FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

花開いた江戸時代の文様文化
50年来の友人が、銀座の教文館で「江戸文様こよみ」展を催しているので、名講演を聞かせてもらいました。
様々な模様には、それぞれの名前と意味があったのだという。
彼の蒐集した資料は年々増加し、それらを体系立てて解説するのに淀みがないのは、積み上げられた研究が身についているからだと感じました。
0012028Mwb.jpg
0012028_2Mwb.jpg

その時代、世界に類を見ない100万都市であった江戸には、ゴミというものが全くなかったのだといわれてる。
住人の民度が高かったのだというくらいにしか理解していなかったのだけれど、今回の講演で、聞いたところ、江戸という地は、生活することで生じる廃品は全て、布にしろ紙にしろ次の用途に再生され、最後に焼却して残った灰に至るまで、無駄なく利用するシステムがあったのだとの説明があって納得しました。

今、日本には都会資源といわれるものが膨大な量眠っているといわれます。工業製品に含まれていた希少金属なども、埋まっているという。
そういうものを再利用するシステムができれば、資源大国となれるに違いない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.