FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

反日ばかりやっていたツケ
棚から牡丹餅、壺からキムチ。大韓民国の歴史はそれに尽きる。
妄言を吐くことには才能を見せるが、自分たちで戦って独立を勝ち得ることすらできなかったのに、他国のおかげで独立が叶った途端、反米・反日運動に向かった。
反日運動をしていれば国をまとめることができてきたのかも知れないが、それによって失ったものは多いのではないのか?
自分たちで作り上げたものでないものに誇りが生まれるわけがない。
日本は焼け野原から歯を食いしばって新たにたちあがったのであるから、過去から一歩も踏み出せない人たちとは根本的に差が出る。未来も切り拓いていく活力が備わってくる。

隣国は、独自の努力で勝ち得たものよりも、他からの援助によりできたものの方が多いのではないのか?それに不備があればクレームをつけてすます。
根拠の薄いプライドを守るためには、捏造してでも主張し続けなければならないのは解らなくもないが、それがお世話になった国々を貶める言動に結び付くのでは話にならない。
自国で開発できた技術は殆どなくて、パクったものが土台だから、発展力が脆弱である。
半導体・電化製品・製鉄・造船・自動車などなど、みんなそうである。
感謝することでより発展を遂げることができようものの、民族的特性が恨みからでしか動けないのだとしたら悲しすぎる。
少しばかり豊かになれれば、それは自国民が優秀だからと言って起源説は唱えるが、それを文化にまでできたものはあるまい。
おいしいところだけつまんで、さもさも自分たちの成果だと自慢してきたが、他国からの技術の移転は今後期待できない。技術を持っている国々は、韓国を見限る流れだから、国技であるデモ・スト・デモ・スト・デモストストで頑張るしかない。それが衰退に向かってまっしぐらの道なのだと理解できないのだから、行くところまで行くしかない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でもできる墓石クリーニング(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/

実際にはどのようにしてクリーニングするのか(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/bosekicleaninngmanyual.html
スポンサーサイト




中東が平和に向かう
日本からは遠く離れていることもあって、余り取り上げられなかったように感じるが、中東の平和は世界にとって重要である。
UAEとイスラエルの国交正常化がなったのは、イラン包囲網という安全保障上の問題からだと説明されていたが、及川幸久が別の真意があるのではないかと紹介していた。

イスラエルには秘密の石油パイプラインというのがあるのだという。
EAPC(ヨーロッパアジアパイプライン社)という名称だが、それを使うことで紅海と地中海が直結できる。
アラブとイスラエルが国交を正常化できれば、それが公式に可能となる。
これまではペルシャ湾からスエズ運河を経由して石油を輸送していたが、スエズ運河は使い勝手が悪いしコストが高くなる。
そこを通らずにヨーロッパに運ぶことができれば、経済的メリットは計り知れない。
他のアラブ諸国もそれに追随するのではないかとの見方には、そういう理由があるのだという。
トランプ大統領の外交成果であるが、流石の反トランプメディアも実績として認めざるを得なくなった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でもできる墓石クリーニング(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/

実際にはどのようにしてクリーニングするのか(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/bosekicleaninngmanyual.html

文句をつける前にやることはないのか
水清ければ魚住まず、という。
清流でなければ生きられない魚というのはいるが、大抵の魚はそうではない。
清濁併せ飲むのでなければ成し遂げられないことが、現実の社会ではありうる。
例によって変なレッテル貼りをして悦に入っているだけの野党には全く期待できないから、新しい内閣に希望をつなぐしかない。

総裁が決まり総理が決まり組閣もなったが、しばらくは自分のことは棚に上げた正義漢が幅をきかすようになる。自分の思惑を通そうとすることが優先する。
極端に人間性に問題を抱えているのでなければ、政治家に清廉潔白であることを求めすぎても仕方ないと思うのだが、任命責任がどうだのこうだのと騒ぐようになるのが目に見えるようだ。
実力者に仕事を任せるという観点は度外視して、国益を考えての働きとその成果をあげることに注力する政治家を槍玉にあげようとすることに専念する輩が出てくるが、彼らには協力して国を盛り上げるという気はないのだろうか?
それら制限を加え、足を引っ張ることが目的となっているようにとれる論評を得意げに述べる者が幅をきかすようになるのは何故だろう?

公僕たる官僚が潔白であらねばならないのは当然であるとしても、選挙による洗礼を受ける議員と同列に扱うことには疑問を覚える。実効を上げられる政治家でなければ意味がない。
方針を決めるのは政治家であり、それを実現できるように働くのが官僚であるべきである。
国の方針が決まってもそれに従わない官僚がいたら、移動されるのは当然である。
ビーチ前川のような公務員が責任を負うことなく出世することができることの方が、よっぽど問題だと思うのだが・・・
政府の方針に異を唱える官僚を移動させるのは、法に基づいてされるのだから当然である。
官僚のOBが、その出身省庁の人事に嘴を入れることで捻じ曲がっていた弊害を是正しようとしてできた内閣人事局がさもさも悪いかのようにマスコミと野党が囃し立て始めたが、法ができた原因と理由を無視してはならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でもできる墓石クリーニング(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/

実際にはどのようにしてクリーニングするのか(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/bosekicleaninngmanyual.html

袖にされて当たり前
韓国の経済危機が指摘されるようになってきたが、それに追い打ちをかけるような事態も顕在化しているのだという。
通貨危機に直結しかねない「ウォン安」や、「企業収益の悪化」「失業率の上昇」など、多くの経済指標が悪化して窮地に立たされているのは周知の通りである。
文在寅大統領は解放記念日「光復節」の演説で「責任ある経済大国への道を歩む」と宣言したが、それは口先だけのことで、それを実現する方策は提示できず、先行きは暗澹たるものであろう。
こうしたなか、技術不足による「インフラ危機」が、韓国経済の致命傷になりかねないとの分析がある。完全に距離を置いた日本企業。
ジャーナリストの石井孝明氏が緊急寄稿したが、日本国民は冷めきっていて積極的に援助してやりたいと思う国民は殆どいないのではなかろうか。彼の国の身から出た錆であるから、自力で乗り越えるしかあるまいが、果たしてできるか?
 実情は「ひどい数字だ…」と言わざるを得ないことになっているらしい。
 韓国のあるエネルギー製造工場の設計をした日本のプラント会社の技術者らは数年前、完成した工場の稼働データを見て頭を抱えた。日本製の機器が使われているのに、予定通りの生産ができないのだ。
 その理由を調べると、配管などの建設工事がいい加減で、ガス漏れや故障が頻発していた。インフラ技術が劣っていたうえ、製造機械の運用も乱暴だったという。
 例によってオカラ工事やケンチャナヨ精神が影響してのことであろうことは、想像に余りある。
韓国企業はクレームをつけようと構えていたが、日本側が客観的な数字と原因を提示したところ、黙りこむしかなかった。
 「日本では『カイゼン』(=製造業の生産現場で行われる作業の見直し活動)で、建設後に予定以上の成果を出す工場が大半だ。だが、韓国は細かい技術力がどうしても劣る」(担当技術者)。改善どころか基本通りに施工することすらできない。
 日本の産業界は今でも、世界最高水準の技術と売り上げを持つ企業が並び、インフラ作りは大変強い。韓国では、その分野を1980年代まで日本企業に依存し、その後は国内企業にシフトしたが、最先端分野ではまだ日本に追いつけない。海外事業にも挑戦しているが、2018年にラオスで同国のSK建設が作ったダムが決壊する大事故を発生させるなど、技術力での国際評価は低い。ビルは倒壊するし、橋は崩落する。工事業者は責任をとることなく、逃げてどこかに隠れてしまう。
 こうした状況下で、韓国企業が日本のインフラ技術を再び頼りたがっているという。インフラは20、30年ほどで大幅な更新が必要だ。韓国の大規模建設物は近年、作り替えの時期を迎える物が多い。
 特に、エネルギー分野では、2019年春に文大統領が打ち出した「第3次エネルギー基本計画」で、脱原発、脱石炭、再生可能エネルギー、省エネに役立つ取り組みに多額の補助金が出ることになった。
韓国に、この分野の技術は乏しく、強い企業も少ない。
韓国は今までの態度を反省することもなく、厚顔にも官民そろって日本企業に対し、韓国でのエネルギーを中心としたインフラでの共同事業への参加を呼びかけている。液化天然ガス(LNG)の活用や、再エネ対応の送配電システム、工場や公共施設の省エネ化といった分野だ。
しかし、日本側は、どの提案も「門前払い」をしているという。当然であろう。
インフラを担う日本企業は戦前からの老舗が多い。そして、いわゆる「元徴用工」の異常判決を受けて、韓国政府や同国の左派団体に攻撃されている重厚長大企業ばかりなのだ。
 日韓の請求権問題を「完全かつ最終的な解決」した1965年の日韓請求権協定を無視して、最高裁が日本企業に賠償を命じるような国では、とても仕事はできないのは当然のこと。
 日本の技術をパクルことはできても基礎研究の蓄積がないのだから仕方ない。
日本を敵視して、自国で何でもできると勘違いしていたようだが、日本が手を引いたら途端に行き詰まりを見せる。日本の政権が代わっても、韓国を援助する動きは起こらないであろう。日本国民が怒っているからである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でもできる墓石クリーニング(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/

実際にはどのようにしてクリーニングするのか(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/bosekicleaninngmanyual.html

ヒトのせいにして逃げた
産経新聞の記事によると、尖閣諸島で中国漁船が体当たりした事件当時のことが浮かび上がってくる。
岡田克也元副総理は11日、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件に関し、中国人船長の処分保留による釈放について「これ以外に方法はなかった」と当時の民主党政権の対応を肯定する見解をブログで公表した。岡田氏は同月7日の事件発生時に外相で、那覇地検が船長の釈放を決めた同月24日時点は民主党の幹事長だった。
 岡田氏はドイツ訪問中に事件の連絡を受け、当時の仙谷由人官房長官に電話で「極めて悪質な事案であり、法令に基づき公務執行妨害で逮捕するしかないと私の考えを伝えた」と明らかにした。
同月17日の内閣改造まで外相として中国側と交渉し、中国側の報復措置などが「日中関係に大きな悪影響を及ぼす」と伝達したと強調。船長を起訴するかどうかは仙谷氏を中心に検討されたとした。幹事長就任後は政府の議論の詳細を知る立場になかったとした上で「裁判手続きに入れば長期化し、日中の緊張関係が長い期間にわたり、さらに高まる」ことも懸念されたと指摘した。
 また、「検察幹部とコミュニケーションを取ることにとどめた」と検察側と意見調整を行ったことを明らかにしつつ、船長釈放は「検察当局が総合的に判断した結果」と明言した。
 その上で「いま考えてもこれ以外に方法はなかったのではないか」「柔軟な措置をとったことはやむをえなかった」と強調。中国側でも「日本政府が大局的な見地から問題解決したことにほっとした関係者も多かった」との見方を示した。
 事件をめぐっては前原誠司元外相が、船長の釈放は当時の菅直人首相の指示だったと証言しているが、岡田氏はブログで「菅首相の指示」に言及しなかった。

岡田氏も菅氏も、事実関係が隠せなくなってきて何かと言い訳しているだけだとしか思えない。
菅首相が、当時の中国国家主席の胡錦濤が来なくなると主張したらしいが、日本で違法行為を犯した船長を逮捕したのであり、それで胡錦涛氏が来日しなくなるようなことになったら、中国の方が国際社会で面子を潰すことになっただけである。
一色氏が撮影した証拠映像だってあった。
時の政権を担っていた立場としての判断であったとの責任ある説明をしているとは思えない。
地方の検察に責任を押し付けて逃げただけだったように聞こえる。
失った国益は大きすぎる。
それでも、それは仕方なかったとしても、こうなったら、自分たちのことは棚に上げて次の政権を非難し続けたことについて、納得できる説明がいるのではないのか?
さんざんっぱら、きれいごとを並べ立てていたのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でもできる墓石クリーニング(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/

実際にはどのようにしてクリーニングするのか(無料)
http://www.kng2321-cbs.com/bosekicleaninngmanyual.html
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.