FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

【大人の遠足】東京・青梅駅前 映画看板、ブロマイドなど…昭和レトロにあふれるまち
 漫画家、赤塚不二夫氏が描く、“名言”を吐くカエルのキャラクター「べし」が好きだった。東京都青梅市のJR青梅駅近くに赤塚氏の記念館があることを知り、出かけた。一帯の商店の軒には映画が好きだった氏に敬意を払って地元出身の絵師が描いた映画看板が並び、「青梅赤塚不二夫シネマチックロード」と名付けられている。

■赤塚不二夫氏に敬意

 JR青梅駅に着くと、地下通路にも国鉄機関士の一生を描いた映画「大いなる旅路」(三国連太郎、高倉健出演)の絵があって、昭和にタイムスリップした気分だ。同市出身の映画看板絵師、久保板観さん(73)の作品で、まちおこしイベントとして平成3年に始まった青梅宿アートフェスティバルがきっかけだ。

 久保さんは「映画看板でまちを盛り上げよう」と持ちかけ6年から参加。駅から記念館を結ぶ旧青梅街道一帯の店や駐車場に、これまで30枚以上の映画看板を描いた。

 見ると、乗馬服を売る店には西部劇「黄色いリボン」が掲げられるなど看板も各店舗にちなむ。久保さんは「映画看板は迫力が大事。懐かしく思っていただければ」。

 映画だけでなく最近は、ネコキャラが特徴の山口マオさんの絵看板も15枚登場した。

 「赤塚さんが映画看板を描いていたつながりで、『元気な昭和で青梅を盛り上げたい』と病床で申し上げたら奥さまから快諾していただきました」

 映画看板まちおこしのきっかけとなった青梅宿アートフェスに関わり、青梅赤塚不二夫会館の館長を務める横川秀利さん(79)は振り返る。

 同館では、赤塚氏の原画の展示とキャラクターグッズを販売。詳細は行ってのお楽しみだが、特筆すべきは「まりっぺ先生」「そんごくん」など初期の作品。「ひみつのアッコちゃん」など後の人気作品の主人公のモデルになったともいわれる。売店には「べし」を描いたバッジがあった。

 昭和の文房具や食料品、青梅の言い伝えを紹介するのが隣の「昭和レトロ商品博物館」。2階では青梅で誕生したとされる雪女伝説を解説。横川館長は「何かの取材で『昭和も今となれば、もうレトロだな』と言ったら、あるとき神奈川大学(横浜市)の学生が来て『卒論で調べたら昭和レトロという言葉を使ったのは青梅が最初』といわれた」と語る。

 旧街道を東に進むと、昭和の街並みを再現したジオラマとネコがモデルの縫いぐるみが展示される「昭和幻灯館」があり、館内では昭和銀幕スターのブロマイドを販売している。

■ご当地グルメも

 青梅のグルメといえば、ジューシーで甘みが特徴の地産豚が具材の「トウキョウX肉うどん」。市内には同肉を扱う店が11店ある。

 老舗そば店「大正庵」の店主、福田重蔵さん(74)は「商工会議所からイベント用だから伸びにくいうどんでと頼まれてできた名物だが、青梅はそばもおいしいよ」と笑う。

 なお、青梅には日本で唯一とされるパプアニューギニア料理を出すカフェがお寺の境内敷地にあり、隠れ人気スポットになっている。(昌林龍一)

 青梅赤塚不二夫会館 東京都青梅市住江町66。一般450円。【問】(電)0428・20・0355。

 昭和幻灯館 同住江町9。一般250円。【問】(電)同。

 昭和レトロ商品博物館 同住江町65。一般350円。【問】(電)0428・20・0234。

 JR青梅線青梅駅より徒歩約3〜5分。3館共通券800円。午前10時〜午後5時(入館4時)。休館は月曜(祝日の場合は翌平日)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000525-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント

≪活きた酵素と青汁≫


イオンシャワーeco



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.