FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ヘラヘラしているだけでは解決しない
GACKTさんが、仏国で差別を受けたという記事を読みました。
不当な扱いを受けても、変に諦めたり、人の良い振りをするよりは、自信を持って堂々と対応することは、良いことだと思います。
私も、差別ではないと思うけれど独国で、日本語のみで渡り合い相手に譲歩させたことがあります。

観光に出かけ、ザルツに戻るには遅くなり過ぎたし疲れてもいたので、ミュンヘン駅の側にあったホテルの紹介所に行きました。宿泊先を確保する為です。
そこで紹介手数料を支払い、指定されたホテルのフロントに行ったところ部屋がないという。
馬鹿言っちゃあいけません。紹介所でホテルには確認をとっているのを見ていたからです。
すごすごと引っ込むような日本男児ではない。「納得がいかないから、きちんと説明して下さい。」と、一歩も譲らず申し入れた。

なんとかかんとか言い訳をしているのは、英語に切り替えて言っている単語を繋ぎ合わせて類推したところ(英語だってわかるわけではない)愚にもつかない理由であり、泊まれないとなると困る。
そうこうしていると、対応していた係りが溜息をついた。
すかさず、サービスが仕事であるのに客の前で溜息をついたのか?と問い詰めると、一瞬で我に返ったのか、その後の対応が変った。
ランク上の部屋を急遽用意したのである。

これ、全部日本語でのやりとりです。こちらは、担いでいたザックを降ろし、長期戦になっても構わないという姿勢を示しただけで、乱暴な口調は一切使っていない。

な~んだ、此方を軽く見て嫌がらせ?をしてるだけで、やればできるんじゃない。というのが感想でした。

ロビーには、同様の扱いを受けて困っている日本人が何人か居たので、「貴方たちもキチンと
折衝したら?」と声をかけてあげたが、彼らはヘラヘラしているばかりでした。
日本男児よ、しっかりしてくれ。後々のこともあるんだから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.