FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

子供だって理解する躾の時の理由
躾とは、親の都合に従わせるものではなく、社会生活を営んで行く上で必要な、その時と場所におけるルールを教えること。
日頃親の都合や感情による口癖が多くなってきている母親は、ちょっと気を付けた方が良い。
誤解を恐れず言うなら、子供というのは人間としては生まれたが、人として育っている過程。

2~3歳頃になると、子どもは好奇心が旺盛になり自我が芽生えていく時期なので、なかなか母親の言うことを聞かない場面が増えてきます。
そんなとき、ついイライラして言ってしまう口癖の数々がある。その中には親の都合だけを押し付けているのであって、子供の将来のためではないことが多い。
そもそもが、社会生活をする上で互いが気持ちよく過ごせ、所作も言動も美しく効率的にするためのものであるから、親がそれをちゃんとしていれば、子供は自然に身につけていくものでもある。
教えるについても、どうしてそうするかを説明すれば、子供心にだってわかるものです。

バスの中や公共の場所で子どもが大騒ぎしているとき、つい口から出てきてしまうフレーズ「怒られるよ!」
この言葉では、バスの運転手さんを差すのか、他の乗客を差すのか分からないし、親が責任逃れをしているようにさえ思える。
せめて「ママ怒るよ。」の方が良い。大勢の人がいる所では、他の人の迷惑にならないように静かにしするものなのよ。と言い添えればなお良い。
例えば「病院は具合の悪い人が来ているんだから、そっとしておいてあげないといけないの。静かに座っていなさい。」と“そうしなくてはならない正しい理由”を伝えれば、解る。

「危ないからやめなさい。」
子どもがテーブルの上に乗ったり、木登りをしたりしたとき、そう叱っている人をよく見かけますが、子供にとっては普段なんでもなくできる高さであれば、少しも危ないと思わない。
もし、理由付けをするのならば「テーブルは食事をする場所だから足を乗せてはいけません」であり、「その木は枝が折れやすいのよ。」とか「幹が滑りやすい木なのよ。」とかである。

「パパに言うよ。」とか「先生に言うわよ。」
その現場にいなかった人から叱られるほど理不尽なことはありません。しかも、時間経過して見てもいない人から「ダメじゃないか」と注意されたら凄く気分が悪い。
子供同士でだって、告げ口は嫌われるだけ。
「ごめんなさいは?」
何でも条件反射的に謝らせていると“謝れば済む”という悪い習慣が付いてしまいまうだけ。
「ごめんなさい」は本当にやってはならないことをして反省する時の大事な言葉です。

躾けは、個人的なこともあるが、公の場でいかに振る舞うかということを教えるのが、子供の将来のためでもある。大人になってからでは直らない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.