旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

空念仏で済ますわけにいかない
平和主義を気取っているとまでは思わないが、「話し合い・話し合い」とご託宣のように言っている人たちのことがよく解らない。
自分の言うことを全て聞け。それ以外は認めない。という人を相手にしてどう話し合いをしろというのかが全く理解できないという意味である。

これまでに話し合いで約束したことは、結果的にはその場凌ぎであって、全て反故にしてきたのである。
話し合いの手段は有ると口にする人たちは、それなら具体的にはどんな方法があるのか、それはどのように有効なのかを一度だって説明したことがない。
軍事的な脅威に対処するために、抑止力を持とうとして法整備することも、戦争法案だと言って反対する。
専守防衛だと叫ぶが、それは日本本土を戦場とするときにしかできないということと同義語なのではないのか?
ならば、それを避けるのには、飽和攻撃という戦術で飛来するミサイルを全て本土に届く前に迎撃できる膨大な量のミサイルで針鼠のように防御せずばなるまい。
しかし、そのための予算を思い切って計上すべきだなどと、野党が言ったためしはない。

防衛手段もなし、法整備もなされないままで、どうやって国民の生命財産を守るというのだろうか?
例えばであるが、やくざ者やゴロツキが暴れまわっていたら、それに唯々諾々と従って無抵抗でいろ、と言っているように聞こえるが、それで良いとする主張なのだろうか?

話し合いというのは、双方が合意点を見つけてそれを了承し、約束を守るということが担保されなくては成り立たない。
それができるという納得できる方法があるのなら、是非具体的にその方法を提示し、早急にそれを進めて貰いたい。時間はさほど残ってはいまい。
それが無ければ、相当な被害と痛みを甘受しなければならないという覚悟をせずばならない状況下にあるのだと切実に感じる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

民進党が二つに割れただけ?
解散総選挙の結果、自民党が圧勝した。
それなりにいろいろ理由は有るにしても、民意の結果であることは歴然たる事実である。
民進党が二つに割れ、立憲民主党と希望の党に分散した結果しか残さなかったようにさえ見える。
この2党は見るからに問題含みで、いずれかが政権交代可能な党に育つ可能性は限りなく低いように感じさせられる。

必死になって、可能な限り野党を応援したマスコミも、敗退したのだと反省した方が良さそうに思うが、往生際が悪くて、いまだに変な理屈をこね回している。
「自民党は勝ったけれど、安倍政権が信任されたわけではない。」という論調がそれである。
愚かなことを言い張っていてはいけません。
日本国は、他国の大統領と違って、国民が首相を直接選挙制で選ぶのではない。
当選した議員により、首班が決められるのである。とりもなおさず、まだ首班指名をされて決定したということではないにしても、普通に考えて安部氏が民意として選ばれたのだと理解するべきなのである。

何故か安倍氏を毛嫌いするマスコミは、自分の思惑と自社の行ったアンケート調査なるものを根拠にして、政権批判を繰り返すが、マスコミが吹聴するアンケート調査に信頼感を持つ人は少なくなってきているように思う。
アンケートの質問項目が自分たちの思惑に沿うように巧妙に仕組まれているのだと感じ取ってしまっているからのように思えるからであろう。
単純に支持するか支持しないかというネット上の質問では、高支持率を得ているように見える。

民意を構成する国民の判断を軽んじ、我々のように判断すべきなのだと言いたいのであれば、それは国民を余りに愚弄していることになる。
多様性ということは理解するが、ミスリードしようというのは、そもそもの民主主義理念を否定することに繋がるのではないのか?
民意から乖離しているのはどちらなのかという分析くらいはした方が良さそうに思うが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

皇室は世界からどう遇されているか
日本を訪問したことのある外国人が増え、日本のことを褒めている記事をよく目にするようになった。
それに対し、中には「そんなことはない、嫌な目にも会った。」とコメントしている人もいるが、それはそうであろう。誰もかれもがどんな場合でもコンファタブルな対応をするわけではない。総じてどうであったかということであり、良いと思ったことの割合がどうであったかということになる。
日本人に見えても日本人でない人の対応だって有ったかも知れない。
ただ、落し物がそのまま帰ってくることとか、他人に対する気遣いがある国だということは共通して評価されている。
どちらかというと、日本人のことを悪く言うのは日本人の方に多いように感じる。

戦後、現人神であった天皇陛下が人間宣言をして以来、いつの間にか日本人は皇室を身近なものとして親しむようになった。
一部の思想的に凝り固まった人は別にして、未だに尊崇の念を持ち続けている日本人は多い。
世界最古の系譜をもつ天皇家は、数多の王の中でも別格で、諸外国からはエンペラーとして遇されている。
外交儀礼上の不文律なのかも知れないが、エリザベス女王でさえ、天皇陛下と挨拶するときは女王の方から一歩進んで握手するし、あの美しかったダイアナ妃が皇后陛下と挨拶した時は、拝跪の礼(片膝をついて握手する最高の挨拶)をとった。見事なまでに決まったポーズの写真が残っている。
英国王室が、他国の元首に対してこのような礼をとることは他にはない。
日本人が考えている以上に、諸外国からは尊敬されているのだという。
外国の元首クラスでも、天皇陛下に謁見するときは、かなり緊張するのだと聞いている。

最近は、過去には天皇陛下のことを悪しざまに言っていた野党議員でさえ、公の場でそれを口にするのを控えるようになったように感じる。
それを口にすると、言った本人とその所属党に悪影響が出ることに気づいてきたからなのだろうと思う。
あの中国でさえ、皇室の悪口は言わない。そこがK国との違いなのかも知れない。

国粋主義者ではないけれど、以前に遠くからお姿を拝見しただけで、戦後教育を受けた年代ではあるが、以前とは全く違った感覚を持つようになった。圧倒的なオーラがあったのである。
大相撲の場所でチラリと見ただけで、それまで天皇と呼び捨てにしていた人が、陛下をつけるようになった人が多いのだとも聞く。
何世紀にもわたって国民に染み付いた感情は、多少のイデオロギーの違いくらいでは変わらないということであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

民意だとか国民がとか言いたいのであれば
衆議院議員の解散総選挙が行われ結果が出た。
法の手続きに従ってなされたのであり、大義だの横暴だの文句をつける筋合いは全くない。
文句を言っているのは、自分の思惑と違ったことへの不満であって、それが少数意見だから退けられたのだという結果を正しく認識できないからに他ならない。
決まった以上、それに従うということにならなければ、民主主義における選挙というものを否定することになるのであって、混沌を助長する。
結果が歴然としているのに、民意が反映されていないと主張して憚らないメディアがあるが、選挙結果というのが民意そのものでないと言い張るというのは、選挙民を馬鹿にしているとしか思えない。国民の判断は、自然なバランス感覚がある。
自分たちの思惑だけが民意ではあるまい。必死になって偏向報道を繰り返してもこの結果だったとしたら、自分たちが民意から乖離していたのだと気づかなければなるまい。

「森友・加計隠しだ」と未だに言っているに及んでは、噴飯ものでしかあるまい。
あれだけ時間を費やして国会審議を繰り返しても、国政調査権を持つ議員も強大な取材力を有するマスコミも、違法性を立証できなかったではないか。
挙句の果てには「無いことを立証せよ」と信じられないことを要求するに至っては呆れる他ない。
法というのは、基本的には推定無罪いということであり、違法性が有るとするなら、その主張するなら、証拠を出して立証するのは法に触れるという側にあるのが当然ではないのか?

国防にしろ外交にしろ経済にしろ、どちらに国民が信を置いたかということである。
「話し合い・話し合い」と叫んだ側が、国内の国会でその話し合いすらまともにできない現実を目の当たりにして、判断した結果なのだと言う他ない。民主主義とはそういうものである。

憲法問題もそうである。憲法の改正というのは、現憲法下においては不可能に近い程に垣根が高い。何十年も経過して実態にそぐわなくなってきた現憲法に不備を感じる国民が増え続ければ、1強政治どころか圧倒的多数を持つ全体主義政権を招きかねまい。その時の国民投票結果は推して知るべしである。
そんなことになる前に、タブー視しないで真剣に審議する方向付けをするべきであるとは考えないのだろうか?
反対反対と叫ぶだけでは、何事も良い方向には進まない。
少数意見を汲み取らねばならないことは勿論であるが、如何に躍起になったところで、偏向報道でそれを達成することはできまい。それこそ、国民は多様なのであるから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本では当たり前な光景だが
少し前のことになるが、日本を訪問したアルゼンチンのマクリ大統領が帰国後に感想を述べているのだという。
「日本が大国になったのは当然なのだ。」と。

来日中に日本の学校を訪問したときに、それを感じたらしい。
子供たちがごく当たり前に清掃をしたり、給食時に生徒が仕事を分担しているのを見て、そういうところから助け合いや協調の意識が育っている。
日本には、基本的に規律やマナーが備わっていることは以前から知っていたが、働くということを尊ぶ姿にも国民性を感じ、発展できる国というのには理由があるのだと痛感したと言うのである。

アルゼンチンで、もしも生徒に清掃でもさせようものなら、児童虐待だの人権侵害だのと大騒ぎになってしまうらしいが、日本では昔からそんなことにはならない。

職人が一定の評価を受けて尊敬される国というのは、世界でどこも発展している。労働が卑しいものではないと考えられない国ではそうはならない。
昔から、殿様だって家老だって、工事現場に出て汗を流したことは珍しくもなんともない。
お公家さんがどうだったか知らないが、天皇陛下だって田植えをなさるし、皇后陛下だって桑を摘んでお蚕様を飼うことを見れば、それが民度の根底にある考え方なのだと思う。

偉い人は転んでも自分で起き上がることすらしなかったり、自分の脚で歩くこともしないで、どこに行くのも輿に乗るのを当たり前だとしていた国とは、発展の仕方が違って当然ということになる。
自らが働くということは、とりもなおさず他者への思いやりの気持ちが育つし、尊敬しあい感謝しあうことができる社会を築き上げることができる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

最初に現れた神様
古事記によると、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は、天地開闢の時に高天原に現れた日本最初の神様である。一度名前が出てくるだけである。
天御中主神と高御産巣日神(たかみむすび)と神産巣日神(かみむすび)との三柱の神を、造化三神と申し上げる。
宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)
天常立神(アメノトコタチノカミ)の二柱の神を合わせ五柱の神を「別天つ神」と申し上げ、
神代七代に移る。
神代七代の神である伊弉諾尊と伊邪那美尊により、アマテラスの命が生まれる。

この間が一代の神様でも単純計算で60万年にも及ぶ壮大な神話なのだけれど、割と日本人なのに知らない人が多い。
知る人ぞ知ることであるが「天御中主神様有難うございます」といつも唱えていると、良いことが起こるのだという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

半島から渡ってきたのではないらしい
学校では、日本人の先祖は半島人が渡ってきたのだと習ったが、どうもそうではないらしい。
石器時代の遺跡が日本には1万以上あるのに、半島には石器時代の遺跡が50数個しかないといわれ、人が住んでいなかったか或いは絶えてしまった時期があるらしいからである。

対するに、九州の縄文土器との類似点が多い縄文土器が出土しているのを見ると、日本から縄文人が渡っていったという可能性のほうが高い。言われてきたことと全く逆である。
日本独自の前方後円墳が半島では発見されるというが、何か不都合なのかそれらは壊されてしまうのだという。

科学の進歩によりY染色体の解析により明らかになってきたというが、日本人の染色体は半島人とは違うのだということからも、それらは証明されてしまう。。
日本人の先祖は、大陸のもっと奥の方からやってきたのか、或いは南方からやってきたのかもしれない。
シュメール人だったとか古代イスラエル人だったという説もある。
言語・紋章・神話などに余りにも共通点が多いからであろう。

飛鳥時代には、ペルシャ人の渡来があったともいわれるから、それが半島経由であったかも知れないが、日本人の先祖が半島人であったということの可能性は低そうである。
まあそんなことはどうでも良いのかも知れない。いろんな混血はあって不思議ないくらいの時代を経てきたのであり、祖先がどうのこうの言っても始まらない。
日本人は努力して独自の発展をとげたのだということは確かなのだから。
https://www.youtube.com/watch?v=NDntsqVJ-uc

日本人は、少なくとも国民性が広範な事象において違う。
彼の国の国民が人生の目標とするのは、自分が時と場所を選ばず威張り散らすことができるようになることだと、そこに在住した経験のある人は、いずれも喝破しているという。人前で言わないだけで、信頼からは程遠い考えを持つに至る。
上下関係には異常に拘り、対等という概念は育たない。
「国民情緒法」などというものがあって、それは法規範を超越するというから、法治国家として安定することも難しい。
悪いのは自分ではなく、全て人の所為だとすることでしか生きられないというのは不幸である。
どこからこんなに差のある国となってしまったのかということは、歴史ではどう捉えているのだろう。
いずれにしろ、自分たちが発展するためには自分の力だけではなく多くの人のお陰が有ってこそ為せる。自分が敵だと思い込んでいる人たちからだって多くの恵みがあったのだと気づき感謝しないと、長続きしない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

少なくとも都では無理だったように思う
「希望の党」が頭初の勢いはどこへやら、選挙で惨敗した。
「排除する」と言った言葉が反感を買って一気に人気が急落したという人が多いが、そうではあるまい。少なくとも都民は、最初から予想していたのではなかろうか。
政党がその政策に合わない人を排除するのは当然で、だれかれ構わず受け入れていたら、もっと大敗したに違いない。

都知事選に小池氏が立候補した時、U氏やT氏が異常なくらいその立候補に反対し攻撃した。
身近で見ていた人たちであるから、反対するには反対するだけの理由はあったのだろうけれど、その主張の仕方が都民の反感を買った。
U氏やT氏がそんなに好かれていなかったということもあろうが、なんともまずい対応であったことは否めない。
判官贔屓という感情も働き、対立候補が知名度はあっても思想的に偏っていて普段から偉そうなことを言って嫌われている人だったり、どっかからむりやり連れてきたどういう人かも解らない人だったりしたこともあって、小池氏は都知事選で圧倒的な勝利をおさめた。
それはそれで、結果について都民は満足した。

続いてのことだが、都議会議員もその結果を受けての対応を、紳士的にやれば良かった。
小池都知事が初登庁したとき、余りにも都民感情を逆なでするような扱いをした。
その様子がマスコミを通じて何度も放映されたので、都会議員は何様だと思っているんだ、と都民が怒った。
次の都議会議員選で勝てたのは、それら議員にお灸を据えなくてはならないと思った結果に過ぎない。
事実、都議選の投票時「これは都議選で、国政選挙ではないのだから。」と言って、都民ファーストに投票した人が殆どだったように思う。
選挙前も選挙後も、「都議選だから」と多くの人が口にして憚らなかった。
即ち、小池氏に人気があったのでは決してあるまい。
マスコミが持ち上げ話題にするので、その後に本人が勘違いしていただけのように思う。

都知事になってからやったのは、意趣返しのように政敵を悪者にして叩いたことである。
内田氏も石原氏も森氏も決して庇う心算はないが、やり方の陰湿さには眉を顰め、いずれ自分の身に返ってくるに違いないと言っている人が多かったのである。本人は解っていたのだろうか?

それでも、都政で実績を残していたら、国政選挙でも別の展開はあったかも知れない。政治家は実績がものを言うからである。
言うだけは言うが仕事は前に進まない。ブーメランだけは投げる。最後にはモリカケ問題まで持ち出して人の悪口を言うまで落ちぶれては、少なくとも地元の人心は離れてしまったということになる。
都民はかなり理性的で、マスコミの口車には乗らなかったということだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

紙から鉄の5倍の強度をもつ原材料
先日打ち上げに成功した人工衛星みちびき4号機が加わることで、合計4基の衛星が連携して稼働することになり、日本のGPS精度はマッチ箱大のものまで解析でき、誤差は6センチだという。国防上も重要な意味を持つ。

セルロースナノチューブという技術を確立しつつあるという。紙の延長線上にあるというが、これは鉄の5倍の強度を持ち、7分の1の重さで物を作ることができるという。
日本は国土の70パーセントが山林であるが、そこに育つ樹木の3分の2は植林などにより人工的に管理されていることから、原料の継続確保も容易なのだという。

マグロの完全養殖には成功しているし、ウナギのそれも続くに違いない。
日本にはその他にも、カーボンナノチューブ、カーボンナノベルト、特殊鋼、精密工作機械、電磁石、電池など数多くの他国が追随できない技術があるのだという。
これらは、地道でたゆまぬ努力が積み重なってのことである。
働くことを美徳として考えてきた国だからこそ、為し続けられる。

最近気になるのは、日本が有する特殊技術を擁する鉄鋼や電子技術の大企業に不祥事が発覚することである。
日本人が物作りに取り組むとき、基本的にゴマカシをすることがあるとは考え難い。
ハメラレタのではないのか?と感じる人が多いのだという。
不祥事があってそれが問題になれば、企業の命運にも影響が出るし、株価も下がる。
外資が入ってくることで、門外不出の技術を他国が簡単に手に入れることができるという戦略というか謀略があるのではないのかと危惧してのことである。

いろいろ防衛しなくてはならないことが多いように感じる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

米国では銃規制はされないだろうけれど
ラスベガスで銃の乱射による多数の死者や負傷者が出たという事件があった。
しかし、それによって銃の規制がされることはあるまい。
自分の身は自分で守るのが権利であり、使われた銃よりもっと強力な銃を対抗手段として持とうとするのが彼らの考え方なのだろうから、簡単に社会構造が変わるとは思えない。
他国人がとやかく言っても始まらない。

戦国時代、豊臣秀吉が刀狩りというのをした。これは強制的にやったということであるが、治安に不都合なものは取り上げるということで効果はあったのではないだろうか。
明治維新後に廃刀令というのが出された。
武士の魂であるとされた刀を捨て去るには、簡単にはいかない問題もあったのではなかろうか?
それでも、それは為された。

歴史を遡れば、種子島に漂着したポルトガル船により、火縄銃が2丁もたらされた。
数年後、大量の火縄銃を売りつけて大儲けしようとしてポルトガル船が再来したところ、最早もっと性能の良い銃が夥しく出回っていて仰天したのだという。
江戸時代には、世界中で一番多くの銃を保有していた国であったとされるが、何故かそれを使うということはなかった。
日本人というのは、特異な考え方をする国なのだろうか?

西欧列強により東南アジア諸国が植民地化されていた帝国主義時代、日本だってその対象国ではなかったとは言えない。
しかし、江戸時代においてさえ日本人の識字率は70パーセントを越え(ロンドンでも20パーセントの時代)、精強な武士団が全国に存在している日本を植民地化なぞできなかった。

大東亜戦争に敗れ、戦勝国から日本が分割統治されて植民地化する危機はあったが、それを救ってくれたのは東南アジア諸国であったことは知って感謝した方が良い。
スリランカ ダルマパーラの演説
https://www.youtube.com/watch?v=90OeG3weHZQ

日本を絶賛した世界の知識人、という動画があった。
https://www.youtube.com/watch?v=vwW7MSw-g1U

絶賛と言えば、真珠湾の記念館には日本軍の決して民間人を標的にしなかった戦いぶりを絶賛している展示があるのだという。米国軍人もそれを是としているのだという。
戦後教えられてきたのは、そこは日本人が近寄れない反日オンパレードの拠点だということであった。
どちらが本当なのだろう?いつか自分の目で確かめてみたいと思っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本語のように端的に多言語では表せられない言葉
紅葉の美しい季節を迎える。
日本の四季折々の風景は息をのむほどであり、迫ってくる筆舌に尽くしがたい感覚は、時に切ない程のものにまでなる。青春・朱夏・白秋・玄冬の全てにそれらは有る。

言葉に表現しきれないことを敢えて表現しないで「もののあわれ」だとか「わびさび」として感覚的に捉え、それを相互に理解しあえるというのが日本人の感性なのだと思う。
「切ない」とか「もののあわれ」だとか「わびさび」というのを表す言葉は、多言語には無いと言われる。
それを説明するには膨大な言葉数が必要となるであろうが、そんなことをしなくても伝わり合えばそれで良いのだと思う。感じ方に差が有ったとしても何ら問題とはされないし、清国に気にすることでもない。

豊かな実りに恵まれることと一緒に、日本は古来自然災害の猛威にも曝されてきた。
そういう自然現象をあるがままに受け入れ、森羅万象すべてに大いなる意思を感じ取ってか、先人たちは生かされてあることに感謝して、周りにあることを神として敬いもし、「おかげさまで」という言葉ができたのもそれであろう。

食事の作法というのがある。
主客があっての場合は、主人側が「召し上がれ」と声をかけ「頂きます」と客側が挨拶して始まる。南信では「お丈夫におあがりてや」と主側が言い「お辞儀なしに頂戴します」と客側がいう。
一人で食事をするときでも「いただきます」と言って手を合わせてから始まるのが普通である。

留学中であった息子が、習慣通りに「いただきます」と言って食事を始めたところ、同席していたハプスブルグ家の後裔である旧侯爵家の御曹司が「それは何のことか?」と尋ねたので、人間は心ならずも植物や動物の命を食事として摂らねば生きられない。だから「あなたの命を私の命としていただきます」という感謝とお礼の挨拶でもあり、食材料を生産してくれた人や食事を作ってくれた人への感謝の気持ちを込めて「いただきます」と食前に挨拶するのが、日本人の習慣なのだと説明したところ、いたく感じ入って、彼はそれ以来食事の度に日本語で「いただきます」と言うようになったのだという。その時は必ず嬉しそうな顔をして息子の方を見たのだとか。

「もったいない」という言葉も、多言語に訳せる適当な単語がないのだという。
物を大切に扱って長く使えるようにこころがけたり、無駄使いしたりしないで、修理したり再利用したりして最後まで使い切ることを表す言葉であるが、これも感謝から出てくる言葉であると思う。
日本語には、多言語に翻訳できない言葉というのが、他にも沢山あるのだという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

投票する理由
ネットを見ていたら成るほどと感じた書き込みがありました。
投稿者にお断りはしていませんが、同感したので転載します。

*ロンドンに駐在していた時に痛感しました。西欧人と話をすると、選挙は学校で次のように教えられるというのです。
メディアが事前に選挙結果を予想しますが、その予想通りで良かったら三つ方法があります。投票に行ってその通り書く、白票を出す、棄権をする。すべて同じ結果になります。
もしメディアの予想に反対なら、方法は一つしかない。行って違う人の名前を書く。
これが選挙ですよと教えるのです。

日本ではこういう当たり前のことが教えられていないから、「ろくな候補者がいなかったら堂々と棄権しなさい」などと変なことを言う評論家がいたりするのです。*

至極まともな考え方だと思いました。
安心できる国であるようにと願って、信ずるところに従って投票しようと思っています。
最高裁判所判事の国民審査もあるが、今まではそれを意識したことが無かった。
今回は少しは調べてみて、日本の為にならないような判決をした判事はチェックしようと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

そんな煌びやかであったとは思えない宮廷ドラマ
韓国人が有り難がり大自慢している「李氏朝鮮」て何なのだろう?
彼らは、その成り立ちを知ったら精神が崩壊しかねないから知りたがらないし、捏造してでも理屈を付けて綺麗ごとで誤魔化そうとしているが、我々は概略であっても歴史事実くらいは知っておいた方が良い。

韓流ドラマを見ていると、華やかな衣装を纏った宮廷文化(中身は自己中心的な権力闘争ばかりで嫌らしい)が描き出されているが、500年も続いた末に日本に併合された頃の写真を見ると、首都のソウルでさえ貧民窟そのもののように荒れ果てて薄汚くみすぼらしい。
本当に、自慢できるほどの発展した文化などというものがあったのだろうか?

写真は事実しか映し出さないのに、それとの乖離が激しすぎて説明できない。
それこそ信じられないくらい夥しい数の写真が残っているが、中世以前の未開発国さながらの様相しか写っていない。風景も民衆の姿も数多く映されているが、いずれもこれが文明国だとはとても思えないものばかりである。(ネット上でいくらでも見ることができる。)
実際に貧乏過ぎて染料は買えないから、白い衣服しかなかったという説が立証できてしまう。
因みに、写真は日本が撮ったものではなく、その殆どは外国人旅行者が撮ったものである。
(どうでも良いが、ついでに写真のことをいうと、多分日韓併合後すぐのことだと思うが、美人宝鑑という雑誌があって、当時の韓国美人と言われた女性の写真がズラリと並んでいる。現代の韓国美人と較べて、余りに容貌が違うのに驚く。整形は勿論されていない。)

李氏朝鮮は、高麗王朝の将軍であった李成桂が国を裏切り、国王を捕らえて殺したことから始まった。その後自分の兄弟たちも殺して建てた国なのだという。
どう言い訳しようと反逆者である。
日本でいえば鎌倉時代末期から室町時代にさしかかる1300年代のことである。
高麗王朝は、蒙古・元の系列にある国であったが、元の衰退を見て中国の明に付こうとした李成桂により、明の属国としてできあがった。国号も明にお伺いを立てて決めてもらった。
朝(貢物)鮮(少なし)。最初から軽んじられていた。
成り立ちは反逆であったとしても、その後に善政を敷き、国の発展に尽くしたとか国民が豊かになったとかいうのなら別であるが、全く逆であった。

高麗は仏教を基にしていたが、朝鮮は仏教を迫害・廃止して儒教を重んじた。
それはそうだろう。自分のことを考えたら、忠孝を大事にする儒教を採用せずばなるまい。
我が身に引き比べ、いつなんどき同じような反逆者が出るかわからない。反逆というのを心底恐れたに違いない。
問題なのは儒教の考え方である。手足には頭が無い、働いたり物を作るのは卑しいことだとして、手足として酷使する対象として民を位置づけ、頭を使うのが偉い人であるとして両班が君臨した。
両班と称する1割程度の貴族階級が、あとの9割を支配して暴虐の限りを尽くしたということである。決して自らが働くことはなかった。
何も汗を流さない両班の言うことに命がけになれる筈がないから軍は極端に弱く、戦って一度も勝ったことが無い。

逃げるだけしか能がない軍しかないことから、他国から侵略されないために採った方法は、貧乏で魅力がない国でいるということであった。
発展できるわけがない。高麗が終わった後は、木を曲げる技術すら絶えたというから、桶も車も水車もなかった。

韓国人が大自慢するハングル文字も、世宗大王が作ったとされているがパスパ文字のパクリだとも言われているし、何よりも諺文(おんもん=卑しい字)だとされて使われなかった。
世宗大王と言えば、1400年代は日本で言えば室町時代。
日本には7世紀から8世紀の奈良時代には万葉集があり、その後には世界最古の文学とも言われる源氏物語があるが、ハングル文字による文学などというのはひとつもない。
全く使われていなかったという証拠でもある。

それはそうだろう。日韓併合のときの韓国の識字率は僅かに3パーセント。識字率を上げるために捨てられていたハングル文字を日本が発掘してきて、教育に役立てたというのが厳然たる事実なのだから・・・。
日本が韓国の文字を奪ったなどというのは、とんでもない言いがかりだが、彼らはそれを決して認めない。近年は漢字まで廃止してしまったから、自国に僅かに残っている漢文の資料さえ読めなくなっているのではないのか?

中国の隣に位置していたことだけで小中華を僭上しているが、いくつかあった属国の中で最下位の属国であり、明や清の使いが来ると、そんな使者に対してでさえ朝鮮王自らが出迎え、地面に這い蹲って三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)という屈辱的な姿を晒さねばならなかった。
そういう軛から解放されたのは、日清戦争以来の日本のお陰ではないか。日本は血を流したが、韓国は1兵も出さなかった。それでも下関条約により、韓国は独立できたのである。

自国では決して不可能だった近代化もそうである。
植民地支配されたと言い張るが、植民地とはどんなものなのか知っているのか!!
経済的な簒奪などできるような国ではなかったし、日本がつぎ込んだ資本投下の方が圧倒的に多い。インフラ整備も教育も日本が全てやった。
併合後数年で劇的に変わったことを写真は如実に語っている。
ロシアに席巻されそうな状態であったのを日本に泣きついて併合してもらったお陰であり、国際法上も認められていたというのが事実である。
日本は、地政学的に見て安全保障上の必要があって併合したのであって、植民地的な考えからの見方をすれば、今もまだ損をし続けている。
日本に感謝するというならまだしも、日本を恨むなどということは、筋違いも甚だしい。
正しい歴史と言い立てるなら、そこから認識しなおさなければなるまい。

北朝鮮に共同で対処しなくてはならないのに、今一つ信頼できないところがある。
レッドチームの側に行くというなら仕方ないが、言動が一定しない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

2法案が成立していて良かったのでは?
国が平和を維持するのに、1国のみで対応するのは不可能である。
世界の大国といえども、一国で他国と対応することはできないというのが国際的な常識であるし、殊に小国であれば、強国相手には手も足もでない。
同盟を結んで、平和を維持しようと考えるのが当然の帰結になる。
少なくとも同盟国を相手に戦争はしない。そこへの心配はせずに済む。
このことを大きく広げて考えれば、それが国連の組織ということになる。
ただ、利害関係や主義主張が違えば、現実的には緊張感を持って対しなければならない相手国というのはある。
安保法制は、そういう意味で必要な対策であると考えるべきであるが、そういう理解をすることなく戦争法案だとして騒ぐ野党やマスコミがある。冷静に考えれば平和に資することだと判ることなのに、なぜ反対反対と叫ぶのだろう?本当は戦争したいのだろうか?それとも日本が弱い国でないと都合が悪いことがあるのだろうか?
共産党独裁がどんな国になるのか解らない筈はないのに・・・

秘密保護法というのも成立した。
これができたことで、諸外国からの情報が共有できることになった。日本に情報を与えれば筒抜けになってしまうという状況下で、どこの国が重要な情報を渡してくれるというのか?
日本1国での独自の情報収集では、掴み切れないことが多くて当然であろう。

秘密保護法ができたお陰で、北朝鮮関連の機密事項が掴みやすくなったメリットは計り知れない。
できることなら、スパイ防止法も早急に制定した方が良い。
変な小理屈を捏ねて反対を叫ぶ人たちは、日本国の為ではなく、日本以外の特定な国の利益を守ろうとしている左翼系の組織なのだと思えてならない。

本質から目を逸らさせようと枝葉末節の事例を論うことにその特徴があるが、それに惑わされない見識を持たないと、間違った方向にリードされかねない恐れがあるということを自覚すべきなのだと思う。

法が成立する前の審議では、荒唐無稽な例を作り出して一般人の不安を煽ろうと躍起になったが、マスコミがそれを援護しても、善良な一般人はそんな宣伝に惑わされず、法案は通過、可決された。

秘密保護法が成立していて良かったと、今更ながら実感する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

北朝鮮が国体を護持したいのだとしたら
日本が正しかったと言う心算は毛頭ないが、当時のことを知るにつれ、いろいろ感じてしまうことはどうしても出てくる。

戦後に教わったのは、全て日本が悪かったのだということであり、総懺悔しなくてはならないのだということで染まっていた。

いまになると、日本は外交が下手だったから戦争になったのだ、という人もいる。
帝国主義が主流であった時代であり、他国を植民地にすることに列強が罪悪感なぞもたなかった頃のことなのである。
植民地を持っている国々と手を組んで、そちら側の考えに与することを選択すれば、折り合いをつけられなかったことはないかも知れないが、それを良しとするには日本人の感覚が馴染まなかった。

白人である列強諸国は、有色人種である日本人が力をつけてくることに我慢がならなかった。
しかも人種差別撤廃などということを国際社会で提言する。
アジア・アフリカ諸国に長年月にわたり染み付いていた白人を半神のように考え、戦っても絶対に勝てないと諦めていた時代に、唯一白人と戦って勝利を収めていた国なのである。
目障りなことこの上なかったであろう。

一部の極悪な軍人が日本を戦争に駆り立てたのだという説もまことしやかに教えられた。
果たして本当にそうなのだろうか?
軍人というのは常に彼我の戦力差を研究している。戦って勝てるなどと信じていた軍人は少なかったのではなかろうか。
しかし、ABCDラインを敷かれ経済封鎖された状況をそのままにして、石油その他の資源が枯渇すれば、戦わずして滅びる。即ち植民地化されてしまうという時代であった。
そのことを抜きにして論ぜられない。
植民地が如何に悲惨なことかということは、知識人たちは非常によく理解していた。
誇り高い日本民族がそれに耐えられるとは思わなかったに違いない。

積極的かどうかは別にして、国民の多くが戦うことやむなしとしたのではなかったのか?
もとより、戦争を反対する人もまた多かったとは思うが、敵わぬまでも一矢報いる。座して死を待つより、死して名を残すという考え方をする民族の選択であったのだとも思う。

とやかく言ってどうなることではないことは承知しているが、全否定することでは救いがないし、物事を認識するということからはずれる。無謀であったといって片付けられることでもない。
想像以上にハーグ条約を守って戦っている。

北朝鮮を見ていると、なにかその開戦当時の日本を彷彿させられることがなくもないが、絶対的にそれとは違うことがある。
現代の世界においては、植民地化されるなどということは絶対ない。
戦争をしなくても、協調して平和裏に発展することができるのだから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

若者は見くびれない
先日の報道ステーションは酷いものだった。
党首討論ということであった筈だが、司会者がそこに集中したのは、政策論議ではなく、モリカケ問題が大半であった。
どうしても安倍政権のイメージダウンを図りたいとの魂胆が見え見え過ぎて、番組構成は痛々しい程に感じさせられてしまった。
こんなことをやっているから、局の意図に反して、野党の支持率はますます低下する。

最近の世論調査を見ると、若者は自民党を支持する率が多いのだという。
それはそうだろう。若者は、マスコミが報道しない自由を振りかざして、疑惑が晴れそうなことは一切伝えようとしなかったが、それに惑わされず若者は全体像をしっかりとらえてしまっている。
政治家がそれを解らない筈がないのに、そこしか政権にナンクセが付けられないので騒いでいるに過ぎないとして、それを問題だとする政治家を信頼しなくなったのではないのか?
加計問題などは、疑惑どころか本来の行政の姿に立ち戻るために良かったのではないかとさえ評価している。

お友達が~というが、その友達が利益を得たなどと思っていないし、仮に友達が利益を得たとしても、あるべき姿に戻せたことの方が結果的に良かったと判断している。
それより先に取り組まねばならない重要課題をどうするんだ?と苛立ちを高めているのである。

政治家というのは、好きか嫌いかで選ぶのではなく、国益のために働ける能力があるかどうかで
判断すべきであると、賢い見方ができているからだと思う。
そういうところが、K国と違うのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

重大な脅威がそこにあるのでは?
このタイミングしかないと決心しての解散総選挙だったのではないのかとしかどうしても思えない。どんなに悪くいわれようと、国に責任を負う立場として、今しかないと決断したのだと思う。

米国は中国の党大会の期間には、中国の面子には配慮するし、日韓両国の訪問を終えるまでは動かない。
しかし、それが終わった11月以降には、北朝鮮を攻撃する可能性が強い。このまま放置することはもうできないとの判断を下していて不思議はない。
だとしたら、それまでに安定政権を築いておかなければならない。
国難突破ということの本音は、表立って言えないだけで、そういうことなのではないのか、と読める。

そんな中で、選挙期間中にミサイルの発射その他の挑発行動を北朝鮮がすれば、日本の選挙は一気に安倍支持で決してしまう。
あわよくば、安倍政権に多少でも影響が出そうな選挙結果を待ちたいところだが、野党は国民の支持がえられそうな政策論争ができず、あわれにも森友が~とか加計が~とかお友達が~とか言っているだけで、とてものこと信頼が得られるような選挙活動ができない。
説をころころ変える議員や、寄せ集めの俄か候補者が票を集めることができないと見極めてしまえば、日本カードは諦めて北朝鮮はすぐにでも挑発行動をしかねない。
彼の国では、指導者が弱腰を見せたら最後、統治が難しくなる。暴虐であろうが何であろうが強権を振う者にしか従わない民族なのである。

中国がカードは、あてにならない。
金正恩は、中国のコントロール下には無いぞと意思表示するために、これまでも中国の面子を潰し続けてきたではないか。中国の党大会なぞに遠慮しない。
米国の戦略爆撃機が半島近くの上空を飛び、空母打撃軍も移動を始めた。
金正恩が我慢しきれるかどうか、全く予想できない瀬戸際にあることは確かだと思う。
日本にミサイルの破片でも落ちるようなことにでもなれば、緊張は一気に高まるという状況下にあると認識すべき時なのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

殆ど知らない開戦の詔勅
戦争というものを肯定する気は全くない。それは絶対に避けなければならないから、そのための備えはしなくてはならない。
そして、やむなく戦うということになったら、絶対に負けてはならないのだと思っている。

何をするか全く想像もできない常識外の国が有り、こちらにその気がなくても襲い掛かってくる可能性は現実味を帯びている。
経済封鎖され破れかぶれになれば、自分の悪行は棚に上げ逆恨みを高じさせて、道連れを狙った共倒れを選びかねないことは容易に推定できる。
正しい歴史認識が有れば、世界で唯一朝鮮民族の発展に尽くした国だったと解る筈だし、信じて話し合いに応ずれば、発展して豊かな国を目指せるものを、疑い深く恨み事でしか物事を考えられない民族性では、なんともならない。

どう考えても、日本は半島の近代化に力の限りの勢力を注いだのだと思っている。確かに朝鮮民族のことだけを考えてのことではなく、日本の安全保障上の政策ではあった。
しかし、併合というのは植民地化というのではなく、同じ日本人として歩もうとしたのである。
植民地なのだとしたら、主権を与えることも教育を施すことなど一切なく、欧米列強がしたように所得の吸い上げのシステムを徹底して築くというのが常道であるが、それとは全く逆であった。

戦後棚ぼた式に独立できて、政権の正統性を何としても主張したいがために、反日でまとまろうとしてやってきたことではあろうが、如何に捏造教育をしてみたところで、事実は変えようがあるまい。
洗脳された半島人と、反日左翼の宣伝で騙されているお人好しの日本人以外、そんな歴史を信じている人は世界にいない。
特に、特亜3国以外のアジア諸国の要人たちの多くは、日本があったからこそ独立できたとコメントしている。

先の大東亜戦争に関連して、その前後のことを良い悪いという観点からではなく、素直に事実だけを知ろうとしていろいろ読むことが有る。
後世の人間が、当時の状況を理解することもなく、しかも曲げて伝えられていることだけを根拠に、好き勝手に論評することは簡単だが、それが正しいかどうかということは別問題であろう。
今の価値観で言うとなれば、良いことも悪い事もあったと思うが、五族共和の理想を目指したことには疑いを差しはさめない。
特亜3国以外のアジア諸国は、それを理解しているからだと思う。

大東亜戦争は、米国がただ単に経済上の利権と損得を考えたのとは違い、日本にとって安全保障上の戦争だったとマッカーサーでさえ後に述べている。
愛する者、守らねばならないものがあって、黙して滅びる道を選ぶわけにもいかず、お国の為と言って戦い、そして死んでいった人を、犬死などと言って貶める左翼の考え方には与したくない。
なぜなら、私は人間だからである。

乾坤一擲、国の存亡をかけて戦い、それに敗れたのであるから、国が失くなり植民地化されても、どこかの国の属国となっていてもおかしくなかった状況を、曲がりなりにも免れ得て現在が有るのは、偏に日本を理解して庇ってくれたアジア諸国の指導者と、命がけで戦った先人たちのお陰であったと信じている。
全て日本が悪いとすることだけで過ごしては、申し訳が立たない。
今更どうすることはできないとしても、知るべきことを知っているくらいの責任はあるのだと思っている。

終戦の詔勅はよく流されるから知ってはいても、開戦の詔勅を知っている人は殆どいない。

今ヤ不幸ニシテ米英両國ト釁端ヲ開クニ至ル
洵ニ已ムヲ得サルモノアリ豈朕カ志ナラムヤ
(今や、不幸にして、米英両国と争いを 開始するにいたった。まことに やむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。)

縷々書かれていることを素直に読めば、平和を望んでいるのであり、戦争は苦渋の決断であった。

敗戦により事後法で裁かれることになっても受け入れざるを得なかったし、明らかにハーグ条約違反の原爆投下、東京大空襲、飢餓作戦を狙った民間船目当ての大量の機雷敷設も、取り上げられることはない。敗けてしまえばそんなものである。
日本近海に大量にばら撒かれた機雷の掃海は、東京裁判がなされている最中に、日本人によって
なされた。当然のこと触雷による殉職者が多数出たが、ハーグ条約上のことは敗戦国側が表沙汰にはできず、戦死扱いにも戦没者扱いにもできず伏せられ、靖国神社に祀られることもなかったという。
戦後の復興のために払われた犠牲者の命に感謝すらできないということでいいのか?

ルバング島から生還した小野田少尉は、その慰労金の全額を靖国神社に奉納したというが、それすらも一部マスコミは批難したという。
彼は、時の総理が靖国神社にさんぱいすての慰霊の中で「心ならずも・・・」と語ったことにも、「なぜ、単に素直に有難う」と言わなかったのかと残念がったという。
彼が信じた日本の有様に、結局はブラジル移住を決断した心情を推し量って余りあるもがある。

再び戦争の惨禍を招いてはならないのは当然としても、先人たちの心情を思い遣ることもせず、全否定してしまって良いとは思えない。
侵略することもされることもない力を備えた国にしなければならない。
それが戦争を避けることのできる唯一の方法なのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

ミサイルの標的となっている時に
中国軍が空母を擁していることは脅威だと思っていた。
少し前の話であるが、中国海軍の航空母艦である遼寧がバシー海峡(中華民国台湾島南東の蘭嶼(蘭島)に隣接する小蘭 嶼(小蘭島)とフィリピンバタン諸島(バシー諸島)最北のマヴディス島との間にある海峡)を抜けて太平洋に出て発艦訓練をした軍事行動は、日本人としては脅威だと思っていた。
こういうことがあるから、日本は大人しくしていた方が良いと、まるで最初から負け犬のようなことを言う人も多かった。

しかしそれが太平洋を遊弋したことを検証した結果、米国の軍事関係者が、delight(大喜び)だと言ったという。動きを見せればたちまちその能力が分析されてしまうということである。
カタパルトによる発艦ではないことから、燃料を満タンにして飛び立つことができないことや、兵器を満載してのそれも不可能であることが露呈してしまったのだという。
全く恐れるに足りないのだという。張り子の虎同然ということらしい。
空母機動部隊の移動ということになれば、護衛艦は当然セットであるし、中でも潜水艦が周りを防御しなくてはならないが、その能力も備えていないことが明白に判ってしまったので、軍事的脅威には程遠いということなのだとか。
自衛隊の潜水艦だけでも十分に対応できてしまうのだという。

大陸国家が海洋国家並みに行動しようとしても、おいそれとはいかないということになる。
中国の近海に隠れて動かないでいれば、そういう情報は取得しにくかったということであろうから、軍事行動というのは難しい。示威行動にもならないとなればちと情けないが、日本人としては少し気持ちが楽になったと言える。

しかし、北朝鮮の脅威はそんなわけにはいかない。
何をしてくるか、国際的な常識では推し量れないくになのだと思える。核兵器だって平気で使いかねない。
まさに国難ではないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

そんなことを争点にしているようでは
未だに森友だとか加計だとか言っていて、野党議員やマスコミは恥ずかしくないのだろうか?

国会審議は注意深くみたけれど、参考人の陳述などを含め、ことの起こりから全体像をみると、
どちらが嘘を言っているのか明白に判るではないか。
疑惑の追及だといって息巻いていた議員たちも、自らの疑惑の方が露呈してきて、次々に黙り込んでしまったのだって目にしてきた。
法を犯しているのは誰なのだと言いたいくらいである。
無いことを無いというのを、疑惑が有るから説明せよと責め立てても、そんな説明は不可能であろう。
疑惑がどうこうではなく、政敵叩きの印象操作をして、自分たちに都合よくそれを使っているようにしか見えない。
膨大に無駄な時間を費やしてきたのではないか?という反省はないのか?

今はそんなことをやっている時ではない。
どう考えてみても、米朝の戦端が開かれそうな気配が濃厚であり、それも近日中であることを予感させる。
国難に対処しようというところから敢えて目を背けさせようとするのは、人としてどうなのか。
選挙は就職活動ではない。

極論かも知れないが、私は政治家に清廉潔白であることを求めていない。
そんな政治家は一人もいないのだと思っている。
だとしたら、大事を為せる能力を持っている政治家にこそ価値があるとするのが判断基準になるのではないかと思っている。
国を売るようなことを平気で言ったりやったりする人が、国民を守れる筈がないではないか。
綺麗ごとを並べて人気を得たいのなら、政治家ではなく芸人になれば良いのだと思っている。

口を開けば「国民が~」という人は、なお信じられない。国民が支持しているのであれば、少数野党でいるのは何故なのかということを考えた方が良い。
「国民が~」ではなく「自分が~」だと言っているのだと見透かされているのである。

政治家には、選ばれた後に果たさねばならない重大な責務があるのだということに思いを新たにしてもらいたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

感情を抑えきれないからか
見終わった後に必ずと言っても過言ではないのに、懲りもせず韓国ドラマのサイムダンというのを見ている。
彼の国のドラマは、いずれも権謀術数の限りを尽くし、徒に駆け引きを繰り返して、結果的に最悪な事態を招くというのが常である。
信頼しあえる人が出てくることは殆どない。
筋立ては面白いし、結果がどうなるかという恐いもの見たさで、続きを見ている。
大自慢でそれらのドラマを諸外国に輸出し、気が付いてみたらそれら諸国が嫌韓に傾いているといわれる事態をどう把握しているのだろう?
不思議な国民性であると感じてしまう。

捏造慰安婦問題騒ぎもそうだし、竹島問題も自分たちが騒がなければノッピキナラナイ状況を迎えることにはならないものを、自らに引け目があると感じているからか無茶苦茶な理屈をこね回してごねているようにしか見えない。
その延長線で、重大な経済問題に直結しかねないスワップ終了も、自らが選んだ。
中国は、昔からその民族性を熟知しているから、躾けなおしにかかった。経済制裁は更に凄まじさを増しそうだし、そうなれば韓国経済は持ちこたえられまい。
米国も呆れて匙を投げそうな様子を見せている。
どうしていつも、悪い方に悪い方にと舵を切ってしまうのだろう?
北朝鮮の脅威にどう対処しようというのだろう?

どう考えても、一番頼りになり一番信頼がおける日本を敵視し、親日罪を作ったり、次々にタカリの材料を探し出してきて、日本人の反韓感情を募らせているようでは先の発展は望めまい。

韓国は日本にとって、重要な安全保障上の地勢に位置しているから、普通にしていれば、日本側は協力を惜しまないと思うが、今のままでは断交もやむなしという人が増えるばかりである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

寛容の先にあるのは混乱なのでは?
相互にその権利を認め合うということが前提条件としてあるなら別だが、現実にそんなことはあるまい。限りなく不可能である。
外国人の参政権のことである。

地方の小人口の行政単位であれば、そこに大挙して外国人が住み着き、そこで選挙をしたら外国人が首長になり外国人が議会の多数派を占める組織ができてしまう可能性がある。
そこが独立を宣言したら、国内に外国ができるということになって、安寧が脅かされる。

寛容だの多様性だのを言い立てて、マスコミが参政権を認めろというのはかなり不見識であろう。
しかも、参政権を要求している外国人が、反日を口にして憚らない人たちであれば尚更のことではないか。
一般人に受けが良いような言い方でそれをさもさも正義のように煽るのは、どのような魂胆あってのことなのだろう。
日本人に帰化して参政権を得るのが筋ではないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

クリアーしなければならないことが多い原発廃止
原発の廃止というのは、事故が起こったときの被害が甚大であることを鑑みれば、その方向にいくのは自然だとは思う。
ただ、それを真っ先に唱える人が、米国から日本の原発が津波により電源が破壊されたときの備えをするべきだとの警告を無視して放置したのだと言われる人であったり、廃炉ビジネスにより儲けようと考えている人が主導しているのだとしたら、胡散臭さを禁じ得ない。

原発廃止には、クリアーしなければならないことが沢山あるのではないのか?
1. 代替エネルギーをどうするのか。
2. 原発施設を設置している地方の経済的構造をどうするのか。
3. そこに働いている人たちの仕事をどうするのか。(労働組合が反対する)
4. 非核3原則により核兵器は保有していないが、その気になればいつだって核開発ができるということが果たしている強烈な抑止力というのは現実にある。(原発を全て廃止したら、核技術を保持し続けられない)
5. その他

感情的な反対だけではなんともならないものが沢山あるから難しい。
議論を重ねて、一つ一つ解決していかなければならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

甘やかされ過ぎて育ったのか
ある経営者と話をしていたところ、最近の若者は仕事に就くと、最初から重要な部門の役割を担えないと不満に思い、それを理由に辞めてしまうのだという。
仕事に関する基礎的な知識や技能は、ある程度の経験を積まないと身にはつかないが、そういうことには意識が向かないし、それを理解して努力しようと考える堪え性というのが乏しいのだとか・・・
些細な注意であっても、それを怒られたと受け取り、すぐに顔色に出すし不貞腐れて、素直に自分の為に生かそうとしないから、指導する側が余計な気遣いをしなければならないことが多々あるらしい。
全ての若者がそうだとは思わないが、幼さから抜け出せないままの人が多いのだと感じる。

日本が長いデフレから抜け出せず、多額の財政赤字があると言われながら、曲がりなりにもいまだにGDPが世界の上位にあるのは、鉱工業製品の競争力があるということもさることながら、特許の数が多いということや、産業界に満遍なく培われ蓄積された職人技が与って大きいのだと思う。
そういうものは一朝一夕にできることではなく、地道な努力があってのことだと思う。
額に汗して働くことや、汚れ仕事も率先してこなしてこそ為し得られたことであり、日本では働くことを賤しいことだとしなかった考え方というのが根底にあるからだと思う。

どのような仕事に就くときでも最初は清掃から始まり、次が下働きであり、本業に関連する仕事というのが許されるのはそれからであった。
確かに、最初から教えた方が一通りのことをこなせるようになるのには手っ取り早い。
しかし、それでは教えられたことができるようになるという域にとどまるのであって、その先の発展向上はない。
下働きの間に自分のこととして身につけなければならないのが何なのかということを悟り、周りに居る多くの人たちと協力関係を結べるための信頼を得なくては、立派な仕事はなしえないものだと気づくための修行であったに違いない。
自分でも工夫したり画期的なことができるようになる本当の実力が身に付くのは、そういう過程を経ているかどうかというのも関係する。
いうなれば、経験則に基づく先人たちの教育方法だったのだと思う。
それが良いかどうかは判らないが、知識だけでは世の役に立つ形には結びつかないこともまた確かなことだと思う。
我慢ということを軽く見ることはできない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

報道されないから知らなかったが
日本の掃海技術は、世界一優秀であるといわれている。
終戦間際、日本への飢餓作戦を狙ってばら撒かれた機雷は夥しい数にのぼり、その除去なくしては日本に船が近づくこともできなかったから、民間船が安全に航行できるようにした掃海は、国の復興に大きく寄与した。
それを知る人は少ない。

自衛隊の掃海技術は世界各国が大きな信頼を寄せているところであり、頼まれて平和のために機雷の除去に赴くが、マスコミはこぞって世界各国が日本の軍事力に危惧の念を抱くとして反対するのが常であった。
だから、実際には大歓迎されていたことを報じたことはなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=RjmzUPLnjeQ

これに限らず、自衛隊が派遣されたところはその殆どが現地住民に歓迎され、信頼関係を築いていたが、報道されたことがない。
戦争反対は結構だが、事実がどうであるかを正しく伝えることは、平和に資するのではないかと思っている。
自衛隊の駐屯地に攻撃を加えると、現地住民が黙っていないという動きをみせるのだという。

報道というのは、地道な努力が評価されていることも伝えなくてはなるまい。
自衛隊イコール戦争という括りでは余りに短絡的過ぎて、ジャーナリズムを名乗ることなぞできないのだと感じる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

互いの叩き合いをやっている場合ではあるまい
人には誰にでもその生まれ持った役割というものが有るらしい。
日本には世界の諸国と違って、職業に貴賤はないとされていて、如何に身分が高い人であっても額に汗する力仕事をしたり、汚れ仕事をしても異とは見なかった。
しかし、それでも自分の境遇を素直に受け入れることは納得できないことはある。
そのことで努力を重ねてそこから抜け出そうとすることは、志が高ければやった方が良いと思う。
ただ、それが他人と比べての不満から出ているのであれば、よく考えてみた方が良い。
自分に備わった特性や役割や資質というものがあるからである。

自分の天性がどこにあるのかに気づくのはかなり難しいし、仮にそれが判ったとしてもそれを受け入れてそれを全うしようという覚悟に至るのは更に難しい。

適性というのは、職人や芸術や武道・スポーツの分野であればかなり解りやすい。
他に優れて圧倒的な技量を身に着けることができるし、世に認められもする。
そこから、自分が極めたものを他に教える能力があるかどうかということになると、それはまた別の才能ということになる。
教える才能を持つ者を教師として集め、学校を作ってその組織を経営するということになると、これもまた別な能力ということになる。

ことほどさように、全ての分野においてそれらの才能や能力を発揮できるかどうかは、向き不向きということが関係してくるのだと思う。
いちいち他人と比べるから、自分を見つめてその持ち分を理解し、その分野で励もうとする美徳を失ってしまったのではないのか。

選挙が近づいて、「安倍政治を倒す」というのをスローガンに掲げているのをよく耳にする。
それはそれで反対しないが、何で政権を倒そうと思うのかの理由が解らない。
別段安倍さんを贔屓するわけではないからどうでも良いのかも知れないが、倒した後に何をしようというのだろう?何をしたいのかを明確にしないで、やたらにそれを言うだけでは無責任の誹りを免れまい。

そもそもが、日本国は国と国民が一緒になって国を守っていきましょうという意識が根底にあって成り立ってきた国である。自然災害に対処するために自然にそれが培われてきた長い歴史からもそうなってきた。
対立を煽るようなことをしていてどうなるというのか?

「破るるは新なり」という言葉が有る。
新しいものを作るには、いったん全部壊すということは有り得る。
壊すということについての才能をもった「壊し屋」と言われる人がいる。
但し、壊してそれで終わりだというのでは困る。新しくもっと優れたものを作り上げる才能を持った人とセットでなければ混乱だけが残ることになる。

後先見ずにものごとをやるのを才能とは呼ばないし、そんな人の尻馬に乗って動くわけには行かない。虎の背中に乗ることはあっても、人の口車に乗るわけには行くまい。
自分の持ち分を守りながら全体の判断もしなくてはならないから、バランスを見極め、過たないようにしたいと思っている。
責任を負うのは自分なのだから・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

言葉が行動を制限する
「運悪く 生命線に 釘ささる」
どこかのお医者さんの作った川柳だと言うのですが、思わず笑ってしまいました。

「古池や蛙飛び込む水の音」余りにも有名な芭蕉の俳句です。
蛙が飛び込んで水面に波が広がっていく情景がありありと浮かんできますが、これはその情景を詠んだ句というわけではない。
辺りが静寂だから聞こえたのであり、すぐにまた、もとの静寂に戻るのだということが、日本人であれば説明されなくても理解できる。

言葉に出すと、人間はその言葉に行動を制限されると唱えたフランスの哲学者が、その範疇から世界で唯一外れるのが日本人だと言っているらしい。
言葉が表すことにとらわれない事象を伝えることができていて、それが共通して理解しあえる素養を持ち合っているというのである。

最近は、荒い言葉で相手を屈服させることだけを目的としたような議論をする人が目立つが、如何に理論武装しようがそういうものが相手に伝わることは少ない。
そこに駆け引きや、思惑含みの嘘まで加わったのでは猶更であり、簡単に見透かされるし信頼されない。
言わずもがな、という文化基盤が有るのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

「そもそも」と「だとしたら」
そもそも、どうしてそのようにするのかということから、国の施策というのは考えられ、だとしたらどうすれば良いか?それが法案の形をとることになる。
もとより人が考えることであるから、誰にとっても良いということは不可能であろうし、不備というのは内在する。それは憲法といえど埒外にあるとは言えない。
状況が変わってきたそういう時にこそ、互いの主義主張は一旦抑えて、より良いものにするべく知恵を出し合わねばならない。

しかし得てして自分の主義から抜け出せず、まず反対を唱えたり、不備な点を論って足を引っ張ることに重点を置いてしまって、改善案を提示することも対案を作成して協議することもなく、
もっぱら相手を屈服させるための質問を繰り返す国会というのを嫌というほど見てきた。
一旦言葉に出すと、言葉は行動を制限するようになるから、その捉われから抜け出して、冷静・客観的に判断して議論することが難しくなる。

今度の総選挙が終わったら、国難に立ち向かうために一致協力して審議する姿を見せて欲しいとねがっている。
そうしてこそ、国民に信頼される2大政党の基盤が醸成されるのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

今しかない選挙の意味
もうすぐ総選挙の好餌がされるが、かなりごちゃごちゃな選挙になりそうな様相を呈している。

自民党が憲法改正に向かうのを何としても阻止したかったマスコミも、かなり戸惑っているように見える。
都知事選や都議会戦で反自民というだけで小池氏を応援していたのではないかと思うが、ここまできて、小池氏は自民党よりも強い改憲論者だと今更ながら気が付いた。
民進党は希望の党に合流するというが、その全員を希望の党が受け入れることはなさそうだし、結果的に旧民主党あるいは民進党に所属していた議員は、現状よりも議席数を減らすのではなかろうか?
小池代表は、いままでのように虐められているというイメージから脱却して虐める側の立場となったように感じる。
さあ、どうする?
リセット流行りだから、合流することをリセットして、民進党として死に物狂いで戦った方が減少する議席数は少ないのではなかろうか。

小池氏は凄腕である。
安全保障や憲法改正に反対だと言うリベラル派?を、明確に焙り出してしまった。
選挙後に現与党と希望の党が組んだら、憲法論議は今以上に進む。一部マスコミの思惑からは大きく外れる。
今後の報道がどうなるかが見ものである。

自民党も解散時に上げた理由が「国難突破」ということだったのだから、いっそのこと「北朝鮮の脅威に対処するため」と明確にその理由を説明して戦った方が、国民の支持を得やすいのではなかろうか。平和ボケしている国民は、緊迫した危険をどこか他人事のように思っているが、そんな現状ではあるまい。
国防は、経済問題や税金問題なぞと比べて最優先される課題なのである。
防衛力を高め、報復力をも備えることが抑止力となるのは当然であるが、その方向に進むには民意を問うことが必要となる。
万一の事態に対する備えというのは、今のままでは頼りなさすぎる。

選挙に関連した各党の議論を聞いていると、選挙戦略上の応酬ばかりで、核心から外れた枝葉でのやりとりに終始しているように感じる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.