FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

南京事件で疑問に思うこと
連日シリアルな話で恐縮ですが、湧き上がってくる疑問に抗しきれず、いろいろ探ってみました。
本日は、南京事件と言われるものについてです。

日本軍は南京攻撃前に「これから日本軍が攻撃に入るから一般市民は逃げなさい」とビラをまいているのだという。
これにより南京の一般市民はドイツ人ラーベが管理していた国際安全区に逃げ込んでいるのだと言われているし、さらに松井総隊長は欧米記者を含んだ国内外の記者に2度にわたり記者会見をしているが、虐殺があった等との文言は一切ないらしい。

さらにいえば、南京外国人会はほぼ毎日、「市民重大被害日報」を日本大使館に出していたが、戦闘員以外の目撃された殺人は合法的処刑の1件のみだという。
シカゴデイリーニュースのスティール記者とNYタイムスのガーディン記者が南京城内に入ったが、「欧米人が目撃した殺人は1件もない」と報じてもいるのだとか。
死体の写真はガーディン記者が残した戦闘員の死体写真のみであり、東京裁判ではジョン・マギー牧師は「殺人事件は1件だ」と証言した。
彼の日記には「実際に殺人を目撃した訳ではない、見ていない」と記載されている。

B-29を300機以上も投入し、市民の殺戮を目的とした東京大空襲での死者が約10万人、原子爆弾を用いた広島、長崎を合わせた死者が約20万人。
当時の日本兵の主力兵器は三八式歩兵銃で連射はできませんし、刀による殺戮などは論外であろう。いかに日本刀といえど、5人も切れば刃こぼれしてしまうし、刃も曲がってしまって使い物にならなくなるという。

戦争をしたのだから死者がいなかったとはいえないが、20万都市で30万人の死者というのも納得しがたいし、皆殺しというような残酷な事実があったとも思えない。
日本軍が隠蔽したという30万人もの遺体がどこにあるというのだろう?

30万人もの人間を楽々虐殺できたなら、一気に戦いは終わり、日本は戦争に負けてない結果を迎えたのではないか。
重機もなく人力で掘削したものが、見つからないわけがない。死体を運搬するトラックがあったとも聞かない。普通に考えて、大変な台数が必要だったはずです。

逃げ回っていて、直接戦闘をしたことがないと言われる八露路軍が、事実を確認できたとも思えないし、日本政府が申し出る調査を頑なに拒否しているのは中国共産党であるという。
事実を詳らかにするのは、正しい歴史の基本。なぜ調査を拒否するのでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
受験生を抱える親御さんは、子供の成績が心配ですよね。親がやきもきしても仕方ありませんが、親だからできることはあります。こんなページがありました。
【塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法】高校受験・高校入試の土台を作る!!元中学校教師道山ケイの定期・中間テスト対策プログラム~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お金に不自由なのは辛い。
手取り13万の貧乏男が、11年で14億作る失敗だらけの痛快な物語 T.Nagayama Millionaire Secrets ~ドン底から金を築き続ける永久不変の珠玉の知識~

プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




男性の機能の強い味方であるスーパーアミノ酸「L・シトルリン」。血流がよくなるので海外ではアルツハイマーにも使われるらしいです。
L・シトルリン

疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第三部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.