FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

名宛人が国民である法
ある意味で最も社会主義的な制度が成功した事例の国であるという言われ方をするわが国ではあるが、共産主義が良いと思っている国民は極めて少ないのではなかろうか?
現実問題として、共産主義が成功していると思える国はないといえることを理解しているということであろう。

我が国は、世界に例を持たない戦争を放棄した国ではあるが、土台憲法に無理があった。
「いかなる戦力もこれを保持しない」というのでは、国を守れない。
自衛権ということを放棄したかのように受け止められたのではなかったか?
ことの自然の流れとして、米軍の駐留に頼るしかなかったから、形は違うとはいえ、現在に至るも、占領時のままである現実を色濃く残した。
基地の弊害も、そんなところに起因する。

世の中に不変のものはありえない。
憲法といえども、その範から外れるわけではないのだが、それに触れるのはタブーとなっているかのようです。
国と国民を護るために、国および政府が守らねばならない根幹をなす法であり、ころころ変わるようでは安定性を欠くが、憲法を守ることで国が滅びてしまうのでは本末転倒といえよう。
時代時代の状況に合わせてよりよい対応ができる法に成長していくことは必要に思える。

憲法というと、すぐに9条に結び付けて目くじらを立てる人が多いが、憲法は9条だけで成り立っているわけではない。
タブー視してしまってまっとうに議論もできないのでは、閉塞的すぎるのではないだろうか?

憲法論議はいろいろあるが、日本国憲法を書いたのは日本ではないことは、アメリカの公文書上も明らかである。
だから日本が独自に憲法を制定する必要がある、ということを言いたいのではない。
世界と日本の実情に合致した機能する憲法というのを、改正するしないにかかわらず、タブー視することなく国民全員が真剣に考えてみる必要があるように思う。
より良いものにすることができる可能性を否定するかのような論議に集約されてしまっては、思考が停止してしまう。

軍隊を持てば必ず戦争をする、というわけでもあるまい。戦争を仕掛けられない体制づくりだってできなくはあるまい。

憲法の名宛人は国民である。すなわち政府が国民に対して守らねばならない法ということであることに変わりはない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中学生勉強法 The伝説 成績下位から一気に上位へ



立ち乗りスクーター





9か国11の特許取得!エステ級のヒアルロン酸「HIヒアルロンプレミアム」





使うほどに髪が美しく!魔法のストレートヘアアイロン「リュミエーナ ヘアビューロン」




度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.