FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

事実を主張するのも歴史修正主義となるか?
歴史問題というのは、立場が違うと共通認識をもつのは難しい。
日本人だから、どうしても日本サイドに立った考え方の方が勝る。悪かったことは謙虚に反省するにしても、故ないことにまでを一方的に責められても、事実と違うことは納得しがたい。

歴史修正主義(Historical revisionism)とは、単に修正主義とも言うが、使われ方としては、
従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して「客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するものである」として批判する場合に用いられる言葉としての側面が大きい。
かなり政治的ニュアンスが含まれている言葉のように感じます。
しかし、歴史というのは巷間言われていることが全て正しいとは限らないし、後世の研究によって評価が変わることがありえたとしても不思議ではない。
今更、先の大戦についてどうこうしたいと思っているわけではないし、正当化しようとも思わないし、結果が変るわけでもないが、少なくとも時代背景や国際情勢、現実に起こった事態への経緯とその後の経過というものについては検証してみる必要はあると思う。
それらの詳らかな資料の収集や研究は、後の時代に残し、後の時代の評価に資する。
そういうことを調べたりして判ったことを発表する人に対して、歴史修正主義者として否定したり糾弾するのは、少し違うような気がしてならない。

歴史研究のそれが、金科玉条のように全て駄目だということになれば、観点は違うかも知れないが、考古学は成り立たない。
新しく発見された史料や既存情報の再解釈により、歴史を叙述し直すことは、有り得て然るべきなのではないだろうか?
戦後教育によって刷り込まれた知識によりコメントをする識者たちは、日清日露戦争に勝利したことに味をしめ、指導者たちが無謀な戦争を愚かにも起こしたと言うのが常だが、独立国として生き残る為に、国の存亡をかけて叶わぬまでも戦おうとしたのだということは、日露戦争の開戦前の苦渋の選択からも類推できる。
指導者たちが馬鹿ばかりだったとは思えない。同様の事態に立ち至ったとき、どのような選択をするだろうか。
戦後、今に至るまで「では、日本はどのようにすればよかったのだ。」ということに明確に意見を述べている人はいないように思う。


ABCDラインによる経済封鎖、宣戦布告に近いハルノートを受けての太平洋戦争は、後にマッカーサー元帥がアメリカ議会で証言したという「日本の戦争は、侵略戦争ではなく安全保障によるものであった。」という記事を読んで、意外な感慨を覚えたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.