を提示することを望みたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

何気なく見ているタンポポだが
群れ咲いていたタンポポの花も終わりを告げ、綿帽子をつけている姿を見るようになりました。
蒲公英には、日本タンポポと西洋タンポポの区別があります。

その違いを簡単に見分けるには、西洋タンポポは、花の下のガク片が反り返っていて、下を向いているのでわかります。反対にガク片がピタッとくっついていて、上を向いているならそれは日本タンポポです。
seiyoutanpopo[4]

nihontanpopo[2]




多年草で日当たりのよい草地に生えます。
とにかく丈夫で、落ちた種からはその殆どが芽を出し、群生することが多い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

夜に男の部屋を訪れるのは危険だと思うが
TOKIO山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったという件については、連日報道が繰り返されている。
例によって正義の味方らしき人たちが様々なコメントを寄せて、加害者である山口を責め立てている。
勿論、強制わいせつは許されざる犯罪行為であるから、法の裁きがあって然るべきであるとは思うが、よってたかって責め立てることには違和感を覚える。
これまでにも同様の事件はいくつかあったと思うが、これと同様に責め立てられただろうか?
山口がそうされる特異な事情があるのだろうか?

被害者をとやかくいうわけではないし、隙があったからだ等と言う心算はないが、夜間に男の部屋に呼びだされてノコノコ出かけていくということを窘めるコメントというのは無いのか?或いはそれがあっても報道されることがないというのだろうか?
そういう意見を述べると、犯罪は侵した方が悪いという錦の御旗をたてて、封殺されているやにも聞く。
若い女性に対しては、親権者が日頃からタシナミを教え、また自らもそれらに対し用心するように心がけるものではないのか?
世の中、善人ばかりではないし、犯罪を誘引するようなことがあれば、双方の人生が来るってしまうのである。

4日、被害者の保護者がジャニーズ事務所を通じてマスコミ各社にファクスで書面を送り、報道自粛を要請するコメントを発表したという。

保護者からの書面では「今回の事件につきまして、山口氏、事務所関係の方々、さらには先日拝見した会見でのTOKIOのメンバーの方々の、心からの謝意をお伝えいただいていると受けとめております」とした上で、「先にも述べました通り、私達は、娘はもちろん、誰一人の人生の未来も、この事件によって奪われてほしくないと切に願っております。娘について、また関係する方々についても、どうかそっとしておいていただきたいと重ねてお願い申し上げます」とコメントしている。ということであるが、娘に対して厳重注意したとか、未成年者を保護すべき親の責任いうことには触れられていないようである。
それとも被害者であれば、それを考慮しないで良いというのだろうか?

山口がその行為を責められるのは当然としても、人は自衛のために自らを律するということだって当然に求められるのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

性悪説が根本なのだろうか?
諺というものは、人間性や徳性を高めるためのものだと思っていたが、かの国では違うらしい。

朝鮮半島の主な諺

「女は三日殴らないと狐になる」
「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない」
「弟の死は肥やし」
「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる」
「母親を売って友達を買う」
「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける」
「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを」
「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる」
「家と女房は手入れ次第」
「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ」
「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる」
「一緒に井戸を掘り、一人で飲む」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる」
「川に落ちた犬は、棒で叩け」
「泣く子は餅を一つ余計もらえる 」

こういう考え方が根底に定着しているとしたら、如何に仲良くしようと思っても、用心してつきあわなくてはならないということになってしまい、非常に残念なことである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

悟りとはなんなのだろう
神と仏はどう違う?
西洋における神は、万物の創造主ということなのであろうが、日本における神は「畏るべきもの」と言う方が、当を得ているように思う。
神様は、2例2拍手1拝、仏さまは合唱というのがお参りの作法ということになっているが、これは明治以降のことで、その前の神仏習合の時代は、どちらも合唱するということであったらしい。

仏は、悟りを開いて宇宙の真理に目覚めた者、ということになろうかと思う。
この悟りというのには段階があって、これを「さとりの52位」と言う。

それぞれのさとりはどんな名前かといいますと、
 1段目から10段目を「十信」、
(1段目を初信、2段目を二信、3段目を三信……10段目を十信)
11段目から20段目を「十住」、
(11段目を初住、12段目を二住、13段目を三住……20段目を十住)
21段目から30段目を「十行」、
(21段目を初行、22段目を二行、23段目を三行……30段目を十行)
31段目から40段目を「十回向」
(31段目を初回向、32段目を二回向、33段目を三回向……40段目を十回向)
41段目から50段目を「十地」、
(41段目を初地、42段目を二地、43段目を三地……50段目を十地)といいます。
51段目は、ほとんど仏のさとりと等しいということで、「等覚」と言われます。
そして一番上の、下から数えて52段目のさとりが、「仏覚(ぶっかく)」と言われ、
まさに仏の悟りということになる。これ以上、上が無いということで、「無上覚(むじょうかく)」といわれたり、妙なるさとり、「妙覚(みょうかく)」とか、「阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)」ともいわれ、仏のさとりには色々な名前があります。
ここまで修行できる人は、神と呼んでも良いのだと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

そんな呼び方をしたら日本人の反感を買うだけ
例によって逮捕の恐れが多分にあると言われている、李ミョンバク前々韓国大統領のときに耳にした人が多いと思います。
韓国マスコミ等では、は天皇のことを「日王」と呼びます。くだらないけれど、仰天の深い理由があります。

朝鮮は、周知の通り長い間中国の属国でした。李氏朝鮮の王さまを誰にするかの決定権は、なんと中国にあったのです。
中国の顔色を、いつも朝鮮の王様はうかがっているしかなかった。
朝鮮が独立できたのは、日本が『日清戦争』に勝って、清に、朝鮮の独立を認めさせたからである。そんなことも、韓国人は知らないでいるらしい。

日清戦争のしばらく前、中国が鬱陶しいと感じていた朝鮮国王はロシアに接近し、その軍事力で中国の干渉を躱そうと考えた。
そのとき、清から派遣されている袁世凱によって「廃位」をほのめかされていたのだという。中国の皇帝でもない、一介の軍人によってである。
このことから、偉さの順に並べると、中国(清)皇帝 > 中国皇帝の部下 > 朝鮮国王
だったということが明らかに解かる。
朝鮮の立場から見ると、日本の「天皇」は「天」「皇」という字が入っているので、中国皇帝と並び立ってしまうということになる。

朝鮮には大した根拠もないのに、昔から日本に「文化を教えてやった」自分たちは、日本よりエライ、日本から見れば朝鮮は敬うべき「兄の国」(儒教的な考えだと兄は絶対にエライ)と思い込んでいた。
それなのに、天皇という名前を認めると、自分たちのほうが「下」になってしまう。
「でも、日王なら、自分たちと同レベルだから、許せるニダ!」ということで、わざわざ日本の地位を引きずり下ろしたつもりになって悦に入っていたということになる。

明治初期に「征韓論」が巻き起こったのも、「幕府を倒し、明治政府をうち立てた日本」が、李氏朝鮮に挨拶の書状を持って行ったところ、「天皇」の名前に朝鮮がびびって、使者を追い返したという無礼なことが、たび重なったからだということになっている。
書状を受け取ってしまうと『天皇』を認めたことになり、中国さまに何を言われるかわからないということを恐れればそうなるのかも知れないが、いうに事欠いて「おまえらみたいな野蛮人とはつきあえん」みたいなけっこう失礼なことを言ってつき返してきたのだという。

まあ、その頃の朝鮮の立場を考えると、それもしょうがなかったかも知れないが、いまだにその頃から頭の中身が進歩していないということでは情けない限りではないのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

自分のことも自分でしなかったから
朝鮮には、儒教思想に基づく身分社会(貴族と奴隷の社会)が長く続いた歴史があるため、
肉体労働をする者を身分の低い卑しい者とみなす風潮が、今でも色濃く残っている。
即ち、彼らは学者やタレント、大学教授などを“高貴な者の職業”だと思っていて、汗をかく仕事や職人のように体が汚れる仕事を軽く見る。

朝鮮の貴族社会においては「何の労働もしないこと」が地位の高い人間の証明だったので、例えば「手に持っていた物を床に落とした時でも、それを拾うために腰を屈める動作」すら、卑しく下品な行為として嫌った。

それゆえ、現代でも韓国人の仕事の「酷い手抜き」は、日本人には考えも及ばないくらいのレベルのものがある。恥ずべき行為だとする考え方が希薄なようである。
建築物や乗り物など、直接“人命に関わるもの”であってもそれをするから、「桁外れの手抜き工事」が、橋やビルの倒壊などを起し、世界中で次々と悲惨な結果を招いている。
三豊(サムプン)デパートという5階建てのビルが地震も何もない状況にも関わらず、ある日突然、“地下売り場まで”丸ごと崩壊し、千人あまりの死傷者を出した例もある。
その前年には、ソウルにある聖水(ソンス)大橋なども、なぜか突然崩壊して、通行中の乗用車やスクールバスを巻き込んで死傷者を続出させた。

他にも、オリンピック大橋も崩落しているし、新幸州(シンヘンジュ)大橋などは建設中に大崩壊している。再発を防ぐてだてが疎かなのだとしか思えない。
ちなみに、日韓併合期(60年以上前)に“日本が作った橋や建物”は今でも大半が彼らの国で現役であることと較べてみても、圧倒的な差がある。
造ったものに責任と誇りを持てるかどうか、作った人たちが尊敬されるかどうかの違いである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.