FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

厭だとおもうことがあったとき
厭だなということが起こったとき、どうしても抱え込んでしまい、いつまでもそれに囚われてしまうことが多い。
「こんな厭なことがあったのだから、もっといいことが起こるに違いない。」というふうに思い方を転換すると、気持ちが軽くなって、後々がうまくいくようになる。
何故なら、人間の精神は軽やかであることがそもそも馴染むエネルギー体なのだから。
気分が滅入ることをいつまでも意識していると、それは潜在意識にマイナスイメージのプログラむが刷り込まれてしまい、ろくな結果に結びつかない。
いらないものは早く捨てて軽くならないと、浮かび上がれない。
いらないものは重いのです。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.