FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

花は知っている
梅一輪 一輪ごとの暖かさ
ume4992swb.jpg

 我々が育った昭和30年代は、決して物質的には豊かでなかったけれど、心の豊かさは確かにあったように思えるのです。
 庇いあい助け合い、我がことのみでなくまわりを思いやることがたくまずしてできたし、芯のところに優しさがあった。
 誰もがそうであったので、貧しいことが恥ではなかったから、変な隠し事はせず、正直でいられた。

 苛めは沢山あったし経験もしたが、陰湿なものではなかったし、乗り越えられないというほどのものでもなく、困って相談したとしたら、先生や大人に解決する力があった。
大人や先生に力がなくなってしまったのは、どうしてなのだろう?

 子供の権利ばかりが主張され過ぎて、養育に臆病になりすぎていないだろうか。
 戦後、否定したのか無視したのか目を逸らしてしまったのか知らぬが、永く培われてきた精神的文化が、いつの間にか損なわれてきているように思えるのです。

 一昨年2週間ほどかけて、留学先から帰国することになった倅がお世話になったところを、お礼を兼ねて訪ねて廻った。
行く先々の知人や、生活の必要上からできた八百屋・肉屋・花屋・チョコレート屋さんなどなど、いかに日本人である息子が信頼関係を得て大事にされていたかがわかりました。

 彼が言うのに、「あの人はいい人だから会うといいよ。」と紹介された相手は、実に日本人的な発想をする人たちばかりだったと。
彼らが認めるいい人というのがそうだったのだと、今にして理解できるという。
 そうして交流が広がったことの基本には、先人たちのお蔭があって、日本人は外国人に好かれている、ということがあるのだと感じます。

 私は、公を伴わない権利主張や、言い負かす技術としか思えないディベートや、最近目にすることが多い他人の所為にしてしまうような責任逃れは好きではない。

 経済的効率のみを追い求めれば、職人技や文化などが育たないとも思っている。
損得が判断のための第一順位では悲しすぎる。

 成人し世に出てからは、厳しい実業の世界で生きてきたけれど、花が咲いているのを見ればそれを愛で、いつでも花一輪を心に秘めていようとしてきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.