FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

普段考えないでいる神と仏
初詣の帰り、神と仏はどう違う?ということが話題になりました。

大いなる意思とは、一体なんなのでしょうか。どのように現れるのでしょうか?

神と崇められるのは、日本やギリシャのように、いわゆる八百万の神々というように多神もあれば、キリスト教やイシラム教のように一神教というのもあるから、一概には比べられないが、一神教の神は、絶対伸であり、創造者という面が強調される。
この世の全ては、神が作ったものであり、人間に自由意志などはなくて、神の言う事には逆らえないということになる。
もっとも、誰が口にしたかということには疑義が生じる。天動説の時代に地球が回っていると唱えるなどは仮令それが事実であっても命がけであった。

八百万の神々などには、この世の創造者という面も一部あるが、どちらかと言えば人知を超えた力を持っっていることの方が強調される。
人を寄せ付けない険しい山や、何百年も生きた古木がご神木とされるのも、共通認識として極めて自然に受け入れられる。
このような神々は、敬い感謝することで持てる力を貸し与え、人間を幸福にすると信じられてきた。

一方、仏は、この世には気づけないでいるが確たる法則があり、それを自覚できた(いわゆる悟りを得た)人がこの世の四苦八苦はその法則から生じるのだから、それを実感できればそれらを超越し成仏できるとする。死ねば仏というわけではない。
全宇宙が自らの内にすべてあるのだと、思索と修行の中で悟るということである。
一つのものが別れて、それぞれがその持ち分として役割を果たすということであるなら、万物は等しく救済されねばならない。
法則にはずれれば、それは破壊に向かわざるを得ないということでもある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.