FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

民主主義を守れ?
民主主義というのは、結果的には多数稀有原理。
デモで意思表示することは大事だが、デモで大きな声を出すことではないと思う。

一度決めたら未来永劫変えてはならない、というものは数少ないのではなかろうか?
法というものも、時代の移り変わりや情勢状況に応じて改正あるいは改定されるのが普通ではなかろうか。

憲法のように基幹となる方が簡単に変えられるというのには問題があるにしても(日本国憲法の改定は、それこそ不可能に近いくらい条文が厳しい)、憲法が改正できるほどの意見が集約される世の中になる方が恐ろしいのではないか?
許される範囲での法解釈により、現実的に対応しないと、国は守れないのではないかと思う。

個別的自衛権でいいという人もいるが、極論すれば、殴られてからでないと自らを守れないというのが現状。
近代戦では、先に殴られたら、それは国が亡びるに等しい。
安保法案が侵略戦争に直結するかのように喧伝されることには、違和感を覚える。
誰でも戦争などしたくないと思っている。
だとしたら、簡単には殴られないように対処しておく方が、戦争を防ぐ手立てとなるのだはないかと思えてならない。

現行の日米安全保障条約は、明らかな片務条約。日本が現状の防衛力を維持しようとしたら、単年度で24兆円かかるという。それが5兆円ですんでいるというのも事実。
片務などご免だということになれば、個別に防衛を考えるということになるから、それこそ徴兵制に結びつきかねない。スイスなどがそうだ。

ものを考え判断するには、感情的にではなく総合的にということだと思う。

大きな声を出せば勝ちだというどこかの国とは違うのだとしないと、民主主義の行方をあやまるのではないだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.