FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

共産国で格差って?
格差が問題だと言われるが、日本の比どころではないというから不思議です。

人口の1割の所得が、GDPの9割を占めるとも言われるC国。後は殆ど貧困。
共産主義を国是としていながら、この格差はどこから生じるのだろうか?
ジニ係数ももはや暴動レベルだとも目にするけれど、まあヨソサマのことだから、文句をつける筋合いではない。

ちなみに、世界各国で一人当たりGDPが3,000ドルに達したのは、アメリカが1965年、日本が1973年、旧西ドイツ・英国が1975年、香港が1980年、台湾が1984年となっています。
また、中国のGDP成長率が、将来の成長も過去5年間とほぼ同じペースだとすると、2010年にはイタリア、フランス、イギリスを抜いて2兆6,174億ドルに、2015年にはドイツを抜いて3兆6,710億ドルに達すると予測されます。(その後のデータは調べていないからわかりません)

国税庁の調査によると、わが国の給与所得者のうち上位1%に該当する年収は1500万円以上となっています。
これは給与所得者だけのデータですが、それ以外の人を加えてもそれほど大きな違いにはならないと考えられます。そうなってくると、日本では年収1500万円前後がトップ1%の入り口ということになるのかも知れません。

 さらに、トップ5%まで枠を広げると、1000万円くらいからその対象に入ってきます。年収1000万円というと、高給で知られる商社マンやテレビ局の社員の多くが該当しますし、公務員の中でも年齢が高ければ該当する人はかなり増えてくるでしょう。
ある大都市の市バスの運転手で、年収1000万円を超える人が続出していると報道され、話題になったこともあります。

そんなにゴロゴロ金持ちが周りにいるのに、豊かさを感じない。文句を言っている人ばかりが目立つのはどうしてなのだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.