FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

厳しい時代からの友を
同期生が、少しずつ欠けていきます。黙って手を合わせて見送る。

昭和30年代までは、仕事に就くのは生きるためでした。
生きること、即ち食べるためが重要な理由でした。贅沢は言っていられませんでした。
意に染まない仕事であっても、就いたかぎりは、言われることができるようになろうと努力するのが先で、文句など言わず一所懸命でした。

貧しいことはどこも一緒だから恥ではなくて、努力しないことや世間様に顔向けできないことをするのが恥とされる時代でした。
いかに貧しくても、我が子には可能な限り教育をしようと歯を食いしばる親を見て育ったから、世に出てからも地道に働き、経済成長や子供の養育に励んだのだと思います。

志を果たした人も、半ばにして及ばなかったひとも、一様に穏やかな顔をして終焉を迎えているのは何故だろう?仕事の為に、振り返るのも難しかった家庭ではどうだったんだろう?
誰も解ってくれなくても、自分としてはやれるだけやったとの思いがあるからなのだろうか?
見たこともないほど、喩え様もないほどの顔です。

良い友たちに恵まれました。彼らの域に達するには、まだまだ修行の日々を生き続けなければなりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.