FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

お金持ちになれた人たちは
世界には、自力ビリオネア=自力で10億ドル(1200億円)の資産を築いた人が約800人もいるのだそうです。
彼らが私たちと何が違っていたのか、フォーブスの「世界長者番付2012年」に載っている自力ビリオネアをあるところで徹底調査したところ、彼らが本格的な成功を収めたのは、30代か40代になってからであり、それまでに既存の市場で何回か起業していたことがわかったのだという。
徐々に事業を拡大して、億万長者になっていった彼らの多くが、共通して備えていた「5つの思考習慣」というのがあるのだという。
彼らは、画期的なアイディアを生み出して大成功しているのであるが、ある分野の重要な新しいトレンドを認識できるくらいに長くその中で働き、常にアンテナを張り巡らして未開拓の顧客のニーズを見探す。
どの業界でも、一夜で多くの価値が生まれることはない。
常に問題意識を持っていて、企業や業界に代々受け継がれてきた製品から流通、料金体系、ビジネスモデル、売り込み方法まで、すべてを徹底的に疑い、改善点が見つかれば、どのように変えることができるか問い続け、アイディアを実行する際に生じる問題を解決していくのだという。
「成功するのか失敗するのか」を考えるのではなく、「どんな選択をすれば最大のチャンスが得られるか」を考える。
リスクを伴う挑戦でも、適切なチャンスがあると判断すれば、リスクを軽減する方法を探す。リスクが残っていても、断念することはない。チャンスを失うリスクのほうがより大きな損失だと考えるからだという。
成功者たちは、自分一人で億万長者になったのではない。
価値を創出するには、市場の先を見て、新しいチャンスを想像できる「プロデューサー」と、既存のガイドラインのなかで成果を最大化し、改善する「パフォーマー」の両方が必要だ。
プロデューサーとパフォーマーのチームを作って起業した例では、アップルのスティーブ・ジョブズ(プロデューサー)とスティーブ・ウォズニアック(パフォーマー)、ナイキのビル・バウワーマン(プロデューサー)とフィル・ナイト(パフォーマー)などが挙げられる。

これら5つの思考習慣が、新たな価値を見出し、それを顧客に伝えられる人たちに共通する「成功の条件」であることがわかったのだとか。
これらの習慣を身に付ければ、人生も今とは違ったものになるかもしれないが、果たしてできるだろうか?。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.