FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

菅原道真が遣唐使をやめた
日本には、神として祀られている人が沢山いる。
菅原道真 平将門は、祟りを鎮めるために神として祀られたということになっているが、果たしてそうなのだろうか?
例えば菅原道真公であるが、神社の名前は天満宮。祟りが天に満ちるように等と言う名前にするだろうか。

菅原道真といえば、遣唐使の廃止をしたという功績がある。
当時、遣唐使にともなう交易の利益は莫大で、400倍の差益があったという。
遣唐船が無事に戻ってくる確率は4分の一。それでも利益は100倍になる。
これを藤原氏が独占していた。
それはいいとして、船が戻るときに中国人も一緒にやってくる。それによって、わが国に今までなかったような犯罪が多発した。

彼の国には、人肉を食べるという風習があり、孔子の時代には「自国(中国内の国)の人間でなければ人間でない」という考え方があって、戦争に勝利した時、他国の人間を奴隷として輸入し加工し食べていたようです。
世界には、カニバリズムと呼ばれる人肉を食べる風習があるというから、他の地域になくはなかったとはいえ、中国人はあきらかに人肉を食べることを楽しんできた。
人肉食、人相食、夫食婦、婦食夫、易子而食(親がお互いに子供を交換して食べる)こういう記録が中国の史書の随所に見いだされる。あの春秋戦国の覇王桓公は子供の丸蒸しを料理として賞味した。宋代には人肉料理のメニューさえある。そのころ食肉用の人間は「両脚羊」と呼ばれていた。

こういう犯罪が持ち込まれることは民の嘆きであったから、「おおみたから」である人民の願いを聞いてということと、派遣時に失われる優秀な人材というリスクも回避するべく、朝廷の多くの公家たちの反対を押し切って、遣唐使を廃止したのである。
当然、利益をあげる道を断たれた公家たちの恨みを買い、冤罪を仕立てられ大宰府に流されて、そこで死んだ。
道真の死後、京都には疫病が流行し、関係した公家たちも次々に命を落としたのだというし、天変地異も続いたことから、菅原道真の霊を慰めねばならないということになった。

そんな思惑とはかけ離れて、祀られた神社は学問の神様として多くの人民から尊敬され支持されたから、今に至るも神社は多くの参拝者で賑わいをみせている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
受験生を抱える親御さんは、子供の成績が心配ですよね。親がやきもきしても仕方ありませんが、親だからできることはあります。こんなページがありました。
【塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法】高校受験・高校入試の土台を作る!!元中学校教師道山ケイの定期・中間テスト対策プログラム~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お金に不自由なのは辛い。
手取り13万の貧乏男が、11年で14億作る失敗だらけの痛快な物語 T.Nagayama Millionaire Secrets ~ドン底から金を築き続ける永久不変の珠玉の知識~

プリン体や生活習慣病が気になる方に「恵葉プレミアム」 痛風の予防改善を目的としたサプリメント




男性の機能の強い味方であるスーパーアミノ酸「L・シトルリン」。血流がよくなるので海外ではアルツハイマーにも使われるらしいです。
L・シトルリン

疲れがなかなかとれない方に元気が目覚めるアリシンパワーで疲労回復「にんにくの雫」




美容とダイエットの必需品「酵素原液」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体に良さそうなものを集めていくページを作ってみました。
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.