FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

わけのわからない勘違い
ようやく解決策が合意をみて、なんとか将来の方向付けができるかと思ったら、日本国内の不満意見より彼の国の拒否反応の方が国内的に大きくて揉めているらしい。
日本でも、全員が満足しているわけではない。我が国は慰安婦問題の根本に疑義を持ち、尚且つ条約によって解決済であるとの主張を譲ってまで交渉の妥結に臨んだというのが一般的認識であろう。

彼の国の人が、何かわけのわからないコメントをネット上で書きこんでいるのまでをも目にした。
日本との対外貿易において輸入赤字の分、日本側が儲かっている。断交したら日本が困るのだから、そのようにして制裁すべきだと本気で思って書き込んでいるらしいのです。
現実問題を冷静に判断できないということなのだろうか?

輸入超過になるのは、彼の国の輸出の基となる工業製品の基幹部品が日本製であって、それなくしては製品ができないことや、日本が提供する技術や機械・資本がなくしては成り立たない構造や、日本が担保しているから輸入できる原油が、その主なる原因なのである。
それが止まってしまったら、彼の国の方が即アウトなのにその認識はないらしい。

例えばであるが、日本が原油を輸入先としている相手国が気に食わないといって、それを不買運動に結びつけるだろうか?そんな馬鹿な選択はしない。

これらのことを含め、数字をあげて日韓の依存関係を見てみると、2011年の日本の対韓国輸出額はGDP比でわずか1.12%、輸入は同0.68%、貿易黒字は同0.45%程度に過ぎない。この数字は、わが国が死命を制せられるほどの問題として重視すべきものだろうか?
韓国との貿易が停滞しても、大して困る状況に陥ることはないといえよう。

他方、工業品輸出国となっっている韓国は、自動車や家電分野で世界的にシェアを伸ばしているが、もともとは日本をはじめとする先進国の技術供与によって成長してきた。
今も日本への依存体質は変わっておらず、製品づくりは主に日本製の中間財(部品、素材)や資本財(製造機械)の輸入に頼っているのが現実問題であり、それが対日輸入が赤字の原因であるとしたならば、困るのはどちらかということに考えは及ばないのだろうか?

金額でいえば、2011年における韓国の対日貿易赤字は約2兆1000億円と巨額であり、自国の輸出増加に比例して対日赤字が増加する構造になっていることからも、韓国の日本依存度の高さがうかがえる。

失われた20年を耐えきり、特許数や基礎研究が世界に冠たる日本が、大人の対応をしているのだと思えないのだろうか?

そこまで反日を唱えないと、国を纏められないということなのだろうか?
国内経済が危機的な状況を呈しているとのニュースも多く見受けられるようになり、ヘル韓国と嘆く若者が多くなっているとも聞く。
普通に考えれば、協調して相互に経済発展と文化の交流を目指せば、共にアジアにおける強国となれるのに、過度の敵愾心を煽ってきた結果がなせる業だと思えてならない。
仲良く進む道を探った方が良いのだはなかろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.