FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

サンタはいつまでやってくる?
息子がまだ小学生の低学年だったころ、学校から帰ってくるなり聞かれました。
「サンタさんって本当はいないんだって?プレゼントを枕元に置くのはお父さんやお母さんなんだって。」みんなに言われたんだけどと。
いずれ解るときが来るのは仕方ないにしても、いま子供の夢を壊すこともないだろうと思って、こう言いました。
「良い子の所にはサンタさんがやって来るけれど、悪い子のところには来てくれないんだよ。それでは可哀そうだと思って、代わりにお父さんかお母さんがプレゼントするところもあるんだよ。」と。
朝早くに起きた息子が、プレゼントを抱えて見せにきたときの笑顔は、今も忘れられません。
育つにつれて憎まれ口を叩くようになり、今では親に意見するようになりました。

サンタクロースは、3世紀の後半から4世紀にかけてトルコに実在したという司教の聖ニコラス(セイントニコラウス)という人物から来ている名前なのだといわれます。
聖ニコラスが、貧しくて娘を嫁に出せない家があるのを知って、なんとかしてあげようと思い、その家の窓に金貨を投げいれたことにより、この金貨を使うことで娘は嫁に行くことができました。
なんと、投げ入れたこの金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下に入ったことから、吊るした靴下にプレゼントを入れる風習がその後できたのだいわれます。
「聖ニコラス」が、オランダ語読みでは「シンタクロース」であるところから、「サンタクロース」となって伝わった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.