FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

聞きたくもない話をそらしてしまうには
ああ、また始まった……。自慢話や愚痴、どうでもいいウンチクの披露など、相手の一方的な話を延々と聞かされるのはいいかげんウンザリです。
そうはいっても「また、その話?」「そろそろ終わりにしてもらえませんか?」などとあからさまな拒否反応を示すわけにもいきません。
相手が上司、クライアント、目上の人だったりすればなおさらです。

相手の感情を害さずにさりげなく長話を打ち切ったり、あるいは会話の流れを変えたりするにはどうすればいいのでしょうか?
テレビ番組キャスター・話し方講師などを務める村松加王里さんの著書『しゃべらない会話術。』を参考に、会話の流れを一瞬で変える5つの手法をお届けします。

1:過去形を使ってまとめる
そろそろ席を立ちたいのに、なかなか相手の話が終わらない。 そんなときは、「~でしたね」と過去形を使って話をまとめましょう。
たとえば、「今日は美味しい食事もできて、勉強になる話も聞けてよかったです。明日さっそく活用したいと思います。ありがとうございました」というふうにです。
「~でした」と過去形でまとめられると、相手は話を続けにくくなるといいます。
さらに、「ありがとうございました」とお礼を言えば、席を立つタイミングも取りやすくなる。

2:あいづちのテンポを変える
一方的にマシンガントークする人の話に疲れてきたら、あいづちのテンポをゆっくりめに変えるといいそうです。話し手のスピードもそれに合わせてスローダウンするので、そのチャンスを逃さずに会話の主導権を握ってしまうとよいそうです。

3:質問で話の方向性を変える
質問には話の焦点を変える力があるといいます。これを活用しない手はありません。
たとえば、「大学時代は強い野球チームに所属していて結構モテたんだよ、それでね」とモテ自慢が始まりそうになったら、「野球ですか! どちらを守っていたんですか?」と“野球”に焦点を絞って質問すれば、話の流れを変えることができる。
相手に好き放題、話をさせるのではなく、キーワードに着目して、さりげなく会話の舵取りをしてしまう。

4:褒めてから切り捨てる
自慢話を制したい場合には、まずは褒めて相手の気分をよくしてから、別の話題に移るとよい。
たとえば、「さすがですね、Aさんだからできたのでしょうね。そういえば、次回のゴルフコンペの日程は、どうなりましたか?」という感じです。

5:突然ハイテンションになる
とにかく強引にでも話題を変えたい! そんなときには、突然のハイテンションで話の流れを変えるという手法もあります。
たとえば、食事をしながら会話をしているときに、「あっ、この珍しい野菜の名前、なんていったっけ?」など、ネタになるものがあれば、何でもOK。
少々唐突に思える話題の転換でも、「ちょうど今そのことに気がついた!」というノリであれば、不自然ではありません。
ただし、流れを変えた後の話題が広がらないと、前の話題に戻る危険性があるので、できるだけ自分の得意とする分野に持っていくようにする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.