FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

自分たちも直視した方が良いのでは?
余り政治的なことは書きたくないのだけれど、ネットにこんな記事をみつけました。

強制連行を裏付ける証拠は見つからなくても、逆のものは沢山でてくるのです。
歴史を直視しなければならないのはどちらか?ということにならないだろうか。

アメリカSF州立大学人類学教授のC・サラ・ソウ氏 の慰安婦の研究

ソウ教授は、女性たちが「周旋業者に騙されて売春を始めたとの主張は間違っている。」とし、
「ほとんどの場合、慰安婦になる過程は開かれたもので」あり、女性とその家族は女性の運命を認識していたと発表した

当時おびただしい数の朝鮮人女性が、父親または夫によって売春宿に売られたり、あるいは一家を貧困から救うために自ら進んでその道を選んだりしていた。
朝鮮の儒教的父権社会にあっては、女性は使い捨て可能な人的資源として扱われたのだった。

半島では、昔から妓生(キーセン)いう売春が盛んだった。
身分階級だけでなく性差別も激しく、女は奴隷階級。
妓生の多くは賃金の補償もなくこき使われた。

ところが日本の慰安所は高給で、衛生管理もしっかり管理されている。
朝鮮時代の妓生とは大違い。朝鮮人女性の応募が殺到したのが史実だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.