旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

<牡蠣カバ丼>浜名湖名物に定着…ウナギのタレが決め手
 静岡県の浜名湖で養殖されたカキを使った新ご当地グルメ「牡蠣(かき)カバ丼」の季節がやってきた。2010年の販売開始から今年で5年目を迎え、すっかり名物として定着。遠方からシーズンに何度も食べに来るリピーターも増えているという。浜名湖名物ウナギを取り巻く環境が厳しさを増す中、もう一つの名物への期待は年々高まってきている。

 牡蠣カバ丼は、ウナギのタレで味付けしたカキをご飯の上に載せ、地元産のノリやミカンの皮などをトッピングした。10年に浜名湖かんざんじ温泉観光協会所属の飲食店が、地産地消を目的とした新メニューとして考案した。

 浜名湖といえばウナギが有名だが、同観光協会によると、カキ養殖の歴史はウナギより古く、1887(明治20)年に始まったという。プランクトンが豊富な浜名湖で育つカキは味が濃厚で、炒めてもあまり縮まないため、丼ものにした時に見栄えがするのが特長だという。

 同観光協会が牡蠣カバ丼普及のために作った浜名湖丼研究会の斉藤隆夫さん(63)は「浜名湖のカキは地元でなじみが薄かったが、牡蠣カバ丼のおかげで随分認知された。うな丼、牡蠣カバ丼の二つの名物を提供する店も多いので、食べ比べるのも楽しいと思う。今後、浜名湖の西側の湖西市方面で牡蠣カバ丼を提供する店舗を増やしたい」と話す。

 牡蠣カバ丼の販売期間は11月上旬から3月中旬まで。浜松市西区の舘山寺温泉や弁天島温泉など浜名湖周辺の飲食店を中心とした16店舗(1店舗は弁当販売)で提供される。問い合わせは浜名湖丼研究会(053・487・0152)。【飯田和樹】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00000060-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント

≪活きた酵素と青汁≫


イオンシャワーeco



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/07 08:53)
浜松市西区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2014/11/07/Fri 08:53
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.