FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

折れない心を育てるのは
「猫可愛がり」という言葉があります。
母猫は、子猫を育てるとき、まさに舐めんばかりに可愛がって育てます。
可愛がられない猫は、自立できないのだという。

人間も、自分の子どもは、何があっても”折れない心”を持った強い子に育ってほしい。
すぐ心が折れてしまう子だと、受験や就職で失敗したときに立ち直れなさそうで心配だというばかりでなく、親がいつまでもいるわけではないから、将来自立できないようでは困る。

この折れない心というのは、実は6才までに”自分や人生への肯定的感覚”を味わっていないと育たないそうです。

教育カウンセラーの諸富祥彦先生は著書『子どもの心を救う親の「ひと言」』で、「いわゆる”折れない心”の種は、6才までに、”自分や人生への肯定的感覚”をどれほど味わえるか、にかかっている」と語っています。

本書から”心が折れやすい人間になってしまう”NG子育てについて、お伝えします。


6才までの子に過剰なしつけは絶対にNG!
まず、諸富先生は「子育てには3つのステージがある」と言います。それは、(1)0~6才の”心の土台づくり期”、(2)6~10才の”しつけ期”、(3)11~22才の”自分づくり”の3段階。

(1) はとにかく親がひたすら愛情を注ぐことが大切な時期、(2)は社会的なルールやマナーを学ばせる時期、(3)は一歩下がって見守る時期だそうです。
そして本書の中では、この(1)0~6才の”心の土台づくり期”に、”過剰なしつけ”だけはやってはいけない、と警告しています。例えば、人前で「みんなの前で恥ずかしい!」と大声で叱ったり、「いい加減にしなさい!」と小突いたり……。
こういったことがくり返されると、親は”しつけ”をしているつもりでも、子は「僕(私)は愛されてないんだ」「”僕(私)は、いてもいなくてもいい、価値のない存在なんだ」と感じて、自己否定的になり、”心の折れやすい人間”になってしまうのだといます。

6才以下の子どもは、悲しい気持ちになっても素直に伝えられるとは限りません。よって、厳しくしつけるのは「6才から」ということになる。

6才まではとにかく愛情を注ぐことが大事
冒頭でも挙げた”自分や人生への肯定的感覚”は、”生きることに対する肯定的感覚”とも言われています。
諸富先生は、大切なのは”私は愛されている。私はこの世界に歓迎されている”とお子さんが感じられる子育てをすること」と主張しています。

なんと、6才までに過剰なしつけをすると”自分や人生への肯定的感覚”が育たず、心が折れやすい人間になりやすいなんて、ビックリです。

ぜひ自分の心の土台を作る時期だけは、子どもが「私はこの世界で歓迎されているんだ」「私は愛されるに値する人間なんだ」と感じるような子育てをしていって下さい、と言っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.