FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

相槌の打ち方には配慮がいる
何と言っても第一印象というのは大事です。
人間は出会って1秒のうちに1万4000もの視覚情報を取り入れ、その人のイメージを作りあげ、その人に対する好き嫌いのだいたいの印象を決めてしまうというからです。
会話に入る以前の問題です。
特に気をつけたいのは表情だといわれます。無意識でいると、だらしない顔をしていたり、不愛想に見えてしまう人はかなり多いのだとか。

初対面の挨拶の後の雑談の最初にふる話題は、無理して笑い話をするのではなく、相手が興味を持つ話をすることだという。
相手が「気になるなあ、教えてほしいなあ、ききたいなあ」と思う話は、盛り上がる。
例えば、「自分の本業に関わるおもしろい話」「健康の話」「スポーツ」「最近気になる商品」「おもしろかった映画や本」といった感じで。年齢や性別を選ばない幅広い小ネタを持てば、それだけで色々な人に対応できるようになる。

会話中の相槌も気を付けた方が良い。
「なるほど」「そうですね」「なぜですか」は好ましくないという。
「なるほど」「そうですね」はよくやりがちだが、相手の話そうという気持ちを削ぐことになるらしい。本当に話を聞いているのか不信感を抱かせることにもなりかねないという。

ではどうするか?というと、
代わりに使えるのが「さしすせそ」のフレーズ。
さ=さすがですね
し=知らなかったです
す=素晴らしいですね
せ=センスがいいですね
そ=それはすごいですね

これらは、相手の話に価値があると反応して、相手を気持ちよくするのだとか。
出会う人や知っている人のことを考えて、その人を楽しませようとすることは、雑談のひとときも人間関係も豊かにしてくれる。
好かれるひとというのは、そういうことがさりげなくできている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.