FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

入欧とは言ってなかったらしい
明治時代に脱亜論というのがあります。
福沢諭吉が書いたとされていますが、脱亜とは言っても入欧とは言っていないようです。

李氏朝鮮は、1割にも満たないヤンバン(両班)が君臨していて国の体をなさないほど疲弊し、6割を超える奴婢(奴は男の、婢は女の奴隷)と数少ない中人で構成されていたようです。
国民の殆どが文盲であったといわれます。

中人の中に王玉金などがいて、国の近代化を図ろうと働いているのを、福沢なども応援していたのだといいますが、一分ヤンバンなどの利権のためにならないということで、王玉金は暗殺されてしまいました。
協力して南下する外敵にあたろうと考えていた福沢が、これに絶望して唱えた論だといいます。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51902042.html

鎖国されていた江戸時代に、どのように外国の事情を知ることができたのか判りませんが、吉田松陰にしても、その後に続く志士たちにしても、驚くほど世界の情勢に通じていたようです。
我が国は百姓町人に至るまで、文盲率が低かったといいますから、むべなるかなではあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.