FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

悪口ばかり言っていると深みに嵌るだけ
何とも不思議な国である。
友好関係を築こうとするよりも、戦争をしている相手国でもないのに、悪口を言うことの方が先行する。何とも気の毒な精神構造であると言うほかない。
日本を敵視するのに夢中な余り、自国の能力を適正に評価することもできないらしい。
正常な判断ができる人がいなくなってしまったのか、或いは解ってはいてもそれを口にすると火病を起こした民衆によって攻撃されるからものも言えないのか、いずれにしても、勘違いからくる過信や思い上がりを匡そうにも、誰も動くことができないから、手遅れ状態の深みに嵌る。
日本が韓国へのホワイト国としての優遇措置を見直し、戦略物資の輸出管理を通常国相手と同一基準にしたことがどうしても理解できなくて、輸出規制だと言って貿易上の問題にすり替えて食いついているが、戦略物資をテロ支援国に横流ししていたからであり、これは安全保障上の問題であるから、韓国以外の国々は、そうされるのが当然だと思っている。韓国だけが理解できないでいるだけである。
WTOに提訴してもどうにもならない。米国がそうしてみればと言ったのをお墨付きがでたかのように喜んでいるが、米国は2国間で勝手にやれば?といっているだけのこと。

徴用工賠償裁判では、国際法を理解することもできない裁判官が出した判決を、文大統領は三権分立だと言って強弁しているが、外交という行政権を侵して出した判決そのものが、既に韓国内の三権分立を破壊してしまったことすら理解できていない。法治国家だなどとはとても言えない
ことになってしまったことにすら気づいていない。
差し押さえた資産を処分してみるがよい。日本が数ある報復措置の中の一つでも実行したら、韓国は潰える。
日本が信用状を出していることで成り立っている韓国の貿易は、一気に世界中から相手にされなくなるが、韓国民は情けないことにそれを理解できていない。
韓国の銀行では信用できないから、日本が補完してやっているのだが、韓国民はそれを知らないのか、意味するものが何なのか理解できないからなのか、愚かすぎよう。
日本が手を引いたら、諸外国はそれを機会に韓国に投資している資金を即座に引き上げる動きになるだろうから、韓国経済は潰れる。

外貨準備高が4000億ドルを超え、ドル不安はないと言っているが、その外貨の大部分はジャンク債であってすぐには換金かできないし、実際の価値はそんなにないとバレている。
それが証拠にスワップを結ぼうとして躍起になっている。
使えるドルがないから為替相場には介入できない。ウォン安が進めば、韓国内経済はたちまち立ち行かなくなる。
今のままでは、IMFも救済してはくれまい。

トランプ大統領からG7のオブザーバー国としての出席を打診されただけなのに、G8になれたのだと勘違いして燥ぎまくり、欧州各国から否定されてしまったのも、自分のことしか考えないからである。そんな信用力はない。身の程をわきまえることすらできないからくる結果である。

ボルトン氏の暴露本で、韓国は米朝会談の邪魔しかしなかったとばらされ、大恥を世界に晒してしまった。会談の仲介役を果たしたのだとおお自慢していたが、そんな実力はなかったということが露呈してしまった。
板門店での米朝会見の場に同席しようと厚かましくも出しゃばろうとしたが、目の前でドアを閉められてしまった動画まで放映されてしまった。
それ以後、北朝鮮からは無視されてしまっているようだから、このままでは行き先がなくなる。

国内の現実と国際情勢を正しく見極めるために最初にしなければならないのは、韓国は日本のおかげで成り立っているのだという現実を国民に広く知らしめることである。
それは恥でもなんでもない。
日本と協力しないでは、今の困難から脱却できないのだから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト




日替わり北朝鮮
北朝鮮が日替わりのように違う行動をみせることで、専門家といわれる人たちがいろいろ解説してくれる。そうなのかもしれないし、違うのかも知れない。
素人がはたから見ていて感じるのは、北朝鮮は本当に困っているのだと思えることである。
米朝会談を成功させるしかないのだが、国際的な信用力を失墜した韓国では仲介者として全く役に立たないと判断したのだと思える。米国も、米朝会談は韓国抜きで良いと思っているようだ。
米国はその気になればいつだって北朝鮮を崩壊させることができる。それは北朝鮮にも痛いほど解っているのだと思うが、会談に持ち込む手立てが今のところない。

米国のトランプ大統領だけが唯一相手をしてくれたのだが、先般の交渉時に読みを誤ってしまった。文大統領の策などを信用したからであろう。
米国はもはや急ぐ必要はないから、このまま放置されたら国が持たない。大統領が変わることにでもなればもう終わりになる。
オバマ前大統領が何もしないうちに作りためた30~40発の核弾頭も使いようがない。
日本しか頼りにできそうなところはないのではなかろうか。

トランプ大統領がアメリカンファーストと言って打ち出している政策は、いままでの米国が放置していたことで歪んでしまった世界経済・人権問題・軍事バランスを、急いで取り戻そうとしているのだとも見える。
急ぎすぎたり乱暴にも見えることで、トランプ叩きの口実にされているが、じゃあこれから先どうするのか、という意見を述べる人は見たことがない。
混沌の世界を続けることを是とするのだろうか?

国連の組織もイデオロギーに毒されて、正常に機能しないようにも思えてならない。
寄ってたかってのトランプ叩きでは、この先のバランスは収めきれまい。中国が自制の道を考えるしかないのだと思うが、そこに至らせる強力なリーダーシップを持つ指導者が果たして他にいるだろうか。
そろそろ日本がものを言えるようにならないと、纏まりがつかないのではなかろうか。
日本も、安倍叩きに血道をあげている場合ではあるまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

金だけでは動かなくなってきた
共産主義中国の価値基準は、今の様子でみると、金と権力(殆ど同義語と言ってよい)だけのように見える。
金をちらつかせれば、他国だって何でも思い通りになると思っていたらしいが、ものごとの価値判断は多様であり、金だけでは動かなくなってきた。
この30年あまり、世界中に金をばらまくことで作り上げてきた人脈も、国益を優先させる各国の志ある政治家には通用しなくなってきたのだと感じさせられる。
香港での国安法を無理やり通そうとしたことで、それがより顕著に浮かび上がってきている。

米下院の共和党議員150人が結成した「共和党調査委員会( Republican Study Committee 、RSC)」は6月10日、国家安全保障戦略報告書を発表し、各方面から米国に脅威を与える中国当局に対してより強硬な対応に出るよう提案した。議員らは報告書で中国共産党の高官に最も厳しい制裁を求めた。
報告書のタイトルは「アメリカの強化および世界的な脅威への対応(Strengthening America & Countering Global Threats)」。同報告書は、中国指導者が唱える強国思想「中国の夢」の本質が、現在の国際社会システムを「中国共産党の支配を受けるシステムに変えることだ」と指摘した。
報告書は、昨年香港で起きた大規模な民主化運動や、中国当局が現在主導する「香港国家安全法」の制定に言及し、香港の高度な自治は「危機」に陥ったと懸念した。このため、香港事務を担当する最高指導部の韓正氏、国務院香港・マカオ事務弁公室の夏宝龍・主任、中央政府駐香港連絡弁公室の駱恵寧・主任を、人権侵害・弾圧行為を処罰する米のグローバル・マグニツキー法に基づき、制裁の対象にすべきだとした。韓正氏は、最高指導部(チャイナ・セブン)の一人で、党内での序列は7位だ。
また、議員らは報告書において、中国当局の対外浸透工作を行う機関、統一戦線部(省)のすべての高官とその家族に対して、米の金融機関の利用と米国内へ中国新疆ウイグル自治区党委員会の陳全国・書記、チベット自治区党委員会の呉英傑・書記、公安部(省)長官の趙克志氏も、人権侵害に関与したとして、同報告書の制裁対象リストに加えられた。
報告書は中国共産党は国内だけでなく、世界各地の自由と人権に於いても脅威だと指弾した。「経済、軍事と影響力の拡大を通じて、自由社会の人権に対する認識を覆そうとしている」
の入国を禁止するよう献策した。

中国の高官たちは、貯め込んだ金を米国などに移して隠し財産にしているのだと言われている。それを凍結されたら身動きがとれない。このところ中国側が弱気になっているのも、そんなところに原因があるのかも知れない。
香港に与えている特権を廃止し、中国本土なみの扱いにしたら、香港経由でやっていた貿易も立ち行かなくなるばかりでなく、香港経由でなければ送金ができなくなる隠し財産も動かせなくなってしまう。
秘密交渉でなんとか折り合いをつけようとしても、価値観に隔たりのありすぎる米国がそれをのむわけがない。オバマ時代のようにはいかなくなっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

三峡ダムが危険水位を越えたというが
中国の板橋ダム決壊事故というのは長いこと隠蔽されていた。
1975年8月、蓮娜台風の影響により河南省駐馬店市は連日暴雨の被害に遭い、板橋ダム・石漫灘ダム2基の大規模ダム、竹溝ダム・田崗ダムの2基の中型ダム、58基の小型ダムが数時間の内に次々と決壊し、240,000人もの死者が出たのだという。数万人が洪水により直接溺死し堤防の決壊により数万人が死傷、その後数十万人が食糧問題や感染病により死亡したとされる。これは現在のところ世界史上最大のダム決壊被害である。
24万人の死者と言えば原爆並みの被害である。被害規模は1千万人にも及ぶといわれているが、国内外に知れ渡ることはなかった。
中央政府は国家機密としてこの事故の対外公布を禁止してきたからである。2005年に法律の改訂により関連データが公にされた。ただ、死傷者数や災害範囲は改竄されたものだと認識されている。

今回は、それどころの騒ぎではない。揚子江流域を襲っている豪雨は未曽有なものだという。
揚子江には支流が多く、171本を数える。それがすべて注ぎ込まれるから、その水量は膨大である。
三峡ダムというのは、東京から神戸までの距離の水をせき止めた巨大ダムである。地震や気候変動に影響を齎しても不思議ない。
以前から欠陥が取沙汰されていた三峡ダムが決壊したら、時速100キロメートルで流れ下る濁流は、津波をはるかに超えたエネルギーとなって一気に長江流域を襲い、それによって重慶から上海に至る都市は壊滅し、死者は6億人に達するのではないかとまでいわれているが、日本では何故かその関連ニュースは避けられているようである。
三峡ダムは既に危険水位を超えているともいわれ、仮に一部を放水しただけでも、下流域のダム決壊も含め対応できないことが推定され、打つ手がない。逃げ場所もない。
中国を守っていた龍脈を断ち切って報いだと、中国人民は嘆いているというが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

よくも恥ずかしげなく立候補
本年8月末に退任するパスカル・ラミーWTO事務局長の後任を選ぶ本件プロセスには9名が立候補し,4月から3回にわたり候補者の絞り込みが行われた。5月8日,最終選考の結果が公表され,アゼベド氏の次期事務局長選出が確実となった。アゼベド氏は,5月14日に開催されるWTO一般理事会において,加盟国のコンセンサスにより正式に選出・任命される。アゼベド氏の事務局長就任は9月1日の予定(任期は4年)。

そうなれば特に問題はないと思うが、
韓国産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長がは24日、世界貿易機関(WTO)の事務局長選に立候補すると表明している。選出されれば初の女性事務局長となる。兪氏は日本の対韓輸出管理の厳格化に反発しており、日韓関係に影響を及ぼす可能性もある。
立候補の目的は見え見えであり、最初から中立性や公平性は期待できない。
ソウル大英文学科出身で米国弁護士資格を持つ兪氏はWTO対応部署などを経て、韓米自由貿易協定(FTA)締結の担当を担った実績がある。ほぼ一貫して通商畑を歩み、2019年3月に通商担当トップの通商交渉本部長に就任した。
兪氏は19年7月の日本の対韓輸出管理の厳格化に対して強く反発しWTO提訴などを主導してきた。これまで「事務局長になれば国益に役立つため最善を尽くす」とも発言しており、仮に選出されれば日本への攻勢を強める懸念もある。
輸出管理を日本が見直したことは当然であるにも拘わらず、そんなことさえ認識できずWHOで扱おうとしていることだけでも立候補の資格がない。
例をあげるまでもないが、在任中に無能と酷評された潘基文前国連事務総長が、本来中立であるべき監察室の人事に政治的な介入を行い、不当に採用を阻まれたとして、国連不服審判所に150万ドル相当の損害賠償などを求める訴えを起こされていることからも明らかなように、韓国出身者が公的機関には不適格なことは容易に推定できる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

安定した市場となりうるか?
コロナ対策の経済策として、世界の先進諸国は、国民に対して援助金を支給した。
しかし、世界の金持ち国だと思われている中国がそれをしたというニュースはない。そんな金は出したくとも出せないというのが現実だということになる。
中国は巨大市場であると喧伝されているが、中国の経済人によると、中国人の11億人には消費能力がないのだという。共産主義というのは名ばかりで、国民のためのイデオロギーではなくなって、組織の利権を守ることが目的となってしまったようだから発展は難しいのだが、そういう現実を報道することは皆無で、見栄えの良いことだけを報道して終わりである。日本国民が判断を間違うように誘導しようとしているのではないのか?とさえ疑ってしまう。
中国に進出して儲かっているということは本当にあるのだろうか?
技術を吸い取られて終わりだと思えてならない。
政治問題に絡むと必ずと言っていいほど、ビジネスの世界で報復するのが常套手段である。
世界の国々の中には金だけの問題で屈服するのは御免だとするところが出てきた。
金の問題ではないとされてしまうと、中国には手の打ちようがなくなる。

世界に独裁政権というのは7つあるが、共産主義国で成功している国はあるまい。
爆買いや中国内の発展した場所のニュースは流れるが、実態がどうなのかということになると、隠蔽されていてわからない。貧富の差が極端に甚だしく、実態は食べるのにも困っている人が多いのだと噂されている。
報道や宣伝に惑わされているだけで、実際にはこの先も巨大市場になるとは思えないと判断する人が増えているのだという。
中国以外の市場を開拓した方が安全なのではなかろうか。
うかうかしていると、ドイツのように抜き差しできなくなる可能性だってありそうである。

むかし、北朝鮮は地上の楽園の楽園だと宣伝されて、北朝鮮に渡った人が多かった。
マスコミやノーベル賞作家もこれを唱えたが、実情が解ってきたときに反省や謝罪をしたことはない。思惑含みの宣伝に易々乗ってしまう危険に学ばないと、正直な日本人はすぐ騙される。

コロナ収束宣言というのを中国は出したが、最大の防御策を敷いた筈の北京で、コロナ感染者が増えているのだという。国際都市だから隠しようがないのだろうけれど、内陸部での感染者が多いであろうことは容易に想像できる。
韓国のK防疫とやらも破綻を来し、おお自慢していた方策の不備を繕うのに必死なようである。
日本では、韓国に学べと大声で叫んでいた連中がいたが、どう引っ込みをつけるのだろう。

天安門事件や香港問題から目を逸らさねばならない時期と時を同じくして起こった米国の人種差別反対デモというのも、かなり怪しい。
デモそのものの趣旨は理解するが、それに至った違法性まで阻却して良いとは思えない。
何よりも、それが暴動化する裏にはC国の諜報活動があるのではなかろうかと判ってきている。
N〇〇やテレビAは、それらの疑いを取り上げることのないまま、トランプ叩き一色の報道をするが、事実を追求するのが報道の使命であるとするなら、偏っていてよいわけはない。

報道が一方向に流れそうなときは、自分で考えて賢い判断ができるようにしないと、取り返しのできない事態を招く。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

どちらが正義だったのか
八紘一宇(はっこういちう)
世界は一家であるという考え方である。「八紘」は世界、「一宇」は一家を意味する。
第二次世界大戦中に、日本の戦争遂行の目的を意味するスローガンとして侵略を正当化するために用られたと決めつけられているが、果たしてそうなのだろうか?
掲げた理念の高尚さをことさらに貶めるような主張には疑念を覚える。
我が国の歴史2600年前から、国体の根本としてきた理念である。

語源は『日本書紀 巻第三』の以下の句による。
然後、兼六合以開都、掩八紘而為宇、不亦可乎。
然りして後に、六合(くにのうち)を兼ねて都を開き、八紘(あめのした)を掩(おほ)ひて宇(いへ)にせむこと、亦可(よ)からずや
「八紘」は、『准南子地形訓』の以下の句からであり、「八つの方位(天地を結ぶ八本の線)」の意。
九州外有八澤 方千里 八澤之外 有八紘 亦方千里 蓋八索也 一六合而光宅者 并有天下而一家也

太平洋戦争と名前を変えられてしまっているが、そもそもは大東亜戦争と呼ぶのが正しい。
植民地支配していた白人を駆逐した後に、実際に掲げた理念に基づき、白人至上主義により虐げられ搾取され続けていた東南アジア諸国を、独立に導くための教育や行政手段を教えインフラ整備をし、彼らの国の独立軍を訓練した。
当時の世界は白人が支配するのが正しいという勝手な理屈が罷り通っていた。
人種差別撤廃や語族協和を唱える日本は、彼らにとって目障りでならなかった。
日本を屈服させれば、彼らの意の儘に世界を繰れるという状況下にあった。
石油の供給を絶たれ、このままでは日本も植民地化されるという現実が迫っていたのである。
それらを無視して過去を論ずるのは卑怯である。

大東亜共栄圏を唱え、アジアの独立を勝ち取るには、日本が立ち上がるしかなかった。何故なら、他の東南アジア諸国は植民地支配されていることで疲弊し、共に戦う国力はなかった。
一人中国のみが白人側に与したが、その弊害が今になっても残り続けている。
更にまずかったのは、連合国は共産主義国と組んだことであった。それが今もって世界中で軋轢を起こす原因となっていることは否定できまい。

日本が掲げた理想が高かったから、それを覆い隠すのに躍起になったのだろうけれど、その殆どが日本が指摘した通りであり、連合国側が唱えた正義は綻びを繕いきれないでいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

コロナ対策に希望が出てきた
日経XTECKによると、
新型コロナウイルスとの共存が迫られるウィズコロナ時代において、“光明”となり得る技術の実用化が近づいている。その技術とは、波長が222nmの紫外線によるウイルスや細菌の不活化(感染力や毒性の消失)である。222nm紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」という夢のような性質を兼ね備えているのだ。光源の開発では、日本のメーカーが圧倒的な優位にいる。
 2020年4月21日、米コロンビア大学(Columbia University)の発表が全世界に衝撃を与えた。同大学教授で放射線研究所所長のデービッド・ブレナー(David Brenner)氏らのチームが、222nm紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、「勇気付けられる結果が得られた」(同氏)。この222nm紫外線を人の活動空間に照射することで、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できる可能性があるという。同氏らのチームはかねて、222nm紫外線による様々なウイルス・細菌の不活化に取り組んでいた。
従来、紫外線によるウイルス・細菌の不活化には、254nm紫外線が主に使われていた。254nm紫外線はウイルス・細菌の不活化効果こそ高いものの、人体に照射すると皮膚がんや白内障を発症させる恐れがあり、人がいない空間でしか使えなかった。人体に無害な222nm紫外線であれば、病院や学校、オフィスなどありとあらゆる公共・商業施設で常時照射できる。ウィズコロナ時代における経済・社会活動の範囲を大幅に広げられる可能性があるのだ。しかも、222nm紫外線の不活化効果は、254nm紫外線と同等水準が見込めるという。
 222nm紫外線でウイルス・細菌を不活化できるのは、ウイルス・細菌の遺伝情報を担うDNA(デオキシリボ核酸)や遺伝情報に基づいてタンパク質を合成するリボ核酸(RNA)に損傷を与え、複製による増殖能力を失わせるからである。DNAやRNAは、大ざっぱにいえば、塩基・糖・リン酸から成る化合物(ヌクレオチド)が鎖状に結合したものである。この鎖上において、チミン塩基(T)同士やシトシン塩基(C)同士、またはTとCが隣り合う部分では、紫外線によってこれらの塩基が結合し、シクロブタンピリミジン2量体を形成する。そうなると、DNAを複製できなくなる。これが、不活化の原理である(詳細は後述)。254nm紫外線による不活化も、同じ原理を利用している。
ウシオ電機はウイルスの働きを抑える紫外線照射装置の量産を始める。医療機関やオフィスの天井に設置し、ベッドや机、衣類などに照射して使う。新型コロナウイルス向けの引き合いが強く、今夏までに国内外で数百台を供給する考え。価格は20万~30万円で、一部を無償提供する。照明器具に組み込める小型タイプも国内で10月をめどに年数十万個ペースの量産を始める計画で、数十億円の売上高を見込む。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

既得権を守りたい側は必至だが
ボルトン氏の暴露本が発行されるというので、トランプ陣営に不利に働くという報道で埋め尽くされているが、果たしてそうだろうか?
同氏の本を読んだわけではないから何とも言えないが、ボルトン氏といえば対中国最大の強硬派だった。
本の中でトランプ大統領の対中国政策はまだまだ甘すぎると言っている可能性がある。そうなれば追い風として働く。
米国民は、反中国を唱える人の方が多いと言われている。
対中国法案が次々に可決されるのに民主党が反対できない下地がそこにある。
バイデン候補が反中国を掲げるのは難しかろう。
バイデン候補およびその家族が、中国とズブズブだということは、選挙戦が始まれば事実であるだけにもっと大々的に広まるだろう。
オバマ氏もその在任時代に中国企業が米国で上場するのに審査を甘くするなどの便宜を図ったのだということも言われているから、これも選挙が始まれば暴露されよう。オバマゲートだけにとどまらない闇が明るみに出る。

ホワイトハウスに隣接する米財務省の別館に、世界中のカネの流れを追いかけている専門部署がある。
外国資産管理室(OFAC)――。資金洗浄(マネーロンダリング)を監視したり、米政府による経済制裁の対象を絞り込んだりするのがその仕事だ。必要とあらば、連邦捜査局(FBI)や司法省とも手を組む。
オバマ政権時代に対中政策に関わった元国務省高官は、「この部署が中国企業による不正取引の調査に本格着手したのは、オバマ前政権下の2014年後半だった」と証言する。

この調査によって浮かび上がったのが、いま世界を騒がせる中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)や、中興通訊(ZTE)によるイランとの不正取引の疑惑だった。
トランプ大統領は「中国が米国から不当に得た知的財産をもとに、世界覇権を目指そうとしている」と、中国への攻撃を強める。しかし、対立の火種は実はトランプ政権以前に埋め込まれ、おき火のようにくすぶっていた。
この30年あまり、中国は世界中でやりたい放題して、親中国人脈を構築してきた。
オバマ時代の米国は、台頭著しい中国とどう向き合うかという難しい課題に直面していたが、弱腰とも思えるほどにそれを放任してきた。
共同で温室効果ガスの削減目標を打ち上げるなど大国としての連帯を模索する半面、南シナ海の埋め立て問題やサイバー攻撃問題などの火種を抱えた。シルクロード経済圏構想(一帯一路)でアジア、欧州、アフリカへの影響力を広げる中国の姿に、「米国の覇権を脅かしかねない」との警戒も徐々に強まっていたが、対処しなかった。
米国大統領選挙は、つきつめれば、米国民が共産主義を容認するかどうかということになるから、日本の左寄り報道のようになるかどうかは判らない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

全て受け入れるほどの覚悟はまだ無い
「是非に及ばず」
生涯を閉じざるを得ない場面を迎えて、このように鮮烈な言葉を出せるかどうかを考えるとき、この年になっても甚だ心許ない。

この一語をむかし読んだとき、小生意気な理屈を捏ね回していた年ごろだったが、それだけで兜を脱いだ記憶がある。良いだ悪いだを言ってもしょうがないなどという気楽なものとは違う。
全てをそのまま受け入れる覚悟がいつもできていないと出てこない言葉である。
命のやり取りを日常的に繰り返す戦国時代の中にあって、普段から自分の死はいつやってくるか判らない日々だったとしても、これは鮮烈な言葉であった、誰もが到達できる境地ではない。

寄せ手が光秀だと知るや、光秀の手配りであれば手落ちがある筈がないと、相手の力量もその実力通り評価して、死を的確に覚悟したということでもある。
自分はそんな心境には未だ至らず、些細なことどもに心定まらず、明日をのみ思い煩うありさまである。
平和な時代というのはお気楽なものであるが、それでよいとして便々と過ごすだけでは気が引ける。
歴史に残る大事を為した人たちというのは凄すぎる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

スバルは六連星ではなくて七連星だった?
冬空は空気が澄んでいて、星々が美しく見える。
西洋では、地上に居た神々が空に上がって星座になったとされ、それぞれの神々の物語があるが、日本では、天の神々が地上に降りてきて人々を導いた。
昴星(ぼうせい)、すなわちスバル。
プレアデス星団は、別名、六連星(むつらぼし)とも呼ばれ、動詞「すばる(統ばる)」に由来して「すばる」と呼ばれることが普通である。枕草子にも見られる。同じ星団を指す漢字「昴」をあてる。
オカルトっぽく感じるが、日本人の先祖は、このスバルから移住してきたのだという説がある。それ以前のスバルは七連星であった。日本人の遺伝子は、どうも多民族とは違うものがあるのだという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

日本文明は四大文明より古い
猿だって簡単な石器くらいは使うが、磨製石器は作れない。そこが人類との大きな差である。
石器は、原料となる石材を他の石材や獣骨などで敲打(こうだ)したり剥離したりして製作する。磨製石器はこのように製作した石器を、さらに砂や他の石で擦ることにより磨いて凹凸を極力なくして作る。磨かないままのものは打製石器と呼ぶ。
母材の石が緻密なほど表面はなめらかで鋭利となり、樹木伐採などに使用する場合でも何度も繰り返して使用できる。
世界最古の例は日本のものであるとされ、3万8千年前から3万5千年前に遡る。

ちなみに、現在世界最古と考えられる土器の一つが、青森県大平山元Ⅰ遺跡の縄文土器。
放射性炭素年代から推定すると、約16000年前。
これらのことから多くの研究者は、遅くとも15000年前には日本列島で土器が使われていたと考えられている。
中国が悔しがって20000年前のものが出土したと発表したことがあるが、研究のために見せてほしいと要請したが拒絶され、しばらくすると盗まれてしまったと発表した。

世界四大文明などと未だに言っているのは日本くらいのものである。
最古級の歴史を持ち、文明も世界に誇れるものを持っていたのだと認識した方が良い。
古いからどうだのこうだのを言いたいのではないが、考古学的検証というのは事実に基づかなければ、科学的であるとはいえない。
日本の学界は、日本が中国や韓国の亜流のようにもっていきたいらしいが、言語体系が違うことをどうやって説明するのだろうか?
生物学的にも、染色体に他民族とは差があるのだということが証明されてしまっている。

日本は駄目だ駄目だと貶めたい勢力はいまだに根強いが、そもそも持っている実力を覆い隠すことなぞ不可能である。多くの日本人が本来持っているのに隠されていた能力と国力の強さに気づき、誇りを取り戻しつつあるように感じる。マスコミなどの世界に食い込んで日本を欺こうとしていた連中は段々に炙り出されてくるようになったのも、国民が情報源を多数持つことができるようになったからである。
2700年の歴史を紡いでくることができたのには根拠があるのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

日本は本当にそんなに悪かったのか?
日本は悪い悪いと言われて育ったら、まともな国民が住む社会になるわけがない。
そういわれ続けてきたことで歪められ、発展が阻害されたことでの国益の損失と、何よりも誇りを持てなくなった若者が増えたことを、そろそろ見直さなければなるまい。

表現が適当でないことは承知だが、「盗人にも三分の理」とか「一寸の虫にも五分の魂」という言葉がある。
なにごとであれ、それをしたことには必ず理由があるのだということを無視したままで検証はできない。
なにも今更過去を掘り返して正当化しようというのでも、歴史を修正しようというのでもない。

終戦後には食糧難を乗り越えられたのを始め、復旧にひとかたならぬ援助をして頂いた恩義を忘れるわけにもいかないが、良いも悪いも含め事実がどうであったかくらいは、そろそろ知った方が良いのではないかと思うのである。理由というのは必ずあるからである。

1919年に日本は国連で人種差別撤廃を唱え、多数国の賛同を得たが、議長国であった米国が、このような問題は全会一致でなければならないとごり押しして廃案となった。植民地を持つ白人国が危機感を覚え、黄化論が起こるきっかけになったりしたが、日本はもうそんな昔から、奴隷制度まで残す植民地支配をしている白人諸国からのアジア諸国の独立も掲げていたのである。

終戦間際になってから、敗色の濃い日本に対し、不可侵条約を一方的に破って背後から襲い掛かった破廉恥行為をしたにも拘わらず、終戦後に日本の分割統治を主張したような国も相手だったのである。
その国は、日本将兵を捕虜として長期間抑留し、シベリアで強制労働に従事させもした。

国際裁判などというのをして、法治国ではあるまじきものとされる事後法による茶番劇で日本側のみを裁いてA級戦犯なるものを創り上げたが、戦勝国側の毛沢東やスターリンの犯した非人道的行為が裁かれはしなかった。
戦勝国側が敗戦国の指導者を死刑にしたいというなら、それで一貫すれば済むこと。忸怩たる思いを覆い隠すために押し付けたものが、その後の日本を長きにわたって苦しめている。
日本人の尊厳を根底から破壊できるほどの正義が彼らにあったとでもいうのか?
紛争を解決するための最後の政治的手段が戦争であるというのが当時の世界常識だったのであるから、勝った負けたで決着できたはずである。

パリ不戦条約というのがあった。第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定したものであるが、条約批准に際し、米国は、自衛戦争は禁止されていないとの解釈を打ち出した。さらには英国と米国は、国境の外であっても、自国の利益にかかわることで軍事力を行使しても、それは侵略ではないとの留保を行った。随分都合の良い言い分である。
しかし、経済封鎖は戦争行為そのものであるとの解釈もされていた。
だとすれば、ABCDラインによる日本への経済封鎖は、宣戦布告に等しいものだと言える。
フランクリン・ルーズベルト大統領は、何としても日本と戦争したかった。

戦争が悲惨なものであり、戦っても勝てるかどうかさえ判らない不安を抱えながら、敢えて戦争に踏み込むには、それを為すための旗印が必要であった。大義として掲げて戦うだけの理由がなくて国を挙げての戦争はできない。見境もなくそれに走るほど日本人が愚かであったとはとても思えない。
戦争に至る理由としたものを日本人が知ることを、どうしても封じ込めたかった強い勢力があったから、日本人はそれを知ることなく過ごしてきたのだと思う。
情けないことに、それに加担した日本人が沢山いた。彼らは日本人の美徳や誇りや文化を否定し、今もそれを引き継いでいる勢力が根強く残っている。

戦後に我々が教えられたことは、野蛮な日本軍が東南アジア諸国に侵略して悪事の限りを尽くしたのであるから、日本人は深く反省しなければならないという一点だけであった。
どう考えたって、日本人がそんな民族性の国であった筈がない。
しかも、その教育は、植民地支配時になした白人国側の悪行の数々まで、日本によるものだとして擦り付けるという悪辣ぶりであった。どちらの方が残虐行為を沢山したのかは、明白な事実として残っているのではないのか?
だから、何故に日本が国家の存亡を懸けてまでそうしたかを知られることや、それに至る理由に触れることはタブーであった。
今だって、その理由を知らない人が殆どであろう。

日本を悪者と決めつけ、一方的に押さえ込むための先兵として使われたのは左翼思想に固まった日本人たちであったことは想像に難くないし、以後、その流れは今に至るも脈々として引き継がれていることにやりきれなさを覚える。
日本人が、掲げた正義と大義がどんなものであったのかに気づかれてしまうのは、人道を名目的に建前とする彼らにとっては、何としても防がねばならないのであろう。そういう意味では、思惑通りに上手くしてやったと言える。

日本はアジア諸国に侵略したというが、日本軍が戦った相手は植民地支配をしていた白人国軍と、その植民地支配に加担していた華僑であって、現地民と戦ったわけではない。なぜなら、彼らは武器を持たされていなかったからである。
戦後、植民地支配をしていた国々は、再度それを復活させようと目論んだが、ついにそれは果たせなかった。それはなぜなのかと考えてみるだけで、いろいろ解ってくる。
事実というのは、良いも悪いも隠しおおせるものではない。

東南アジア諸国が日本を恨んでいるからという謳い文句は、日本人を押さえ込むのに有効であったが、近年になると流石に左翼的マスコミ或いはジャーナリストも使えなくなったのは、恨みを持って反日的なのは、特亜3国のみであるということが日本国民に判ってきてしまったからであろう。
それでもまだこじつけ理論で頑張っている者もいるが、相手にされなくなってきている。
捏造或いは歪曲したことを根拠として主張するのでは、整合性がなくなるからである。
我々は、民族としての誇りを、そろそろ取り戻しても良いのではなかろうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

規制が検討されても仕方ないツール
ツイッターのアカウントが大量に停止されたというニュースが少し前にあった。
フェイク情報を大量に流して世論をミスリードしようとしていたからだとされる。
ズームというのもある。表向きはアメリカの企業ということになっているが、社長はもと中国人なのだという。
ズームを使って天安門事件に関する会議をやろうとしたところ、これに参加しようとした人たちのアカウントが停止されてしまったのだという。中国からの要請があったのでそうした、との説明があったのだというが、SNSというのは操作されやすいということなのだろうか?

これらのツールは安上がりで情報活動ができることや、書き込みをする人の情報が秘匿されていることもあって、隠れたところからならどんな卑劣なことも可能となるから、フェイクや誹謗中傷に使われやすいという難点がある。便利な機能をもっていても、悪用する人がいるのだとなれば、規制がかかるようになってもやむをえまい。

ファーウェイの使用禁止問題も、組み込まれるチップに情報抜き取りのプログラムが入るからだと言う人がいるが、そんなことが最初からばれるようなことをするわけはあるまい。
情報ネットワークを組み上げるのには莫大な費用がかかる。それを構築した後にはメンテナンスが必要となる。その段階になってから情報を抜き取ることなら簡単にできる。そうなってしまってからでは防御できないから、それを危惧するのは当然なのだと思う。
目先の安さに惑わされれば、取り返しがつかなくなることがあるということなのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

日本にもアンティファ?
破防法調査対象団体に指定されているのは、ウィキペディアによれば現在17.
指定年月順。1973年2月の国会質疑では以下16団体、1995年5月23日にオウム真理教が追加された。
1. 日本共産党
2. 朝鮮総連
3. 護国団
4. 全学連
5. 共産主義青年同盟(共青)
6. 共産主義者同盟
7. 大日本愛国党
8. 大日本愛国青年連盟
9. 国民同志会
10. 日本同盟
11. 関西護国団
12. 日本塾
13. 中核派
14. 革共同
15. 革労協
16. 革マル派
17. オウム真理教
しかし、海外で暴力的行動で猛威を振るっているアンティファを、日本国内で野放しにしたままでいいとは思えない。
実態が明らかでないという説もあるが、それを象徴する旗やシャツを規制するだけでも効果があるのではなかろうか。
渋谷におけるクルド人差別反対デモというのも、背後関係がかなり怪しいのではないのか?
クルド人文化協会でさえもが声明を出して、このデモを支持しないと言っている。
人種差別反対を叫んではいるが、R党やK党の議員まで加わってのそれは、反政府運動に誘導するための動きであった疑いが非常に強い。
平和を口にしながら暴力行為を働くのを正当化されるような動きに発展したら堪ったものではない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

支持が得られるような活動をすればいいのに
外出自粛中の昼間は、TVで国会中継を見ることが多かった。
国会質問といえば、さぞかし高尚な議論のやりとりがあるのだと思っていると大違いである。
野党議員はどうしていつも攻撃的な、もっとはっきり言わせて貰えば、喧嘩腰の話しかできないのであろうか?
役人が相手だとでもなれば更に居丈高になり、イジメすら連想させる。
議論してよい結果を出そうと思うなら、どんな組織だって双方が丁寧で穏やかな口調で話し合う。
そうすることで互いの真意を理解しあい、了解点を見つけたり、もっと良い案にたどり着くことができる。
普通の社会であれば「こんな奴の言うことなんか絶対に聞いてやるもんか」と思わせてしまうに十分だと感じさせてしまうような物言いで通用するとしているなら、勘違いも甚だしい。
政権の支持率が下がったという報道はあるが本当だろうか?それなら野党の支持率があがって然るべきだと思うが、逆に彼らの支持率も下がっている。
こんな人たちの政党に政治を委ねたいとは思わない国民の方が多いということではないのか?
国民が納得知るような法案を提示したり、なるほどと納得するような審議姿勢を見せているとはとても思えないことが現実である。
会期終了間近になって、延長すべきだと騒いでいるが、自分たちが何をやってきたのか忘れてしまったとでもいうのか?
審議拒否やら同内容の質問を何度でも繰り返して、時間を空費させていたのではなかったのか。
国民はちゃんと見ているのだと認識した方がよい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

国債を発行できる強さがある
コロナ対策をするには莫大な資金が必要となることは、考えるまでもなく誰にだってわかる。
それをまかなうためには国債の発行が必要となることも否定できまい。

物知り顔で出てきて尤もらしいことをいって国民に不安感を与えるI氏のような人がまだ居る。
日本の国債残高が1000兆円を超え、いずれ国民が税金によってその借金を払わなければならないのだと説明するから、素人は惑わされる。
ちょっと待って欲しい。国際は確かに政府の借金かも知れないが、日本の国債は円建てであり、その99%は国民が自分の資産として購入しているのである。
国債は借金の形のままで残るのではなく、その殆どはインフラ等の資産として財産の形となって残る。すなわち、ツーペイである。
しかも、国債は期限が来れば利子を加えて償還される。国民は受け取る側なのである。その時に国の資金が不足することになれば、新たに国債を発行して調達する。民間の銀行でもよくやっている借り換えと何ら変わりがない。
そうやってぐるぐる回していく性格のものである。基本的に経済成長があるから、その償還負担は年数が長いほど減る。
借り換えが利かないということになれば問題だが、日本の信用は米国やドイツと並んで高いから、国債の引き受け手がないなどという恐れはない。なぜなら、日本の国債の金利が低いということでそれは証明できているからである。

民間の経済活動を考えてみれば解る。民間企業が借り入れをするとき、損益だけを問題にしないで資産とのバランスで判断されるのである。
国ということになると借金ばかりが取り沙汰されるが、それに見合う資産があれば何ら問題はないのだと考えないと、判断を間違うのではなかろうか。
当面の困難を乗り越え、またみんなで頑張れば、経済発展により税収は増え、収支は改善すると考えないと、何もできなくなる。単年度ではなく長期的な視野が要る。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

取り残される恐れ
中国の脅威が世界的に問題視されるようになってきているが、脳内お花畑状態で平和ボケしている日本では、このままでは対応しきれないのではなかろうか。

世界にはファイブ・アイズと呼ばれる組織がある。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドという英語圏5ヶ国の機密情報ネットワークなのであるが、新たに日本、韓国、フランスを加えた「拡大版」の枠組みが発足した、というニュースが報道された。
この共同通信の記事では、「中国への牽制を睨んだ情報共有の枠組みに発展させる構想もあるという。米国は英語圏5ヶ国に友好国を加えた「ファイブ・アイズ+(プラス)」の拡大枠組みを通じて対抗することを目指している」のだという。

この機密ネットワークのメンバーとなるメリットは絶大だ。米国は世界的な衛星監視能力を有しているが、ネットワーク全体はそれぞれの加盟国の地域的な専門能力からの恩恵を享受している。例えば、オーストラリアとニュージーランドは極東地域における強みを有している。加盟国間で情報の責任分担を行っており、お互いに自国にとって難しい分野を補完し合っている。

5ヶ国間で情報を容易かつ迅速に共有することができるため、より迅速に個々の点と点とを結び付けることができ、共通の言語と法制度、文化も重要な意味を持っている。
が、なんといっても全面的な信頼関係が大きい。そのため、加盟国同士で指導者や当局者の電話を盗聴しないというルールがあり、その根底には、指導者同士の議論は完全な誠実さの下に行われるものだという信念があるからだ。

影響を受けやすいテクノロジー企業への中国の投資を制限し、習近平政権下で強まる外国政府・社会への浸透工作に対抗するための国家的な措置が次々と打ち出される中で、国際的な協調が加速している。2017年12月にオーストラリア政府は、中国の影響力に対する懸念から、外国のロビー活動と政治献金に関するルールを厳格化する新たな法案を明らかにし、国家反逆罪とスパイ活動の定義も拡大した。アメリカも特定の外国投資を封鎖する権限を政府に与える外国投資リスク審査近代化法(FIRRMA)を制定した。

日本のインテリジェンス・コミュニティは長い間国際的に後れを取ってきた。他国のインテリジェンス・コミュニティは、戦略環境の変化、技術の変革、インテリジェンスの失敗といった要因によって改革を迫られてきた。帝国主義時代の侵略的な拡大を経て、東西冷戦下の時代を経験しながらも、日本のインテリジェンス・コミュニティは、基本的には拒否反応の動きの方へと誘導されている。
その結果、各インテリジェンス部門が生のデータと分析を共有することができなくなって、長期にわたって日本を弱体化させてきた。
これが現状における日本の弱点である。諜報活動はおろか情報を得る組織すらない。

コロナ後の熾烈な国際状況が予測される中、日本が生き残っていくためには、ファイブアイズに加盟することが必要であろうが、最低限でも「サイバー攻撃に対する備え」と「スパイ防止法の制定」は当然求められる。
それはそうだろう。弱点を抱える国が組織内にあったら、機密事項がダダ漏れになるからである。日本は、この分野で大きく立ち遅れてしまっているし、まごまごしていれば仲間外れとなって国際社会から大きく取り残される。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

軍事基地化されてしまった新南群島
韓国は竹島を独島などと勝手に名付けて自国領だなどと主張しているが、終戦直後のドサクサ紛れに火事場泥棒のような破廉恥な侵攻で日本から奪ったのが事実である。
なんと言ってこじつけようとも正当性はなく、真実を曲げることはできない。
だいたいからして、朝鮮が戦争によって勝ち取れた領土など、歴史上あるのか?

ソ連による北方領土の不法占拠だって、流石のロシアが返還交渉に臨まざるをえないのである。
言うまでもなく、中国が度々侵犯を試みる尖閣諸島は、絶対に死守しなければならない。
マスコミは報道しないが、その脅威に対して世論を喚起しなくてはならない責務があるのではないのか?
侵攻の前には、日本国内が諜報活動により混乱させられることは想像しなくても判る。
放っておけば中国は南沙諸島のように、軍事力で実効支配してしまう。

南沙諸島などと呼んでいるが、そもそもは新南群島といって、日本固有の領土であった。それも戦争により占領した島ではない。
1952(昭和27)年4月発効のサンフランシスコ平和条約第2条のf項にこうあります。
「日本国は、新南群島及び西沙群島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する」

ここでいう新南群島が南沙諸島を指す。
新南群島は、1918(大正7)年に、海軍中佐の小倉卯之助という探検家が発見し、島の一つに標柱を立てた。いうなれば南方領土の発見である。ちなみに小倉が探検に使った帆船は、明治時代に千島探検で名を馳せた元海軍大尉、郡司成忠所有のものであった。郡司は作家、幸田露伴の実兄である。

その後、ラサ島燐礦(りんこう)会社(現・ラサ工業)という日本の会社が、大正期から1929(昭和4)年にかけて、新南群島で肥料の原料となるリン資源グアノの採掘をしていた。最盛期には140人ほどの日本人が働いていたという。
また、日本統治下にあった台湾の高雄を根拠とする漁業者が、マグロ漁の中継点にしたり、貝の採取をしたりしてもいた。
戦後の日本国政府の見解は「第二次大戦後の日本の領土を法的に確定したのはサンフランシスコ平和条約であり、カイロ宣言やポツダム宣言は日本の領土処理について、最終的な法的効果を持ち得るものではない。」との立場をとっている。
1952年(昭和27年)発効のサンフランシスコ平和条約の第2条では、台湾および澎湖諸島、新南群島(スプラトリー諸島)および西沙群島(パラセル諸島)の領土権(権利、権原および請求権)の放棄について明記されているが、放棄後どの国に帰属するかは取り決められていない。
また、サンフランシスコ講和会議に招請されなかった中華民国との日華平和条約の第2条では、日本は台湾および澎湖諸島、新南群島および西沙諸島の領土権(権利、権原および請求権)の放棄について承認しているが、同条約第3条では、台湾および澎湖諸島としか記載されていないため、新南群島および西沙諸島が放棄後どの国に帰属するかは取り決められていない。
中国が我が物顔に占拠することが可能な法的根拠は全くない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

学問の本質が理解できなかった
外出自粛ということで、不本意ながらTVで韓国ドラマ放送を見る羽目になっていた。
ほかに何もやっていないから、否応なく朝鮮ドラマを見ていたのだが、それは世宗大王の王朝物語であり、水車を作るという場面であった。衣装や調度の豪華さは、その時代にそぐわない捏造考証なのは、例の通りのことであるから、とりたてて指摘する気にはならないが、李氏朝鮮には木を曲げる技術がなかったので、車はなかったのだと記憶していたから、それに関してはちょっとネットで探してみた。
有難いことにすぐに見つかった。
• 日本では1400年代の室町時代には水車が登場し、都市部で稼働していた。
• それを見た朝鮮通信使が、朝鮮に帰国して日本の水車を絶賛する報告をしている。
• 以降、1800年代に至り朝鮮でも水車を作る試みがなされた。
• しかし、結局自力で水車を作ることができなかった。
• 中国や琉球経由で、水車を輸入して使用していた。
• 韓国の退廃した貴族制度が農耕技術の発達を遅らせた一因である。
水車に関しては、結局のところ当時の韓国では作る事が叶いませんでした。これは、いつの間にか日本の技術力が韓国を凌駕していた例としてネットでも有名になっています。
とはいっても、かつて朝鮮通信使が伝えた儒教を始めとした文化が、日本に多大な影響を与えていたことも事実です。
どちらの国が上なのか、下なのか、ではなく、正しい歴史を認識していくことが大切です。
朝鮮半島の水車の歴史

1429 世宗11年12月3日 日本の水車が凄いと報告
1430 世宗12年9月27日 水車を造ろうとする
1431 世宗13年5月17日 「中国も日本も水車の利を得ているが我が朝鮮にはそれがない」
1431 世宗13年11月18日 日本と中国の水車の研究の記述が散見
1431 世宗13年12月25日 水車導入を試みる
1451 文宗元年11月18日 20年かけて水車の導入失敗
1488 成宗19年6月24日 水車導入の試み(成否不明)
1502 燕山君8年3月4日 水車導入の試み(成否不明)
1546 明宗元年2月1日 水車導入の試み。琉球(沖縄)と中国から福建式水車輸入
以後百年間水車の記述無し。
一方お隣り日本では、鉄砲伝来後3年目にはすでに量産体制。

1583日本では、口径80㍉のファルコン砲を量産開始(大友宗麟)

1650 孝宗元年5月15日 水車導入の試み 30年記述無し。
  一方の日本では、鉄砲量産10万丁

1679 肅宗5年3月3日 水車を造らせたと記述。そして70年記述無し
1740 英祖16年4月5日 水車など無くなりました『孝宗大王嘗頒遼瀋水車之制於外方, 今無見存者』

1740 英祖16年11月20日 水車を造らせたと記述(18世紀時点でわざわざ記録に残す程?)
1764 1763-64年の朝鮮通信使「日東壮遊歌」(淀城の水汲み水車の感想)
  「その仕組みの巧妙さ見習って作りたいくらいだ」と記述

1781 日本では、水車があまりにも増えすぎて治水工事のジャマなので、水車税を導入した。(田    沼意次)
1795 正祖19年2月18日 水車之制について盛んに出てくる。つまりまだ試作中

1811 純祖11年3月30日 の記述で水車なんか必要なのか?と書かれており、全く普及していない

額に汗して働くことを蔑視する社会では、技術など発展するわけがない。李王朝末期まで、農業は日本の平安時代のころの程度でとどまっていたのだという。職人とても同様の扱いであったから、国が発展できるような基盤は育たなかった。

日本も儒教を学んだ国であるが、学問の本質をとらえることに格段の差があった。
江戸時代初期にして既に、山鹿素行は『中朝事実』(ちゅうちょうじじつ)を著し、これが明治維新を進める原動力となっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

嘘を基盤とした騒ぎで議員となったが
慰安婦問題は案の定、韓国内で破綻し始めた。
捏造は以前から指摘されていたが、嘘は何百回繰り返そうと真実にはならない。
慰安婦たちを食い物にして国会議員に成り上がった者が出てきたことで、流石に破綻を来したのであろう。そのやり口はかなりアクドイ。
嘘で引きずり回された一般人は気の毒ではあるが、彼らが嘘に気づかなかった筈はない。気づかないふりをしていただけのことだから、騙されていたのだという言い訳は通用しない。
怪しげな組織の代表が、国会議員として大手を振って罷り通れるのは、韓国の国民が選挙で当選させたのだから仕方ないが、それに絡んで文大統領がまたまた日本批判を蒸し返しているのは、国としての異常性を曝け出して余りある。
ついでに付け加えるなら、文大統領は引退後の住まいを14億7千万ウォンで購入したという。
個人の自由かも知れないが、生活苦に喘ぐ国民感情を逆なでしていることが、引退後の安心した生活を危うくするのが、歴代大統領の辿った轍を踏むことにならなければ良いが・・・

そもそも慰安婦問題は、朝日新聞の捏造記事から始まった。
慰安婦問題を煽った朝日新聞は、自社に証拠となる一次資料があったにも拘わらず、何故にそれを無視したのだろうか。反日が社是になっているからなのだろうか?

慰安婦問題は、朝日新聞による捏造或いは歪曲報道が原因となっていることが次々明らかになってきている。その報道がなされるまでの日韓関係は、友好への道を辿りつつあったのではなかったか?
現在の険悪な関係を導き出す基となったのは、朝日新聞のような気がしてならない。
自社による戦前の新聞記事が虚偽によるものだったとの検証記事は一切ないし、それら戦前の報道内容に誤りがあったとはとても思えない。自社の過去の報道には頬被りしてまで日本を貶めようと図ったのは何故なのだろう?
「慰安婦強制連行」説を主導してきた朝日新聞だが、近現代史家・ジャーナリストの水間政憲氏は、戦時中の朝日新聞朝鮮版が「慰安婦」についてどのように報道していたかを精査した。新刊『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(小学館)の中で、水間氏は以下のように解説している。
 * * *
 朝鮮半島で一般女性を拉致監禁して遊廓などに売り飛ばしていたのは悪徳朝鮮人業者だった。では朝日新聞・朝鮮版では当時のこのような状況をどう伝えていたのだろうか。
 
〈婦女誘拐の一味 遂に送局さる 元釜山府臨時雇らの首魁
 官印偽造、公文書を偽造行使し多数の婦女子を誘拐した元釜山府庁臨時雇釜山府大倉町四丁目五十九番地金東潤(二十七年)ほか七十七名に係る公印偽造、公文書偽造行使詐欺誘拐事件は釜山署で取調中のところ今回取調終了、二十日一件記録とともに身柄を送局したが拘束者は金東潤ほか九名、起訴意見十一名、起訴猶予五名、起訴中止六名、不起訴五十五名である。
被害婦人は二十八名に上り、このほか南洋方面に誘拐されたものも多数ある〉(『大阪朝日・南鮮版』1939年11月21日付)
 
 他にも悪徳朝鮮人業者が摘発された記事がある。
〈田舎娘など十四名も誘拐 一味送局さる
 京城府蓬莱町四丁目無職裴長彦(五十七年)ほか十一名は共謀して田舎の生活苦に喘ぐ家庭の娘、あるひは出戻り女など十四名を誘拐して酌婦あるひは娼妓などに売飛ばして約一万余円をせしめてゐた事件は西大門署で取調べてゐたが、二十五日一件書類とともに送局した〉(『大阪朝日・西鮮版』1940年6月28日付。写真)
 朝日新聞も「強制連行」の真犯人が朝鮮人だと報じていたのだ。「慰安婦」は当時合法であったにもかかわらず社会問題となったのは、一部で悪徳朝鮮人業者が婦女子を拉致、誘拐していたことによる。そこで、これらの悪質な朝鮮人業者に対し、陸軍省は1938年3月4日に『軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件』と題する命令書を発令している。
「(婦女子を)不統制に募集し社会問題を惹起する虞あるもの(略)募集の方法誘拐に類し警察当局に検挙取調を受くるものある等注意を要す(略)周到適切にし其実施に当たりては(略)警察当局との連携を密にし(略)社会問題上遺漏なき様配慮」せよというものである。
 悪徳業者に十分注意し、問題の起こらないように配慮を怠るなという厳命である。
 だが、朝日新聞は1992年1月11日の朝刊トップで、この『軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件』を「(慰安婦)募集含め統制」と書き、軍が慰安婦募集に直接関与していた証拠として取り上げたのである。悪徳業者を取り締まるための軍の「良識的な関与」を、あたかも軍が「強制」に関与したかのように報じるのは意図的な事実の歪曲だろう。
※『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(小学館)より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

異常な広がりを見せる米国内デモ
中国の李克強首相が5月下旬の記者会見で「中国には月収千元(約1万5千円)の人が6億人いる」と発言した。全国人民代表大会の閉幕後の会見で「中国の平均年収は3万元だが、月収千元の人も6億人おり、中規模の都市で家を借りることすらできない」と指摘。「新型コロナで影響を受けた人々の生活保障が重要課題だ」と強調した。
共産党の幹部は莫大な財産を蓄えていると喧伝されていることを勘案すると、実態はかなりお寒いのだと思わざるをえない。

習近平主席は、中国から貧困層をなくすと公約していたのではなかったのか?
共産主義国家でありながら、その実情は貧富の差が益々ひろがっているということではないのか。
国民が豊かになれば自由を求めるようになるに決まっているから、そうなると共産主義体制を維持できなることを恐れて、国民生活向上の政策がとれない。
中産階級が増えなければ、購買力は上がらない。すなわち、中国が巨大市場だというのは幻想であったということにつながる。
現に中国は輸出抜きにして経済はなりたたないと見えるが、国際ルールを余りに度外視した貿易により過大な利益を得ていることが問題視されるようになったのではないのか。しかもそれで得た利益を国民に還元することなく覇権拡大に費やしているとなれば猶更である。
オバマ政権時代まで中国を野放図に見逃し、適時バランスをとることをしなかったツケが、いま回ってきているのだと思えてならない。一気に直そうとすれば、軋轢は生じる。
しかし、いつまでも放っておいていいという問題ではなかろう。

アジア開発銀行というのがあるのに、新たにAIIBなどを主宰してまで一帯一路構想というのを打ち出したのは、発展途上国や後進国への援助というよりも、中国がそれらの国を支配することが目的なのだと疑われてもやむをえまい。
援助先国の国民が感謝するどころか中国人嫌いを鮮明にしてきているらしいことでも、それと知れる。
中国のやり方は、その相手先国のトップ層を取り込めば何とでもなると考えている節があからさまになってきているから、相手先国の国民から見破られてしまうのであろう。
各国首脳を取り込もうとするのは、国連では一国1票の投票により取り決めることが多いから、それへの対応策なのであろう。WHOの事務局長を決めたのだって、今となっては弊害の方がおおかったと指弾されている。
中国は国連の常任理事国であり、安保理では拒否権を持つ。制度的欠陥だと思うが、それがどうにもならなければ、新たな仕組みづくりに向かうよりなくなる。
それでなくても、アンティファの背後には中国の影が色濃いと噂されている。
米国の今の騒ぎを見ていると、諜報組織の影響が深く浸透してしまっているのではないかと危惧される。
日本もその活動の影響ではないかと思われる動きがあるように思える。そんなことをやっている場合か!
日本は、人種差別より先に尖閣諸島防衛が重大事なのではないのか?中国が尖閣を侵犯すれば否応なく戦争になる。そうならないためには、日本国民が尖閣諸島に重大な関心を持っていることを、世界に向かって知らしめなければならない。マスコミはトランプ報道より、それを先に扱うべきである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

台湾には昔からの絆がある
最近、台湾の国際的評価が高まってきている。
彼の国が努力した結果であるから当然なのであるが、日本では中国に遠慮してかどうか知らないけれど、きちんと報道することがない。
中国は一国2制度などといっているが、台湾は歴記とした独立国なのではないのか?
韓国と北朝鮮が二国に分かれていても、国連では認めているではないか。
共産主義独裁国家である中華人民共和国と、自由主義で成り立つ台湾(中華民国)が同じ一国であるわけがあるまい。
ウイグルやチベットや香港が置かれている立場以上に、もっと国際的にも考えられて然るべきだと思う。

現代の日本では、台湾のことをきちんと教えないが、台湾では教科書に日本のことを記述して、学校教育として取り上げている。日本人以上に日本のことを知っているのではなかろうか。
少し長いが、「日本と台湾の絆」という動画が有ったので是非見てほしい。これが植民地支配だったとどうして言えるのか。
https://www.youtube.com/watch?v=gLOS_qgGKdU

先人たちが如何に努力したのかを知らないままでいたのでは、申し訳が立たない。
もっと台湾と友好関係を深める道を考えることはできないのだろうかと思えてならない。
我々が何となく感じている台湾への親しみは、知らず知らずの間に培われていたのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

正直な民衆は手もなく繰られる
Me too 運動というのが流行ったことがあった。
セクハラ反対を唱えたのであるが、パフォーマンスに過ぎなかったように思えてならない。
ミートゥーと言いながら人前に並んだ面々が、セクハラとは縁遠いように感じたというようなことを言いたいのではない。
米国もそうだが、反対政党がらみのスキャンダルとして大騒ぎすることには使っても、自分の属する側のスキャンダルには頬被りするダブルスタンダードぶりを見せるからである。

アンティファもそうである。立件民主党の議員さんが黒いTシャツ姿の写真をさらしたりしてアピールしているが、解ってやっているのだろうか?
テロリスト支援者として指定されたら、銀行に預金口座ももてなくなるし、海外旅行もできなくなる。勿論カードは使えなくなる。海外に資産でも隠していたら、それも凍結される。
見せかけだけのパフォーマンスであるのなら、やめておいた方がよい。

渋谷でのクルド人の例でいえば、日本以外の国であれば直ちに国外退去させられる事案である。
共産主義国であれば、まず間違いなく逮捕収監される。
日本人は世界の諜報活動に太刀打ちなどできない。彼らは証拠も残さず反対勢力に打撃を与えることに長けているのである。
米国を見ていると、諜報活動をする組織が、もはや深く浸透してしまっているのだと感じる。
表向きは一般民衆にとって口当たりの良い主張を掲げ、抗議活動に反対しがたい動きを始めるが、うかうかそれに乗せられて行動するのは、愚かとしかいいようがない。
アメリカでの暴動に対しては、日本のマスコミの殆どがトランプ叩きに傾いているようだが、デモ参加者の現場写真すらチェックしていないのではなかろうか。
中国国旗やアンティファの旗が混じっているようだが、音声まで拾ってみると、中国で早く早くと指令している声まで飛び交っていたのだという。
日本のメディアであれば、外国のことであれば猶更、公平な事実確認をしたことだけを報道するべきであるのだと思う。
暴力を厭わないアンティファと、中国と、民主党左派が組んで混乱を煽っているのだともいわれているから、いずれそれも明白になるだろうと思う。
誰が得をするのかということを見極めるとわかりやすいと思うのだが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

人種差別反対に反対はできないけれど
TV画面でオバマ前大統領がトランプ大統領を非難している姿を見たが、久しぶりで見た感想は、あくまで私見であるけれど、随分窶れているように思えた。
何か必死になって喋っているのが説得力に欠けて痛々しくさえ見えたのは、気のせいだろうか。
まだ本格的には報道されていないようだが、オバマゲートが米国内の証拠により浮き彫りになってくる可能性は高そうであし、オバマ時代の副大統領であったバイデン氏が、中国に便宜を図ったらしい事案も、台湾経由の情報により知れてしまったようである。
人種差別抗議デモが収まったら、それが次の攻撃目標とならないという保証はない。
デモは、暴力行動に走る画像があからさまに広がれば沈静化する。
トランプ反対派のメディアが必死になって煽ろうとしても、民衆はいずれ気づいてしまうからである。
この書き込みはエビデンスに基づいての感想ではないし、他国のことであるから違うかもしれないが、何かに煽られたかのように民衆が一方向に動くときは、それに囚われないで冷静に見る癖を持つことが必要だと思うのである。
流行りに乗り遅れまいとのパフォーマンスかも知れないが、渋谷でクルド人が職務質問を受けたことに抗議活動をした議員が居るらしいけれど、彼らの属する政党の支持率がさがってしまうのは、そんなところにもあるのではなかろうか。危険の臭いを察知してしまうからである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

何でもかんでも人種差別に結び付ける?
日本の人口は、明治維新当時3,330万人であったが、2020年には12,693万人となった。
人口が増える過程で人口爆発を恐れたかのような政策をとったのか、近年は逆に人口の減少を食い止めようとの動きが出てきた。
外国人労働者の受け入れにも積極的なようである。
日本は外国人の受け入れが少ないとマスコミなどが騒ぐが、現実として、流入外国人居住者は世界第4位、外国人人口は世界第7位だという統計がある。
外国人の受け入れに反対するものではないが、受け入れる以上は、日本の法を守るように周知させるべきだと思う。

先ごろ、渋谷でクルド人が警察官の職務質問を拒否したことへの対応に関し騒いだ者が多かったというが、経緯を知った上での行動だったとはとても思えない。
付和雷同した野次馬の延長線上で騒ぎに加担した者がいたとしたら、それは無責任である。職務質問を受けたら対応するのは当然ではないか。
そんなことは人種差別でも何でもない。日本にいたら、日本の法を守る。外国人だから守らなくていいとしたら、治安は崩壊する。
職務質問はその昔、不審尋問と呼ばれていたように、現に疑わしいと思われる行動をしていた者に対して行われる。逮捕することが前提ではなく、犯罪を予防するためである。
なんとも不可思議なのが、そこに議員まで出てきて騒ぎを拡大させたとなると、法治国家の根幹にかかわる重大問題であることにならないのか?周りで騒いだ群衆の中にアンティファの黒い旗があったともいうことになれば、猶更のことである。アンティファは、テロリスト支援が疑われる違法極左暴力集団ではないのか?

職務質問は、されたら不愉快かも知れないが、問われたことに答えれば大ごとにはならない。
警察官は治安を維持するために職責を果たしているのだから、それを拒否すれば疑念が増大するのは当然ではないか。それを非難したら、いったい誰が法を守るのかということになる。
最近、群衆に紛れ込んで騒ぎを煽るものが増えてきているように思えてならない。極めて危険な兆候である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

暴動が拡大しているというが
テロに理解を示す国や地域は、テロリストが跋扈するようになるというのは、もはや常識化された考え方であろう。
アンチファということがかなり前から言われるようになっている。アンチファというのは、反全体主義と訳しているようだけれど、全体主義ということになれば、第二次世界大戦のころのドイツを想像しがちだが、今時右翼がかった全体主義なぞ考えにくい。
しかし、共産主義国家ということになれば、それは現に存在しているし、全体主義そのものであると即座に理解できる。それなのに、アンチファは共産主義を全体主義だとは考えていないようである。なんでだろう?
主義は主義でいいとして、それを通すことに暴力を厭わないということであったら、法治への反逆である。極左主義者の暴力は許されるというのは、卑劣な言い訳そのものではないか。
アンチファを掲げる彼らの目的とするのは、共産主義革命だという。

革命を目指す者たちの常套手段は、混乱を起こしている国の隙を突いて、民衆を煽り立てることから始めるのは、歴史が示している通りである。
ミネアポリスの黒人男性が、警察官の過剰な行為によって死に至ったということで始まった抗議活動は、当初は言論の自由を逸脱したものではなかった。
それが瞬く間に暴徒化したのは、何らかの組織が介入して、デモを乗っ取ったのだと感じる。
人種差別反対と暴動は、同一視して論じたところで解決することはあるまい。
しかし現状で報道されているものは、破壊・放火・略奪などであって、どう贔屓目に見ようとしても違法なテロ行為そのものではないか。
それも、服装などを見ると組織化された集団によるテロ行為にしか見えない。それが米国各地に広がっているとなると、作為を感じてしまう。
陰に資金を支援する扇動者がいるのかも知れないが、暴力を容認することは許されることではあるまい。
人種差別に反対することは当然だとは思うが、政治家や知識人や有名人が意見を述べるなら、
破壊や放火や略奪については非難すべきではないのか?暴動に加わっている者たちの行動の全てを容認したら、無政府状態を助長している無責任な行動と言わざるをえまい。
他国のことではあるが、ものごとを判断するときの反面教師として重要である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

まだ隠蔽していることでもあるのだろうか
新型コロナウイルスの蔓延が中国から始まったということについては、中国がどう言い逃れしようとも世界の見るところは一致しているのではなかろうか。
米中が互いに発生源の擦り付け合いをしているようだが、発生源はともかくとして、感染が爆発的に広がったのは中国からなのだということを否定することはできまい。
昨年9月にはもう、中国ではウイルス感染を認識していたことが状況証拠として浮かび上がってきている。しかもその感染者の大々的増加を予想したかのように、世界が何の対応も考えていなかった12月の段階で、大量のマスクの確保を始めていたのだともいわれている。
その一事だけでも、感染者が増えることを十分に理解していたのだということは明らかである。
パンデミックの危険性を予測しながら、WHOと組んで隠蔽しようとしたことが、世界中からの非難を浴びる原因となっているのである。
保菌者が多数いることをわかっていながら、海外旅行に制限を加えなかったことも、無責任の誹りを免れ得ない。

日本のマスコミは、これを中国に結び付けることを極端に避けているようだが何故なのだろう?
クルーズ船の来航時、中国経由の感染者があったことは判明している。
中国の擁護には熱心であるとしても、異常過ぎないか?
マスコミが誉めそやすのはK防疫であるが、その根底にあるのは監視社会の構築そのものの策だと思うのだけれど、それにも決して触れない。日本のマスコミが一番嫌うのは、自由を制限される恐れのある監視体制ではなかったのか?

政治問題化させるべきでないという中国の主張は受け入れるとしても、科学的調査を拒否しているのでは、感染防止に対し説得力を全く持たないのは言うまでもない。
隠蔽していることが他にもあって、それが明らかになると困るのだという疑いさえ想起させる。
感染拡大の責任を日本に押し付けようと目論んだ節もあるが、流石にそれは無理筋で、その主張は続かなかったが、韓国はウイルス問題が起こった初期から検査キットを大量に用意したこともあって、これから先に責任を押し付ける口実にされかねない恐れは多分にありそうだ。
中国の言うことを信じなかった台湾だけが、見事にそれを防げたのだということが、事実として残った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

事実を隠した報道をしようとしても
ミネアポリスの暴動は、警察官の過剰ともいえる制圧により黒人被疑者が死亡したことが端緒だとされているが、職務質問を振り切ろうとしたことで逮捕されたのだとも言われている。
死亡事故につながったことは非難されても然るべしだと思うし、亡くなった方には心からの同情を禁じ得ない。
しかし、行き過ぎたことに対する抗議活動が、最初から暴動であったとは聞かない。
放火や略奪などに発展しているそれが、その8割が州外から組織化されて動員されているのだという情報もある。それは、抗議活動というよりテロ行動になってしまっていないか?
それを煽っている勢力があるのだと考えるのが普通だと思うが、そういう観点から取材したニュースはない。
アンチファがテロリスト認定されることになっても不思議ない状況である。米国でそれが認定されたら、極左組織の彼らは世界的に絶体絶命の危機に追い込まれる。
日本にもアンチファの黒いTシャツを喜んで着ている議員などがいるけれど、解って着ているとしたら、いずれ公安の監視対象になってもやむをえまい。
テロリスト認定されたらどのような結果を招くかということを、議員が知らないというのは通らない。

米国も例に漏れず、メディアによる偏向報道が多いということなのだろうか?
日本では、トランプ支持率が下がっているという報道に傾いているようだが、実際のトランプ支持率は、40%台後半だとも言われるから、日本の報道の根拠はどこにあるのだろう?
ついでに言うと、マイニチ新聞の内閣支持率調査というのがある。調査をしたのは埼玉大学の敷地内にある調査会社だというが、その会社の役員構成は、マイニチ新聞関係者ばかりだというから、結果は推して知るべしということになる。

チョウニチ新聞やマイニチ新聞、或いはAテレビなどのメディアによる報道に信を置かなくなってしまって、ネットでの情報で事実を知ろうとする人が増えたように感じる。
危機感を覚えた既存のメディア側が、影響力の大きそうな芸能人を使って、SNS上で巻き返しを図ろうとしている節が見られるが、そんな付け焼刃が通用するとは思えない。
なんとなれば、芸能人が無知だとは言わないが、ネット上で情報を提供している人たちの多くは、エビデンスということを重要視しているからである。それを伴わない情報は長持ちしないで淘汰されてしまうのは当然だし、根拠薄弱なSNS上の書き込みなどはすぐさま攻撃されて炎上しているのではないのか?

メディア側は、自分たちの思惑通りに世論を誘導したいのだろうが、フェイクやこじ付けなしに報道しないと、あとで引っ込みがつかなくなりかねまい。
オバマ疑惑やバイデン氏のウクライナ疑惑・中国疑惑は、報道しないし、中国で多発しているというデモも報道しないというなら、証拠もなしにトランプ叩きをするのもどうかと思ってしまう。
別に誰かを庇い立てしようというのではない。公平に報道しているという姿勢を見せないと、どのようなニュースも疑いをもって見るようになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

ここで気を抜くわけにはいかない
韓国では健康食品から大腸菌が検出されたということで、問題になっているのだという。
大腸菌と言えば、ご存じの通り、健康被害を及ぼす細菌の指標になってもいるものであり、食品環境が不潔だということの代名詞のようなものである。これが検出されることは他の病原菌の存在も疑われる。
彼の国の大腸菌群の検出事例は目立っており、 過去3年(2016~2018年度)で食品衛生法違反に該当した韓国輸入食品65例のうち、 大腸菌群の検出によるものは20例と、実に3割に及んでいる。
彼の国は食中毒事故が多いことでも知られていることからも、衛生環境が優れている国とはとても思えないでいた。
そんな中で、新型コロナウイルスの感染拡大を押さえ込み、一定の成果をあげたというので、たいしたもんだと評価していた。
K防疫自慢を散々聞かされ、日本は後進国だと馬鹿にされたのには閉口したが・・・

その韓国が、第二波の感染増加に晒されているという。
日本も気を引き締めてかからないとならず、対岸の火事視などしていられない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.