FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

旭川で話題のB級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味
 安く、庶民的で、おいしいB級グルメで活性化を図っている地域は多い。北海道でもさまざまな場所に、新たに注目されているB級グルメがある。

 なかでも今話題なのが、旭川のゲソ丼だ。イカの足をかたくり粉にまぶして揚げた丼もので、値段も安く、旭川では昔からそばやうどんと一緒に食べられていたという。

 旭川で活躍するフードプロデューサーの田口忠臣さん(51)は「最近では、若鶏の半身を素焼きにして味付けした新子(しんこ)焼きが話題になりました。新子焼きもゲソ丼も昔からあり、ゲソ丼は市内の20店舗くらいで出されています」と話す。

 道内でも他の地域ではゲソ丼というものは聞かないが、旭川市内では立ち食いのそば屋さんなどで昔から出されていたという。

 「一説には、ゲソ丼は(近隣の)岩見沢が発祥ともいわれているが、詳しくは分からない」と田口さん。

 そばやうどんとのセットでも500円ほどと安い。「これを食べるだけで満腹になりますしね」。

 味を選べるようで、田口さんに勧められた「塩だれ」と「ねぎ」で食べてみたが、確かに、少し脂っこいので、それほど沢山は食べることができない。載っているのは、居酒屋でおなじみのゲソの空揚げであり、おいしいのだが、想像した通りの味ではある。

 「3、4年前に、全国でご当地ものが話題になり、旭川では新しい米粉を使った麺などが出てきたが、それよりも昔からゲソ丼の文化があり、それが次第に話題になった」。

 個人的にゲソ丼を応援しており、ゲソ丼のことなら田口さんに聞けば分かるといわれる。「最初は不思議な食べ物だなと思っていた」田口さんだが、「B級グルメでも、何か新しいものを作るのではなく、こうしたゲソ丼のような昔からその地方にあるものがいいのではないか」。

 旭川の食について語らせると、この人の右に出る人はいない。食に関するブログ「味の道場 とらの穴」も大好評だ。

 以前は、自動車ディーラーで広告宣伝を担当していた。「21年勤めていた会社を辞め、暇だったので食のブログを始めた」という。今年5月には会社を立ち上げた。食についてのコンサルティング、イベントプロデュースなどを行う会社、ハルカムイの社長でもある。

 最近では、黒米を原料にした「黒米ビール」をプロデュースし、こちらも好評だ。

 ただし、あくまでも田口さんの活動のベースは旭川。

 「食についてのプロデュースはもうかるとは思っていないが、人と人をつなげることをやりたい。これからも自分にできる旭川の情報発信をしていきたい」。自らが生まれ育った故郷のネットワークづくりに一肌も二肌も脱ぎたい考えだ。(松垣透)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141214-00000527-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント

≪活きた酵素と青汁≫


イオンシャワーeco



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.