FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

主張するのは自由だが
リベラルと極左は明らかに違うと思うのだが、チュチェ思想に染まり切った者をリベラルだということにして潜り込ませ一律に扱うのは違うのではないか?と、いつも思う。

リベラルは多様性を認めて他の意見を聞く姿勢を見せるが、極左は違う。自分以外の意見を聞くことを絶対にしない。
リベラルと極左の見分け方は割と簡単である。
まず、そんな意見を受け入れる人は殆どいないにも拘わらず、国民の代表者であるかのような言動をして恥じず、平和を口にする。
次には、自由主義陣営のためになりそうなことには反対し、その主張内容は特亜3国のためになることを優先させるよう巧妙に述べることで判る。
よって立つ国を貶めるような人がリベラルである筈がない。悪口から生まれるものなどに価値があるとは思えない。
更には、問題が解決されることよりも、揉めることで社会が分断されることを望む。
それが証拠に「ではどのようにしたら良いのか?」と尋ねると、「私はジャーナリストだから批判はするが、解決策を考えるのは別の人だ。」と言って逃げる。
自分の言動に責任を持たず、他を貶めることだけで済ませられるなら、お気楽なものである。
「最低朝」のA氏などがそのいい例のように感じる。

日本は良い国である。何を言っても命の危険に晒されることはまずない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.