FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

陰と影は全く違うもの
「おかげさま」は、自分一人の力ではとてもできなかったことが、他人様から受ける利益や恩恵を意味する「お陰」に「様」をつけて丁寧にした、感謝するときの言葉である。
古くから「陰」は神仏などの偉大なものの陰で、その庇護(ひご)を受ける意味として使われてもいる。 これは、「御影(みかげ)」が「神霊」や「みたま」「死んだ人の姿や肖像」を意味することにも通じる。

先日TVでどっかのお坊さんが、「神仏の加護」から来ている言葉で、「お加護さま」がその語義であると説明していた。
宗教関係者がそう言うのは解らなくもないが、ちょっと違うのではなかろうか。

そもそも「陰」とは、表面に現れない部分、或いは隠れていて見えにくい部分のことを指す。
すなわち「陰」は光が差し込まない場所のことであり、「影」は光が当たることによってできる、物体の形のことです。
日陰(ひかげ)や木陰(こかげ)というのも、これは日の当たらないところや、木によって光が届かないところを意味している語である。
「陰」と「影」は、表している意味が違う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

日本にすり寄るような演説をしたというが
韓国大統領の支持率が低下しているのだという。
よっぽど苦しいのか、マタゾロ慰安婦問題を蒸し返しているようである。
自分達のことは棚に上げて、変な小理屈を並べ立てても、説得力がない。
政権が替わると国際的な約束をいとも簡単に反故にすることは毎度の例だが、反日することで国内の人気を回復しようとするのは、最早無理なのではないのか?
韓国国内では通用しても、世界では通用しない。国際的な反感を買ってしまっては、この先の経済運営は致命的な打撃を受けよう。
経済の立て直しのためには日本の協力が不可欠であろうが、日本の次代を担う若者たちの気持ちが冷え切ってしまっているから、この先は難しいと思われる。

報道はされないが、韓国内に200以上設置されているという慰安婦像の所在地住民は、それがあることで歴史的問題地だとして旅行者がそこを避ける現実を認識せざるを得なくなり、撤去を要求するようになってきているとも聞く。
無理を押し通そうとしても、底が割れていることでは長続きしない。

日本におけるモリカケ問題も、騒いでいるのはもう一部の人だけになってしまっているように感じる。真実に気づいた人が多くなってしまっているのに、いつまでもそれにしがみついていても、呆れる人が増えるだけだと思うが・・・
思惑があって煽り立てるのは、ブームが去れば真実に対抗できないということか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本側が騒がなければ穏やかだったのでは?
終戦記念日の頃になると、靖国参拝が騒がれる。
終戦以来40年間60回以上、歴代総理は靖国参拝をしていたが、それが問題視されることはなかった。
国の為に殉じた人を弔うのは、戦勝国であろうと敗戦国であろうと、極めて自然な行為であり、それが戦争を美化したり或いは再び戦争を起こす行為に繋がることとは程遠いであろうに。

戦後40年も過ぎた中曽根総理の参拝の時から、突然のように中国がクレームをつけ始めた。
A級戦犯の合祀がきっかけであったかと思うが、A級戦犯というのは永久戦犯ということではない。人道に対する罪という事後法によって裁かれた結果の罪名であり、祀ることが再びの戦争を目論むためのものではないことは、誰もがそう思っていよう。
日本では、死ねばみな仏というのが宗教観である。

何故か朝日新聞が騒ぎ立て、中国にご注進ご注進とばかりに、これでいいのかと迫ってからだと言われている。
外国とは言え、言われれば何らかの反応はする。意外なことにこれが外交カードとして効果を出したから、その後も続いているのではないのか。
日本国内でも、左がかった人が多かった時代であったが、変なリードをしたものである。

寡聞かも知れないが、靖国参拝に反対しているのは中・韓(朝鮮)だけではないのか?
別して韓国(朝鮮)と日本は戦争していないのだから、何をもってかの国が騒ぐのか理解に苦しむ。
ノムヒョン大統領が中国の尻馬に乗って騒ぎ始めるまで何も言っていなかった筈である。

人が嫌がることはなるべくしないようにするのが日本人であるから、閣僚の公式参拝は控えているが、中韓は嫌がらせの為に反対しているように思えてならない。
もっとも過激に反対を唱えているのは、日本のマスコミのようですらある。

宗教とか心のありようというのは、穏やかでありたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

どうして5色なのだろう
夏場に開催される東京オリンピックの暑さ対策からか、サマータイムが検討されるということであるが、賛否両論あるようである。
オリンピックマーク、いわゆる五輪マークは、単色または五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、ヨーロッパ・南北アメリカ・アフリカ・アジア・オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているのだと言われているが、どの色も特定の大陸を意味したものではないとされている。
ピエール・ド・クーベルタン男爵が古代オリンピック開催地の一つであるデルフォイの祭壇にあった休戦協定を中に刻んだ五輪の紋章に着想を得て製作し、1914年にIOC年設立20周年記念式典で発表されたと教えられた。
どうして5色なのだろう?

日本の古文書には、5色人という記載が散見されるのだとか。それには、世界の歴史以前のことが種々かかれているというのであるが、日本各地で発見されるペトログラフ(古代文字であると解釈されているが、日本のものは絵ではなく文字が多い)
で明らかになってきたように、漢字の伝来以前に文字文化が存在していた。
また、熊本県阿蘇郡蘇陽町大野にある元伊勢神社日の宮幣立神宮には、「五色人」の面が神宝として伝わっていて「住古、世界の五色の民の代表が参拝に訪れていた」という社伝が残っているという。宮司によれば五色人とは、赤人、黄人、青人、白人、黒人である。赤人とはユダヤ人、アメリカインディアン、アラビアやエジプトの民を、黄人とは日本人、中国人、朝鮮人などのアジアモンゴロイド系民族、青人とは北欧人やスラブ人、白人は欧州のコーカソイド、黒人はインド、アフリカ、パプアニューギニア圏やメラネシアの民を総称しているという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

防御のためのミサイル
日本は、ご存じの通り海洋国家であるから、陸伝いに攻撃されることはまずない。
攻撃のための上陸部隊は、艦船によって運ばれる。
専守防衛が国是であるから、事前に情報を得られたとしても、出撃準備をしている敵基地を攻撃することはできないから、途中の海上で迎撃し阻止しなくてはならない。
海の備えを固めておかなければ、国の安全を確保できないということになる。
そうとなれば、ミサイルの性能が優れていることが必要となる。

このために日本の開発したXASM-3ミサイルの最大の特徴は、推進方式にある。
固体燃料ロケットとラムジェットを組み合わせた「固体ロケット・ラムジェット統合推進システム(IRR =Integral Rocket Ram Jet)」を採用し、これでマッハ3以上の超音速で飛翔することで、敵の迎撃を困難にした。
敵からの攻撃が及ばない遠距離から発射し、目標に接近するターミナル段階では海面上数メートルの超低空で飛んで敵レーダーの探知をかいくぐり、迎撃を回避しながら目標に衝突、撃破する。
誘導方式は、発射・飛翔中はINS/GPS(慣性航法/衛星位置情報利用航法)で行い、目標に接近するターミナル段階では複合シーカーで目標を捕捉、衝突する。
従ってミサイル発射母機は、敵迎撃ミサイルの射程外からASM-3を発射し、その後の誘導は不必要なので直ちに退避できる。
複合シーカーは、ミサイル弾頭に搭載するアクテイブ・レーダー・ホーミングと敵が発射するレーダー波を受信するパッシブ・レーダー・ホーミングを組み合わせたセンサーである。これで電子戦能力を向上させ電子妨害を排除しながら接敵する。
命中精度は極めて高いという。

発射されたミサイルが発見されたときには、迎撃のための時間は殆ど残されていない。
なぜなら、それが確認できるのは水平線を越えてからであり、マッハ3以上で飛来するミサイルが着弾するまでの時間は計算するまでもなく短い。
海面からの高さ20メートルの上にいる目の高さが1.6mの観測者(つまり目の位置は海抜21.6m)から水平線までの距離は、約16.6kmであるのだというから、推して知るべしということになる。

使わずに済めばそれに越したことは無いが、備えが万全であることは抑止力になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.