FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

公園に生えていたハンゲショウ
夏至から数えて11日目頃をいうから、7月2日の今日が半夏生の日ということになる。
梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。
農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣があったのだといいます。
地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、それはこの時期に農作業をしないようにという戒めになっていることによるようです。
半夏生までに田植えを済ませた農家では、この日に食べることとされている料理があり、大阪方面ではタコを食べることになっているのだとか。
半夏生は、葉っぱが半分白いこの植物にちなんで名付けられたとされています。半分化粧していると見做したのは、名前の付け方がしゃれている。
hangesyou-swb.jpg

※ 烏柄杓(カラスビシャク)は毒草ですが、生薬としても用いられています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


女性の味方。傷を隠して美人の自信。シミやクマ、キズやタトーまでしっかり隠せる驚異のコンシーラ。スティックタイプだから簡単「カクシーラー」 お母さんに買ってあげよう!




毎日疲れて休みたいけど休めない。黒酢を超えた「黒ニンニク酢」で元気




簡単操作でしっかり遊べ、遊び続ける程楽しさが増すゲーム。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.