FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

自分で選んだ親

「産んでくれ」と頼んだ覚えはない、などと親に対し罰当たりなことを平気で口にし、「そうだそうだ」と同調する風潮もあります。

ついでに「教師と上司は選べない。」などと、自分の努力はそっちのけで、自分の思うようにいかない我がまままで言って当たり前になっているのは、ちょっと考えてみる必要があります。

 

忘我の川を渡るときに忘れてしまっているだけで、人は自分で親や家族を選んで、真我の磨きのために生まれてくる。
精神世界に触れたことのある人たちが、よく口にします。
「現生では、どのような体験をしたいかをあらかじめ自分で決めて生まれてくる。」生まれ変わりの順番待ちは大変なのだと。

極稀に、前世の記憶を持っている人がいるらしい。

これは、医師や科学者や心理学者などによる退行催眠などの臨床結果があり
世界中のたくさんの人が体験を語っているのだといいます。

厳しい環境に身をおかれているとしたら、さまざまな体験によって自分を成長させたいと、修行により向上しようという強い心の挑戦者なのかもしれません。

そうであれば、いくら辛いことが起きても、どんなにひどい状況になっても
自分で体験したい人生を選んで生まれてきているということがわかれば、乗り越えられないことは何もないということになります。

神様は、乗り越えられないような試練を決してお与えにならない、といいます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/


慎んで

 オルハン・スヨルジュ氏(元トルコ航空パイロット)が、224日、87歳をもって病気のためイスタンブールで死去されたと、最近知りました。

 イラン・イラク戦争時の85年に、日本では救出機を危険だということで出せなかったのに、今だに、エルトゥールル号のことを恩義に感じているというトルコ政府が、特別機を派遣し、テヘランに取り残された在留邦人200人以上を命がけで救出した際、パイロットを務めた。   攻撃予告時間ギリギリであった。この功績として、06年に旭日小綬章を受章した。 

トルコ皇帝ハミル二世が日本に派遣した特使一行を乗せたトルコ軍艦エルトゥールル号が、帰路、暴風雨に遭遇してしまいます。1890年のことです。

 そんな130年も前のエルトゥールル号の事故に際して、日本人 がした献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。教科書にも載っているらしい。

(エルトゥールル号で検索すれば、当時の経緯がわかります。先人たちのことを誇らしく思えます。)

 

我が国は、葬儀に関して何らかの弔意を表したのだろうか?かの国の方々は、実に親日的です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/


邪気という気

「邪気」と呼ばれるマイナスエネルギーがわかる人、感じとれるる人が増えてきて、
普通に使われようになってきました。
「邪気」とは、精神世界で言うところの、災いを齎す気、マイナスに働くパワー、
病の元となる気、霊的なマイナスエネルギーなどを表すことば。

そのような邪気を受けるとどうなるかというと、受ける人によっても、邪気の内容によってもいろいろ違うようですが、何故か塗油全、通常のその人とは違う心身の状態になってしまうらしい。のです。

根暗になったり、怒りっぽくなったり、悲しくなったり、攻撃的になったりするようだが、それ位では済まなくて、いわゆる「魔が差した」と言われる状態になると、本人のコントロールが及ばなくなる。


精神面・身体面の、その人にとってもともと弱いところやこころの隙間に入り込んで悪い反応がでることが多いようです。

やみくもに恐れる必要はないだろうけれど、邪気というものがあるのだとして、強く正しい気持ちを普段から鍛えることにしておいた方がよいようです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/


気づかないけれど守られている

誰にでも守護霊・守護神というのがついていて、一人一人誰もが守られているのだと聞きます。

一説では、10万回生まれ変わると守護霊や守護天使や守護神になって、守る側になるのだとか。

何回も生まれ変わって、もうすぐ守護霊や守護神になる魂というのは、自分自身に関して学ぶことはもうあまりないのだけれど、周りの人に愛やさまざまな気づきを与え、その人たちを守るために生まれ変わるのだそうです。ご先祖様が、特にそれを気づいて欲しいようです。

人の意識体である魂を磨くためには、意識体だけでは叶わないので、修行の為に肉体という入れ物に入って生まれ変わるのだとか。
人生に起こることにはすべて意味があり、そのすべてが必要なことであると言われますが、なかなかれを実感することは難しい。

 

でも、厳しい人生であればあるほど、きっと意味があるのだと思えば、勇気が湧いてきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/


作り笑いでも

作り笑いというのは、悪いことのように言われることが多い。

 

でも、作り笑顔でもいいので、笑顔で明るく振舞うことが有効ではないかと思います。笑う門には福来るといいます。


水は、方円の器(四角や丸の器)に従うといいますが、魂だってそうなのかも知れないのです。

美しい形のものには、美しいものが入る。
笑顔は、心と体の健康に良い影響を及ぼし、幸福を呼び寄せる。

嬉しいとき、楽しいとき、幸せなときに笑顔なのは当たり前ですが、辛い時、
悲しいときこそ、笑えるような自分になれたら素晴らしいことです。

誰だって暗い人には近づきたくないのと同じで、幸運の神様だってきっとそうにちがいありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/


キラキラ名前

何年か前に、自分の子供に「悪魔」と命名し、役所で記載を断られたというので揉めたことがニュースになりました。

 

「永久恋愛」(えくれあ)、「連夏江」(れげえ)などのように、フリガナなしでは読めない奇抜な名前を子供につける親がちかごろ増えているらしい。

難解な読み方の名前は昔からあったのだと思うが、最近は、芸名ならばいざしらず、普通ならば日本人につけないような「横文字の名前」をつけて、傍らで聞いていると一体何国人かかとに疑ってしまうようなことも多い。

その名に強引に漢字をあてはめるから、読む側だって混乱します。

俗にこれらを「キラキラネーム」と呼ぶのだそうです。

善意に解釈すれば、親は「個性豊かな人間に育ってほしい」との願いを込めてつけたのでしょうが、親のエゴが透けて見えるように思えなくもない。

子供からすれば「恥ずかしい」という思いをする場合が多々あるかも知れません。
改名をすることができないわけではありませんが、そのためには家庭裁判所への申立てが必要であり、条件や手続きが面倒です。

 

しかし、一説によれば、子供は自分で両親を選んで生まれてくるのであり、名前すら決めて出てくるのだというから、巡りあわせというのは何とも難しい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.