FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

自分がしゃべらなくても会話はできる
「しゃべらない会話術」や「聞く側のコミュニケーション」というのがあるのだとか。
相手に印象を与える重要な役割が「非言語コミュニケーション」というものだという。
「第一印象で9割決まる」や「一目ぼれ」という言葉があるように、おしゃべりをする前に持たれる印象というものがあります。
これが、「非言語コミュニケーション」にあたるものです。
コミュニケーションには、「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」の2パターンがあって、「言葉」を介さないものを「非言語コミュニケーション」と言います。

非言語コミュニケーションには
<視覚情報> 表情、姿勢、視線、感情、ジェスチャー、服装や髪型など
<聴覚情報> 声質・トーン、テンポなどがあります。

言語コミュニケーションには
<言語情報> 会話、文字、文章、印刷物などがあります。

あまり会話をするのが得意ではないとしても、「挨拶」だけ元気よく大きな声で言うだけで、好印象を与えることだってできます。
笑顔、元気な挨拶、ハキハキした返事、おしゃべりが少なくてもこれだけで十分良い印象を持たれるのです。

昔の日本では、積極的に話しをしない女性を「奥ゆかしい」、じっと黙っている男性を「威厳ある、硬派」と言い、好印象に捉えられていました。

自分がしゃべりたくなければ、相手にしゃべらせる「しゃべらない技術」というのもあります。
現代では、コミュニケーション能力の高い人=社会適応能力が高いと評価されていますが、そもそも聞く人がいないとコミュニケーションは成り立ちません。
話すのが得意でなければ聞く側に徹すればよいということになります。

聞く側は何をすれば良いかというと、ひとつの例としては、会話の中から、「なぜ?」を見つけて質問をすることです。
「なぜ、それが好きなの?」「なぜ、そこに行ったの?」「なぜ、それを買ったの?」といった要領です。
話す側は、自分に興味を持ってくれたと感じて、喜んで話し始めます。そうすれば、相槌を入れて聞いているだけで良いので、会話は途切れず、しゃべらなきゃというプレッシャーがなくなります。

参考:しゃべらないコミュニケーション


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、適当にやってるようでも、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れるための方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


あれから40年、ご無沙汰しているが。取り戻し漲る自信。飲んで驚き「神秘の健康力」で、夫婦円満。昨日の旦那はスゴかった。



女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!



毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.