旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

オリンピックをやって嫌われてしまうのでは?
約束ということについて、それは守らねばならないとするのが、世界各国の共通認識である。
ところが、約束をしても守る守らないは自分の勝手と考えるのが国民性だと思われている国があるのだという。。

世界最古の金属活字本でフランスが保管中の『直指心体要節』という文化財をフランスが韓国に貸し出したが、返還されないままだというし、日本からなぞは、仏像が窃盗団によって盗み出されたのだが、犯人は逮捕され仏像も確保できているのに、何だかんだ屁理屈をつけて返還しないままでもある。
そんなことでは、本当に仏罰があたるに違いない。
イランが経済制裁を受けていたときに凍結され、いうなればイランからの預かり金ともいうべき巨額な金も、使い込んでしまっていて返さないのだという。

「本を貸す馬鹿、借りた本を返す馬鹿」という諺があるのだという位だから、国内では通用するかも知れないが、世界が相手だということになると、いずれは制裁される事態だってありえる。
オリンピックを機会として、いろんな問題点や本性が浮かび上がってきてしまっている。

諸国が言っている取り扱いマニュアルというのが、かなり的を射ている。解ってはいても、各国とも手を焼いているのだということが見て取れる。
https://www.youtube.com/watch?v=qeSHGKYSJTc

戦後の日本は人の好さ丸出しでつきあってきたが、日本相手なら何をやっても許されるということにそろそろ歯止めをかけないと、最後の頼みの綱である日本が冷めきってしまいかねない。
正気になって欲しいものだと思うのだが、今となっては難しいのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

オリンピックを楽しめないようでは
オリンピック競技を見ていると、教義の技術は、これが人間業かと思える程のものに信かしている。スキー然りスケート然りで、ただただ驚嘆する。
フィギュアスケートで、男子は4回転ジャンプができないと上位には入れないし、トリプルアクセルなどは苦も無く飛ぶ。それも入り方に難しいステップを入れ、着氷後の滑りも滑らかである。
女子選手で、オリンピックの時にトリプルアクセルを成功させたのは、伊藤みどり・浅田真央・長洲未来の3選手だけだというが、これも飛べる女子選手が増えてきているというから、今後の試合は大変そう。
初めて成功させたと言われる伊藤みどりの当時のスケート靴は、いうなれば鉄下駄を履いているくらいの重さだったのだというが、今の靴は軽くなっているらしい。

選手は、他に抜きんでる技術を体得するのに、怪我の恐怖にも打ち勝ってきた凄みがある。
尊敬せずにはいられない。

古代オリンピック大会は、1000年以上続いたというが、近代オリンピックは今回で第23回だというから、せいぜい100年くらいの歴史しかない。
これは、どの競技においても同様なのだと思うが、大会の運営については、何かと不明朗な話も取り沙汰されていて、今回は特に多いように思えることは残念なことである。
他国選手に妨害行為をしたり、スピードスケートのスターターが変なタイミングをとったり、判定結果にクレームをつけたり、薬物疑惑を持ち上げたりと、後味が悪い。
自国選手が反則で負けたことに腹を立て、繰り上げでメダルを得た選手に殺害予告をした等となれば、最早論外であろう。スポーツマンシップの何たるかから学びなおさねばならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本の古代にあったというカタカムナ文字
星空をながめると、冬の大三角から春の大三角に代わる時季。
その三角の中に、おとめ座というのがある。
ギリシャ神話によれば、昔、人間が仲良く暮らしていた時代は、神もまた地上で人間と共に仲良く暮らしていた。
しかし後に現れた人間たちは争ってばかりだったので、神々は人の世界に愛想をつかせて見限り、1人ずつ天に帰っていってしまった。
最後まで残ったのが正義と天文の女神アストライアーで、1人地上に残り人間に正義を教えていた。やがて彼女も人間に失望し、自ら天に昇っておとめ座となった。
手に持っているのは麦の穂、使っていた正義を計る天秤は、天秤座となって付き従った。

日本の神々は、人を見捨てることなく、身近にいて護っていてくれる。
日本人の先祖は、プレアディス星団の昴からやってきた末裔だという説がある。
遺伝子的にいって、他民族と違うらしい。

2000年程前にその文化が杳として途絶えてしまったシュメール文化というのがある。
シュメール人は日本人との共通点が多いのだと言われる。
彼らは、彼らが残した文字によると、ニビルという星からやってきたのだという。
「ニビル」とはシュメール語で「交差する星」という意味なのだとか。
メソポタミアで発掘された粘土板には、「ニビルという星に住むアヌンナキが地球にきた」と書かれていて、そこから地球に渡ってきたのがシュメール人の先祖なのだということらしい。

日本には、漢字が渡来する前にカタカムナ文字というのがあったのだという。
古代から何か他民族と違うものが有って、それが芯のところで息ついでいるのだろうか?

何か大昔のことには壮大な夢がある。
katakamuna文字

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

選手の競技結果だけを責め立ててどうする
オリンピックの選手というのは、数多くいるその競技者の中から代表として選ばれただけでも凄いことなのだと思う。
その上メダルまで獲得したら、文句なく称賛の対象だと思う。

外野席から勝手にメダル獲得を期待して、それが叶わなかったとして選手を責めることを平気でTVなどで公言できる人たちの神経というのはどうなっているのだろうか。
専門外なのに偉そうにして批判的にものをいうのは、聞き苦しい。
一体、選手の何を知っているというのだろう?自分はそれができたとでもいうのだろうか?
まず褒めれば良いのに、と思ってしまう。

競技なのであるから、その時の順位は決まる。それが競技というものの厳しさである。
実力が出し切れた時もあれば、運が味方しないケースだってあり、重圧を背負って出場した選手本人が一番理解していることなのであろうに、結果だけで鞭打つようなことができる人の人間性を疑ってしまう。

労うか、或いは敢えてそれに触れないでそっとしておいてあげるのが人としての優しさであろう。
血の滲むような努力と、精神的葛藤を乗り越えて出場した選手のことを軽く扱える人なんていないと思うのだが・・・
口にはださずとも、選ばれたことで果たさねばならない役目を負っているのだという自覚がない選手なぞいまい。

メダルを獲得できた方々には、深甚なるお祝いを申し上げます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本の古代文明
日本には古代遺跡から発掘された土器や石器、住居跡などが多いということは誰でも知っているが、実はペトログラフというのも非常に多いのだという。
ペトログラフとは、岩石などに刻まれた文字や絵のことを指すが、日本の考古学は世界的水準から見てどの程度のところにあるのだろうか?
土器の編年などについては、各地の遺跡からの出土物の 収集・整理の点で目を見張るほどの成果があがっているかに見える。
しかし 、欧米諸国と比較した場合、その研究対象と関心の範囲は、極めて限られたもののように感じる。
遺蹟の発掘調査の場合、欧米ならば天文学・生物学・ 地質学から言語学・民族学・宗教学などあらゆる関連部門の学者が参加し協力して研究しているように思えるが、日本では、縄張り意識というかどうかしらないが、限られた専門家の意見に従っているかのように感じる。

ペトログラフといえばシュメール文化のように理解していたが、日本のそれもシュメールのものと酷似しているのだという。
どちらが古いといって争う心算はないが、シュメール文化は2000年~5000年前のこと。
日本の縄文文化はもっと古くて、15000年まえのことになる。
世界は何らかの形でつながっていたのだろうか?

日本のペトログラフというのは、古くから伝わる神社やそのまわりから沢山見つけ出されるというから、この分野の研究は是非進めて欲しい。
petorogrif1.jpg

petorogrif2.jpg

petorogrif3.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.