FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

自国の文化である文字を捨ててしまうと
何でいちいち絡んできて文句ばっかり言ってくるのか解らない。
日本のニュースを事細かに見ていて、何でも比べ、勝った負けたと大騒ぎする。
そんなのは悪いけど、日本では相手にもしていないし、どうでもいいと思っている人が大半なのではなかろうか?
ただ、悪口を言われるのは気分が悪いから、その悪口の根拠は何なのかと調べてみるようになり、それが反日教育により刷り込まれたものなのではないかと解るから呆れているということである。

日本と違い、殆どの国民が文盲であった国に学校を建てて教育をした。
折角文字が読めるようになったのに、戦後の反日の為に歴史を知られるのは都合が悪かったのか、漢字を捨てて彼ら自身が諺文(おんもん=卑しい文字)として蔑んでいたハングル文字だけにした。
その結果、70年前はおろか30年前の歴史事実さえ、自国の資料を自分では調べることもできなくさせた。
だからか、刷り込まれたことから一歩も抜けだせない。言われるままということになる。即ち、自分たちが間違っているのではないだろうか?と思いかえしてみることが一切できない。
以前使っていた文字が読めないから、新しく証拠が出たと提示してくる証拠文献は、日本が正しいと主張することを裏づけてくれる資料にしかならない。

日本では、その気になれば誰でも、自分で過去の歴史事実を調べることができるから、良いも悪いも知ることができる。
その結果、つけられてくる難癖に、故ないことが多いのだと知るにいたっている。

日本が再侵略を考えていて恐ろしいとか、見当違いのことを言うのはやめてほしい。
面倒な国だとは思っていても占領して益のある国だなどとは誰も思っていないだろうと思う。
国旗を燃やしたり足蹴にしたり、日本の国鳥である雉を食い殺したりして見せても、愚かな人たちだなとしか感じない。

穏やかに付き合おうとすれば、さらに親切にできる民度がこちらには有るのだと気づいて欲しいものである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.