FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本製品は客に対する心がこもっているといわれる
日本には、伝統的に優れた職人を排出する土壌があるように思えます。
身に着けた技は自分だけのものとしないで継承する。

職人というのは、顧客の望むものを使い勝手や見た目の美しさ、更にはそれが長持ちするように工夫を凝らします。求められるどんなものにも対応しようと努力するから、構成に残る素晴らしい結果も生みだします。
その技術は、それを認めてくれる贔屓筋があることが有って進化しますし、物に注ぎ込む愛情が高まって芸術品の域にまで達し、今風に言えばアーティストとなった人も多い。
日本人の物づくりには心がこもるから、世界で受け入れられる。
しかしながら彼らは、「俺の作品の良さが解らない奴は相手にしない。」などと奢った物言いはしません。
あくまで客のためであり、良さを認められたら嬉しいということなのです。

それとは逆方向から、自分の主張を表現する為に心血を注ぎ、技を磨くのが芸術家とかアーティストなのだと思う。
技量が伴わなかったりして認められないこともあるし、時代がそれを認めなかったりすれば、世に埋もれたままになることも有り得る。自我が強すぎて孤立する可能性もある。
アーティストであると自称している人も多いように思えるが、一流に達した人というのは、職人にしても芸術家にしても、口にする言葉が奥深いし謙虚であると感じます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.