FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

衣のたては綻びにけり
「やあやあ遠からん者は音にも聞け 近くば寄って目にも見よ!」
講談本で合戦の場面になると、必ず目にした表現です。
雑兵(ぞうひょう)ならばいざしらず、ひとかどの武士は大音声で名乗りを上げ、正々堂々と戦ったのだということが解る。

前九年の役の戦の最中、北へ落ち行く安倍貞任を追撃する源義家が、貞任の鎧が傷んでいるのを見て、強弓に矢をつがえ狙いをつけながらもすぐには射ず、「衣の館(たて)はほころびにけり」と、和歌の下の句を投げかけた。
義家といえば海道一の弓取りとして知られ、射放した矢は鎧3枚重ねたものを突き抜けたという弓の名手。
貞任は、逃げながら馬上で振り返り 「年を経し糸の乱れのくるしさに」と、すかさず上の句を返した。

文字面の意味でいえば、「お主の鎧はボロボロではないか」と呼びかけたのに対し「長い戦いの結果だ」と詠んだということになる。
命のやりとりの最中であるのに、雅な教養のやりとりをしたことが素晴らしいとだけ習った。

しかし、和歌というものには含んでいる意味がある。
貞任は、律令制度が綻びたことで民が苦しんでいるから戦っているのだ、と返したことになる。
義家も瞬時にその意味を悟ったから、弓を下し、逃げるにまかせたという意味があると理解した方が良い。
昔の武将は、立場は違っても、民の為に戦っているのだという大義と信念が互いにあったのだということである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




立ち乗りスクーター




マイナスイオンの力で汚れを落とす洗剤「エコボボラ」
界面活性剤不使用の人と環境に優しい洗剤です。 お肌の弱い方やペットのいるご家庭、残留農薬などが気になる野菜や果物にもお使いいただけます。




凡人から億を稼ぐ力神リッチプロジェクトゴールドコース

Protoの水素水


度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.