FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

蝙蝠二題
「鳥なき島の蝙蝠」
鳥がいないところでは、羽があってただ飛べるということから、俺は鳥だといってコウモリが偉そうにする。ある分野に関して、本当に優れた人がいないところでは、ちょっとその分野に知識があるだけで、その道の権威者然とすることの喩えに使われる。
基礎研究も、独自に開発した大した工業技術もないのに威張っていると、そう呼ばれる。

昔、鳥の種族と獣の種族が互いに争っていた。それを見ていた蝙蝠は、鳥の種族が優勢になると、「私は鳥の仲間です。あなたたちと同じように翼を持っています」と言い、獣の種族が優勢になると、「私は獣の仲間です。鼬のように毛皮と牙があります」と言った。
その後、鳥と獣の争いが終わり和解したが、幾度もの寝返りをしたコウモリはどちらの種族からも嫌われてしまい、やがて暗い洞窟の中へ身を顰めるほかなくなった。

別な言い方では二股膏薬とも評され、どっちつかずの生き方は信用されない。

清の属国であった李王朝の最後の王妃であった閔妃は、親日的な政策から次第に清に頼る事大主義に路線変更していった。そのような状況を見た開化派の金玉金らは、閔妃を追放しない限り、朝鮮の近代化は実現しないとして甲申政変を起こし、それにより一時期政権を奪われるが、袁世凱率いる清軍の力によって政権を取り戻した。
その後ロシアの南下政策を警戒するイギリスなどを牽制するために親露政策もとり始めるが、東学党の乱が起きると清軍と日本軍の介入を招き、日清戦争の原因となった
自国からは一兵もださなかったのに日本軍のお蔭で清から独立できたのに、国ではなく自分の利益ばかり考え、その後も蝙蝠外交を繰り返した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.