FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

花一輪を心に秘めて
 昭和30年代、決して物質的には豊かでなかったけれど、心の豊かさは確かにあった。
 頑張って世の為人のためになろうとする思いをそれぞれが持っていた。
 庇いあい助け合い、我がことのみでなくまわりを思いやることがたくまずしてでき、芯に優しさがあった。
 苛めはあったが、陰湿なものはなかったし、先生や大人に力があった。先生に力がなくなってしまったのは、どうしてなのだろう?
 子供の権利ばかりが主張されすぎていないだろうか。
 戦後、否定したのか無視したのか目を逸らしてしまったのか知らぬが、永く培われてきた精神的文化が、歴史の中からいつの間にか損なわれてしまったように思える。
 学校教育のなせるわざなのだろうか?

 昨年2週間ほどかけて、留学先から帰国することになった倅がお世話になったところを訪ねて廻ったが、行く先々の知人や、生活の必要上できた八百屋・肉屋・花屋・チョコレート屋さんなどなど、いかに日本人である息子が信頼関係を持って大事にされていたかがわかった。

 彼が言うのに、「あの人はいい人だから会うといいよ。」と現地友人から紹介された相手は、実に日本人的な発想をする人たちばかりだったという。
彼らが認めるいい人というのがそうだったのだと。
 そうして交流が広がった。基本的に、日本人は外国人に好かれている。なぜなら、礼儀正しくまともだからです。

 私は、公を伴わない権利主張や、言い負かす技術としか思えないディベートや、最近目にすることが多い責任逃れは好きではない。
 騒いだ者勝ちということが多過ぎないだろうか?
 経済的効率のみを追い求めれば、職人技や文化などが育たないとも思っている。損得が判断のための第一順位では悲しすぎる。
 地道な努力研鑽が、日本国を培って今日に続いているのではないのか。

 私は、厳しい実業の世界でこれまでやってきたけれど、いつでも花一輪を心に秘め、それを忘れないように努めててきた。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.