FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

<孤独のグルメ>「うまそう!は万国共通」 久住さんが語る人気の秘密
 食をめぐる環境は戦後、質・量ともに豊かになった。その一方で「共に食べる」という文化は、社会的な変化につれて変わりつつある。主人公の中年男性が街を歩き、独りで食事をする光景を描いたロングセラー漫画「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之さん(56)は「食は誰にも身近なもの。食べることや、おいしそうに食べる様子を見て楽しい気持ちになる感性は、いつの時代も誰でも共通だ」と語る。【聞き手・元村有希子@chibigenome】



−−「食」にまつわる思い出を教えてください。

 中学生とか高校生まで、外食なんかあまりしなかったですよね。母は専業主婦で、食事も母が作ってました。

 給食ではアジフライが苦手でね。魚臭くて冷えてて、まずかった。パンは残していいけどおかずは全部食べる、という決まりだったので、泣く泣く食べた思い出があります。好きなのはカレーシチューと、「クジラのノルウェー煮」。サイコロみたいに切ってある鯨肉がトマト味で煮込んである。今食ったらおいしいかどうかわかんないけどね。しかしノルウェー煮なんて聞いたことないですね、あれ以来(笑い)。

 中学から高校卒業まで6年間は弁当でした。母親が寝坊した日の弁当はすごい手抜きで、前の晩のさつまいもの天ぷら2枚とご飯、それだけ。それでも「これ、どうやって食べようかな」と考えるのが好きだったんですね。しょうゆを、天ぷらの1個にいっぱいかけて、すぐには食べない。裏返してご飯に押し付けて、しょうゆ味がしみるまで待つとかね。誰かが自分のために作ってくれた弁当が好き。ふたを開けて「そうきたか!」っていう。だから自分で買う弁当は温かくても好きじゃない。出て来ちゃったものをおいしく食べる工夫をするのが好きで、これは漫画を描く時も同じですね。

−−ドラマ版「孤独のグルメ」の食事シーン、井之頭五郎役の松重豊さんは本当に食べていらっしゃるのですか。

 僕は少食だから、いっぱい食べられるのはあこがれなんですよ。でもドラマは頼みすぎ(笑い)。ええ、本当に食べてます。前の日の夕方から食事を抜いてる。翌日午後3時ぐらいに撮影する時には、限界まで腹減ってて、何でもおいしいと。ちなみに食事シーンは一発撮りで撮り直しなしです。共演した人が「ほんとに食べるんだ」って驚いてる。

 放送開始の時、スタッフはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で反響を検索しながら見たそうです。最初は予想通り「全然漫画と違う」なんていう感想が流れたけど、五郎が食べ始めた途端「うまそう」「うまそう」「うまそう」(笑い)。視聴者は単純だなあと笑いつつ、胸をなでおろしたようです。

 ドラマ1回の放送で、ツイートとかSNSでのリアルタイムの反響が4000ぐらいあるんだそうです。で、セリフがトレンドワードに入ったりする。一度「この食べ方、ありだ、オオアリクイだ」ってセリフを五郎が言ったらトレンドワードに「オオアリクイ」。ドラマを見てない人は全然わかんないよね。

−−「孤独のグルメ」の面白さは万国共通ですか。

 漫画はすでに8言語(日本、イタリア、フランス、スペイン、ブラジル、中国、韓国、ドイツ)で出版されています。台湾での出版に続いて今年中に中国、そしてポーランドとデンマークでの出版も決まりました。おいしそうに食べている人を見ると、誰でもおいしそうと感じるんですね。「イタリア人がこの面白さ、わかるんですか?」なんて言う人がよくいる。高崎の焼きまんじゅうの味がイタリア人に分かるかって。でも、このマンガを好きなイタリア人に実際会ったら、「たしかに高崎の焼きまんじゅうの味はわからない。でも主人公がおいしそうに食べているから、無性に食べたくなる」と。

 ドラマで紹介した店に、中国や韓国からお客さんが来てるそうです。先日はソウル、去年はパリの凱旋門(がいせんもん)の前で声をかけられました。近所の高井戸温泉に独りで行って、玄関から出たところに青年が待っていて「韓国から来ました。お風呂にいる時から久住さんだろうとずっと見てました。写真撮っていいですか」と。まいった、全裸をずっと見られていたって。

−−ご自身で「孤独のグルメ」を描こうと思ったことは?

 ないです。漫画を描くって大変な労働ですよ。谷口さんは1コマに1日かける人だから。アシスタントを2、3人使って、たった8ページを1週間もかけて描いたら、赤字じゃないですかね。谷口先生はそれでも手を抜かず描く人なんです。「孤独のグルメ」が長く読まれているのは間違いなく谷口さんの絵の力です。今年、18年ぶりに第2巻が出る予定です。

−−久住さんにとっての「究極のグルメ」とは。

 おやじの田舎は新潟県の山の中で、子どもの頃、4年に1回ぐらい夏休みに行ってました。近所に店なんかなくて、朝昼晩、同じようなものを食べる。家とか周りで採れたもの。焼きナスとか煮浸しとかみそ汁とかナスが多かった。これは子どもにはけっこう苦痛で、家からふりかけ持って行ったりしてた。大学生の頃に祖父が亡くなって、久しぶりに行った。そしたらそのおかずが全部、ものすごくうまい! これだけで飯ぜんぜん食えるじゃんって(笑い)。子どものころはこの味がわからなかったなあと思いましたね。だけど、祖母も亡くなってもう食べられない。

 結局、おいしいものって長い時を経てもなお記憶に残っているものですね。僕は自分の舌が肥えているなんて考えたこともない。でも「自分にとってのおいしいもの」が、誰にでもきっとあるんじゃないかな。もちろん、それを誰と食べたかとか、そういう思い出と共にね。

 誰でも食べる。「僕は食べませんよ、たまに趣味で食べるぐらいで」なんて人はいない(笑い)。空腹から誰も逃れられない。それをはしゃがずに面白おかしく描きたいんです。

くすみ・まさゆき 1958年、東京都三鷹市生まれ。法政大学卒。81年、泉昌之の名で「ガロ」に作品「夜行」を持ち込み、漫画家デビュー。「孤独のグルメ」(谷口ジロー画、扶桑社、97年)、「花のズボラ飯」(水沢悦子画、秋田書店、2010年)、「野武士のグルメ」(土山しげる画、幻冬舎、14年)などに原作を提供。「孤独のグルメ」は2012年、テレビ東京がドラマ化し、14年にはシーズン4が放映された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000001-maiall-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント

≪活きた酵素と青汁≫


イオンシャワーeco



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.