FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ありがた迷惑だと思われている男の家事
昔は、「男は厨房に入らず」と言ったものでした。だから、余程のことがないと台所に入るなどということはしなかった。
男が偉ぶって、「女の仕事なんかできるか!」という意味にとられていたように思いますが、実のところは、女性が分担している仕事に敬意を払って「濫りにその職域を侵すものではない。男は男の本分を尽くすべし。」と戒めのためにできていた言葉なのではないだろうか?
それぞれ分担する仕事を一所懸命にやることに意を払えということです。
最近は、料理を趣味にする男性が増えて、それはそれで良いと思うのだが、こと家事の手伝いということになると、男の思惑がそのまま通じるとは限らない。

妻の負担を少しでも軽くしようと奮起している夫も少なくありません。調査によると、夫がせっかく家事を手伝っても、「かえって自分の手間が増える」と、“ありがた迷惑”のように捉えている妻が半数を超えるようです。
具体的には、“イラッとする家事”の1位が「食器洗い」、2位は「洗濯」、3位が「風呂掃除」、4位は「部屋の掃除」と続いたそうです。
夫婦間で家事の分担意識に大きなギャップがあるのが実態のようです。
妻の約6割が、「夫に家事を任せてしまうと、結局自分の手間が増える事がある」と答えているのだといいます。

仕事の手順や仕上がりに拘りがあるということでしょうから、息を合わせることがないとすれ違う結果になるということなのでしょうが、「男は黙って~する」という特性があるから難しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




ルイボスティーが飲みにくい方へのお勧めサプリ「ルイボスプラス」妊活中・妊婦さん・産後のママさんに安心な高品質サプリメント



疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.