FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

戦後猛威を振るった人たちがいた
見たり聞いたりすることがなくなった第三国人というのが、戦後育った我々には記憶にまだあります。
反日勢力が差別用語だとしたことから、使われなくなったようです。

日本はアメリカには負けたが、その他の国に戦って負けたということはないのだと言う人もいます。ましてや、韓国となどは戦ってさえいないのだと。
ロシアは、日ロ不可侵条約を終戦間際に一方的に破棄して攻め込み、北方領土などを日本では終戦日として武装解除した日の後に占領したのが歴史の事実。

第三国人と呼ばれたのは、特に第二次大戦後、米国占領下の日本に在留していた朝鮮人・中国人を、どう呼ぶのかに困って言った語彙。
もともと、戦争の当事国である勝戦国の人間でもなく、敗戦国の人間でもなかったので、第三国人(三国人)と呼ぶほかなかった。

終戦後、それらの人々が戦勝国を自称し、自らを進駐軍と僭称して暴動、殺戮、略奪、強姦等数多くの不法行為を日本各地で行ったので、悪いイメージの語としてとして用いられるようになった。
日本人は、それらの乱暴狼藉を我慢するよりなかった経験をもっている。

最近では、差別用語と称して、過去の行いを隠蔽しようとする動きがみられます。
日本の過去の悪事を発掘することに極めて熱心な反日マスコミほど、三国人の蛮行を隠蔽しているようです。
「ナチス」に悪いイメージがあるからといって、差別用語とは言わないのと同じで、「三国人」も差別用語ではないのだが、マスコミで使われることはまずない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.