FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

<北海道新幹線開業>観光客100万人増へ PRターゲットは1都3県
 北の大地に新しい時代と人の流れを呼び込む北海道新幹線。開業予定の2016年3月まであと1年3カ月を切った。江戸時代末期に開港した箱館(現在の函館)が国際貿易港としてにぎわった歴史になぞらえ、道南では開業を「第二の開港」と呼んで期待する。



 北の大地を駆け抜ける新たな観光のシンボル「北海道新幹線」。新函館北斗−新青森駅間の開業で、日本政策投資銀行北海道支店は、道内の経済波及効果を年間約136億円と試算している。開業に沸く函館市では、2023年度までに今より100万人多い550万人の観光客を呼び込もうと計画を始動させており、期待は高まるばかりだ。【三沢邦彦】

 ◇道の経済効果 年136億円

 日本政策投資銀行道支店は、新幹線開業で道南を訪れる1都3県(東京都と神奈川、埼玉、千葉の各県)と、東北新幹線沿線の宮城県からの来訪者は、年間約13万人(観光客約9万7000人、ビジネス客3万2000人)に上るとみる。これに伴う経済波及効果は、(1)宿泊(2)飲食(3)土産物など直接の効果が約73億円、土産物生産などによる原材料生産の増加などが約41億円、雇用者の所得増分約23億円、トータルで約136億円に上るという。

 また、北海道新幹線の利用者を増やす方法は「最大のターゲットとなる1都3県への重点的なPR」で、同支店の久保田和雅・次長兼企画調査課長は「将来の札幌延伸にも目を向け、道内でテーマやストーリー性を持った観光ルートをつくることで魅力を発信することが必要」と指摘する。

 ◇好感度さらにアップ狙う

 美しい夜景、歴史を感じる街並みにグルメ−−。観光が産業の柱となる函館市は昨年、新幹線開業を軸にした「函館市観光基本計画」をまとめた。観光客は、開業直後の16年度に530万人、東京五輪が開催される20年度に540万人にし、計画最終年度の23年度は550万人にするとの目標を設定した。

 函館への満足度を高める取り組みも考えており、現在、観光客アンケートで函館を「とてもよい」と評価する人が約6割だが、さらに8割に引き上げるとしている。

 市の観光客入り込み数は、1998年度の約539万人をピークに減り、05年度には500万人を割り込んだ。国内の人口が減るなかで観光客を100万人増やす目標には課題も多いが、同市観光振興課の竹崎太人(まさひと)課長は「オフシーズンでも函館は魅力があることを発信し、リピーターも増やしたい。さらに東南アジアを中心とした外国人観光客にもアピールしたい」と、観光戦略の想像を膨らませている。

 ◇開業前倒しで影響増大

 道は、北海道新幹線が新函館北斗駅からさらに北に延びて35年度に札幌に来ると、開業初年度は964億円の経済波及効果があると試算している。開業を前倒しすると人口減の影響を受けにくいためさらに効果があるといい、5年前倒しで1048億円、8年で1077億円、10年で1093億円になるという。

 ただし、札幌延伸による経済波及効果は約80%が札幌を中心とした道央圏に集中。道北は6・8%、道南は5・9%、最も少ない十勝は1・9%にとどまるという。道交通政策局新幹線推進室の木村敏康主幹は「新幹線の札幌延伸効果を全道に広めるため、道内各地で人を呼び込む準備を進め、新幹線開業の効果を最大限に生かしたい」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00000004-maiall-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント

≪活きた酵素と青汁≫


イオンシャワーeco



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.