FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ツクツクホウシの鳴く午後は
夏の真っ盛り、連日の猛暑の中、時知らずの蝉の鳴き声を聴きました。
この蝉は夏が終わりを告げるころに鳴く蝉のはずです。

ツクツクホウシの鳴く午後は
秋の近きをせかされる
まだ夏だぞとアブラゼミ
そうだそうだとボンゼミも
声を合わせて騒げども
茜の夕日の影はのび
盛りはそっと過ぎてゆく

過ぎて知るのは後なれど
寂しさを増す夜の月
なさざることの多かるを
身に浸みさせる風の声


秋の気配を感じると、何故か祭りの後のような寂しさを感じるものです。
そこにコオロギの鳴き声まで加わると、やりのこしたことが沢山あるような気持ちになります。
後悔の臍だけは噛みたくないものと、毎年思っているにもかかわらずです。
まだまだ取り戻せると思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




簡単操作でしっかり遊べ、遊び続ける程楽しさが増すゲーム。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.