FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

掴み直してしまうから始末が悪い

なんとなくうまくいかない。気持ちも滅入る。イラダツ・恨みに思う・幸せに思えない。

これらは、マイナスイメージを自らが自分の中にプログラミングした結果だという。

意識してマイナスイメージを自分に取り込むなどということは滅多になくて、無意識のうちにやってしまう。

これが現生のことだけではなくて過去世でやったことをまとめて業とかカルマということらしいが、自分の前に現象として現れればそれは時機を得て消えるものなのだという。

「現れれば必ず消え去る」とはいえ、なかなかそう思えなくて、新たに掴み直してしまうから、いつまで経っても消えないということになる。

目の前に起こったいやなことを「感謝し許して」放念するのがよいのだとか。

何故なら、生身のエネルギーが一番強いからなのだとか。

 

無意識下にあるものに気づくことは難しい。

無心になって墓石クリーニングをやっていると、それらのマイナスイメージがふわっと浮き上がってきて気づくことが多いとききます。

現れたものを意識として捉えられれば、放すことも可能になる。

 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.