FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

昔の建物が長く残れたのは
万やむを得ないのではあるが、昔は家を建てなかったようなところにも、それを建てなければならない現実がある。台風の季節を迎える頃になると、災害が少なくてすむように祈らずにはいられません。

風水に四神というのがある。建造物のための土地などは、四神相応の地というのが良いのは、理屈が通っている。水はけや日当たりがよく、交通の便も優れた場所といえる。
北が小高く、南が開けた海や湖、東に川が流れていて、西に広い道が有る。都や城、神社仏閣はそういう場所を選んで作った。
四神とは、天の四方を司る聖獣、青竜・白虎・朱雀・玄武といわれるもの。

「玄武」。陰陽五行説で玄とは黒の色とされる。玄武は北方を守護し、亀の姿であるとされる。
脚の長い亀であり甲羅に蛇が巻き付いている、というのが一般的な姿の特徴である。
玄武は他の四神と違い、その姿となる神獣の名が入っていないが、「武」を分解すると『矛』と『止』になり、矛を止めるもの即ち亀の甲羅であることをもって、その姿を表したとされる。

「朱雀」。五行説では火に対応し南方を守護する。青春・朱夏・白秋・玄冬という熟語がある通り、夏の季節を司るとされる。
冠を被った鳳凰の形をした美しい鳥として表され、南を守る。
その姿から海や湖、水田などの平らな水面に例えられる。

「青竜」。その姿は、青い龍としてあらわされるが、そもそもは青ではなく、五行における“木気”を意味する緑(蒼)であるとされ、指が四本とされる。 守る法学は東であり、河川に潜むとされる。

「白虎」。五行説で白は西方を意味することから、西を守る白い虎として表される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




簡単操作でしっかり遊べ、遊び続ける程楽しさが増すゲーム。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.