FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本相手以外では通用しまいに
日本と違い、諸外国は韓国の特許侵害に容赦しない。
2017年12月25日 - 清涼飲料水「レッドブル」の商標を管理するスイスの法人が、雄牛をモチーフにした マークが類似して混同の恐れがあるとして、自動車用品を扱う韓国の会社を相手に商標 の登録無効を求めた訴訟の判決で、知財高裁は25日、レッドブル側の請求を認め、 登録を有効とした特許庁の審決を取り消した。

日本相手だと何でもできるとして、技術だろうがデザインだろうが漫画文化だろうが朴李(パクリ)放題で通ってきたから、丁(ちょう)しに乗って、日本以外でも通用すると勘違いしたらしいが、そうはいかなかった。
今後は、このようなものは軒並み槍玉に上がって、手酷い制裁を受けることになるに違いない。
日本が基礎から教えた鉄鋼生産も、ダンピング輸出をして外国市場を荒らしまわるので、高額関税をかけられるようになったという。

日本も、もうそろそろ適正な対応をしていくようにした方が良い。
「まあまあ」と大目に見て許してきたことが、何の感謝もされることなく、気が付いたら厚顔にも韓国起源説などを唱えて、日本に対し「真似するな」などとホザク物がいかに多くなっていることか。
日本を悪く言わない友好的な国なら兎も角、仇なすことを次々にやってのける国なのである。
隣国だから仲良くしていこうと此方が思っても、全く通用しないのだから、必要以上に肩入れしてきたこれまでのやり方では、お互いの為にならなくなってきている。
まずは約束を守るということから始まらないことには、この先が望めない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

民主国というより全体主義の国なのだろう
何十年か前、一度だけ韓国に旅行に行ったことがある。
現地で案内してくれたバスの添乗員は熱心だったし、向上心も持っていて真面目だった。
彼は、まだこの国では給料というのは月額で日本円の1万円に届かない人が殆どだが、日本のように発展しようと皆頑張っているのだと話した。
ただ、この国の人は何かを作る時、9割くらいできるようになるとそれで良いとして、その先を学ばない人が多いから、日本のように優れた製品を作れないのだと、鋭い感想を述べてもいた。
物というのは、最後の数パーセントに完成品としての精度が込められているのだと思うが、それを理解できない人が多いことが限界だとも嘆いていた。
更には、「韓国人は、そこそこ優秀だと思うけれど、何人かが集まって共同してものごとに当たる時、決して日本人のように協調して取り組むことができず、俺が俺がという人ばかりで纏まらず、総合力を発揮できない国民性であることも、この先難しい局面を迎えるかもしれない。」と言い、冷静な見方もできていて、好印象が残った。
街中で出会う年配者は日本語も話すことができて、友好的であった。

それが何十年か経ち、韓国が経済的にも発展してくるにつれ、国家ぐるみで反日に凝り固まってしまったのは何故なのだろう。
世に言われている通り、反日教育の結果なのだと思えてならない。
友好を阻害するようなことばかり教え込んで、幸せになどなれないのに・・・
捏造によるかどうかは別にして、恨みつらみは韓国人の国民感情に馴染んだのであろう。

聞くところによると、それでも日本がしてくれた良いことを評価し、韓国側が多くの嘘を言っているのだと知っている人も多数いるが、そんなことを口に出すことができないのだという。
日本の統治時代が良かったと言ったご老人が、若者に殴り殺されてしまったという痛ましい事件もあった。その若者が反日無罪ということで英雄視されてしまうというような国情となっていたのでは、この先も日韓の関係修復は難しい。
少なくとも、支持率を上げるために反日行動を考える大統領が出るうちは変わるまい。

元日本軍にいた韓国人がアップしたという動画があった。
https://www.youtube.com/watch?v=vCBBD8S9XeI

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

約束を守ることができない国
何ともならないことに凝り固まって、真実に近づくことを決してしようとしない恐るべき大統領であり、国であり、国民であるというほかない。
かほどの後進性を残しているのかと、再認識せざるを得ない。
それとも、敢えて火中に栗を投げ入れるような炎上行為をするのは、経済状況が逼迫して政策に行き詰り、その場凌ぎで国民の目をそこから反らせたいからなのか?

儒教の国だと僭称しているが、儒教を古くから知ったというだけで、それを学問として昇華し、国を建てることに役立てることができなかったことの末が、今なのだとしか思えない。
日清・日露の戦争で日本が勝利を得なかったら、国として残っていなかっただろうという認識は全くできない。
感謝とか約束とか恩に報いるなどという、人として必須の概念というのは皆無らしい。謝罪などということを日本に求めるが、韓国にそんな言葉があるのだとは信じられない。
何をしでかしても「自分は悪くない。」と言い張るのが、彼らの特性ではないか。
日本が併合するまでの朝鮮人は、識字率は僅かに4パーセント、独立国の体をなさないくらい手の付けられないほどの後進国であった。事実だから、否定することは、どうやってみたところでできまい。

妄想により捏造された歴史を徹底して刷り込まれ、ちょっと考えれば疑問をもっても不思議でないことからも目を逸らし、日本を貶めることだけに専念した愚かさが戦後それに続いた。

2015年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府合意を検証していた韓国外相直属の作業部会報告書の発表から一夜明けた28日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は声明で、日韓合意は「重大な欠陥があったことが確認された」と遺憾の意を表し、「この合意では慰安婦問題が解決されないという点を改めてはっきり明らかにする」と合意への批判的な立場を明確化した。

だからどうだと言うのだ。己の国の愚かさを諸外国に対し明確にしてどうしようというのだ。
はっきり言えば、日本に対しどうするというのか?話にもならない。

慰安婦問題は、朝日新聞が捏造報道したことに始まり、旧慰安婦を探し出してきて政治利用しようとしたことが騒ぎの発端ではないのか。
証拠というのは、今は騙しきれなくなって自らそれを否定した朝日新聞の記事と、口を開くたびにころころ言うことが違う旧慰安婦の証言だけではないのか?
証言が証拠として効力を持つには、裏付け検証が必須であろうに、それはできていないであろう。

慰安婦がいたことは最初から認めているが、そこに強制性はなかったとしてきたのである。
韓国も困り果てて、人道上の問題だと論点をすり替えて騒ぎまくったのだというのが事実ではないのか。
そもそもが言いがかりというほかない。日本国民の大多数は、言いがかりをつけてたかる〇―様と同じ行為ではないかと、本音の部分では思っている。
しつっこいしケリがつかないから日本側が譲歩し、これまでに何回も交渉に応じ、謝罪も賠償も繰り返してきた。一般日本国民の認識は、際限のない示談金詐欺に等しいというのが大方の思いで、それでも我慢してきた。
それなのに、また繰り返すとは。

条約の破棄をしようというのなら一種の戦争行為だと思うが、そんな覚悟が韓国にあるのか?
嘘から出たことは、大ごとになる前に引き時を考えた方が良い。
全てが明らかになったとき、韓国民のアイデンティティが崩壊しかねない恐れだってあろうに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

約束を守れない国
嘘八百という語がある。
多くの嘘、何もかもが嘘だらけであることを意味する語である。
嘘八百の「 八百」は、江戸市中に町数が多いことをいった「八百八丁」や、大坂市中に橋が多いこと をいった「八百八橋」などの「八百」と同じく、数が多いことを意味することにも使われている。
「8」が「数多く」を表すのは、 仏教の考えからきたものと思われる。

朝日新聞の嘘報道に端を発して収拾がつかなくなっていた慰安婦問題は、最終的・不可逆的に合意されたということになっていたが、当初から合意事項を守る気などさらさらなく、嘘をつき通して、結局は蒸し返す気満々ということであった。
慰安婦の7割が補償金を受け取ったという報道もあるというのに、国民の7割が感情的に納得していないと言い張り、国内の不備を調整もできないのを恥も外聞もなく曝け出して、国際間の約束を破るということがどんな結果になるか考えることもできないお粗末さという他ない。

2015年12月28日に妥結された慰安婦合意が、被害者ではなく政府の立場で妥結された合意という結論が出たという。国と国の約束は政府間でするのは当然ではないのか?
しかも、そもそもその被害者というのは誰のことなのか?
強制連行があったなどという証拠はどこにもなく、探せば探すほど、高給を得ていた戦時売春婦であったと言う証拠ばかり出てくるのではないのか。
いつまでやってもきりがないから、日本側が大幅に譲歩して、米国の立会いのもと決着したのである。
強制性があったのは、朝鮮戦争のとき韓国自身が第5補給品と名付けていた洋行主や、ヴェトナム戦争時のそれであって、日本ではそういうことはなかった。

わけのわからないタスクフォース(TF)なるものを作り、27日に発表した最終報告書を出したところで、日本側が応じなければならないことではない。強制連行というのは、初めから嘘なのであるとしか思えない問題なのだという認識の方が強い。
国内問題は国内で対処してくれと放置する以外あるまい。

主要事項を含む外交長官の共同記者会見発表内容以外に、非公開の部分があったということだというが、外交であればそんなことは山ほどあることであり、驚くにもあたらない。
自分たちに都合が悪い事の方が多いのではないのか?
国際外交の掟を破り、相手国の承諾を得ることなく一方的にその秘密交渉の部分を公開するというのならしてみれば良い。世界各国からの韓国への国際的信用は一気に失墜し、韓国との交渉事はどこの国もしなくなる。
今後は日本側も韓国の国内事情に一切配慮することなく、全てを全世界に向けて明らかにすることになろう。
捏造して騒いでいただけであるということが、白日の下に曝されるだけのことで、日本側としてはいい厄介払いができるということになろう。
思いやりなどと言うことは一切通用しない相手なのだと再認識すべきである。

今までに何度も正気に立ち戻る機会はあった筈だが、いつも最悪の選択をするといわれる国民性は治る病気ではなかったというこということかも知れない。
仏の顔も三度というが、最後の頼みの綱である日本が見限れば、それに続いて国際的な制裁を受ける可能性が高まったということになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

古来からの言葉を制限してどうなる
もういい加減に韓国がらみのニュースは報道しないようにした方が良いのではなかろうか。
どうせ大したニュースはないし、日本に対する悪口を言っているのをいちいち知らせてくれても、益々嫌韓感情が膨らむだけで、関係改善など程遠いものになっていってしまう。

おまけに、日本に古来からある言葉まで不適切であるとして自主規制までして、局内で自分たちが使わないというのならまだしも、出演者が発言した言葉まで取り上げて謝罪するとは何事か。

例えば、「チョン」である。漢字では「、」で表した。意味するところは取るに足りないということだから、馬鹿でもチョンでもという言葉は昔からあった。だから、誰でも簡単に写すことができるバカチョンカメラというのがあったし、大阪弁では「このバカチョン」とか「バカチン」というのは普通に使われてきた。
それをわざわざ、チョンは「朝」「丁」であると結び付け、差別用語だとしてとりあげるようになったといういかがわしさがある。

外国語に似た響きの言葉があったら、日本語を遠慮してN〇〇では使わなくするというのか?
そんなことを言ったら「勝男(かつお)」という名前をイタリアでは名乗れないことになる。
名詞というのは、もともと物を区別するためにできているのであり、差別とは違う。

この頃、何時の間にやら差別用語というのが増え、使えなくて不便な言葉や漢字変換しない熟語がやたら多くなった。
使い方に問題があるのならその使い方を正すべきで、言葉自体を否定してしまうのでは、文化の否定となんら変わらなくなってしまう。
そんなことを指導するのが識者だとしたら、間違った方向付けだと思う。

かかわりを持つことでゆえない不自由さを強いられるのだとしたら、本末転倒ではないのか。
何にでも難癖をつけようとしている人たちを相手にして、それではどうにもならなくなる。
セウオル号沈没の時もそうであったが、今度はほんとかどうか知らないが堤川の火災事故も日本の所為だといっているという。
少なくとも、日本の報道のしかたには難癖をつけているらしい。
事故から学んで改善するより他人の所為にして終わりにするから事故が絶えないのであり、日本製の部品が使われているからではあるまい。
セウオル号はパククネ大統領の、堤川火災はムンジェイン大統領の責任だということらしいが、なんかね~。見当違いなんじゃなかろうか。

見当違いといえば、トランプ大統領を国賓として招いた前後の行動も変だったし、中国に鳴り物入りで出かけて行ったのに相手にされず、外交成果をあげるどころか厳しい状況を現実化させてしまったというのも、見当違いのそれではなかったか。
韓国内では、大統領も外相も外交の天才だと持て囃されているらしいが、外からみているとサイの字が災と間違われてないかと思ってしまう。
友好関係を築くどころか、破壊してまわっているように見える。

中国で南京事件の行事をしている日をわざわざ選んで、ここぞとばかり一緒に日本叩きをしようと目論んだのだろうけれど、中国はこの先は日本との関係を改善していきたいと思っている。
だから式典にも微妙な配慮をして、悪影響が極力でないようにしていた。
そんなところにのこのこ出かけてきて、ぶち壊しになりかねないようなことを言われたら、「余計なことを言うな」と、能力を見限られるに決まっている。

中国は国論をまとめることができるが、韓国はそうではあるまい。捏造だろうが嘘だろうが感情的にどこまでも突っ込んで行ってしまい収拾がつかない国なのだと思われている。
中国と同じで、まだ専制政治下で統治された方が国は安定しよう。その上で捏造ではなく正しい歴史を学びなおし、恨みつらみでは幸せな未来を構築できないのだと気づき、近隣といかに仲良く発展していくかという考え方に向かわないと、ヘルはいつまでも続く。

アメリカには愛想をつかされそうだし、縋りつこうとした中国からは軽くあしらわれ、これはこの先も同様であろう。信ずるに足りないとされてしまうことを、いつになっても繰り返すからである。
困り果てて、日本に外相を派遣して泣きつこうとしたのだろうけれど、自分たちに都合が良いように対応してくれる筈はないではないか。
北朝鮮の脅威は強烈だし、経済状況も芳しくないとしたら、自らがなすべき行動はどのようなものになるのか、と考えた方が良い。
無理やり来日しても、案の定身勝手な望みは叶わず、結局は韓国に帰るなり、日本の悪口をいうことになっただけである。

自分が提供することなく、相手から虫の良い利だけをえようとし、それが得られないと自分のことは棚に上げて相手の悪口をいう悪弊が思考の根底に染みついて、もはや本能となってしまったのではなかろうかとさえ思える。
本能に従っての行動だとすれば、理性で対応することは難しい。
かかわらないのが良いのだということに結びつきかねない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本・中米友好橋
紛争を乗り越えて、隣国同士が友好関係を結ぶに至ったことに、日本が大きく関わっている。
嬉しい記事を読みました。
(ジャイカの記事からです。)

エルサルバドルとホンジュラスの国境に架かる「日本・中米友好橋(エル・アマティージョ橋)」というのがある。橋の入口には「日本と中南米の友好橋」と書かれている

これは、日本の無償資金協力により建設されたもので、長さは約170メートル。両国間の国境にかかるこの橋は、パナマ運河に代わる物流の新たなルートとして注目されているだけでなく、今後2ヵ国が友好的な関係を築く願いが込められています。
1960年代、両国間には国境問題に加え、エルサルバドル政府が工業化の推進と大土地所有制を維持するため、貧しい農民をホンジュラスへ移民させたことから関係が悪化していきました。
そうした中、1969年のFIFAワールドカップメキシコ大会出場をかけたプレーオフが発端で、エルサルバドル・ホンジュラス戦争(100時間戦争、またはサッカー戦争とも呼ばれる)が起こりました。この戦争は米州機構の調停により停戦しましたが、ホンジュラスから農民たちが追い返されてきたり、ゲリラ連合組織「ファラブンド・マルチ民族解放戦線(FMLN)」が台頭したりと、エルサルバドルの情勢は不安定になりました。やがて、エルサルバドルは貧困と内戦に苦しむ時代を迎えます。

停戦となってから両国間で平和条約が締結されるまで、10年の歳月を必要としたうえに、懸案となっていた国境線が確定、合意されたのは2006年のことでした。

現在、エルサルバドルのラ・ウニオン港からホンジュラスのコルテス港まで、太平洋と大西洋を陸路で結ぶルートである「ドライ・カナル」が整備され、国境にかかる橋は、パナマ運河に代わる物流の新たなルートとして注目されています。
橋の竣工式には、エルサルバドルのサカ大統領、ホンジュラスのセラヤ大統領および外務大臣、事業に関わった両国の公共事業大臣、中米統合機構事務局長、地元市長、在エルサルバドル、ホンジュラス両国の日本大使が参加。さらには近隣国のグアテマラ外務大臣も参加し、40度近い猛暑にもかかわらず、報道関係者を含めた数百人もの観客が集まりました。

スピーチでは、ホンジュラス、エルサルバドル両国の大統領、グアテマラ外務大臣の3者が、日本の協力への厚い謝辞を述べるとともに、他の中米諸国が今日の世界経済危機に対応していくためには、政治、経済、社会とさまざまな面での連携が必要であると強調しました。

戦争勃発から40年、日本の協力でできた「日本・中米友好橋」が、中米地域の安定や発展、平和の架け橋となるよう、JICAは今後も支援していきます。

ホンジュラス事務所

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

画期的だと思う新提案
12月20日に自由民主党推進本部で開かれた憲法改正推進本部の席上、青山繁晴 参議院議員がつぎのような新提案を行ったという。
-----第九条の末尾にこう付け加え ます。「第三項 本九条は自衛権の発動を妨げない」
これだけです。--青山さん は、この短い一文だけで第二項の戦力の完全不保持と交戦権の否定という主権国家の 存在を危うくする問題を一挙に解決できるのではないかと言うのです。

憲法改正について画期的な視点からの提案である。
自衛権の発動に反対する人は居ないと思うから、誰の主張をも妨げない意見であると思う。

憲法学者というのは、条文の解釈に汲々として留まるのではなく、固有の歴史に培われた文化や国の実情に照らし合わせ、将来のあるべき姿に対しての研究・提案をすることも、学者としての使命なのではないのか。
国は他国が守ってくれる筈のものではなく、自らで守っていくべきものであることは自明の理である。それを蔑ろにはできない。
浮世離れした左がかったことを言っていれば通用する時代では最早なかろう。
現実世界は、70年前と同じではなく様変わりして、厳しいのである。

衆知を集めれば、よりスムーズに議論が進み、より良い憲法を制定することができるのではなかろうか。
憲法改正ということは、選挙結果からみても、大多数がそれを議論することを可とする判断を下しているのだと認識すべきである。
議論すらのっけから反対して受け付けないのではどうにもならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

大抵のことは何とかなるのだけれど
人はこの世に命を持って生まれてくる。
誰もそんなことを意識してはいないだろうけれど、この世には精神の磨きをするために生まれてくるのであるから、今生での目的というのを選んでのこととなる。

そうであれば、乗り越えられないほどの試練を抱えて生まれてくる筈はないのに、実際には苦しい思いを山ほど経験する。
楽しいことも織り交ぜて経験するように望んで生まれてくる筈なのに、それはどこかへ行ってしまいさえする。

命という字を分解すると、人は一度は叩かれるという組み立てになっている。
一度どころか、何十回も何百回も叩かれるのが普通だから、よほど気を確かに持っていないと精神的に折れてしまう。
その分余計に修行させてもらえたのだと思えれば良いのだが、なかなかそうは行きにくい。

全部の場面で真剣に対応して乗り越えるのが厳しいと思ったら「まあ何とかなる。」と、ちょっと気を緩めてみることも必要なのかもしれません。
そうすることで生を全うできる。
さもないと、精神を傷つけたり命を縮めることになりかねない。
今生でできなかったことは、来世で生まれ変わったときでの宿題ということで、神様にご勘弁頂き、猶予を与えてもらわないと無理なこともある。

できる限り他人様に迷惑をかけないようにしたいとは思うが、幸せになるために生まれるのだということが第一義なのだから、楽しいこともあって良いのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

いつまで騒ぐつもりなのだろう
不倫問題だの日馬富士の暴行問題だのと、事情を詳らかには知らない人たちが騒ぎ立てることというのが多い。
連日、時間を費やしてああだこうだ言っている人たちが、後になって言ったことに責任をもつわけではあるまい。
疑惑?があると感じるとき、大声で叫んだ者勝ちというのが多すぎないか?

本筋から外れていても、誰かが尤もらしいことを言い、それに追随する人が出ると、事情がわからなくても、みんながそう言っているからということで、流れができてしまう。
普段から味方が沢山居る人とそうでもない人では、扱いが違ってもこよう。

詳しいわけではないから表面的な見方かも知れないが、貴乃花親方が損害賠償の訴訟まで考えに入れているのだとすれば、これまで口を噤んでいたのは当然だし、協会に報告することで揉み消されてしまうことを危惧したと思えるような内部事情があったのかも知れない。
批判する人たちが、利害関係もなさそうなのに、自分の価値観に合わせ感情的に述べることが公平であるわけがない。
傍目では判らないのに、部外者が正義ぶってものをいうのは控えた方がよいのだと思う。
全体像を捉えてものをいっているわけではあるまい。
多分、自分の感情が先走っての好き嫌いからのことで、真相とは遠いところでものを言っている可能性は十分あり得る。

最近、人が悪くなってきたのか、国家の重大事でもないことをマスコミが騒ぎ立てると、何か隠したいものが他にあるからではないかと勘繰ってしまう。
それどころではない、国民が一致して対処しなければならない難問が山積していると思えてならないからである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、12月20日、第10部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

それで日本人観光客を呼べると思っているのだろうか
正義だの人道だのと言い立てる人の多くは、自分の価値観から一歩も出ないで他を責めることが多いが、それが度を過ぎることがまた多いようにも感じる。
人類不偏の価値観というものが有るのだとしたら、世界に争いは起こらないのだと思うが、政治にしろ宗教にしろ食料にしろ、そんなものはあるまい。

食料ひとつを取り上げてみても、主張は感情的にまでなってもつれるし、決して自分の主張を譲らない。
例えば、欧米諸国では、韓国が年間200万頭もの犬肉を食べるのが怪しからんといって批難する。羊頭狗肉という熟語が有るくらいだから、中国でもそれを食べるのであろう。
それを饗されたら食べるのか?と訊かれたら、確かにご勘弁願いたいとは思うが、他人がそれを食べるのを非難したり蔑んだりすることはできない。トンスルも同様である。
牛や豚や鳥は食べても良いのだと抗弁できないからでもある。

狩猟で斃すことだけの動物殺戮は眉を顰めることもなく平気でできる人たちが、鯨や海豚は可哀想だとする根拠だって、かなりいかがわしい。
正義というものはあるのかも知れないが、一方的に主張できる絶対的なものでもあるまい。
どこまでを認め合い、どこまでで折り合うかということになろうが、長い歴史の中で文化として定着してしまっているものを否定し排除することが果たしてできるのだろうか?
それによって人間同士がいつまでも争うとしたら、本末転倒だと思う。

犬肉食は兎も角として、今度は加藤清正が苦しんでいる姿の像を作って、日本人観光客の誘致を目論んでいるのだという。
捏造慰安婦問題で騒ぐことには行き詰り、今度は400年以上も前のことを引っ張り出して嫌がらせを継続しようとしての苦肉の策とすら思える。
発想の原点が根本から狂っているとしか思えないが、それが異常だと思えないところに異常性があるのであろう。つける薬はない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

自分を表す語が多いということは
英語では自分のこと(一人称)を表すのに、多分 I my me で済んでしまうのに、日本語でのそれは私・儂・俺・みども・拙者・おいら・おれっち・わい・うち・などなど数え上げればいくつも出てくる。

日本語は、主語に自分を表す語を使わなくとも通じるということもあるが、自分を表す言葉を使うのは自己主張が含まれるとして避けられた側面というのがあるらしい。
だからそれを使うときには、時と場所と場合を瞬時に判断して、使い分けた。

最近は西洋化したのか、俺が俺がと他を押しのけてでも自己主張する人が多くなった。
いいのか悪いのか判らないが、程度を越えるとうるさいだけで、顰蹙を買ってしまっている芸人さんなども見受けられるから、ほどほどにした方が良いかも知れません。

それにしても、譲り合いの精神とか謙譲というような日本的美徳だけでは国際社会においては通用しないことが多く、どうしても力と力の鬩ぎ合いということを考えなくてはならなくなっている。黙っていてはどんな良いことをしても伝わらないし、評価もされ難い。

そうかといって、大声を出して言ったもん勝ち、捏造してでも宣伝した者勝ちで終わらせるようなことをするのは、日本人の誇りが許さない。
そういうことをする国に貶められても、いずれはわかってもらえるととしては来たけれど・・・
あまりにリスクが大きすぎた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

昔、お手玉遊びというのがあった
戦後に幼少期を過ごしたが、当時はまだ女子供のお手玉遊びはまだ残っている頃で、意味は判らなくても数を追う歌を歌いながら遊ぶことが珍しくもなく見られた。
今、こんなのを歌ったら、目くじらを立てる人がいそうだが・・・

一列談判破裂して
日露戦争はじまった
さっさと逃げるはロシアの兵
死んでも尽くすは日本の兵
五万の兵を引き連れて、
六人残して皆殺し
七月八日の闘いに
ハルピンまでも攻め寄せて
クロパトキンの首を取り
東郷大将 万々歳
大人が口遊むような歌ではなかったし、意味の解らない子供が遊ぶときに歌ったものだったから、自然に消滅してしまって、今に至るも覚えている人は殆どいまい。
ロシアの国土面積は 約1,710万k㎡で、日本の 約 45倍。世界一であり、資源も豊富である。
日露不可侵条約を一方的に破棄し、日本に襲い掛かった。北方4島には日本が戦争をやめた後に侵略し占拠した。明らかに不法占拠だと思うが、返還はされていない。
ロシア人口は1億4千万人余で日本と大差ないが、その彼らが言っているのだという。
「我が国は戦争で日本に勝ったというのに、負けた日本より発展が遅れているのは何故だろう?」と。
体制やイデオロギーの差だともいえようが、歴史の培ってきた民度、ことに戦争には負けたがそれでも残った精神性の違いがあるように感じる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

通用しない話をしにやってきてくれても
韓国の外相が日本にやってきた。
韓国内では、日本が要請するから渋々行くのだと言っていたらしいが、日本が来て欲しいなどと言うわけがない。はっきり言わせてもらえば、自分たちの都合があって押しかけて来たというのに等しいのではないのか?
どうしても日本に来たかった本音は、何とかスワップ協定を結んで欲しいということと、慰安婦合意を再交渉に持ち込みたいということであり、腹の底はみえみえで、そのいずれも日本が相手にできるようなものではない。
嫌がらせばかりしている人の頼みを、どこの誰が聞いてくれると思っているのだろうか。
困ったときだけ泣きついてきても、日本国民の感情はもはや親身になれる段階ではあるまい。

韓国の国家予算は凡そ35兆8000億円。数年前までは東京都の予算(凡そ13兆円)並みであったのが急激に増加したのであるから、どこかに無理が来ていても不思議はない。
内需で経済圏を確立するには、人口が6000万人を越さないと難しいと言われているが、その人口も5145万人であり、内需を育てるような経済政策はとって来なかったようだし、ウォン安を誘導したり、価格競争に勝つための手段を構うじてまで輸出に頼ってきたときの不都合な政策がEUにバレて、制裁を受けそうな雲行きになってもいる。
貿易の最大相手国である中国からも厳しい扱いを受けるようになってしまい、国内経済が行き詰まりを見せているともいうし、日本の協力は得られそうもないし、この期に及んでどうする心算やら。

日本の国家予算は凡そ97兆4500億円、人口は1億2700万人ということになっている。
バブル崩壊以後、失われた〇〇年といわれる不景気下で苦しんだが、円は已然として基軸通貨であり、底堅い信頼度を世界各国から受けている。結論でいえば、スワップを必要とはしない。
技術であれ基礎研究であれ鉱工業製品であれ、世界のトップレベルにあるから底堅い。
偏に、長く地道な努力を重ねてきた結果である。

過去何年かで経済が発展し、日本なにするものぞと勘違いしたのかも知れないが、それで敵意を醸成してきたのは誤りであったというほかあるまい。民度と底力を侮ってもらっては困る。
仲良くすることを根底におかない外交関係は、いざというときに援助が受けられないと言う典型事例なのだと知るべきであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

食事は大勢で一緒に
「同じ釜の飯を食う」は、仲間であることと同義で使われる。
同じものを、集まって一緒に食べれば同じ血ができる。
仲良くしたいと考える相手とは、酒食を伴にすることから始めることが多い。

国同士が仲良くしようとするときは、晩餐会が催される。
それこそ走り回って山海の珍味を集め、ご馳走する。
古い書物などには、穀物を常食としないのを蛮族扱いしていることもあるが、食は文化であり、精一杯もてなそうとするところに意味がある。

穀物の代表格である米麦には、種子に「ノギ」と呼ばれる突起がある。
ノギとは禾のことなんだけど、これがなんだか知っている人って案外少ない。カホンカ植物の「カ」すなわち禾は、稲や麦の種子の頭についている肌に触れるとチクチクするハシカッぽい、ちょんと出ているトゲみたいなのをさして言います。
皆で禾編の植物を口にして食べるのが「和」の始まりです。
和を以って尊しとなす。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

強制連行だと言い張るが
多くの日本人は「戦前の日本政府は朝鮮人を日本に強制連行して強制労働に従事させた」「だから日本には在日韓国人が多いのだ」という話を聞いたことがあると思うし、私もそうである。
強制連行や強制労働と聞いて思い浮かべるのは、官憲が大挙して押しかけ、有無を言わさず連行され、劣悪な環境下で監視されている中で、現場監督に鞭を打たれながら重労働を強いられているという状況である。
そう思わされて来たから、「なんと昔の日本人は酷いことをしたのだ。」「だとすれば、今は韓国人が多少無茶苦茶しても仕方がない」としてきたのではないのか。
果たして本当にそうなのだろうか?
実際のところ、日本の官憲が組織的にそのような行為を行ったという記録はない。
そういうところには日本人は几帳面だから、あったとすれば必ずどこかに記録は残る。
逆に言えば、この強制連行や強制労働に対する日韓両国の認識の違いが、真の日韓友好の大きな妨げになっていると言える。そのような重大な問題であるにもかかわらず、強制連行を行ったという証拠は、慰安婦問題と同じで、本人の証言しかない。
感情論が先行し、確たる証拠もなしに何となく日本が悪いことをしたという結論で押し切られたまま、或いはそう喧伝されたまま在日は存在し続け、その結論に少しでも異論を挟もうものなら、国内外で人種差別の大合唱が起こり袋叩きにあうことから、議論すら許されなかったのが実情であろう。
記録がないと言うと、「日本が都合の悪いものを破棄したからだ」と反論する人がいるが、役所が仕事を指示する際には必ず指示するところから実際に仕事をする部署に命令書のような書類が作成通達され、実際に仕事を行った際には、その部署が日報などの記録を残す。
もし本当に彼らが主張するように、日本の国家が何百万人もの人間を強制的に日本に連れてきたのであれば、連れ出した部署、輸送した部署、受け入れた部署などなど、いたるところに命令書や日報などの膨大な数の書類が作成された筈であり、それらを完璧に全て処分できるなどということは到底考えられない。
第二次世界大戦終了後、ソ連が行った国際法違反の非人道的行為であるシベリア抑留と比較してみれば容易にわかることである。

「強制連行」と記述する場合、殆どの場合は国家総動員法を制定した戦時体制下の政府が、朝鮮半島で行った労務動員を指して、それと混同して使われる言葉となっているのではないのか?
朝鮮人の労務動員を「強制連行」と呼ぶのは、日本人の加害者性や朝鮮人の被害者性を誇張しすぎているのであって、当時の朝鮮人は、大日本帝国の同じ国民であったし、むしろ日本人男性が戦場に送られていたのを代替するものとして朝鮮人の労務動員があったとされている。

① 戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。

②残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。

③国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。

④終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、 北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。

⑤現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、現在、日本に居住している者は犯罪者を除き、自由意思によって在留した者である。
(昭和34年7月13日 朝日新聞)

つまり、朝日新聞によれば、現在日本在住の特別永住権を与えられてる在日朝鮮人は強制連行によるものではなく、仕事を求めての密航・自由渡航と、それらの自然増加によるものである。
ちなみに①から⑤までは、「在日朝鮮人は徴用( 強制連行 )の被害者である」と長年主張してきた反日マスコミ・朝日新聞によるものであるのが皮肉である。

1944年において徴用は日本人はほぼ全員が対象であり、朝鮮人が同じ日本国籍を与えられていたことから考えれば、格段に恵まれていたことが分かる。
同じ日本人でありながら、むしろ優遇されていたのである。欧米の植民地政策であれば国籍も与えず教育も与えず、真っ先に徴用されていたに違いない。日本は彼等から「七奪」などと言われる筋合いなど無いのである。

それなのに、敗戦後、彼等は同じ敗戦国民であった(日韓併合は国際法に照らしても合法であったため)にも関わらず、終戦と同時に武装して戦勝国民を名乗り、弱り切った日本人に対して略奪・殺戮・強姦等、悪事の限りを尽くし、日本は一時、内戦のような状態に陥ったのである。
戦後を知っている老人たちは、それら暴虐の限りを尽くす者たちを「第3国人」と呼んで憎んだが、警察も手を出せず、自衛的に立ち上がってそれに対抗したのがヤクザであったので、その時点ではヤクザの行動は日本国民に受け入れられていたようである。
皮肉なことにそのヤクザも、今の構成員は第3国人の末である在日が多いのだという。

日韓併合以降、朝鮮人労働者は賃金水準や雇用機会の高い日本に流入。日本政府は日本内地への渡航制限などにより朝鮮人の移入抑制策を取ったが、移入を止めることは出来ず、終戦時には200万人に達していた。
敗戦により朝鮮籍日本人はサンフランシスコ平和条約の発効と共に日本国籍を離脱、その後の済州島四・三事件や朝鮮戦争から逃れて密入国者が多数流入し、現在の在日韓国・朝鮮人となった。彼らの主張する「強制連行」とは、密入国による強制送還から逃れるための方便に過ぎない。
居座る口実として、日本人に贖罪意識を植え付け、さらに「差別」を盾に日本国内での権利の拡大を図ってきた。それに加担してきた人権派を名乗る日本人が多いことも厄介である。

つまり彼等の内情は、太平洋戦争開始以前から既に日本に移住して成功を得た者は敗戦後も帰国せずに日本残留を希望したし、戦後の密入国者であったり犯罪者で帰国できなかった者が残ったということになる。
事実、韓国人は戦中・戦前日本へ渡った人々に対して同情することはなく、「パンチョッパリ」と呼んで激しい民族内差別を行っている。
帰るに帰れないということは不幸と言うほかないが、だとしたら今いる場所で信頼を得られるように頑張ったらどうなのか?
違法に生活保護を得ようと悪知恵を働かせているようでは何ともなるまい。犯罪を犯せば、同朋の脚を引っ張ることにもなるのである。それなのに、彼らの犯罪率は高いのだといわれている。

そろそろ在日韓国・朝鮮人は自ら日本に来た事実を明確にして捏造キャンペーンを止め、自ら在日特権の悪習をきっぱり返上せねばならない。そうでなければ彼等は日本人でなく、朝鮮・韓国人でもない、「無国籍民族」として永遠に生きる事になるしかない。
共に近代化を果たし発展しようとしたことは、仇となったとしか思えない。恨みとするものの根拠も、極めて疑わしいものが多い。
他民族が融合するには、それこそ何百年もかかるのだということになる。

蜥蜴族が紛れ込んでいる?
かなり昔から、爬虫類型宇宙人(レプタリアン)が、地球に侵入しているという噂が、人知れず流れている。
彼らは人間の生き血を飲んでいると言われている。また、人肉や人間の脳も食べ、特に子供の脳を好む。
嘘か本当か判らないが、まことしやかに囁かれるそれは、根強いらしい。

爬虫類型宇宙人は、地球には3億6千万年ほど前にきて、密かに人類の中に紛れ、時を見て地球を支配しようと目論む肉食系生命体なのだという。
冷血性であって、同情、感情移入する機能が欠如し、恐怖、血のいけにえ、性的エネルギーを好み、いくら財産、権力を集めても満足ということを知らず、特殊な世界に棲んでいるのだともいう。
サイコパスと呼ばれる人格異常者と非常によく似た性向を有し、捕食者が獲物を捕らえようとする時のような非常に強いアイコンタクトをしたり、あるいは異常なまでの突き通すような眼差しにその特徴が現れるとされる。
表面的な魅力と、すぐれた知性があるとされるも、感情の希薄さと、共感力、罪悪感、良心の呵責の欠如および人生上の計画や秩序がほとんどないことを示す行動様式、過去の経験から学ぶことができず、不安感がないことに加え信頼性の欠如、不誠実(偽善)、不正直さなどから、人間関係に問題行動を起こすことが多いことで差異があるとされる。

人間の常識では考えられないような、異常で凶暴な犯罪が起こると、人ではない人が居るのかもしれないと思ってしまう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

報道を伏せる基準は何なのだろう
NASAが公開した夜の日本海の衛星写真というのがある。
そこに映っているのは、大挙して押し寄せた韓国のイカ漁漁船群である。どうして韓国の船だとわかるかというと、集魚灯の色が日本のものとは違うからわかるのだという。

違法操業であり、漁方法が乱暴だから、資源が激減するおそれがあるのだという。
この他にも、まだ育っていない小鯖も違法に乱獲しているのだという。食用に適さないから、飼料や肥料にするしかないと言うが、きちんと取り締まらないと、やりたい放題にしていては、漁業の行く末がおもいやられる。

北海道沖に大量に現れる北朝鮮の木造船の跋扈も、危機感を煽る。兵士やスパイが混じっていないと言う保証はない。

新聞は紙面の都合があり、放送では時間の限度があるからと言われれば、なんともいうことはできないが、韓国・北朝鮮がらみの不都合なニュースは何故か伏せられる。

これに限らず重大な問題を含むニュースというのが有ると思えるのだけれど、報道しない自由ということで取捨される基準というのはどのようなものなのだろう?
ヘッドラインだけでも知らせるということはできないものなのだろうか。

関心や反応が大きかったものについては、後からでも詳細を報道できると思うが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

それでは信頼関係を築くことはできまいに
身勝手な主張を繰り返し、自らが果たさ根ければならない約束事を反故にし、蝙蝠のようにどっちつかずのことをしていて信頼をえることなぞできないのは、誰が考えても解りそうなものである。苦しい事情を抱えているからこそ、多方面から理解を得られるように努力するならまだしも、困難なことは全て他人事のように考え、実情を誤魔化してその場その場をやり過ごそうとするから無理がくる。
国賓だとの鳴り物入りで訪中したが、扱われ方は手厳しいものとなったようである。

前後して、欧州連合(EU)財務相理事会は5日、韓国など17の国・ 地域を租税回避地(タックスヘイブン)に指定するブラックリストを承認した。自らを先進国と自任しているが、他の16か国はいずれも小国と呼ばれている国々である。不名誉この上ない。
EUが制裁をかけることになりでもすれば、その影響は甚大である。

サウジアラビアも、断交を仄めかしているようである。韓国内では、サウジは韓国が4番目にあたる量の石油輸入国であるとして「何を言ってるんだ」と豪語しているが、国民は実態を知っているのだろうか?
輸入代金を踏み倒したことで、サウジは直接的には韓国に石油を輸出していない。
日本が保証することで、日本経由で石油事情は支えられているのではないのか?
そういう恩も忘れて、日本不要論を口走るのが韓国民の民度なのである。
Passing(仲間外れ) Nothing(無視) Vanishing(消滅)
段階的に進むといわれる ing の頭には、K〇〇〇〇が冠せられて囁かれていることに気づいた方が良い。
日本のお陰が有ってのことを無視して、反日に励むのを各国は見ていて、そのような国を信頼できないとするに至っているのではないのか。
スワップの締結に応じてくれない国が多くなるのも当然の帰結となる。
最大の味方を敵に回している愚かさでは、協力しようにも如何ともし難いではないか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

中国では相手にされたと言えるのか?
それにしても、そこまで愚かな人たちしか居ない国なのだろうか?
国内はもとより、外国に行ってまで捏造したことで日本を貶めることばかりに熱心である。
仲間に引き入れようとして中国にも出かけて行って、おべっかを使ってみても、扱われ方を見ると、それにも大して効果はなさそうである。相手にされていないのだと気づきもしない。

反日の為の3大旗印は、慰安婦と竹島と旭日旗。
必死になって資料を集めようとしても、そんなものは有る筈がないから捏造するほかないが、捏造するにしてもお粗末すぎてなんともならない。
米国の資料から見つけ出した写真というのを証拠だと言っているものがある。
慰安所らしき場所にかなり身形のいい姿で写っているが、日本は戦時慰安婦がいたことを最初から否定していない。そこに強制性は無かったといっているのである。
証拠だといっている写真のどこに、強制性を示すことができるものが写っているというのか?
米国の資料だと言うから、当然そこには強制連行された性奴隷などではなかったという調査結果がある筈だが、そんなものは決して提示しない。
慰安婦募集の新聞広告を証拠だとも言って出しているが、漢字を読めない悲しさ、募集広告で集めることができたという証拠にはなっても、強制性を証明することなぞできない。

竹島を奪還しようとして攻めてきた日本軍を阻止したという写真を、韓国の国営放送で流したというのだが、その写真は米軍がノルマンディー上陸時のものに日章旗と旭日旗を合成して作ったものであることはすぐに露見した。米軍の装備であることは一目で判るのだから、見破られないようにそれらしく写真を撮ればよいものを、そんな知恵は回らない。
第一その当時には、日本は武装解除していて日本軍などいなかった。仮にもしいたとしたら、竹島の奪還は確実にされていたであろうと考察する力すらない。
韓国内で通用すればそれで足りるし、すぐにばれてしまう日本を避けて、日本以外の贋物とはすぐにばれなさそうな国にばらまいて宣伝することに恥を感じない。

旭日旗に過激な反応を見せるが、旭日旗を問題視するようになったのは、数年前のサッカー場で猿真似をした愚かな韓国人選手が、そのマナーを咎められたことへの苦し紛れの言い訳が端を発したものである。

いずれの旗印も、ちょっと検証してみれば根拠のない捏造だと解る程度の物に過ぎないのだが、自分で判断できないから、煽り記事で簡単に洗脳されてしまう。
長きに亘る中国の属国として躾けられ、またその虎の威を借る朝鮮王朝が、民に対するお上の言いつけは絶対だとしてきた伝統は、自分の判断を主張できない民度の国としてしまった結果なのではないかと思えてならない。
他人の所為にして恨み続けるように仕向ければ、統治は楽だったかも知れないが、正常な発展は望めないという弊害を、後世にまで残してしまった。
反日の根拠にしてきたことの全てが嘘だったと解ったら、国民の精神は崩壊しかねないから、今更手をつけられない。
今後は何らかのこじつけをして、それらを騒がないようにする手立てを構じ、人々がそれを忘れるまで、長い年月をかける以外にない状況になってしまっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

譲歩して貶められる結果を招いたのでは
「金輪際〇〇しない」というように、下に否定語を伴って、決して〇〇しないという用語として使われる。
「金輪際」の元は仏教用語。 「金輪」は三輪と呼ばれるもののひとつで大地の世界を意味し、その下 に水輪、風輪と続き、さらに虚空があるとされる。
金輪際は金輪と水輪の接する部分で 、金輪の最も奥底にある場所を意味した。

その意味から、「底の底まで」「とことんまで」 という意味で用いられるようになり、江戸時代の滑稽本『東海道中膝栗毛』の中で、「聞きかけた事は金輪際聞いてしまはねば気がすまぬ」という記述が見られるように、打ち消しを伴なわ ない表現がされていた。

最近、金輪際御免だと付き合いをやめたく思ってしまう国ができてしまった。
十数年前までは、そんな感情を抱くことは無かったし、仲良くしていこうと思っていたのに、否定的に見てしまうのは、こちらの所為ではない。

経済的に発展してきたことにつれ、そこに至るまでの援助を惜しまなかった我が国への恩義を忘れ、どうやっても追いつけない我が国への妬みからか、日本を貶めることで比較対照的に優位に立とうとすることに国を挙げて血道をあげるようになった国に対してのことである。
何故に優位に立とうとするかといえば、上位の者は下位の者に何でも言うことを聞かせられるという、長きに亘る中国の属国暮らしの中で染み付いてしまった澱のようなものが有るからだと思う。
次から次へと嫌われるようなことをし続け、それによって嫌われると、更に輪をかけて嫌われることを作り出す。
面倒なことこの上ないし、関係のない国まで巻き込んで騒ぐことは迷惑千万なことである。
放って置けば付け上がって事実化しようと目論む捏造まで世界に向かってするから、黙ってばかりもいられない。
もはやDNAレベルとなってしまった性癖が治ることはあるまいが、これ以上の譲歩は金輪際御免蒙りたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

譲り過ぎて決着がつかなくなってしまったのでは?
未来に進むために勇気をもって過去を見つめなおさなければならない、というような内容のことを、偉い作家の先生がこのほど仰ったのだという。
その通りだと思うから、それに反論するつもりはない。
但し、事実についてはということを付け加えてということにならから、巷間いわれてきた捏造まがいのことまで含めてということではない。

戦後まもなく小学校に入学した年齢だから、学校で習うことは、何もかも日本が悪かったという一億総懺悔の時代に育った。
神話も道徳感も、それまで地域に存在していた習慣も、古いものは全て否定された。
戦争に負けたということはそういうことなのであり、命が助かった事だけでも有り難いことであるとして、ずっと世界に謝り続けて行かなくてはならないのだと思わされていた。
国内の復興にもお金がかかり、なかなか豊かにはなれない国であったが、努力して、成人になるころまで、国は賠償金を払い続けていた。(そのころまで賠償使節団の駐在している施設があって、そこでの駐在員は威張っていたのを現に見てもいる。)

ものごとには、どちらか一方だけが全面的に悪いなどということは無いと思いつつも、そんなことを口に出せる時代ではなかった。
外国からよりも、国内で日本人がそれを言わせない勢力の動きというのが強かった。

一所懸命働いて、世界の平和に貢献することで贖罪し、やがては認めてもらえる国になろうと励んでいたのが、周りに居た殆どの人の姿だったように思う。

時代は進み、多くの国々と友好関係を結べるようになってくるにつれ、日本のものが全て悪かったのだとは言い難いものが次々に明らかになってきて、良いものは良いと認識して評価されることが増えてきた。
何をされても、歯を食いしばって努力を重ねてきてくれた先人たちのお陰でもある。

歴史というものは全事象を包括し総合的に判断しなければ解らないことなのであろうが、そこまで要求することはできない。
しかし、明らかに捏造だと判ることによる理不尽な言いがかりにまで、屈服し従うということまで、いつまでも受け入れるわけにはいくまい。
事実に基づく物に対しては真摯に対応しなくてはならないにしても、理不尽なものに対しては、それは違うと言う勇気をもたなくてはならない。

止むを得なかったとはいえ、そういう理不尽さを放置してきたことが、未だに貶められ続け、健全な関係を構築できないでいる原因のように思えてならない。
条約すら反故にして憚らないような動きさえ見せつけられる。
捏造プロパガンダ教育をしているいくつかの国との関係修復がいつまでも残されることになるのは、事実ではないことを基にしているからではないのか。
人であれば乗り越えられように、互いにとって不幸なことである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

長い伝統のもとにあるものは
価値のあるものを無駄にしたり、まだ十分使えるものを捨てたりすることを「勿体ない」というが、自然界や神仏など、そこに命や霊的な存在を感じて畏れ畏まる対象としてきたものについても、日本人は「勿体ない」という表現をしてきた。
尊敬するものと自分とのかかわりというものを決して疎かにしないという感性を、文化の域にまで高めた言葉なのだと思う。
古くから世界に類例を見ないほどの識字率を誇り、多言語に優る語彙数を駆使して、精神性も自然に培われてきたに決まっている。
何故なら、思考・思索は言語を介してなされるからである。

天皇陛下が譲位遊ばされる日が決まり、皇統の継続ということに議論は進む。
過去に女性天皇がいたということはあったが、それが女系天皇ということには結びつかなかった。
男系で、2600余年続いてきたのである。

男女同権だとかイデオロギーでとかでしかものを考えられない人たちは、血統がただ続けばいいではないかということに世論を導きたいらしが、そんなことではあるまい。

表現が適当かどうかわからないが、天皇家というのは、いうなれば宗教・信心の対象として圧倒的大多数の国民に敬愛されてきた存在であり、現在の価値観を遙かに超えて包括的な伝統文化だといえる。
いらないと言う人も、信心はしないという人も、居るには違いないが、長きに亘って精神的に染み付いた感情文化を軽々にとらえられるものではあるまい。
理屈や計算式通りにいかなくっても、曖昧さを抱えたままでも勿体ないとする文化なのではないだろうか。
失われたら取り戻すことが叶わなくなることには、残すことに知恵を絞った方が良い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

漂着船が異様に多すぎないか?
北朝鮮の木造船が多数漂着しているという。詳細は報道されないが、何か異様である。
漂着などというとなにか海難事故のように聞こえるけれど、本質は悪意ある侵略行為であり、戦争行為をしかけられているのだという危機感を持ったほうがよいのではなかろうか。

飽和攻撃といっても過言ではあるまいから、海上保安庁の管轄する警察行為では対応しきれまい。
我が国の領海を明らかに何らかの意図をもって侵しているのであるから、憲法第9条がどうだのこうだのではなく、自衛権の発動ということで、自衛隊が出動して対処するしかあるまい。
お花畑のようなことを言っていたのでは国の安全は確保できない。

百歩譲るとして、「今後、日本国の領海を侵犯する艦船は、拿捕または撃沈することにするから、十分注意されたい。」と公式に事前通告を徹底しておく必要がある。
日本船籍の船が北朝鮮領海に入ったら、問答無用で銃撃されるのであろうから、表立って抗議を受けるようなことにはなるまい。

こういう戦争に結びつきかねない重大な事案が頻発しているのに、それを報じることもなく、あたかもそれから目を逸らさせるかのように、モリカケだの大相撲だので大騒ぎするのは、なんらかの思惑がありそうに思えてならない。
選挙の結果が民意ではないと平気で公言するし、国会での重要な質疑に関する答弁にもバイアスをかけて、自分たちに都合がよいようにしか報道しない姿勢が、いつまでも許される筈がない。

マスコミのいう民意というのを、最近は「民〇意」だと批判する人が多くなった。〇の中に「団」が入っているのだというのであるが、団どころか「総連」の意を呈しているのではなかろうかということまで立ち入った言い方をする人も増えている。
重要なことから目をそらすようなことをしていて、国民の生命財産をどうやって守るというのか。そういう人達には、それをセットで説明してもらわなくてはなるまい。野放図な言いっ放しでは困る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

ダブルスタンダードで言論は成り立つまいに
読売新聞が900万部、朝日新聞は500万部だという。
朝日新聞の凋落ぶりは凄まじいが、まだまだ発行部数は減り続けるだろうといわれているらしい。

昨年の流行語大賞には「幼稚園落ちた、日本死ね。」というのが選ばれた。
「死ね」などのテロ語に等しい悍ましい響きをもった言葉がそんなに流行ったとは思わないが、朝日新聞が喧伝したこともあってか、何故か選ばれた。授賞式に得意満面で現れた議員の顔の異様なギラツキをもった表情が、後味悪く記憶に残っている。

今度は、自らがなした一連の捏造報道や偏向報道を咎められ、「朝日新聞死ね」と書かれたらしい。朝日は躍起になって、これを封じ込めようとしているのだという。
それも言論によってではなく、法的手段に頼ってということらしいから、そういうダブルスタンダード的なところが更に信用を失墜することに繋がる。

口の悪い人は、「朝」は morning ではなくて、korea だとまで言うようになっている。
そういわれてみると、社旗の模様が狂信的な韓国人の槍玉に上がらないことにも頷けてしまう。
なぜか、中国・韓国贔屓の記事が多いからかも知れない。
この両国は、前に向かって進むことよりも過去にとらわれて、捏造してでも日本を貶めたいということで一致している。
戦うことで得た正当が強固な政権基盤ではないということも一致している。

中国は、植民地支配しようと浸蝕してくる西欧列強と戦うことはなかった。ましてや、現共産中国は一体どこで日本と戦いどこで勝ったというのか?内戦で国民党軍を台湾に追いやってからできた政権なのではないかと思う。
連合国側が勝ったことでおこぼれをいただいたのだという忸怩たる気持ちが残っているように思えてならない。
合わせて言えば、韓国がいつどこでどこと独立戦争をしたというのか?そんな歴史は一度としてあるまい。
日清戦争も日露戦争も、日本の為のことばかりではなかったが、1兵すら出していまい。

日本は前に進むために、国の存亡をかけて徹底的に戦った。敗れはしたが、その気概まで失われはしなかったから、焼け野原の中から急速に復興し、以前に増す発展を遂げた。
血のにじむような努力の賜物としての結果であるが、それに引き換え、地道な努力をさしてしていないから発展できないことを棚に上げて、日本が反映していくのを見るのが悔しくてならないらしい。
日本を貶める唯一の手段としている慰安婦問題も、証拠写真だとして提示している写真には、KEEPだのOFLIMITTだのやら米兵が写り込んだものを平気で使い、日本に持ち込むとすぐにばれるから、判断力の希薄な韓国内や日本以外の国でばらまくお粗末な捏造ぶりを繰り返す。
そんな国に屈服するわけにはいかない。

後ろ向きなことばかりに囚われていないで、共に協力して前に進むことを考えれば、大東亜共栄圏の理想は実現できるのにと思えてならない。
まごまごしていると、特亜3国だけが取り残されるということだってありそうに思えてならない。
国内向けの捏造教育だけでは、いずれ限度が来る。敵視するより協調して繁栄を目指すという建設的な考えを取り合えば、平和で幸せな社会を現出できようものを。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

他の選択肢が現状では無いのでは?
北朝鮮の核の脅威に対し、国際社会が一致して経済制裁することをしてでも、核兵器を放棄するように求める行動をとっている。
経済封鎖するということは、準戦争行為といっても良い部分があるのかもしれないが、戦争するのと違って直接的に人命のやり取りをするということではない。
その戦争を避けるために、対話の場に出てくることを促す手段としているに過ぎない。
北朝鮮が対話に応じることで失うものなぞあるまい。むしろ得る物の方が圧倒的に多いのだと思うのだが、何故頑なに応じようとしないのか解らない。

自国の言い分を全て聞けとばかりに、核の脅威を以って恫喝するのだから始末に負えない。
日本に対しても、核攻撃すると言って憚らない北朝鮮に如何にして対応するというのか?
挙国一致を図らねば何ともならない時に、見当違いなことを言う人が多いのがもどかしい。

アメリカが北朝鮮に対し、如何なる選択肢もテーブル上にあるとしていることを、日本政府が全面的に支持すると言っているのが怪しからんとして反対する野党と、リベラルを標榜する人たちは、口を開けば「話し合い話し合い」と繰り返すが、何をどのように話すというのだろうか?
できるというならやってみて欲しい。「どうやるのか?」と聞かれて、明確な答えを持っている人をみたことがない。
それでは、無責任なお花畑論者との誹りを免れることはできまい。

現実的に考えて、米国を支持する以外に方法がないではないか。
日本を守らなくても良いということになったら、アメリカは大助かりかも知れないが、日本は目も当てられない状況になる。独力で何とかできる相手ではない。
戦争になったら、国内法における刑法や警察が対応できる問題の比ではない。直接的に生命財産に甚大な被害が及ぶ。

国が侵されるということは、自分の命の保証もないということになるが、野党の皆さんは命がいらないということでも結構だが、国民を巻き添えにはしないで欲しい。
野党も議論で詰められると、言葉に困って国防には反対ではないという。集団的自衛権も憲法が改正されれば賛成だとまでいう。
だったら、野党が率先して現状に合う憲法改正を提案したらどうなのか。
専守防衛のために一番有効なのは敵基地攻撃能力であることは常識なのだから、そのための予算付けも提案すれば、国民の支持はきっとあがる。
自衛隊を認めても、軍事費が増えても、自衛のためになれこそすれ、それが侵略戦争に結びつくなどと騒ぐのは詭弁に等しい。
自衛戦争ができる国、というのと戦争をする国というのは同義語ではない。
いまのままの法制下では、防衛だってままならなさそうに思える。
現状では領空領海を侵犯されても、撃退することすらできないのである。敵は向こうからやってくるのであって、日本が攻めていっているのではない。

北朝鮮もそうだが、尖閣の領有を仄めかす中国の脅威もある。
いまのところ頼りになるのは、日米安保しかないのではなかろうか。
政府の脚を引っ張ることばかりに血道をあげていないで、国益優先で働いて欲しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

対米戦が始まった日
「神風特別攻撃」をどう思うか?「貴方だったらそれはできるか?」という質問を現代の若者に投げかけて答えを引き出そうとする動きというのがマスコミにはまだある。
「愚かなことであった」という答えを引き出したい下心が丸見えである。
先の大戦がどういうものであったのか、現実的にどのような状況下にあったのかについて、判断できるような知識を持たない人に突然質問したら、返ってくる反応は聞くまでもなく判っていることをやるのは、かなりあざとい。
おまけに「天皇の為に」という枕詞がついているからなおさらである。
日本の過去を貶め、全てを否定したいとする思惑があるように見えてならない。

現憲法下でも、天皇は象徴ということになっているが、天皇は長い歴史の中で「権威」の象徴ではあっても絶対的「権力」を振ったなどという時代は殆ど無いのではなかろうか。
権威の象徴であったからこそ、皇統は続いてきたのだと思う。

戦死した人も特攻に出た人も、自分が命を懸けてでも守らねばならないとした人たちの為だということを、一口で端的に表せるものが「天皇」ということだったのだと思えてならない。

日本は満州事変に続き日中戦争を起こし、中国大陸へ勢力圏を広げる軍事行動を続けていた。昭和16年(1941年)7月23日、日本はフランス領インドシナの南部(南部仏印)に軍を進駐させて占領した。
この事態を受けて、アメリカは8月1日に対日石油輸出禁止を実行した。
当時の日本にとって、アメリカから石油を輸入できないのは、どれほど大変なのかということは、想像を絶する。資源小国の日本が輸入する石油の77%がアメリカから輸入するものであった。前年の昭和14年(1939年)では緊急輸入もあって、90%にも達していた。
それが、昭和17年には石油の備蓄が尽きると言う危機的状況に陥ったということになる。
アメリカ以外で石油を輸入できる所はあったが、それがオランダ領インドネシア(蘭印)であった。
日本は蘭印政府へ、今までの50万トンの輸入から100万トンに増量して欲しいと交渉していたが、オランダは当事イギリスと同盟を組んでドイツと戦争を戦っていた。
アメリカとオランダからの石油が止められ中国と戦争を続け、ドイツの同盟国として日本を警戒するイギリス。
この4ヶ国に囲まれ、石油禁輸など経済封鎖を受ける状況に、昭和16年の日本は追い込まれていた。
昭和15年から鉄屑や鋼鉄・工作機械の輸出停止など、アメリカらからの経済的圧力を受けていたこともあり、日本の軍部はアメリカとの開戦は回避できないと考えていた。
一方で、外務省や総理大臣の近衛文麿は外交交渉で何とか解決を図ろうとしていたが、軍部の強硬さに流されてしまいがちだった。結局、昭和16年10月16日に近衛内閣は総辞職してしまうことになった。
それに代わっての政権、近衛内閣で陸軍大臣をしたのが東条英機であった。
東条英機には陸軍を抑えてアメリカと和平に向かう事が望まれていた。
天皇陛下からも「外交的和解に努力せよ」とのお言葉を頂き、外交による解決を第一に考えてはいた。
東条内閣と軍部は、日独伊三国同盟で日本は自動参戦しない、中国大陸から撤兵などを盛り込んだ「甲案」を出すが、アメリカとの交渉は進展しなかった。
東郷外務大臣は、仏印からの撤兵に触れる乙案と言う譲歩案を強硬に押し通そうとした。
東条内閣は二つの譲歩案でアメリカとの交渉に望みを繋げたのであった。
この譲歩案が通らなければ、軍部からの圧力によって開戦に踏み切る気運が一気に強まる絶体絶命の状況に陥っていた。
アメリカ側は諜報活動によって「乙案」を最終案だと伝える外務省から日本大使館への通信を知って、アメリカ政府は日本政府が開戦に向けて動いていると解釈してしまった。
11月26日、アメリカ政府のハル国務長官(日本で言う外務大臣)から日本政府への要求書が提出された。いわゆる「ハルノート」である。
中国大陸への進出による権益取得に出遅れた米国は、黄色人種である日本をどうしても叩きたかった。
内容は、日米間の新たな経済関係作りが多いのであったにしても、仏印と中国大陸からの全面撤退という日本の軍部が受け入れられない内容が主であった。
石油備蓄もなく、アメリカと軍部に時間をかけて説得できないのも「ハルノート」を最後通牒と受け取ってしまう背景となった。
ハルノートを受け入れても、米国は何か仕掛けて、強引に戦争に持っていったと思われる。
ルーズベルトは戦争がしたかったし、何よりも何故か日本を憎んでいて滅ぼしたがっていた。
これは、ルーズベルトの側にいた人たちが、後に証言していることである。
降伏して植民地とされる屈辱に甘んじるか、敵わぬまでも乾坤一擲戦って活路を見出すか、という選択肢しか、当時としてはなかったのだと感じる。
後の時代になって、そういう苦衷を思い遣ることもなく批判することは簡単だが、それでは浮かばれないことが多すぎる。
開戦やむなしということに至ったそれらの判断を、認めることはできないにしても、理解しようとするくらいはしないでは、一体何様だということになりかねまい。
大きな犠牲の上に今があるのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

噂だから広まった
天皇陛下のご譲位問題であるとか、皇統の継続が心配されるという記事を目にすることがある。末永く平和にご系譜が続いていくことを願ってやまない。

戦後、記事にはならないで噂が広く伝わったが、終戦前の天皇家財産は、当時の財閥10個分にも相当する巨額のものであったとされる。
それを終戦間際に、陛下が我が身の今後の為を考え、皇室財産の大半をスイス銀行等に秘密裏に移させたのだとまことしやかに囁かれたのだというが、連合軍の艦船や潜水艦の目を逃れてそんなことができたとは、俄かには信じがたい。
「朕はたらふく食っている 汝臣民飢えて死ね」などと言って民衆を煽った左翼革命家たちが居たそうだが、それに類する辺りから出たデマなのだと思う。
確かに資産が集中するような仕組みが明治以来できていたとは思うが、日本の天皇家は、他国の王侯貴族のような奢侈には走らなかった。贅沢というよりどちらかと言えば質素で、国民の平和を祈るという神官であったから、その姿勢を古来より貫いていることを、国民は感じ取っていたのだと思える。
そうでなかったら、日本において戦後まもなくであれば、簡単に共産革命は起こせたかも知れない。
終戦後、占領軍の総司令官であるマッカーサー元帥を陛下が訪問し、全ての将官軍人・政治家その他の如何なる者の罪も我が身一身に負う、如何なる裁定が下されようと受け入れると申し出たことで、占領軍総司令官を心服させたと伝え聞く会談からも、財産の移転などの噂は疑わしい。
https://www.youtube.com/watch?v=yKbdeiogYk4

連合国諸国もアメリカ本土も、天皇処刑を要求していたことを陛下が知らなかった筈はないし、生き延びられるということは考え難かったに違いない。死をもって皇祖皇宗とそのおおみたからとしてきた国民に対する謝罪をしようとしていたことが、終戦の詔勅にも見て取れる。
死ぬ心算の人が財産などに目をくれていただろうか?
その後、飢える国民を心配して、一人の餓死者も出ることのないようにと、皇室財産の目録を外務大臣を通じて提出し、それをもって食料を確保してくれるようにとマッカーサー司令官に懇願したのも、歴史事実として残っているではないか。
マッカーサー司令官はそれに見事に応えてくれたのだと思う。
それらの噂は、徒に天皇陛下及び皇室を貶めようとした悪意を感じさせられてならない。

終戦直後の1945年11月、GHQ(連合国軍総司令部)は「天皇は世界有数の財閥であり、ただちに財産税賦課によって適切に処理されるべき」として、皇室財産の解体に着手した。
隠し財産があったとしても見逃した筈はあるまい。それを見つけたら天皇責任論のための良い宣伝材料とできたのだから・・・。
GHQによる評価の結果、弾き出された昭和天皇の財産は37億1563万円(当時)だった。
主な内訳は、皇居や赤坂御用地といった土地(7憶7263万円)、宮内庁舎などの建物(2億3414万円)、皇室所有の御料林の木材である立木竹(16億3976万円)、美術品(4億4949万円)、有価証券(2億2012万円)、現金預金(5500万円)などとなっている。
確かに、物凄い資産ではあった。
しかしGHQによって評価された天皇家の財産は、いきなり大半が消えることとなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

教科書で習った歴史と違うことが科学で解ってくる
科学が進歩することで、考古学上言われていたことが全く変わってしまうということは有り得る。
歴史と言うのは本来、イデオロギーや国同士の思惑で決まるものではないのだが、教えられることにはその影響が色濃く出る。
しかし、科学によって明らかになってくるものを、歴史修正主義ということは出来ない。事実が事実として解明されたということになるだけのことである。

「中国から漢字が伝えられるまで日本には文字がなかった」と、日本人の大多数はそう信じ込んでいる。義務教育の小・中学校はいうまでもなく、高等教育の場でも繰り返し、そう教えられてきたからだが、実際にはそれ以前に日本にも文字は存在していた。

平成3年7月、佐賀県大和町の東山田一本杉遺跡から出土した弥生前期末の甕棺から、「古代南インドの象形文字」が発見された。
日本人考古学者が見逃していたものを、たまたま調査に訪れた、インド人考古学者ポンナムバラム・ラグパティ博士が発見したものである。
意味は不明だが、甕棺の側面に、縦十五センチ、横十九センチの大きさで十字に引かれた線の先端が熊手状の文字が描かれていた。ラグパティ博士は「紀元前三世紀頃まで南インドの土器に描かれていたグラフィティという古代文字と同じだ」と語り、驚きの声をあげたという。
しかし、この程度で驚いてはいられない。紀元前2500年から紀元前300年頃に使われていたと思われる古代シュメール文字やバビロニア文字、ギリシャのピロス文字、中国の甲骨文字のルーツと思われる文字が、西日本一帯において、続々と発見されているのだという。(日本ペトログラフ協会調べ)

つまり、インドどころの騒ぎではなく、超古代の日本人が世界各地と交流していた形跡が見られるのである。
ただし、それらの発掘物が、世界各地から古代文化を伝えた部族が集団で日本列島に渡来し、それぞれのルーツを伝える文字を岩に刻み込んだものなのか、逆に日本で発明された古代文字が世界各地に伝えられ、定着し完成するに至った形跡を示すものなのか、これだけでは判らない。
いえることは、いずれの文字も、超古代文明の遺産とされる巨石文化遺跡の大岩に刻まれた状態で残っているところを見ると、紀元前2500年どころか、その起源はずっと古くまでさかのぼる可能性があるということである。
そして、日本列島が、古代文字の発祥の地だった可能性があるということでもあり得るということになる。

岩石に刻み込まれた文字や模様をペトログラフという。具体的には巨石に刻み込まれた岩刻文字・文様のことを指すが、このペトログラフ こそは数千年から数万年前に存在した古代文明に古代文字が存在していたことの証明 であり、日本のみならず世界中に分布・発見されていることから、古代人の行動範囲を 推測する重要な手がかりとして、最近とみに注目を集めている新しい学問なのである。

日本各地で発見される縄文遺跡からわかってくることも多い。
稲作は朝鮮半島経由でもたらされたとされてきたが、縄文遺跡から出土した稲のDNAを調べると、どう考えても、日本から朝鮮半島に渡ったのだという結論になるのだという。
人もまた同じで、Y染色体を調べてみると、日本人は頭初から独自の染色体構造をもっていたことが判明したことで、それが半島や中国の人たちには全く存在しない染色体だというから、半島経由で渡ってきて住み着いた人たちが主とはならない民族だということになる。
渡来人が多かったことは事実としても、そもそも日本人の祖先が既に居た地ということになる。
天皇家の継承は男系でなくてはならないとするのも、Y染色体は男系のものだからという説にも起因するらしい。
縄文時代にしてすでに、列島内に何らかの流通経路はできていたとしか考えられないこともある。
例えば、日本国内の一部地方でしか産出されない黒曜石や翡翠などが、日本全国で発掘されるからである。

時代は下って古墳時代の遺跡ともなると、日本独自の形式である前方後円墳が、多数韓半島で見つかっているのだという。
韓国では、日本の支配が半島に及んでいたことを示すそれらの遺跡は、自国の主張にとって都合が悪いから、それらを躍起になって破壊しているのだというが、そんなことをしたからといってどうなるものでもあるまい。中国や日本の古書に、日本の支配が及んでいたことが示されている。
いずれにしても、歴史と言うのは政治・経済イデオロギーで都合よく説明しようとする対象のものではない。
事実は事実であって、良いも悪いもないのだとする姿勢を保って研究しないと、真実にはたどり着けないものなのではなかろうか?認めるべきは認めるということから学問は進む。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

海外輸出品目なのか?
慰安婦問題を大騒ぎする韓国だが、現在もそれを生業とする女性が世界中に散らばっているのだということは知れ渡っていて、騒げば騒ぐほど恥ずかしい国情があからさまになる。
日本にも、一説には5万人とも言われるそういう人たちが潜入し、違法行為に及んでいるらしいと聞いてはいたが、それも事実らしい。
韓国売春の海外進出が止まらない。それを韓国の行政機関で「省」に相当する女性家族部が発表した。
 2004年に売春禁止法が制定された韓国だが、施行10年目を迎えて売春婦の海外進出が急増していることが明らかになった。
すでに2010年の時点で外国で売春する韓国人女性は全世界で約10万人いるとみられ、国別では日本に約5万人、オーストラリアに約2500人、グアムには約250人が滞在していたという。
 さらに衝撃的なのは、アメリカ国内での国別売春婦の割合である。
2位のタイ11.7%、3位ペルー10%を大きく引き離し、韓国人売春婦が23.5%と圧倒的なシェアを獲得していたことが明らかになっている。
中央日報では、今年に入ってからニューヨーク州やバージニア州などで韓国人女性が売春容疑で相次いで逮捕され、ロサンゼルス当局の関係者が「毎月逮捕される70~80人の売春婦のうち、9割が韓国人」と語ったことを報じている。
 今や韓国経済のなかで、その市場規模は無視できないところにまで膨張している。同国の売春市場はすでにGDPの5%に相当する8兆7000億ウォン(日本円で約7600億円)に達し、この数字は同じく急成長を続ける同国のテレビ通販市場、ゲーム市場、広告市場と並ぶ経済規模だというから異常という他ない。
朝鮮日報では韓国内の性風俗店従事者は桁違いの189万人と推定。客となる男性は年間で延べ9395万人にも達し、成人男性1人が1年に5回近く利用している計算になる。
しかし、この記事は売春禁止法の施行が売春婦を国外に向かわせたという論拠が揺らぎかねないとして、同国内では議論を呼んでいる。
米国も本腰を入れ始めたようで、マッサージ店などでの売春摘発ニュースが大きく扱われるようになった。米国で摘発逮捕されると、高額な罰金が科せられたり、強制送還されることになるともいうが、顔写真が著作権なしに全世界に向けて公開されるというから厳しい。
朝鮮時代には「貢女」と呼ばれる中国への女性献上というなことが国策として続けられていて、それを逃れるために家族が様々な知恵を絞った歴史がある。日本が統治するようになってそれは禁じられて終了した。
日本が慰安婦を強制連行したと言い張るが、拉致されるのに抵抗したという事件も、突然いなくなった子女を、家族が血眼になって探したという事実も、探し出せた資料も新聞記事も一つとしてない。
そんな強制連行はなかったのだという傍証でもある。
その一方で、慰安婦募集の広告記事や、違法に女性を集めた業者が摘発されたという記事ならいくらでも出てくる。
先般、慰安所で勤めていたという朝鮮人の日記が出てきて、それを動かぬ証拠だと大騒ぎして喜んだが、漢字が読めない悲しさ、実際に記されていることを読んでみると、韓国が主張していることを否定することが書かれていたということで、恥の上塗りの結果となったという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

そろそろフェイクの実態も明らかにして欲しい
昔、消防署の方から来ましたという詐欺まがいの商法というのがあった。
最近は、NTTからのお知らせです。来月から料金改定がされますので、これから言うことをメモして手続きをして下さい、という電話がかかってくるなんていうのがあるが、これは何なのだろう?
「区役所の国民年金課ですが、医療費の還付がありますので・・・」という電話もかかってくる。
お役所がそんな親切なことをしてくれる筈がないのにと思いながら、「医者にはここ何年もかかっていないのですが、何のお金を返してくれるのですか?」と尋ねると、突然電話は切れるなんていうのもあった。

これとは違うのだろうけれど、国連の外郭団体で何の権限もなさそうなところが、日本に慰安婦問題で人権がどうのこうのと注文を付けてくるというのがある。
根拠は、A新聞の捏造記事と、裏付けの検証もされていない慰安婦の口を開くたびに変わる証言だというから、何とも説得力にかけるのだが、これをさもさも権威あることのように扱うマスコミや野党議員がいるというのには恐れ入る。

国会では、いまだにモリカケしか頭にないというような質問が繰り返されて、かなりウンザリする。証拠は提示できずマスコミの記事頼みだから、なんともならない。
これまで国会で時間を空費して、何の違法性も明確にできなかったのだから、疑いがあるというなら、もう司法に任せればよいではないか。
その場合は、国会で居丈高に喧嘩口調で質問をしていた議員さんにも、憶測記事を書いたマスコミにも、捜査の手が及んで然るべきだと感じる。
献金その他の疑惑が囁かれていても、答弁者側が質問者に逆質問ということは国会の場ではないように思えるから、それもハッキリさせた方が良い。

野党の質問がモリカケ問題ばかりに限るのであれば、質問時間の配分が変えられても仕方あるまい。重要な審議にそれは使われて然るべしだと思う。
クリーンハンドの原則などというのを言い立てるつもりはないが、司法がやった方が効率的だと思われることが多いように思える。国会でイメージ操作ばかりでは困る。
ハッキリさせたいことは専門分野でやってもらった方がスッキリできよう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.