FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

食べても美味しいタンポポ
タンポポは、江戸時代には鼓草(ツヅミグサ)と呼ばれていたのだといいます。
タンポポは、漢字で書くと蒲公英で、英語ではdandelion(ダンディライオン(dandelion)というのはご存じの通りです。
ギザギザの形をした葉が、ァイオンの牙に似ているからなのだとか。
昔から日本に生育していた在来種であるニホンタンポポと、外来種であるセイヨウタンポポがありますが、在来種は外来種に比べ数が少なくなったようです。
セイヨウタンポポ゚は、花か咲いたとき総苞片が反り返っており、反り返っていないのがニホンタンポポです。
花の色は黄色ということに相場が決まっていますが、白いのもあります。
P1000051s.jpg

sirotanpopo.jpg

ところで、タンポポはお浸しにしたり天麩羅にして食べると美味しいですから、ぜひお試し下さい。
根は乾燥してタンポポコーヒーとして飲むことができます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html

桜が散る前に
今年の桜は、足が速い。
石神井川の桜は、前に掲載した通り全部切り倒されてしまって、あの見事な桜は見られなくなってしまったので、三宝寺公園の桜を見に行って来ました。

sanpouji-sidare1swb.jpg

sanpouji-sidare2swb.jpg

sanpouji-sakura1swb.jpg

海棠

kaidou1swb.jpg


白い花桃

sanpouji-hanamomo1swb.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html


トリックの意味が違ってました
サッカーには余り詳しくないので、たまに放映されているのを見て、一人で一試合に3点以上得点するのを何故ハットトリックというのか解りませんでした。
3点とるのはマジックなのか?と思ったら、違いました。

そもそもはクリケットの試合から出てきた用語なのだそうです。
クリケットにおいては、3人の打者を連続アウトにするのは極めて難しい。
そこで、このトリック(偉業)を成し遂げた選手には高級な帽子が贈られたことから来ているのだといいます。
いろんな歴史があるものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html


雑草だけれど仏の座
暖かい陽射しに誘われて散歩をしていると、空き地や土手にピンク色の小さな花をつけた草を見かけるかと思います。
ホトケノザとヒメオドリコソウ。

 どちらも雑草として一括りされてしまうけれど、春に可憐な花を咲かし、繁殖の力はつよい。
 ホトケノザとヒメオドリコソウはよく似ていますが、別なものだと意識している人は少ないようです。

ホトケノザは,比較的古い外来植物だといわれます。
道端や空き地,田園風景の中で,ホトケノザが繁って咲く風景は,すっかり日本の春の風景となっています。知らないうちにどんどん増えます。
ホトケノザはシソの 仲間でありますが、ちょっと見では解りにくい。
茎の断面が四角いことや花の形などがシソ科らしい特徴を持ってはいます。
重なり合っている葉の形は丸形、三段に重なるので別名を三界草ともいいます。
このホトケノザは、春の七草とは違うのだそうです。
hotokenoza1404s.jpg


ヒメオドリコソウは、花の形が笠をかぶった踊り子の姿を連想させることから付いた名前なのだと聞きます。
関東一帯に見られる、これも帰化植物なのだとか。
葉が茎の 先端になるほど紫色がかるのが特徴なので、見分けやすい。
こちらは葉の形が丸形ではなく、葉の先が三角をしています。

odoriko

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html

桜の花は
普段は気が付かないまま過ごしていますが、日本にはこんなに沢山の桜があったのかと、春になって花が咲いているのを見て驚かされます。

「もののあわれ」は、秋のことなのかと思ったら、桜の花が散るさまから来ているのだという人もいる。

今年の開花の順番は、例年と違うみたいで、見て回りきれない速さで満開を迎えました。

DSCF2065swb.jpg

DSCF2060-2swb.jpg

DSC04177swb.jpg

DSC04071swb.jpg

20magari08-1swb.jpg

才能が伸びるときというのは
トンビの子だと思っていたがタカだったらしい倅は、ヨーロッパに留学して、お陰様で錚々たるお師匠さんに恵まれ、帰国後も毎日ピアニストとして励んでいます。

最近、教育番組などをTVなどで見ていて述懐するのは、先生の情熱が如何に自分の才能に影響力を持ったか、ということです。

ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ教授
セルゲイ・ドレンスキー教授
エリザベート・ドォヴォラーク・ワイスハール教授
マルタ・ソシンスカ教授
ミハル・レゼック教授

音楽修行の折々に師事した教授たちが、とことんレッスンにつきあってくれた情熱は圧倒的で、
そのエネルギーは、「こんなに自分を思ってくれるのだ」と感じたとき、今にして思えば能力が伸びた時なんだったと解るというのです。

薫陶するという言葉は、ちかごろ聞かなくなってしまいましたが、教えるということはそういうことなのかも知れません。お互いをのめり込ませてしまう何かがあるのです。

親としては何も協力できないのですが、日々のレッスンが始まると、自室にこもって邪魔をしないことにしています。
今週末には、招かれてチェコにピアノ演奏のため出かけます。
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.