FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

狐狩りをする国が捕鯨反対だと?
日本はIWCから脱退した。途端にその組織は、資金不足に陥ってしまったという。
変な話である。
歴史的に捕鯨を続けて来た国の文化を否定し、その捕鯨に反対する組織のために不当な非難を度々浴びながらも多額の分担金を支払っていたのが日本だったということになる。日本の主張を頭から理解しようとはしなかった。

人類による乱獲のためにクジラの生存数が激減したため、この流れに歯止めをかけようと、国際捕鯨委員会(IWC)総会は1982年に商業捕鯨の一時停止(モラトリアム)を採択した。モラトリアムは1985年に施行されてから現在まで継続されており、いくつかの例外を除いて捕鯨活動は禁止されている。
捕鯨反対国が鯨の増加の為に何かしているわけではなく、増え過ぎた鯨が生態系に及ぼす影響について考えているというわけではない。

日本はいかなる産物に対しても乱獲ということは決してしてこなかった。
仮令それに生業として携わる者であっても取りつくすことはなく、必ず後々の為になる種を残すのが、自然に培われ継承されてきた文化である。
捕鯨禁止は種の保存のためというより、鯨が可哀そうだという感情論の主張のように感じる。
G8の八カ国の中で、非キリスト教国であるのはて日本だけ。他の国々が「キリスト教的な道徳や常識」を共有している中で、日本だけがキリスト教的な常識を共有しない唯一の【先進国】だということになる。彼らは常に、自分たちこそが正義であるということを主張し、他の文化を理解しようとはしない。

他国と違って、日本は鯨を捕獲した場合、肉や油だけを採るのではない。皮も骨も髭も全て無駄にしないで利用する。命あるものを獲ったのであるという感謝の気持ちが根底にあるから、捨てる部分は殆どない。。
日本では死んだ人には死後の名前としての【戒名】を付けるが、捕鯨した鯨にも戒名を付け、鯨塚(墓)に葬っていることは、あんまり知られてない気がする。
塚にとどまらず、神社として祀っている場所も日本各地に存在する。昨日今日に始まったわけではなく、1700年代には既にあった風習だとされる。命を頂くわけですから丁重に葬るのは当然で、今も受け継がれている。
日本では、命あるもののみを供養したり祭ったりするわけではなくて、使い古した針や釘や道具も捨てて終わりということにはしない。それらには魂が籠っていると感じる感性が有るから、使用を終えた後であっても丁寧に処理する。こんな文化を持っているのは日本だけであろう。

狩りの楽しみの為だけに狐を追ったり、その昔は人間狩り(侵略先の原住民)をした民族の正義とは精神性が違う。
特殊な例かも知れないが、電力会社の人や電力事業関係者は電気神社にお詣りするし、航空産業の人がお詣りする飛行機の神社っていうのもある。種子島のロケット神社こと宝満神社なんかもあるわけで、色々な分野に細分化した色々な神様が実際にたくさんあることをもってしても、命や物に対する考え方が違うことが解かるのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




自然災害への備えは重要事
巨大な台風が去って、各地に甚大な被害が齎されたことが次々に明らかになってくる。
今になって言い立てても仕方がないが、その中には避けられたはずのものもあったのではないかと思えてならない。
以前になされた「コンクリートから人へ」を謳い文句にして成した政策は、目先の予算だけを重大視しただけで、結果として建設業に携わる企業を激減させた。それに伴って、従事していた作業員は四散し、その培ってきた技術も失われた。失われたものを取り戻すのは容易でない。
国家予算を別に振り向けることで、老朽化したインフラは放置されたし、どこかに将来に必要な人材が育ったとでもいうことも聞かない。

日本は歴史上も台風などによる災害が多く、復興のための事業はついてまわる国である。
今年の台風による甚大な被害の復興が急がれるが、それに携わることのできる建設業者は足りるのだろうか?
建設中止対象の槍玉に挙がった八ッ場ダムが完成前ではあったが、その湛水量が働くことでかろうじて利根川の氾濫を免れたという。
今回堤防が決壊してしまった河川の工事は、その当時どんな扱いを受けていたのだろう?
国家百年の大計に立てば、目先の損得ばかりいっていられないこともあった筈。
自然災害に対する防災に関する事前の備えは、人名と財産を守るために、日本にとって避けて通れないものだと思うのだが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。

穿った見方をするのが人の常
独裁者が自らの政権を守るために陥りがちなことの一つに、国民の意識を逸らせる必要からか、知られたくない情報を強権をもって遮断するという策をとることがある。
C国ではそれをやっているようだが、政治から目を逸らさせるために、スポーツや芸能の番組を見ることができるようにしているが、為政者の都合でそれを取りやめることを安易にすると、反動の方が大きくなる。
現代においては、その策というのをネット検索できなくするとか、外国の番組の放映をやめてしまう(例えばアメリカのバスケット)などということをするのであるが、大抵の場合それは逆効果となる。
何故かと言えば、人間の欲望の動き方を見誤っているからである。
隠されればそれをどうしても知りたくなるのが人の本性であり、その気になればどのように隠そうとしても調べることができるテクニックを身に着けてしまった人が出てきている。
そのことによって、政治などには全く無関心であった層が、直接外国のニュースを目にする機会が増える。
今までとは違って、自国のメディアの情報だけに誘導されなくなってしまうということになる。
検索画面を閉じているくらいでは、それを簡単にすり抜けてしまうからである。
真実は説得力をもっているし、流れを読み解くのにも整合性を持っているから、知られたくない事実が深く浸透して広まる。即ち、隠したことが逆効果になるということである。

次に、よく使う方法としては、綿密な筋立ての基に国民が納得しやすいように流れを作って仕組むというのがある。策であるから、いずればれる。
穿った見方かも知れないが、韓国の法相の辞任劇というのもそうなのではなかろうか。
彼には最初から泥をかぶってもらう作戦であったから、多少のごり押しは予定通りであった。
改革される側の検事総長も、大統領が抜擢人事で指名したのであったことも見逃してはなるまい。
デキレースを仕組んだのだと考えないと辻褄が会わない。
国論を二分するほど揉めた任命劇であったが、このタイミングで法相が辞任した(或いは因果を含めて辞任させた)こともできすぎに映る。
法相が辞任したことで文政権に打撃だという表面的なニュースにして目先をそらそうとしているのではないのか?
検察改革の大目途はつけてしまったから、後はどのようにでも対処できるとの目論見が成り立つからである。
残るのはこのドサクサに紛れて、自分に権力が集中する法案を通してしまうことである。そうなれば、誰も手を出せない絶対権力者になれる。
権謀術策は彼の国の為政者の特技である。無能を装っているように見えて、目的達成の実をとったのだと言えなくもない。かなり強かな策士なのだと感じさせられる。
そう考えないと、法相任命前の反対を押し切ってまで強行した理由に説明がつかない。
任命責任をうんぬんされることは織り込み済みだったのではないのか?と考えるのが普通の見方であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。

お決まりのデモによって政治が動くのだろうか
三権分立を声高に標榜するが、実際には法律によるのではなくデモ・スト・デモ・スト・デモ・スト・ストでしか動かないお隣の国で、光化門広場に反朴槿恵前大統領へのローソクデモの時に比べ、それに倍する300万人規模の反文在寅大統領の市民が終結したという。
日韓双方にとって都合が悪いニュースなのか、香港のデモ程には報道されないが、ネット上には画像つきで山ほど出ている。かなりな人数であることが推定できる。
とは言っても他国の内政問題だから、関係ないといえば関係ない。
さて、彼の国の刑法には「與敵罪」という罪があるのだという。
「敵国と力を合わせて大韓民国に抗(あらが)う者は死刑に処する」という、死刑しか罰則がない重罪だと聞く。
文氏は、数千人の市民からその「與敵罪」の名目で告発されているというから、政権から滑り落ちれば、刑務所暮らしどころか、命を失うハメになりかねないのだから心穏やかではいられまい。
しかし、それを逃れる方法を考えていないほど愚かだとも思えない。
検察改革を急ぐのもそれであろうが、それが全てだと悟られたらその目的の達成は難しい。
だからこそ必死で抵抗することになるのだが、手段としてとりあえず使えそうなのは反日という選択肢しかない。検察改革は間に合うのか?
間に合わないと外交も経済も行き詰った文政権はどうなるかわからない。
法的な理屈で言えば、集会やデモにいくら人が集まろうと政権崩壊に直結するとは言えない。大統領の弾劾には、国会で議席総数の3分の2以上の賛成と憲法裁判所による罷免決定が必要になる。現状の韓国内の議員数では、野党勢力は数が足りない。
とはいえ、朴槿恵前大統領が弾劾されたのは感情的になった国民運動の圧力が政治を動かした結果であることを思えば、今回がそれと同じ流れることはないとは言い切れない。
日本としてはワシャ知らんと高見の見物をしていられるかどうか?というと、そうも言えない。
なぜなら、韓国の国内問題であっても、「韓国がこのように揉めるのは日本が悪いからだ」、という変な主張をする人が日韓双方から必ず出てくるからである。厄介この上ないのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。

毒舌タレントは思い違いをしていないか?
毒舌を売りにして番組を構成しているタレントというのがいる。
一言でズバッと的を射た表現をするだけならともかく、人を貶めることを目的としたようなことを論い、自分がそう思っているのか局の意向でそう言わされているのか知らないが、自分が正義の味方面してものをいうのには違和感を覚える。
悪口は悪口なのであって、相手が反論できる場に同席していないということに一定の配慮ができないのだということを認識していないと、下品になりかねない。
はっきり言わせてもらえば、自分を何様だと思っているのか?と言われても仕方あるまい。
イデオロギーの違いや意見の違いであれば、それはまだ許容範囲かもしれないが、「気持ちが悪い」などという表現を公言したら、許されることではなかろう。思い違いも甚だしい。
M氏などがそれを口にしたというが、自分だって他人さまから見たら、そう言われても反論しにくいのではないのか?
S氏やA氏なども時流がそれを許している間はよいにしても、いずれそれはブーメランとなって自らに返ってくるであろうが、そうなったときには違う毒舌家の餌食になるのが目に見えている。
因果は巡る糸車ということかも知れないが、見ていて快いものとは程遠い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.