FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

スミレを食う虫 ツマグロヒョウモン

先日、スミレを食う虫の書き込みをしたところ、それはツマグロヒョウモンというスミレを食草とする蝶の幼虫なのだと教えて下さった方がいました。

ツマグロヒョウモンというのは、借り物の写真ですがこんな色形の蝶です。

 tumagurohyoumon

庭先にも時々は飛来して花々にとまり、ゆっくり羽を開いたり閉じたりしています。

そうなんですか、毛虫なのに蝶の幼虫なんですか。毛虫は蛾になるのだとばかり思っていました。

今更ながらよかったと思うのは、取ってつぶすなどの駆除をしなかったということです。

最近、別に仏心がでてきたというわけではありませんが、滅多に虫などの命を奪うことはしません。

プランターに播いたホウレンソウの芽がでたばかりのところにカタツムリが何匹も集まって、これも丸坊主にされるのですが、これも遠くの草むらに移すだけで潰したりしません。

種を播き直し、イタチゴッコを繰り返しています。

しかしながら感心するのは、コイツラはのろのろしか進めないのに、かなりの距離を移動して、また集まってくることです。

のろのろでも歩いていれば、目的地に着けるということなのでしょうか。

 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.