FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

脚組のクセは内臓に影響する
電車などに乗ると、混雑しているのに座席で脚を組んで迷惑な人がいます。
本人は気づいていないようですが、こういう人たちは大抵、内臓が悪くなっているようです。

足を組まないと落ち着かないという方も多いですが、足の組み易さに左右差が極端にある人が多い。一般的には骨盤が歪むから止めた方が良いと言われていますが、分かっていても気が付くと組んでいたり、我慢すると座り心地が悪くなるのだとしたら要注意です。

足を組むことで骨盤に歪みを作るのではなく、その逆で、バランスが崩れているから足を組みたくなるのです。カラダは本来ゆらぎがあり、ゆらぎが適応力を活性化することで、結果、安定したバランスを作り出しています。この適応力は脳・神経系が担っているのですが、さまざまな要因で適応力が落ちると、安定性も低下し、骨盤周辺の筋肉に過度な緊張が生じます。骨盤周辺の筋肉が凝ることで、骨盤の左右差が生じ、足組みをすることでより安定性を高めようとします。結果、筋肉のコリや左右差を助長し、慢性化や足組みのクセにつながるというわけです。
その状態を放っておくと、骨盤周辺の慢性的なコリは色々な症状へとつながっていく可能性があります。筋骨格系では、腰・臀部のコリや肩こり、歩行時の股関節周辺の痛み、足がつりやすいなど。内臓系では、骨盤内臓器の機能低下が生じやすくなりますので、便秘や下半身のむくみ、生理痛の悪化などが起こります。

脚を組むのが格好いいと勘違いしてやっているとしたら、それは止めた方がいい。
本当にそれは勘違いで、組んで格好良い人はまずいない。モデルさんだって写真を撮るときくらいなものだと思います。
内臓を弱めるリスクをわざわざ背負うことはないのですから・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.