FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ソメイヨシノは人が手をかけねば増えない?
桜といえばその代名詞のようなソメイヨシノは、その起源に従来から様々な説があります。
最近の遺伝子解析による研究の結果によると、ソメイヨシノの起源はエドヒガンザクラ(母種)とオオシマザクラ(父種)の交配によって、生まれたものであるということがわかっているのだといいます。

しかも、ソメイヨシノという栽培品種は、自然に増えることができないのだという。
即ち、種子で増やすと親の形質を子に伝えることができないため、ソメイヨシノの優れた形質を残しつつ増やす方法は、接木もしくは挿し木などの栄養繁殖の方法をとるしかない。
結果てきには、クローンとなってしまうということになる。

接木などで増殖する等、人の手を介さないと生存することが出来ない品種だから、百年も放置しておくと、ソメイヨシノはこの世からなくなってしまうのだという。

例によって、何にでも起源説を唱えたい国が、済州島に自生していると騒いでいるようだが、栽培種が上記のような理由からも、自生して増えるわけもない。
別の品種か、ほかの理由があると思えてならない。

それより何より、花を愛でる国民性がどうであるかは、世界の人たちがわかっていることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.