FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

炎天下より室内で注意が必要な熱中症
熱中症を心配する季節となりました。
「熱中症」と聞くと、炎天下で過ごしているうちにめまいがしたり、気分が悪くなったり…という状態を想像するが、国立環境研究所が今年1月に発表した平成26年の報告書では、発生場所別の患者数1位は「住宅」で33.3%。
また東京都福祉保健局のデータによると、昨年7~8月の都内の熱中症死亡者数は屋内34人(89%)、屋外4人(11%)と圧倒的に屋内のほうが多い。
気密性が高い住宅では夜になっても室温が下がりにくいうえ、節電意識の高まりで、あえて冷房を切るケース増えていることなどが原因と考えられている。

「人は体内で発生した熱を血液によって皮膚に集めることで、その熱を体外に放出したり、汗の蒸発によって体の熱を奪ったりして体温を下げています。
しかし、湿度が75%を超すと汗は蒸発することができなくなります。するとダラダラと汗が出るだけで熱を奪うことができず、脱水状態となり熱中症につながります。
日本の夏は湿度が高いため、熱中症になりやすい環境なのです」

汗には水分だけでなくミネラルも含まれており、体に必要なミネラルが暑さによって大量に失われてしまう。
このミネラルが不足すると、体が体内のミネラルの濃度を一定に保つために水分を減らす結果、血液量が減り、血液による脳への酸素供給が不十分となり、めまいやふらつきが起こる…という悪循環に陥ります。
ミネラルは人間の体内では作ることができないから、ミネラルを意識的に摂るために「ミネラル入りむぎ茶」やスポーツドリンクなどを飲むことで補給することが必要です。

ミネラルは、一時にまとめて補給するよりも毎日継続的に摂ることが大切です。
なぜなら、熱中症は発生した当日の水分不足から起こるのではなく、数日前からの水分不足とミネラル不足が原因で発生するからです。常日頃から十分なミネラルの補給を心がけるようにするのが良い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.