FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

国防を考えない主張は相手にされなくなって
先日TVを見ていたら、これまで憲法改正には真っ向から反対し、憲法の「け」の字さえ話題になることを拒んでいた左派系の論客たちが、「議論することさえ罷りならぬということでは国の安全保障がなりたたなくなるのではないのか?」と質問されて渋々答えていた。
仰天したことに、安倍総理の次の代になれば、それは可能になると平気で口にしたことであった。
恐るべき二枚舌である。民主主義国家で、彼らは国民のためではなく一人のために議論さえしないとしているということに他ならない。
報道されることを必死で押さえ込んでいるが、近隣国の覇権的侵略が危険の度合いを増していることは、国民の多くが既に知っている。現憲法下では、まったく対応できない。
国防を考えない主張を続けていたら、自分たちの身がもたないとの自覚は十分に持っているということになる。
近隣国からの脅威は、無視できなくなってきているとの判断ができないほど愚かではないからである。

そもそもが、憲法を改正したら戦争になるという主張は矛盾だらけではないのか?
むしろ改正することで抑止力を高め、戦争を避けることができるのではないのかと判断している国民の方が多くなってきているように感じる。
重大問題であればあるほど、時間をかけて議論を尽くすべきである。
その議論になったら負けてしまいそうだから土俵に上らないというのでは、卑怯である。
最終結論は国民投票によるのであるから、議論もしないで押し通そうとし続けるのは、国民を馬鹿だと見下していることにほかならない。
何もしないことで平和が保てるなどというのは、幻想そのものであろうに。

別のTV番組では、コメンテーターらしいけれど、いつも的外れなことにこじつけるために長々個人的意見を述べる人が、沖縄の基地はなくして日本独自の策を考えるべきだと必死の形相でまくし立てていた。例によって、では何をどうしたらよいかという意見は、一言も言わない卑怯さであった。
彼の主張を可能にするのには、敵基地攻撃能力を認めるということと同義なのではないのか?
左がかったことを言うキャスターたちも流石に言葉を失って、押し黙っていた。

要するに、国防問題になると支離滅裂になって、論理的に一貫した主張ができなくなってしまっていることにも気づかないということなのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト




日本だから言うだけ番長で居られるだけ
「日本は駄目だ」というのを口癖にしている人というのが居る。
枕詞としているのが「〇〇デハ」というのを使うから「出羽守」と揶揄される。
そういう彼らが、尊敬したくなるようなことをやっているとはとても思えない。
ましてや、彼らが褒めたたえるC国やK国が優れているとは思えない。
どんな国だって良いところもあれば悪いところがあって当然であるが、なんと言われようとも日本が良い。
出羽守の彼らだって本当にその国が良いなどとは思っていまい。何故なら、その国に住んだとしたら、今のように言いたい放題で生きられるわけがない。そんな自覚もなしにものを言っているとしたら終わっている。
早い話が、韓国での慰安婦の代表格がその支援団体の代表格が国会議員になったのを機に争い始めたことの一事だけでも判る。
慰安婦の代表格は、彼女が慰安婦だったとしたら14歳の時だったということになるのは最初からわかっていたことであるが、日本のマスコミは今更真実を書くことすらできない。何故なら、朝日も毎日もNHKも率先して騒いだ側だからである。
要するに、日本を貶めたいだけの主張だったのだと思える。その時騒ぎの中心となっていた連中だって、帰化を望んでいるのだとは全く思えない。何が目的なのか知らないが、無責任なことこの上ないことだというのがばれてしまった。
ついでに言えば、沖縄に繰り出しハングル文字の旗を掲げて騒ぎまくっている連中は、対日工作費を支給された輩だとされる。そんな金があるのなら、国内で使えばよいのにと思うが、彼らの発想では無理か?
写真を掲載されたらハングル文字だらけだと判るから、日本のマスコミは記事にすることすらできない。ネット上には過激で暴力的な行動に走っている画像が広まっているのだから、隠しようもないだろうに・・・

日本は全体的に見たら、文句を並べたてるどころか素晴らしい国なのだと判ることが数々ある。
国民は勤勉だし正直だし努力することを惜しまないし科学や文化の発展は世界に誇れるし、美的感覚も優れている。
日本に来て住みたいと思う外国人も多い。
これだけ経済的に発展している国でありながら、どっかの国のように貧富の差が激しいということもない。
1万数千年前の縄文時代から続く日本人は、国家というものが成立してからでさえ2千6百年以上の歴史を続けている。こんな国は世界中見渡してもない。
他民族には殆ど発見されることのないYAP遺伝子を持つことが、科学的に証明されている。
宗教というものを持たないと言われるが、日本人ほど神の存在を身に浸みてわかっている民族はいないのではなかろうか。
竜神族の末裔だと言われもするが、一つの神に囚われることなく、何にでも神性を感じ取り、虫の鳴き声さえ美しいとする民族は、八百万の神々に守られる。それが根底にあって秩序が保てる民度の国は、日本だけではなかろうか。
日本人がその根源的能力に目覚めれば、世界を平和に導ける。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

見境がつかなくなった発言を繰り返すから
妄想的願望を歴史事実として捏造してきた国は、少しばかり経済的に発展したからといっても、それが砂上の楼閣だと自身で気づくまで、無視して放置するしかないようである。
そうなれば、捏造教育が行き過ぎてしまったことで出来上がってしまったアイデンティティーは、哀れにも崩壊することになるしかない。

6.25戦争 第70周年 記念式辞で、文大統領が「戦争特需を享受した国々もある」と、極めて下品な発言をした。
そもそも朝鮮戦争が起こった原因は、李承晩初代大統領が、大戦終了で武装解除したことで丸腰状態になった日本に侵略しようと企て、韓国軍を南に集結したことで北への備えが薄くなった隙を北朝鮮に突かれたことによる。
弱いと見ると居丈高になる国民性の兵しかいない韓国軍は、戦争で勝ったことがない。精強な北朝鮮軍に追いまくられ、大統領が真っ先に国民を見捨てて逃げまどい、釜山にまで追い詰められた。
破廉恥極まりない李承晩は、直前まで攻撃しようと思っていたその日本に亡命を打診した男である。
国連軍の参入がなされたことで38度線まで押し戻すことができたが、韓国軍が勇敢に戦ったからではない。彼らは敵に遭遇すると武器を放り出して逃げるのが専門であったと、世界中に知れ渡っている。
朝鮮戦争を維持するには軍事物資は当然必要であるから、国連軍はそれを日本に発注した。韓国がその代金を支払ったわけではない。
近くに日本が存在していたことで、韓国は救われたのである。その恩義を忘れて、日本が戦争で儲けたなどと世界に向かって公言するような国民性の国だから、世界中から嫌われる。
もっとも、朝鮮戦争時、国連軍が仁川に上陸した際に韓国に被害が出たから、その損害を賠償しろと国連に平気で要求したくらいだから、今更驚くに値しないが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

悪口ばかり言っていると深みに嵌るだけ
何とも不思議な国である。
友好関係を築こうとするよりも、戦争をしている相手国でもないのに、悪口を言うことの方が先行する。何とも気の毒な精神構造であると言うほかない。
日本を敵視するのに夢中な余り、自国の能力を適正に評価することもできないらしい。
正常な判断ができる人がいなくなってしまったのか、或いは解ってはいてもそれを口にすると火病を起こした民衆によって攻撃されるからものも言えないのか、いずれにしても、勘違いからくる過信や思い上がりを匡そうにも、誰も動くことができないから、手遅れ状態の深みに嵌る。
日本が韓国へのホワイト国としての優遇措置を見直し、戦略物資の輸出管理を通常国相手と同一基準にしたことがどうしても理解できなくて、輸出規制だと言って貿易上の問題にすり替えて食いついているが、戦略物資をテロ支援国に横流ししていたからであり、これは安全保障上の問題であるから、韓国以外の国々は、そうされるのが当然だと思っている。韓国だけが理解できないでいるだけである。
WTOに提訴してもどうにもならない。米国がそうしてみればと言ったのをお墨付きがでたかのように喜んでいるが、米国は2国間で勝手にやれば?といっているだけのこと。

徴用工賠償裁判では、国際法を理解することもできない裁判官が出した判決を、文大統領は三権分立だと言って強弁しているが、外交という行政権を侵して出した判決そのものが、既に韓国内の三権分立を破壊してしまったことすら理解できていない。法治国家だなどとはとても言えない
ことになってしまったことにすら気づいていない。
差し押さえた資産を処分してみるがよい。日本が数ある報復措置の中の一つでも実行したら、韓国は潰える。
日本が信用状を出していることで成り立っている韓国の貿易は、一気に世界中から相手にされなくなるが、韓国民は情けないことにそれを理解できていない。
韓国の銀行では信用できないから、日本が補完してやっているのだが、韓国民はそれを知らないのか、意味するものが何なのか理解できないからなのか、愚かすぎよう。
日本が手を引いたら、諸外国はそれを機会に韓国に投資している資金を即座に引き上げる動きになるだろうから、韓国経済は潰れる。

外貨準備高が4000億ドルを超え、ドル不安はないと言っているが、その外貨の大部分はジャンク債であってすぐには換金かできないし、実際の価値はそんなにないとバレている。
それが証拠にスワップを結ぼうとして躍起になっている。
使えるドルがないから為替相場には介入できない。ウォン安が進めば、韓国内経済はたちまち立ち行かなくなる。
今のままでは、IMFも救済してはくれまい。

トランプ大統領からG7のオブザーバー国としての出席を打診されただけなのに、G8になれたのだと勘違いして燥ぎまくり、欧州各国から否定されてしまったのも、自分のことしか考えないからである。そんな信用力はない。身の程をわきまえることすらできないからくる結果である。

ボルトン氏の暴露本で、韓国は米朝会談の邪魔しかしなかったとばらされ、大恥を世界に晒してしまった。会談の仲介役を果たしたのだとおお自慢していたが、そんな実力はなかったということが露呈してしまった。
板門店での米朝会見の場に同席しようと厚かましくも出しゃばろうとしたが、目の前でドアを閉められてしまった動画まで放映されてしまった。
それ以後、北朝鮮からは無視されてしまっているようだから、このままでは行き先がなくなる。

国内の現実と国際情勢を正しく見極めるために最初にしなければならないのは、韓国は日本のおかげで成り立っているのだという現実を国民に広く知らしめることである。
それは恥でもなんでもない。
日本と協力しないでは、今の困難から脱却できないのだから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

日替わり北朝鮮
北朝鮮が日替わりのように違う行動をみせることで、専門家といわれる人たちがいろいろ解説してくれる。そうなのかもしれないし、違うのかも知れない。
素人がはたから見ていて感じるのは、北朝鮮は本当に困っているのだと思えることである。
米朝会談を成功させるしかないのだが、国際的な信用力を失墜した韓国では仲介者として全く役に立たないと判断したのだと思える。米国も、米朝会談は韓国抜きで良いと思っているようだ。
米国はその気になればいつだって北朝鮮を崩壊させることができる。それは北朝鮮にも痛いほど解っているのだと思うが、会談に持ち込む手立てが今のところない。

米国のトランプ大統領だけが唯一相手をしてくれたのだが、先般の交渉時に読みを誤ってしまった。文大統領の策などを信用したからであろう。
米国はもはや急ぐ必要はないから、このまま放置されたら国が持たない。大統領が変わることにでもなればもう終わりになる。
オバマ前大統領が何もしないうちに作りためた30~40発の核弾頭も使いようがない。
日本しか頼りにできそうなところはないのではなかろうか。

トランプ大統領がアメリカンファーストと言って打ち出している政策は、いままでの米国が放置していたことで歪んでしまった世界経済・人権問題・軍事バランスを、急いで取り戻そうとしているのだとも見える。
急ぎすぎたり乱暴にも見えることで、トランプ叩きの口実にされているが、じゃあこれから先どうするのか、という意見を述べる人は見たことがない。
混沌の世界を続けることを是とするのだろうか?

国連の組織もイデオロギーに毒されて、正常に機能しないようにも思えてならない。
寄ってたかってのトランプ叩きでは、この先のバランスは収めきれまい。中国が自制の道を考えるしかないのだと思うが、そこに至らせる強力なリーダーシップを持つ指導者が果たして他にいるだろうか。
そろそろ日本がものを言えるようにならないと、纏まりがつかないのではなかろうか。
日本も、安倍叩きに血道をあげている場合ではあるまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.